『SUITS/スーツ2』5話ネタバレ感想、中村アンはクビ?甲斐は?

「SUITS / スーツ2」第5話の視聴率は4話と同じ8.7%と横ばいでした。前回の玉井が見つけたメモの行方が気になった人が多かったのでしょうか?

さて、今回そのメモの行方はどうなるのでしょうか?それでは早速「SUITS / スーツ2」第5話のあらすじやネタバレ感想などを紹介していきます。

『SUITS/スーツ2』登場人物・キャスト

幸村・上杉法律事務所

甲斐正午 … 織田裕二
鈴木大輔 … 中島裕翔
幸村チカ … 鈴木保奈美
蟹江貢 … 小手伸也
聖澤真琴 … 新木優子
玉井伽耶子 … 中村アン
上杉一志 … 吉田鋼太郎

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

『SUITS/スーツ2』1話ネタバレ感想、豪華ゲスト陣で11.1%
アメリカ・USAネットワークで放送されているドラマで、日本では2018年にフジテレビの月9時ドラマとしてリメイクされたSUITS/スーツがフジの月9に帰ってきました。前作同様、主人公で優秀な...

第5話ゲスト

副島絵美里 / 清水ミチコ

甲斐がコースタルの欠陥メモの件で訴えられたため、上杉が連れてきた弁護士です。チカに正直さを認められ案件を依頼します。

星川卓郎 / 田中要次

テニスのプロモーターで、高山雄哉がプロ契約を望み、父親と法的に縁を切りたいと希望しているため、雄哉と共にその案件を甲斐に依頼しに訪ねて来ました。

高山雄哉 / 髙橋優斗

16歳の天才テニスプレーヤーで、自分の身体能力のピークが今なので、今すぐプロになりたいがため、プロ入りに反対する父親と法的に縁を切りたいと甲斐に依頼します。

高山健吾 / 高橋努

雄哉の父親で、プロは危険な誘惑も多く故障なんかしたら一生を棒に振ることになるということから、プロ入りを反対しています。雄哉に感情が高ぶると自分を押さえられないと言われています。

手島麻衣 / 須藤理彩

コースタルの欠陥メモの件で訴訟を起こした原告で、幸村・上杉事務所に損害賠償などを求めています。亡くなった夫がつくった更生施設の倉庫を運営しています。

『SUITS/スーツ2』5話あらすじ・ネタバレ

5話あらすじ

甲斐が富樫から、コースタルの欠陥メモの件で訴訟を起こされたことを知った上杉は、いまこそ団結して事務所を守るべきだと主張し、甲斐のために優秀な弁護士・副島絵美里を連れてきました。

副島弁護士は、メモがないことを証明することは難しいため、この件は秘密裏に早急に和解をすべきと主張します。

甲斐は潔白を主張し、遺族に会って訴えを取り下げてもらうと主張するが、副島は「あなたは法廷で被害者をこき下ろした当事者。遺族を傷つけたあなたが会いに行くなど火に油。」だと告げ、やはり早急に和解の働きかけをすべきと主張します。

甲斐はそんな副島に反発するものの、副島の正直さを信じたチカは、甲斐を制して副島を雇うことにし、甲斐におとなしくしているように命じたのです。

一方、甲斐の秘書・玉井は、自分の受領印の入ったコースタルの欠陥メモを破棄しようかどうしようかと、思いつめた表情でシュレッダーの前に立っていると、大輔がやってきたため、玉井はその場を離れるのでした。

天才テニス少年、高山の案件

そんな折、プロモーターの星川卓郎が、天才テニス少年の高山雄哉を伴って甲斐を訪ねてきます。

雄哉は自分の身体能力のピークは今だと言い、プロ入りを絶対に認めない父親と、法的に親子の縁を切りたいと訴えます。

そこで甲斐は、この案件を大輔に任せることにし、自分は遺族の経営する更生施設の会社に行き、訴えを取り下げてもらおうとするのでした。

ここからネタバレ。

続きを読む

遺族の会社を訪ねた甲斐

かつて甲斐は、亡くなった手島光夫には薬物使用の過去があることを責め、コースタル訴訟に勝っていました。

甲斐の姿を見かけた手島麻衣には、絶対に甲斐を許す様子は見られず、甲斐に「二度とここにはこないで。」と訴え、帰らせたのでした。

親子訴訟一度目の話し合い

一方甲斐に高山雄哉の案件を任された大輔は、事務所に雄哉の父親・健吾を呼び、話し合いの席を設けたのです。

父親の健吾は雄哉に「プロなんて、危険な誘惑も多いし、故障なんかしたら一生を棒に振ることになる。」と訴え、プロになることはあくまで反対します。

そんな健吾にプロモーターの星川は「息子さんはスター選手で、スポンサーも目を光らせてる。高額な契約金だって狙えます。」と訴えるが、健吾は「金の問題じゃない。」と告げます。

雄哉は父親に「親父は僕の才能をひがんでいる。自分の人生が上手くいってないからって、もう僕に当たるのはよしてくれ。」と訴えると、怒った健吾は「絶対にプロにはさせない」と怒鳴り、「この話は終わりだと」言って帰ってしまったのです。

雄哉は大輔に「もういい、裁判の手続きを。」と裁判を求めるのでした。

その後、裁判だなと話す甲斐に大輔は「親権をそんな簡単に奪うべきではない。」と訴え自分は11歳で父親を亡くしたと言い「僕がプロになるか、父親と仲直りをするか選べと言われたら、後者を取ります。」と伝えるのです。

そんな大輔に甲斐は「なら、説得しろ。」と全面的に任せたのです。

玉井が持つメモのその後

そんな中、玉井の行動に疑念を抱いた大輔は、玉井が書類を持ってシュレッダーに向かう姿を見ていたのです。

玉井がその書類をシュレッダーにかけようとするものの、シュレッダーは動きません。そこに大輔が現れ「コンセントを抜きました。」と告げます。

そして玉井が手にしている書類を指し「それは甲斐先生が隠蔽を疑われている、コースタルのメモだ。」と訴えるのです。

玉井は大輔に「どうすればいい?こんなミス、初めてで。」と相談し、自分の受領印があること、サインもしていることを告げます。

覚えていないの?と尋ねる大輔に自分は大輔のような記憶力はないから覚えていないと話すのです。

大輔は「ともかく甲斐先生に話そう、甲斐先生はここにメモはないって前提で動いてる。知らせないと状況はどんどんまずくなる。」と話します。

玉井は「うっかり見落としてたなんて誰も信じない、甲斐先生に迷惑がかかる。甲斐先生に迷惑を掛けないためにも黙ってるのが一番。」と訴えます。

しかし大輔は「それは違う、もし発覚したら、玉井さんだけじゃなく、甲斐先生もクビになる。僕は、甲斐先生にはすべてを明かしている。甲斐先生を信じるべきだ。」と玉井に訴えると、玉井は自分で甲斐に話すと伝えるのです。

玉井が事務所で甲斐を待ち、全てを打ち明けようとすると、そこに上杉と副島がやってきて代理人の立ち合いなしで原告に会ったことを責めます。

甲斐は「更生施設を見学に行ったら、偶然彼女がそこにいた。」と話しますが、上杉は「代理人の富樫先生から、抗議の電話があった。」と言い、副島は「これで、さらに和解が遠のいた。」と告げ、上杉が訴訟に備える必要があると訴えるのです。

雄哉の父について

一方大輔は雄哉に面会し、虐待など不適切な理由がない限り、親権停止がみとめられることはないと話しますが、雄哉はあくまで親権の停止を求め「もし、不適切な事由があれば。」と伝えます。

そして「あの人の態度見たでしょ。感情が高ぶると、押さえられなくなる……。全てを記録したメモがあります。全てを裁判で明らかにします。」と腕の痣をみせながら話すのです。

副島が出した条件

そんな中、副島がファーム内で聞き取り調査を始めるが、甲斐がメモを隠した前提で質問をする副島に、玉井もチカも反発し、チカは「あなたが信じられないなら、この船を降りてもらうしかない。」と伝えます。

副島は「一つだけ条件が。」と言い「甲斐先生に、この宣誓供述書にサインしてもらいます。メモは受け取っていないと。」と告げます。

更に副島は、この件は危ない橋であることは変わらないので、相応の覚悟をしてもらうと伝えるのでした。

一方、大輔は甲斐に「父親の親権を停止させます。」と告げ、雄哉が虐待を受けていることを話し、病院からの資料と本人がつけた虐待の記録を見せます。

「一人でやれるか?」と尋ねる甲斐に、大輔は「僕はとっくに成人してますから。」と伝えます。

そこへチカがやってきて、副島先生が正式に弁護をしてくれることになったと伝えます。

そして甲斐にコースタルからメモを受け取っていないという宣誓供述書にサインするように求めます。

そこへ大輔が資料を忘れたと言い戻って来て、テーブルにあったコーヒーを書類で引っかけて倒し、宣誓供述書を汚してしまいました。

チカが新しい先生供述書を取りにオフィスを出ると、甲斐は「くさい芝居だった、訳を言え。」と大輔に迫ります。

メモの行方

大輔は「ホントは玉井さんから言わせたかった…。これにサインしたら、偽証したことになります。」と伝えるのでした。

その後甲斐は、玉井を自分のオフィスまで連れてきて「どういうつもりだ?」と尋ねます。

玉井が「私の受領印とサインがありました。甲斐先生の指示で隠蔽したと思われる。」と話すと、甲斐は「隠蔽したのか?してないならそれを俺に言えばいい。隠すな。」と告げます。

しかし玉井は、副島に疑われたことからメモを破棄して、もうないと甲斐に伝えるのでした。

甲斐はその真実を副島やチカ、上杉に話すと、副島は「メモは隠していなかったが、先ほど見つかった。そして、そのメモは廃棄した。全て、甲斐先生は関知しておらず、秘書がやったことだ。」と整理します。

副島が「公になる前に和解を決めます。」と話すと、チカは「和解交渉を進めて。」と副島に告げ、甲斐に「あなたはもうこの件に、口を挟まないで。」と命令するのです。

親子訴訟二度目の話し合い

一方大輔は2度目の親子交渉の席を設け、健吾に「高山さん、あなたは、ご自分に子供を罰する権利があるとお考えではないですか?」と尋ねます。

「必要ならば。」と答える健吾に、大輔は「必要ならばカッとなり虐待することも許されると?」と言い雄哉が提出したノートにいくつも虐待の事例が記載されてると告げ、あとは裁判所で決着をつけると伝えるのでした。

話し合いを終え、帰っていく雄哉に、大輔はなんらかの違和感を覚えるのでした。

甲斐、遺族に詫びる

そんな中、甲斐は再び手島麻衣の工場に出向き、彼女に「真相をお伝えしたくて。問題のメモが私どものファームにありました。こちらのミスです。メモに気付いてればあんなことには、あなたを傷つけた。」と詫びます。

すると麻衣は「匿名の寄付があります。あれはあなたが?」と尋ね、「そのメモは告発のために書いたものじゃ?…。どうしてその声は消されたんですか?どうしてあなたはそれに気付けなかったんですか?」と甲斐に尋ねます。

その問いに甲斐は「私のミスです。申し訳ありません。」とだけ答え、深々と頭を下げるのでした。

親権停止裁判に向けての話し合い

一方大輔は親権停止裁判に向け、雄哉に裁判で証言することの意味を問い「君の発言が誰かを傷つけ、一生苦しめることもある。」と伝えます。

そして「ある代理人弁護士がクライアントの潔白を主張したが、それは事実と違い、信じた彼は、法廷で罪のない人たちを傷つけた。彼自身もそれで苦しむことに。」と雄哉に伝えます。

「何を言ってるんですか?」と話すプロモーターの星川に大輔は「雄哉君に嘘をつかせたのはあなたですね。」と言い「あなたは虐待の事実などないことを知っていた。」と言います。

そして星川が、まだまだ伸びる雄哉の身体のピークが今だと思い込ませ、貴公子と呼ばれている今契約すれば、巨万な富を得られることから、雄哉を騙し親権を停止させ、雄哉をプロにしようとしていたことを伝えるのです。

大輔は申し立て書類を破り、雄哉に「大人に振り回されている間はまだ子供だ。お父さんの言う通り、きちんとトレーニングをして、精神の鍛練を積むといい。」と言い「甲斐先生に報告するぞ」と話す星川に「この件の担当は僕なんで。」と告げ、去って行くのでした。

甲斐への和解条件

その頃チカに副島弁護士からコースタル訴訟メモの和解条件が提示され、その内容は「5億円の賠償金と、甲斐の弁護士資格のはく奪」でした。

チカが甲斐のオフィスと尋ねると、甲斐は「またご遺族に会った。謝りたかった。俺が悪い。野良犬以下だ。」と話すと、チカは「残念なお知らせがある。」と伝えます。

玉井の解雇

その後玉井を訪ねたチカは「これまで、甲斐や私に尽くしてくれてありがとう。でも、個人的な感情は抜きにして、今回の件を見逃すことはできない。あなたを今日付けで解雇します。」と伝えるのでした。

荷物をまとめた玉井がエレベーターへ向かうと、そこでは甲斐が待っていました。

甲斐はなにも言わずに、エレベーターのボタンを押してエレベータを開け、玉井を送り出したのでした。

『SUITS/スーツ2』5話、まとめ・感想

今回は全体的に4話よりは良い出来でしたし、展開も面白くあっという間に見終えることができました。

原作の劣化版?

4話よりはストーリー構成もしっかりしていましたし、テンポも良かったものの、最後の詰めが甘く原作の劣化版になってしまったように感じます。

大筋のストーリーは良いですし、甲斐が寄付をしていたと言うのも、向こうから気付いて、「どうしてあなたはそれに気付けなかったんですか?」という風に原告側の手島麻衣が甲斐の話しを信じる様子も見せたのに、結局は和解条件に弁護士資格のはく奪を要求され、そこからなんの前触れもないまま、チカは甲斐を処分せずに、玉井だけ処分してしまいました。

オリジナル

オリジナルストーリーだと、ハービー(甲斐)を守るために、あくまで和解を主張するアリソン(副島弁護士)をジェシカ(チカ)が解任して戦うことを選び、事務所に不利益をもたらしたためにドナ(玉井)を解雇したという内容なのに、そこの部分がスッポリと抜けてしまっているので、視聴者は、副島弁護士が、相手から5億の損害賠償と、甲斐の弁護士資格はく奪という条件を提示された段階のハズなのに、なぜ玉井だけが解雇となり、甲斐はそれを見送っただけだったのかが疑問だったのではないでしょうか?(甲斐の父親がサックスプレイヤーだという設定まで同じにしたのに…)

全体的には

その他の部分のストーリー、特に大輔側のストーリーや、今回はここでは書いていませんが、蟹江と聖澤のストーリー(猫が亡くなって、大輔からもらった雄哉のサインボールを蟹江にプレゼントするところなど)、そして副島弁護士が条件を持ってくるまでの内容が良かっただけに、肝心な部分が抜けて非常に残念に感じました。

もしかしたら次回でその部分の種明かしをするのかも知れませんが、今回でまとめた方が見ている方としては理解しやすいですよね。

まあ確かに本家のSUITSが好きな人だったら、日本版のSUITS/スーツ2はテンポやスピード感、音楽など残念に思う人もいるでしょうが、この作品は本家の雰囲気を残しつつ、日本風にしっかりと作り変えられているので好きで見ていますが、ホントにこの部分だけが残念です。

次回

さて次回は、ギャンブルで負けて紙ナプキンに書いた約束で会社を乗っ取られるという内容ですので、シーズン2の6話が原作です。

3話に復活してからからずっと原作とほぼ同じ内容と進行で物語が続いていますね。これも新型コロナウイルスの影響なのでしょうか?

ところで、スーツ2になってから、なにかと坂口涼太郎君演じるアソシエイトの八木田健太郎が登場するなと思っていましたが、彼は原作のハロルド・ガンダーソンに当たる役柄なんですね。今更ながらですが理解しました。

ってことであれば、これからも蟹江にこき使われますね。

『SUITS/スーツ2』6話、あらすじ

かけがえのない秘書・玉井(中村アン)を失い、喪失感にかられる甲斐(織田裕二)。

ある日、クライアントである碓氷ジュエリー社長の碓氷秀明(博多華丸)に会いに、大輔(中島裕翔)を連れてマカオのカジノを訪れる。

碓氷はギャンブル依存症だったが、ここ数年は賭け事を断っていた。だが、甲斐の心配をよそに、カジノのVIPルームでポーカーに興じていた碓氷は、1回の勝負に300万ドル以上も賭けた挙句負けてしまう…。

しかも碓氷は、日本人の元会社社長・城田悟志(三浦誠己)から、碓氷ジュエリーの全株式を担保にすることを紙ナプキンに書いて、300万ドルもの金を借りていたのだ。

碓氷は城田に、その一瞬で会社の全てを奪われてしまう。

一方、真琴(新木優子)と蟹江(小手伸也)は、とあるバレエ団の公演で偶然一緒になる。

公演後、バレエ団の演出家・里中栄一郎(吉澤健)が、劇場スタッフともめているのを目撃する蟹江たち。

里中は、劇場の稽古場の設備不良が原因で、バレエ団のダンサーがケガをした、と怒っていた。

里中の大ファンだった蟹江は、劇場側との交渉の代理人に名乗りを上げると、その案件を真琴に任せることにする。

そんな折、チカ(鈴木保奈美)のもとに、旧友でもある関東弁護士会副会長の羽鳥亜美(堀内敬子)から電話が入る。

羽鳥は、『コースタル・モーターズ』訴訟の件で、甲斐が賠償金と弁護士資格のはく奪を和解条件として提示されていることを問題視していて……。

碓氷に借りがあった甲斐は、帰国後すぐに城田と彼の代理人弁護士・安斎芳樹(加藤啓)に会いに行く。奪われたら、奪い返す。甲斐の逆襲が始まろうとしていた。

引用:https://www.fujitv.co.jp/SUITS2/story/

『SUITS/スーツ2』見逃し動画配信サービス

『SUITS/スーツ2』を1話から見たいという方、見逃し配信はFODプレミアムでどうぞ。

FODプレミアムの評判は?長年使ったからわかる、メリット・デメリット!
これまでFODを初めとし、HuluやNetflix…etc.など様々な動画配信サービスを利用してきた経験を踏まえ、評判や特徴、メリット・デメリットなどを書いて行きますので、参考になれば幸いで...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

2020年8月11日現在、FODではフジ2018年版SUITS/スーツ、米オリジナルのSUITS/スーツ・シーズン1~8まで配信されています。

無料体験はこちらからどうぞ
FOD 1ヶ月無料体験期間に登録

コメント

タイトルとURLをコピーしました