私の家政夫ナギサさん6話ネタバレ感想、ナギサさんの過去に踏み込めるか?

いよいよ『私の家政夫ナギサさん』も第6話まで進んできましたが、未だナギサさんの過去は明らかになってきていません。

今回はメイがナギサさんの過去に踏み込もうと、あれこれ手を尽くし更には尾行までしますが、メイはナギサさんの過去を知ることができるのでしょうか?それでは『私の家政夫ナギサさん』の第6話あらすじ、ネタバレ感想などを紹介していきます。

『私の家政夫ナギサさん』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

Paravi(パラビ)の評判は?長く使っているからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。 また、H...

登場人物・キャスト

相原 メイ … 多部未華子
田所 優太 … 瀬戸康史
瀬川 遙人 … 眞栄田郷敦
陶山 薫 … 高橋メアリージュン
肥後 菊之助 … 宮尾俊太郎
松平 慎也 … 平山祐介
馬場 穣二 … 水澤紳吾
堀江 耕介 … 岡部大(ハナコ)
天馬 あかり … 若月佑美
駒木坂 春夫 … 飯尾和樹(ずん)
吉川 かりん … 夏子
古藤 深雪 … 富田靖子
相原 美登里 … 草刈民代
福田 唯 … 趣里
鴫野 ナギサ … 大森南朋

詳しい登場人物や相関図についてはこちらをご覧ください。

『私の家政夫ナギサさん』あらすじ全話ネタバレ登場人物キャスト、見逃し配信先
2020年TBSの4月期火曜ドラマは「コミックシーモア」発のオリジナルコミック「家政夫のナギサさん」を原作とし、主人公の相原メイを多部未華子さんが、家政夫の鴫野ナギサを大森南朋さんが、そして...

6話ゲスト

箸尾玲香 / 松本若菜

ナギサさんがメイの忘れ物のタブレットを届けた時に、アンタレス総合病院で名前を呼ばれ、看護師と一緒にナギサさんの横を通り過ぎていった女性です。

『私の家政夫ナギサさん』6話あらすじ・ネタバレ

6話あらすじ

ナギサさんが実は自分と同じMRだったことを知ったメイは、ナギサさんの過去にますます興味を抱き、なんで辞めたのかを問いただします。

しかしナギサさんは「昔のことですから。」と、メイに対してゼロ回答だったため、メイは「ナギサさんは秘密主義だ。家政夫として必要なことは答えてくれるけど、自分のことは何も話してくれない。」と寂しく思うのでした。

メイ、1on1ミーティングを利用する

その翌日、会社では今秋から上司がひたすら聞き役に徹し、部下が話す内容については議論もコーチングもしないという「1on1 ミーティング」を行うことになり、メイはチームリーダーとして、聞き役を担当することになりました。

瀬川が「相原さんが聞き役って…、我慢できるんですか?」と尋ね、堀江が「相原ほら、我慢できなくてすぐ議論したり、先に答え言っちゃうだろ。」と話します。

メイはみんなに「言いません。」と言い切り、その帰り道1on1に関する書籍を購入して帰ったのです。

メイは1on1の書籍を取り出し、ナギサさんに聞こえるように「はぁ、これも勉強しないとなー、時間ないのにできるかなあ」などと話します。

するとナギサさんが「また何か新しいお仕事ですか?」と聞いてきたため、メイは心の中で「きた!」と言い、ナギサさんに「あの、お願いがあるんですけど。」と言い1on1の聞き役に徹するスキルを身に付けたいと称して、ナギサさんの私生活について聞き出そうとします。

しかし、いくら聞いてもナギサさんからは何ら聞きたい答えは出て来ず、おまけにタイミングが悪くメイのお腹が鳴ったため一旦休戦し、食事にすることにしたのです。

家族での食事と、田所の違和感

すると、母・美登里や唯も訪ねて来たため、みんなで一緒に食事をすることになったのでした。

食事を終え、ナギサさんと美登里、唯が帰るためにマンションを出ると、丁度田所と遭遇したため美登里が挨拶をして世間話をし、その後帰っていくのです。

田所は美登里とナギサさんを見送って「お母さんと、お父さん。」と口にし、何らかの違和感を感じ取ったのです。

3人を見送ったあとも田所はずっと覗き見し、ナギサさんだけ別方向へ帰って行くのを見て「本当にお父さんか?」と疑念を抱くのでした。

一方、メイはナギサさんのプライベートがどうしても気になり「どうすればナギサさんを攻略できるのか?」と執念を燃やすのでした。

ここからネタバレです。

続きを読む

翌日1on1で後輩の天馬あかりの「ハイキュー!!ベストシーン」の話しを聞きながら、メイは「話を聞くって案外難しい。でも、きっとこれが、ナギサさんの話を引き出す訓練にもなるはず。」と自分に言い聞かせます。

すると薫がやってきて、田所とまたデートすることになったという話を延々30分聞かされたのでした。

瀬川の告白

その後、外回りの車の中で「あっちのお姉ちゃん、お嫁に取られちゃうかもよ。」とメイが瀬川に話すと、瀬川は「いや、別にあっちはいいです。」と答えます。

続けて瀬川は「でも、こっちは…。 あ…相原さんは、何か気になるって言うか、何ですかね、たまにこの辺りがゾワ~ッってするんです。」と伝えます。

メイが「大丈夫?どっか悪いんじゃないの?」と尋ねると、瀬川は「恋じゃないですかね?」と訴えます。

メイが「やめてよ、違うでしょ。」と言うと、瀬川は「でも何か変なんです。相原さんのことをもっと知りたくなって、気付いたら名前で検索してるんです。」とストーカーのようなことを言います。

メイは「それは、いつも一緒にいるのに、よく考えたらこの人のことあんまり知らないとか、そう思ったってことでしょ?相手には自分のダメなところをいっぱい知られてるのに、自分は何も知らなくてズルイ…、とかさ。」と自分とナギサさんを重ねて答えてしまいます。

そして「それは恋じゃないんですか?」と尋ねる瀬川に、一瞬ナギサさんの顔を思い浮かべたメイは「ないないないないない!違うよ。」と答えるのでした。

田所、メイに疑念を抱く

すると営業を終えた田所が車に乗り込む姿が見えたため、メイは田所に近付いて隣の席に座りお裾分けのお礼を告げると、田所はメイに「昨日、マンションの表でご家族にお会いしました。」と言い、母親と妹と父親に会ったことを伝えます。

メイは「ヤバっ、ナギサさんと会ったんだ。」と心の中でつぶやくと、田所は「お若いですよねお父様。お母様の方が年上ですか?」と尋ねて来たため「はい、うちは姉さん女房なんです。あははは」と笑ってごまかします。

その時瀬川がクラクションを鳴らし、次の取引先に謝っている様子が見えたので、田所に「薫、喜んでました。またデートするんだって。楽しんできてください。」と伝え自分の車に戻って行くのです。

車に戻るメイの後ろ姿を見ながら、田所は「絶対、何か隠してる。」とつぶやくのでした。

その後しろくまメディカルに寄って、新病院の件で駒木坂から坂本先生の情報を仕入れたメイは、瀬川を車で会社に戻らせ、自分はスポーツショップで坂本先生対策のゴルフ用グローブなどを入手します。

ナギサさんを尾行する。

店を出ると、偶然ナギサさんが歩いているところを見かけましたが、一旦反対方向に歩いて行こうとします。

しかし「これはナギサさんの正体を知る、最大のチャンス」と考えたメイは、ナギサさんの尾行を開始したのです。

ナギサさんは困っているお母さんのベビーカーを階段から降ろす手伝いをしたり、スーパーで買い物をしたあと再び歩き始めたため、メイは「独身だとは聞いているけど、果たして本当に一人暮らしなのか?そして一体、彼はどんな家に住んでいるのか?」などと思いながら尾行していました。

その時メイは自分が今いる場所が自分のマンションの近所だということに気付き、辺りを見回すとナギサさんを見失ってしまいました。

メイがナギサさんの姿を探してキョロキョロしていると、とつぜん「メイさん」とナギサさんに肩を叩かれたため、驚いてしまいました。

ナギサさんはメイに近所の病院へ行ってたんですか?と尋ねたため、メイは「ああ、あ…、そうなんです。」と言い、ナギサさんの秘密を探るため、急にしゃがみこんで「おなかがすいて一歩も歩けない…かも」と言い、無理やりナギサさんの家へ連れて行くように頼み込んだのです。

メイがナギサさんに支えられながらナギサさんの家へ向かっていると、その現場を田所が目撃し「お父さん?いやいやいやいや、あの距離感は絶対に親子じゃない。」とつぶやきます。

そして「えっ、何?やっぱり年上の恋人?」とつぶやきますが、それを知ったところで自分になんの関係がある?ストーカーじゃないしと自分に自問自答し、それでも「気になる~」と言い残し仕事に戻るのでした。

一方まんまとナギサさんの家へ上がり込むことができたメイは、ナギサさんに作ってもらった料理を食べながら、飾ってある写真に目をやり「ステキなお写真ですね。お母様ですか?」と尋ねます。

ナギサさんは「はい、5年前にガンで亡くしました。」と答えたため、メイは「あ…、ごめんなさい。」と謝ります。

続けてナギサさんのバッグに入っていた手帳を手に「もしかして、このかわいい手帳もお母様のものですか?2015って5年前のものだから何でかなって。」と話すと、突然ナギサさんはその手帳をメイから奪い取り、険しい顔でその手帳を見ていました。

メイが「あの、ごめんなさい、ナギサさん。怒ってます?」と尋ねると、ナギサさんは「何がですか?」と笑顔に戻り「体調、もう大丈夫そうですね。お食事召し上がったら、早めにお帰りになって、ゆっくり休んでください。」と伝えるのです。

帰り道にメイは「ナギサさんのあんな顔、初めて見た。ナギサさん、私は触れてはいけないところに踏み込んでしまったのだろうか?」と思いながら歩くのでした。

新薬プロジェクト

一方天保山製薬製薬では、がん治療薬イスビシンの発売決定に伴いプロジェクトチームを作ることになり、メイたちも参加することになりました。

既にライバルのアーノルド製薬では競合する治療薬を出しているため、ガンや腫瘍専門のオンコロジーチームとチームの垣根を越えて一丸となって販売していくため、専門の勉強が必要となると言い全員気合を入れるのでした。

家に帰ったメイは、ナギサさんに新薬販売に向けて帰宅時間が遅くなり、深夜になることも多くなることを告げます。

ナギサさんは「ガン治療の新薬は専門的な知識も必要ですし、勉強が大変ですよね。」と言い「そんなに抱えてホントに大丈夫ですか?」と尋ねます。

メイは「それが私の仕事ですし、それにこのプロジェクトチームが天保山製薬日本全体で一番に採用をとったら、めちゃくちゃ気持ちいいと思うんですよね。」と答えます。

ナギサさんはメイの答えに「約束していただけませんか?どんなに忙しくても、必ず夕食はとる。遅くとも、12時までには就寝する。少しでも体調に異変があったら私に連絡してください。」と訴えます。

そして「必ず約束してください。」とメイに念を押すと、メイは「あ…はい。」と小さく肯くのでした。

薫と田所のその後

その日、薫は田所と水族館デートをしていました。その時田所は「陶山さん、相原さんたぶん、陶山さんに伝えるタイミングを逃しちゃったんだと思うんですけど、実は僕と相原さん、マンションの部屋が隣同士なんです。そこでたまに見かける男性がいて。」とナギサさんのことを尋ねようとします。

その話を聞いた薫はフリーズしてそのまま動かなくなってしまいました。

新薬について忙しく働いていたメイが家へ帰って、薬に関する勉強をしていると、ナギサさんんから次々とメイの体調を気遣うメッセージが届いたため音声をオフにしました。

そんな中、メイが会社で仕事をしていると、天馬あかりが会社に飛び込んできて「今週の金曜日にアンタレス総合病院で、新薬の説明会ができることになりました。」と興奮気味に話すのです。

チームは「すごいじゃん」と喜ぶものの、準備が間に合わないかもしれないことから、支店長は「みんな顔にヘトヘトって書いてある。相原さんがよくても、みんながキャパオーバーになったら意味ないし、このチームはプロジェクトから抜けることにしましょう。」と告げるのです。

すると天馬が「支店長待ってください!」と言い「アンタレス総合病院での説明会やらせてもらえませんか?私、こんなにやる気が出たの初めてなんです。リーダーに自分の好きなことをしゃべって、たくさん話を聞いてもらってるうちに、ああ、私はこのメンバーと一緒に、ちゃんと結果を残したいって思ったんです。私たちにチャンスをください。お願いします。」と訴えるのです。

すると堀江も須川もやりたいと訴えたため、支店長は「じゃあ、金曜日の説明会、よろしくお願いします。」と任せたのでした。

皆で頑張ろうと張り切る中、メイが薫に「薫、頑張ろうね。」と話しかけても、薫は何も答えませんでした。

その日の夜もメイが「残りは私がやっとくよ。」と薫に話しかけても、薫が何も話さないため、メイは「何か怒ってる?」と尋ねます。

すると薫は「メイに隠し事されてたの、ホント、ショックだったんだけど。」と話し「田所さんから聞いた。隣に住んでるんでしょ?」と話します。

メイが「ごめん、薫が田所さんのこと気になってるって知って、何かこう…、言うタイミングを逃して。」と伝えます。

薫が「メイも田所さんのこと気になるの?」と尋ねたため、メイは「それはないよ。私は薫と田所さんがうまくいけばいいなって、ホントに思ってるよ。」と告げます。

すると薫はメイに「フッってきた。」と言い、デートの時にずっと相原さん相原さんという田所に「デートに来てるのは私ですよ~」と言いそれでもメイのことが気になっている田所に「嘘がつけず分かりやすいところ好きですけど、私には残酷です…。 今日はありがとうございました。帰りますね。」と言い帰って来たと言います。

そしてメイに「田所さん、ずっと違う人のこと考えてたんだ。私、そこではっきり分かったんだよね。結婚するなら、私のことをちゃんと見てくれる人がいいなって。田所さんは、そうじゃなかった…。はあ~! また振り出しに戻るか~!しんどいな~!」と告げるのでした。

薫はメイに田所は今メイのことで頭いっぱい。なにも思い当たらない?と話してきたため、帰り道に色々と思い当たるフシを考えてみるのです。

プロジェクトのトラブルと、ナギサさんの心配

その時会社で仕事をしている天馬からメイに電話があり「明日の説明会で使う資料の重要な説明がバッサリ抜けていて、間に合いそうになくて。」と話します。

メイは「分かった私もやるから、データ送ってくれる?」と告げ部屋に戻ると、ナギサさんが待っていてくれていました。

「もう12時過ぎてますよ。さすがにこの時間は…。」と話すメイに、ナギサさんは「メイさんが、また無理をしないようにお手伝いをさせて頂きたいんです。」と話します。

メイは「そんなこと頼んでないですから。」と話すと、ナギサさんは「そうでもしないと、このあともお仕事をなさるつもりですよね?」と訴えます。

メイは「今は、頑張らなきゃいけない時なんです。」と言うと、ナギサさんは「ですが、メイさんには、忙しい時こそ、しっかり食べて、ちゃんと寝ていただきたいんです。」と伝えます。

そんなナギサさんに、メイが「そんなに心配される覚えはないですし、明日は大事な説明会なんです。朝までに仕上げなくちゃいけないので、今日は帰って…。」と言うと、ナギサさんは「まずは夕食をお召し上がりください。今じゃないとダメなんです。」と力強く訴えます。

そして大丈夫だというメイに「信用できません!本人の“大丈夫”なんて、一番、信用できません。そういう人に限って、ある日突然心が折れるんです。」と話します。

メイはナギサさんに「私…、そんなに仕事ができない人間に見えますか?私は効率よく仕事をするためのサポートとして、家事をお願いしているんです。なのに、今のナギサさんは、その範疇を超えてます。」と伝えます。

そしてメイは「今日はもう帰ってください。今すぐ。」と言いながらナギサさんを追い返したのです。

やむを得ずナギサさんはメイの家を出て行きました。一方メイは「ナギサさん、一体、何が、あなたをそうさせているんですか?」と心で呟きます。

家に戻ったナギサさんは、かつて母親が生きていたころ、母に「もう、そんな顔しないでよ。ガンっていったって、今から治療すれば、ちゃんと治るんだから。」と告げられたことを思い出していました。

当時ナギサさんは「母さん、やっぱり俺、今の会社辞めて、在宅でできる仕事を探そうかなって。」と母に告げると母は「イヤよ、それはダメ。あんたは今までどおり自分の好きなことをやりなさい。ねっ。」と言われていました。

新薬説明会会場アンタレス総合病院にて

その翌朝、アンタレス総合病院に到着したメイは「私はアホか~!何で今日に限って忘れる!?よりによって、昨日作った資料の入ったタブレットを!ああ、もうバカメイ!」と自分を責めていました。

そして自分に冷静になるように言い聞かせ、「鍵を持ってて、ここから近くて…、って、そんな都合のいい人……」と考えていると、思い当たる人がいました。

暫くすると「おまたせしました。」と言い、ナギサさんがメイのタブレットを持って病院まで来てくれました。

ナギサさんは「昨日は出過ぎたマネをしてしまい、大変申し訳ありませんでした。」とお詫びします。

メイは「私の方こそごめんなさい。今日もお仕事中なのに。」と伝えます。

ナギサさんはメイに緊張してるかと尋ね、酢こんぶを渡し「私はMR時代、大事なプレゼンの前にはよくこれを食べて緊張をほぐしていました。」と伝えます。

メイに「では頑張ってください。」と告げ、ナギサさんが戻ろうとすると、病院の受付から「箸尾さーん」と呼ぶ声がしました。

ナギサさんがその方向を見ると、一人の女性がいてその後、看護師につれられてナギサさんたちの横を通り過ぎていきました。

その時ナギサさんの頭の中では、その女性が泣きながら「私…、もう無理です。」「私…、もう…、笑って答えられない。」と訴えていた姿がフラッシュバックしていました。

その姿を見たメイは「見つけたかも知れない…。ナギサさんの傷になっているもの。」と思うのでした。

『私の家政夫ナギサさん』6話 感想・まとめ

今回は前話で叩き出した過去最高視聴率のの14.4%を大きく更新し、ナント16.0%を記録しました。さすがはドラマのTBSだけあって絶好調ですね。

ナギサさんの過去は次回持越し

今回いよいよナギサさんの過去が判明するかと思いきや、引っ張りに引っ張り、結局その伏線を更に張り巡らせる回となっていました。

それでも、物語は停滞せずにしっかりと色々なエピソードは進んで行ってますし、新たな女性の登場も含め、色々と楽しく見ることができました。

また今回もストーリーの進め方が非常に上手く、メインのストーリーでは、ガンの新薬発売で忙しくなったことで、ナギサさんが過剰にメイを心配し、そこから過去に「自分で大丈夫だといっていた人になにかがあったんじゃないか」と視聴者に思わせ、とどめにラストで「ナギサさんの心のキズになったであろう女性が病院に通っている」というシーンを見せてしっかりと視聴者を次回に引っ張り込んでいますよね。

その辺の原作でのネタバレはこちらをどうぞ。

そしてその間にも、5年前に母親がガンになり、その後亡くなっている様子や、母親がガンになった時に、母親に断られたことから面倒を見ることができなかったであろう様子も描かれていました。

この辺にも、何かナギサさんが家政夫として働くことになった理由が隠されているのではと思わさせられる描き方となっていました。

恋愛パートは?

一方田所関連でも、薫とデートしながらも田所がメイを意識していってる様子も描かれていましたし、薫とはダメになった様子。また薫が前を向き始めた様子も描かれていましたので、ナギサさんの過去の物語が終わったら、田所との恋愛パート突入でしょうか?

また、冒頭で母の美登里が、ナギサさんがメイの結婚相手に良いと思うと言っていたことから、まだナギサさんルートもあるのかな?とも…(でも唯は、年が離れてるからなあと言っていたので、ちょっと難しいかな?)

次回

さて、ようやく次週ナギサさんがメイに対して過保護とも言えるくらいな態度を取っていた理由が明らかになります。

そしていよいよメイと田所の恋愛パート編も始まりそうですが、その前に先週先々週あたりに煽っていた、田所の秘密って、明らかになりましたっけ?来週くらいには分かるんでしょうか。

つーか、田所のことを何とも思っていなかったハズのメイが、田所を意識してぎこちなくなるって、今回の流れからはあんまり考えられない気もしますが、そういえばメイは恋愛慣れしていないという設定でしたね。

ただ、今回後輩の瀬川もメイに対して「恋じゃないですかね?」とか「相原さんのことをもっと知りたくなって」とか言っていたことから、瀬川も…?

そしてすっかりメールでしか登場しなくなってしまった肥後先生はこのままフェードアウトしてしまうのでしょうか。

いずれにしろ、次回も非常に楽しみです。

『私の家政夫ナギサさん』7話あらすじ

メイ(多部未華子)の仕事先で、ある女性・箸尾(松本若菜)を見かけたナギサさん(大森南朋)は、それ以来料理の失敗が続くなど心ここにあらずな様子。

ナギサさんの緊急事態と感じたメイは、彼の自宅を訪ねることに。

するとナギサさんはこれまで秘密にしていた過去をメイに話し始める。

一方、メイと田所(瀬戸康史)は、互いのことを意識するあまり、ぎこちないやり取りを続けていた。

そんな二人を見た薫(高橋メアリージュン)は、あきれ顔。

あと一歩踏み出すきっかけをつかめない田所は、メイと煮え切らない関係を断つべく思わぬ行動に…。

引用:https://www.tbs.co.jp/WATANAGI_tbs/story/

『私の家政婦ナギサさん』見逃し配信

『私の家政婦ナギサさん』の見逃し配信及び、スピンオフドラマ『私の部下のハルトくん』の視聴はParaviでどうぞ。

Paravi(パラビ)の評判は?長く使っているからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。 また、H...

上記の内容は2020年8月12日現在のものです。最新の配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました