TBS金曜ドラマ『MIU404』あらすじ、登場人物・キャスト、ネタバレも

2020年4月期のTBS金曜ドラマ『MIU404』(ミュウ ヨンマルヨン)は、架空の「警視庁刑事部・第4機動捜査隊」が舞台となる、1話完結型となるオリジナルドラマです。

この『MIU404』は綾野剛さんと星野源さんのダブル主演となり、2人は110番通報があれば事件現場に急行し、迅速に初動捜査を行い、その初動捜査でできうる限りの対処をしていく物語です。

『MIU404』とは

この物語は、警視庁での働き方改革の一環により、これまで3隊だった機動捜査隊に、架空の臨時部隊「警視庁刑事部・第4機動捜査隊」創設された設定で、そこが舞台となります。

主人公の伊吹藍と志摩一未ははその第4機捜に所属し、第1~3機捜のヘルプのみならず、捜査一課などの各部のヘルプも行います。

彼らは普段、覆面パトカーで地域パトロールをしていますが、110番通報があればその事件現場に急行して、迅速に初動捜査を行います。

勤務は24時間の交代制で、初動捜査で事件が解決できない場合は担当の課に事件を引き継ぎ、警視庁の刑事部には属するものの、他課の捜査員のように一つの事件をじっくり扱ったりはしません。

したがいまして、街中で発生する様々な事案に対して、勤務時間の24時間内でできる限りの対処をするのが仕事となります。

タイトルのMIUは機動捜査隊を指す「Mobile Investigative Unit」の頭文字を取った略で「404」は伊吹と志摩の2人に割り当てられたコールサイン(無線の符号)です。「404」の頭の4は第4機動捜査隊を意味します。

『MIU404』登場人物・キャスト

伊吹藍 / 綾乃剛


引用:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/

機動力と運動神経は抜群で考える前に体が動いてしまう野生のバカです。機捜経験がなく、さらに刑事の常識にもかけています。

志摩一未 / 星野源


引用:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/

自分も他人も信用しない理性的な刑事で、観察眼と社交力には長けています。常に先回り思考で道理を見極めます。伊吹とバディを組むこととなり、隙あらば暴走する野生のバカに振り回されながら犯人を追うことになります。

九重世人 / 岡田健史


引用:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/

警察庁幹部を父に持つ新米キャリアで、これまで何事も上手くこなしてきたことから、どこか上から目線になりがちですが、意外に可愛い面もあります。

陣馬耕平 /橋本じゅん


引用:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/

第4機動捜査隊のベテラン班長で、面倒を見るために九重とバディを組みます。しかし本当はキャリアやエリートが大の苦手です。

特派員REC / 渡邊圭祐


引用:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/

自信が運営するWEB動画チャンネルでゴシップ的な動画などの興味のあるネタに妄想を絡めて面白おかしくニュース調に配信しています。やがて4機捜の存在を知ることとなり、深く関わっていきます。

糸巻貴志 / 金井勇太


引用:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/

第1機捜隊員で、防犯カメラ映像の解析やSNSのリアルタイム監視をし、捜査をサポートしています。捜査をサポートすることから、4機捜と関わっていきます。

我孫子豆治 / 生瀬勝久


引用:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/

機動捜査隊が設置されている刑事部のトップで、本作の臨時部隊“第4機動捜査隊”の設立を承認した重要な人物です

桔梗ゆづる / 麻生久美子


引用:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/

捜査一課から警察署長を経て、女性初となる機捜の隊長に任官しました。

全話あらすじ、ネタバレ感想

物語が公開され次第順次追加していきます。

『MIU404』原作

ドラマ『MIU404』に原作はありません。

この作品は、大人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」や「アンナチュラル」で脚本を手掛け、数々の賞を受賞していますあの野木亜紀子さんのオリジナル脚本で、野木さんはこの作品について「機捜エンターテインメント。しょうもないやりとりに笑いながら、少しの切なさと、少しの希望を持ち帰っていただければと思います。」と述べております。

また2018年の金曜ドラマで手掛けた警察関連の物語「アンナチュラル」は非常によくできていて、本当に面白いドラマでしたから、今回、同様に刑事そのものではなく、その周辺を描いたこの『MIU404』もきっと面白い作品になると確信しています。

『MIU404』スタッフ

脚     本:野木亜紀子

音     楽:得田真裕

主  題  歌:米津玄師「感電」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

プロデュース :新井順子

演     出:塚原あゆ子、竹村謙太郎、加藤尚樹

編     成:橋本孝、渡瀬暁彦

製     作:TBSスパークル、TBS

『MIU404』1話あらすじ

警視庁の働き方改革の一環で、刑事部・機動捜査隊(通称:機捜)の部隊が3部制から4部制に変更となった。

臨時部隊として新設された“第4機捜”の隊員として招集された志摩一未(星野源)だったが、とある人事トラブルからバディとなる隊員が見つからないという事態に。

やむを得ず、候補段階で落としていた奥多摩の交番勤務員・伊吹藍(綾野剛)を招集し、バディを組むよう命じられる。

伊吹がどんな人物なのか、不安になった志摩は情報を集めるが、「とにかく足が速い」というだけで、短期間で次々と部署を異動していたり、かつての同僚刑事たちが「彼については話したくない」「二度と顔を見たくない」といい、調べれば調べるほど不安になる。

そして、ついに迎えた第4機捜任務初日。初対面の伊吹は意外にも礼儀正しく、好印象を抱く志摩だったが…!?

引用:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/story/

『MIU404』まとめ

この作品は、2018年1月期の同じ枠で大人気となった「アンナチュラル」チームの脚本家、プロデューサー、監督、音楽をそれぞれ務めた野木亜紀子さんと新井順子さん、そして塚原あゆ子さん、得田真裕さんが再びタッグを組み、今ノリに乗ってるスタッフたちを中心に製作されるというだけでも期待できます。

それを演じるダブル主演に、金曜ドラマ「コウノドリ」で名コンビを見せてくれた綾乃剛さんと星野源さんで、刑事の常識に欠ける伊吹藍を演じるのが綾乃剛さんで、理性的な刑事を演じるのが星野源さんという、なんとなくほんの少しだけコウノドリっぽい配役というのも、非常に面白そうです。

またわきを固める俳優陣も、中学聖日記での黒岩晶を演じて一躍時の人となった岡田健史さんや、ついこの前まで、大好きな「時効警察はじめました」でこれまた大好きな三日月君を演じていた麻生久美子さんと。そしてもう数えきれないほど数々のドラマや映画に出演し、昨年10月期では同枠の4分間のマリーゴールドで原田治役を演じ、奥さんを亡くすシーンでは大勢の涙を誘った名バイプレーヤー・橋本じゅんさんという素晴らしい俳優陣も出演するとあっては、これはもう見るしかないですね。

大好きな2020年1月期ドラマが次々と終わっていく中、こんな面白そうなドラマがスタートするのは、本当にうれしいですね。これは絶対に見逃せません。

『MIU404』見逃し配信

『MIU404』の見逃し配信はParaviで。

Paravi(パラビ)の評判は?使ったからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。また、HuluやNetflix、FODを初めとし、様々な動...

Paraviへの申し込みはこちらからどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました