私の家政夫ナギサさん7話ネタバレ感想、ようやくナギサさんの過去が解き明かされる

これまでずっと謎となっていた可愛いメモ帳と、箸尾という女性の関係や、ナギサさんがメイに対して過干渉となっていた秘密がようやく今回解き明かされます。

そしてナギサさんと母親との最後の瞬間も…。それでは『私の家政夫ナギサさん』の第7話あらすじ、ネタバレ感想などを紹介していきます。

『私の家政夫ナギサさん』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

Paravi(パラビ)の評判は?長く使っているからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。 また、H...

登場人物・キャスト

相原 メイ … 多部未華子
田所 優太 … 瀬戸康史
瀬川 遙人 … 眞栄田郷敦
陶山 薫 … 高橋メアリージュン
肥後 菊之助 … 宮尾俊太郎
松平 慎也 … 平山祐介
馬場 穣二 … 水澤紳吾
堀江 耕介 … 岡部大(ハナコ)
天馬 あかり … 若月佑美
駒木坂 春夫 … 飯尾和樹(ずん)
吉川 かりん … 夏子
古藤 深雪 … 富田靖子
相原 美登里 … 草刈民代
福田 唯 … 趣里
鴫野 ナギサ … 大森南朋

詳しい登場人物や相関図についてはこちらをご覧ください。

『私の家政夫ナギサさん』あらすじ全話ネタバレ登場人物キャスト、見逃し配信先
2020年TBSの4月期火曜ドラマは「コミックシーモア」発のオリジナルコミック「家政夫のナギサさん」を原作とし、主人公の相原メイを多部未華子さんが、家政夫の鴫野ナギサを大森南朋さんが、そして...

7話ゲスト

箸尾玲香/ 松本若菜

ナギサさんがMRとして働いていた時の後輩にあたる女性です。なぜかメイたちが説明会を開催するアンタレス総合病院にいました。

垣内太一郎 / 内村遥

天保山製薬のオンコロジー担当で、メイたちが開催したアンタレス総合病院での説明会の結果、新薬が採用されるかどうかで、今後の新薬採用に影響してくるため、メイたちには厳しいことを言います。

阪本洋二 / 高木渉

天明大学心臓内科教授で、綱島地区に建つと予想されている新病院の人事の鍵を握ると目されている人物だと言われています。北斗の拳のジャギに似ているとの話があったため、メイたちは内輪でジャギと呼んでいます。

『私の家政夫ナギサさん』7話あらすじ・ネタバレ

7話あらすじ

メイが説明会を開催するアンタレス総合病院で、箸尾玲香という女性を見かけたナギサさんは、それ以来様々な失敗が続くなど、心ここにあらずな様子でした。

一方、アンタレス総合病院で開催された新薬の説明会では、メイたちに医師からの想定外の質問があったため、宿題とし改めて報告することになりました。

あの質問は厳しすぎるとメイたちが慰め合っていると、ずっと説明会を見ていたオンコロジー担当の垣内太一郎が声を掛けてきて、想定Q&Aを北横浜チームに任せたのは間違いだと告げます。

そして「オンコロジー領域は、あなた方が考えるほど甘くありません。会社を代表してこの場に来ていると自覚を持ってください。」と叱責します。

薫が「なにあれ、感じ悪い」などと小声で文句を言っていると、垣内は「ここを取れるかどうかが、今後の天保山製薬全社の新薬採用に影響します。先ほどの宿題、後ほど検討会をやりましょう。」と訴えるのでした。

その後偶然田所を見かけたメイは「お疲れ様です。」と声を掛けるが、お互い相手のことを意識し過ぎてぎこちないやり取りを続けていたため、薫はあきれ顔で二人に話すべき言葉を伝えるのでした。

その時ふとメイが待合室に目をやると、先ほどの女性・箸尾がいたためメイは「あの女性を見てから、明らかにナギサさんの様子が変わった。」と思うのでした。

ここからネタバレです。

続きを読む

そんな中、新病院のキーマンとなる阪本先生の講演会を聞きに行ったメイと堀江は、新病院についてさりげなくカマをかけて見ますが、かわされてしまいました。

しかし堀江がゴルフの話題を持ち出すと、阪本先生は食いついてきて一緒にコンペでもどうですか?と2人に名刺を渡してくれたのです。

そこへ肥後先生が現れ「そろそろ、例の返事を頂けたら。」とメイに告げるが、メイは「新プロジェクトが落ち着いたら必ずこちらから連絡します。」と答え帰って行くのでした。

ナギサさんの不調

その日の夜、メイの家で家事をするナギサさんですが、あの日以来調子が悪く、失敗続きでした。

翌日、薫との食事の際、メイはナギサさんが作ってくれたお弁当を開けて食べると、これもまたこれまでとは違い、中身の彩りも悪く味も酷いモノでした。

そんな中、唯から「ナギサさんが、暫くお休みしたいんだって。こんなこと初めてで、ちょっと心配なんだけど、お姉ちゃんなんか心当たりある?」と電話が入りました。

唯からの電話を受けたメイは、薫に会社を早退することを伝えて、ナギサさんの家を訪ねて行くのです。

ナギサさんの乱れた部屋を見たメイは、ナギサさんに「何か嫌なことでもあったんですか?」と尋ねますが、ナギサさんは「メイさん、こんなところで油を売っていて大丈夫ですか?お仕事お忙しいでしょうに。」と尋ね返すのです。

メイは「でもこれは、ナギサさんの弱みを握る絶好のチャンスなんで…。」と言い「ナギサさんは自分のこと何も話さないですよね。この前病院で見かけた女性と、ここで見つけた可愛い手帳。2つが関係して、何か悩まれてますね。」と告げます。

そして弱みを握るまで居座って絶対に帰らないと訴えるメイに、ナギサさんは「メイさんには参りました。お話します。」と言いMRになった切っ掛けから話し始めたのです。

ナギサさんの過去

ナギサさんは「母はガンでした。少しでも母の病気に役立つ情報が得られないかと、それまで勤めていた会社を辞め、私は製薬会社に転職することにしました。」と話し始めます。

続けて「私の前では気丈に振舞っていましたが、入退院を繰り返す母の容体は日に日に悪くなっていきました。」と言い「自分としては、だんだん休日にしか病院に行くことが出来なくなってしまって、むしろもどかしいくらいだったんですが。」と話します。

そして「その頃出会ったのが彼女でした。」と箸尾玲香との出会いを話し始めます。

箸尾は、未経験からMRに転職して短期間で優秀な成績を収めているナギサさんからやり方を盗んで、自分も早くできる人間になりたいと、ナギサさんに声を掛けてきました。

2人はそこから急速に仲良くなり、お母さんになりたかったと話すナギサさんに、箸尾は「じゃあ私は娘ですね。」と話したのです。

ナギサさんは、箸尾の一生懸命で何事にも全力で突き進み、周りのことが見えなくなるところがメイにそっくりだったと言います。

当時忙しくしていた箸尾を、ナギサさんは心配して夕飯に誘ったり、お昼を作ったり資料を共有したりとなにかと気にかけていました。

箸尾はナギサさんをお母さんと呼び「回らなきゃいけない病院、倍になったけど、読まなきゃいけない資料も倍になったけど、私、頑張れる。見ててくださいナギサお母さん。」と話していました。

当時を振り返ったナギサさんは「今思えば、彼女はずっと助けを求めていたのに、私はそのシグナルに気付けませんでした。」とメイに話します。

続けて「その頃は、私も出張が重なり、病院回りに、市場調査会議に、母親の見舞いにも行けない日が続いていました。」と話します。

そんな中、ナギサさんの母親の病状が急変し、最後を看取ることもできずにナギサさんのお母さんは亡くなってしまったのです。

ナギサさんが母親の通夜・葬式のために会社を休んでいる間、箸尾から電話が入ってもちゃんと話を聞いてあげることが出来ず、箸尾は段々追い詰められていったとナギサさんは話します。

やがて箸尾は徐々に体調を崩し始め「大丈夫ですか?」と尋ねるナギサさんに「みんなが大変な時に、私だけ投げ出すワケにはいかないのに、なのに、終わらない今のことばっかり考えてて、営業先でも泣いてしまわないように耐えるのが精いっぱいで…。」と告げます。

そして「ナギサさんはいつも私に大丈夫ですか?って声を掛けてくれましたよね…。私も、大丈夫ですって答えてたけど…、でも…、すいません…、本当は無理です。私…、もう笑って答えられない。」と訴えたのです。

ナギサさんはメイに「当時付き合っていた男性が、箸尾さんを病院に連れてったそうです。心療内科で診断書が出てからすぐ、彼女は会社を辞めました。」と告げます。

メイは「そっかー、私の仕事が忙しくなって、ナギサさんが変になったのはそういうことだったのかぁ。」と思うのです。

その後メイがナギサさんの可愛い手帳のことを尋ねると、ナギサさんは「彼女が退職する時、会社に置き忘れて行ったもので、私の戒めです。」と言います。

そして「母の容体が悪化していたことにも気付かず、箸尾さんの状態にも気付かず、なにが人のために生きたいだと…、これを見るたびに思い出します。」と告げます。

更に「先日病院で彼女を見かけて、まだ通院していることを知り、やっぱり、自分を許してはいけないんだと、改めて思いました。」と訴えるのです。

メイは「良く分かりました。ご飯残さず食べてくださいね。ではまた後日。」と言い残してナギサさんの家を出て「状況は大体把握した。私にできることは」とつぶやきながら歩きだしたのです。

その翌日、メイたちは説明会での預かりとなった宿題の説明に行き、追加の質問にも天馬がスピーディに答え、追加の説明会は上手くいきました。

その後メイは瀬川を連れ、アンタレス総合病院で箸尾を探し出そうとしました。しかし、瀬川に渡した、メイが書いた箸尾の似顔絵が酷すぎて、みつけることは出来ませんでした。

メイ、田所とゴルフデート

そんな中、メイに田所から「明日、もしお時間あれば、ゴルフの練習一緒にいかがですか?」というメッセージが入ったのです。

翌日ゴルフ練習場へ行ったメイに田所が「俺、相原さんのことが好きです。」と告げ「俺が、あそこのグリーンに一発で乗せたら、俺と付き合ってください。」と伝えるのです。

田所が放った一打はグリーンへ向かって真っすぐに飛び、途中だれかのボールとぶつかったようにも見えましたが、ボールはグリーンへ乗りました。

田所が「乗ったか?乗りましたかねあれ?」と話すと、丁度メイは電話して、その現場を見ていませんでした。

電話は瀬川からのもので、瀬川は「いましたよ、今、箸尾さんって呼ばれた人が。」とメイに伝えます。

メイは瀬川に「なんであんた、土曜日なのに病院にいるの?ダメだよ。」と告げます。

すると瀬川は「相原さんにとって、きっとすごく大事なことなんですよね。」と話したため、メイは「ありがとう、すぐ行くから捕まえて。」と告げ、田所に「ごめんなさい、失礼します。」と詫びて病院へ向かったのです。

メイ、ナギサさんと箸尾を引き合わせる

その日の夜、メイは「夜分、に恐れ入ります。」と言いナギサさんの家を訪ねていきます。その時メイは、ナギサさんの心の傷の原因、箸尾を連れて来ていたのです。

「箸尾さん…? メイさん、これは?」と尋ねるナギサさんに、メイは「私、仕事早いんで。」と答えるのでした。

メイの仕切りの元、ナギサさんは箸尾に「私が至らないせいで、そのまま追い詰めてしまいました。全て私の責任です。本当に申し訳ありませんでした。」と謝ります。

すると箸尾が「待ってください、ナギサさん。謝るのは私の方なんです。」と言ったため、ナギサさんと箸尾の謝り合いが始まってしまいました。

メイは堂々巡りをストップさせ、箸尾に話をさせると、箸尾は「やりがいを持って始めた仕事も、日々忙殺される中で、生活もすさみ、その頃の私には仕事を辞めるという選択しかなかったんです。」と告げます。

メイはナギサさんに「なんで今日箸尾さんがここに来てくださったと思いますか?」と尋ね、箸尾に「箸尾さんは今、幸せですか?」と尋ねます。

すると箸尾は「はい。私は今、すごく幸せです。」と告げます。

メイは「箸尾さんは今日、これをナギサさんに伝えに来てくれたんです。」と言い、箸尾にナギサさんが持っていた手帳を返したのです。

一度も手帳を見たことがないというナギサさんに、箸尾は手帳を開きナギサさんに見せると、そこには「今日で会社を辞めます。苦しいことも沢山あったけど、ナギサさんに出会えたことが、何より幸せでした。心からの感謝を。ありがとう、ナギサさん。」とありました。

続けて箸尾は「会社を辞めて、すぐに結婚しました。それから子供が出来て、子どものためにもまずは自分を大事にしなきゃと思ったんです。」と告げます。

「病院にいらっしゃったのは?」と尋ねるナギサさんに、箸尾は「医療事務の仕事を始めるために、雇用契約の書類を取りに行ってたんです。私MRを辞めても、まだ病院が好きみたいです。」と伝えるのです。

そして「夫と子育てをしながら、こうして働けるようになって、幸せです。ずっとナギサさんにお礼を言いたいと思っていたので、会えてよかった。」と話します。

その姿をみたナギサさんは、涙を流しながら「本当に良かった。」と伝えるのでした。

ナギサさん、メイを家まで送る

その後ナギサさんはメイを自宅まで送るといい「いいですよ、子供じゃないんですから。」と断るメイに「送らせてください。」と訴えるのです。

メイを送りがてら、ナギサさんは「いつも優しくて、温かく見守ってくれる…。私にとってお母さんとはそういう存在なんです。」と話します。

続けて「そんな風になれればと思うんですけど、周りの強い女性たちを見ていると、私はとてもかなわないです。」と伝えるのです。

するとメイは「ナギサさんが家政夫になった理由が何となく分かった気がします。」と言い「だって、ナギサさん、いつもちゃんと見てくれてるから。」と伝えるのでした。

ナギサさんが「メイさん、ありがとうございます。あなたに出会えてよかったです。」と告げると、メイは思わずナギサさんにハグしてしまいます。

お互いおやすみなさいと言い、それぞれ家へ戻っていくと、2人の様子を見ていた田所がナギサさんに近付いてきて「待ってください、あなたは誰ですか?」と尋ねます。

その頃メイは「あれっ?なんで今、私…、ハグしたんだろう。」と思うのでした。

『私の家政夫ナギサさん』7話 感想・まとめ

さてさて、今回の『私の家政夫ナギサさん』7話ですが、前回最高を叩き出した16%の視聴率を超えて、なんと16.6%と3週連続で最高視聴率を更新しました。

なにしろ今回こそ、ナギサさんのMR時代の過去が暴かれるワケですから、見ない訳にはいかないですよね。

ナギサさんの過去とメイ

結局はナギサさんが、「自分が箸尾さんを追い詰めて、助けてやれなかったんだ」とずっと思い込んでいただけでしたが、メイが行動していなかったら事実を知ることもなく、ナギサさんはずっと自責の念に囚われ続けていて、こんな風にお互いにありがとうと言い合うことができなかったでしょうから今回メイは本当にいい仕事をしましたね。

ただナギサさんと箸尾とメイとのこの3人のシーンで、ずっと箸尾が影のある表情だったのが少し気にかかりました。

ってか、松本若菜さんって凄い美人さんですけど、どこかほんのり影があるから、本当はまだ不幸を抱えているんじゃないか?と思えちゃうんですよね^^;

そしてこの件で、今回メイが一生懸命頑張ってくれましたが、ここまでメイが頑張ったのも、これまでナギサさんがメイに対して一生懸命親身になってくれたからなんでしょうけどね…。

と言うか、今回のメイって、ずっと仕事のことを考えてるか、そうでなければナギサさんのことしか考えていないような気がするんですが…

それとは逆に、今回メイの田所に対する扱いはちょっと酷かったですね。

田所が思いを込めて打った一打がグリーンに乗ったというのに、それを見ていないどころか「ごめんなさい、失礼します。」の一言だけ告げて帰ってしまうというのはどうなんだろうな?と小一時間…

ただ、今どきあんなグリーンに乗ったら付き合ってほしいみたいな告白の仕方をする田所もどうなんだろうな?とも思ってしまいますが…

実際の所、これらのエピソードからすると、メイはそこまで田所に思い入れはないんでしょうね。

って言うかナギサさんの弱みをつかむためとか色々理由はつけていましたが、結局はナギサさんのために箸尾を追いかけていたということからも、メイにとって田所はナギサさん以下ってことなんでしょうね。

そんなことからも今回メイがナギサさんにハグしたことで、ナギサさんが本命にランクアップしてきたように感じます。続いて田所と瀬川が並んで、大穴が肥後先生といったところでしょうか。

というか、瀬川ってなんだかんだとメイのために尽くしていますよね。

その結果メイは年下で可愛い後輩へ行くことはないのかな?とも思いますが、瀬川は天馬ルートもありますからね。

と、ここまで色々と予想してみても、メイが恋愛慣れしていないという設定は変わりませんから、もしその恋愛慣れしていないという設定が、小学生低学年レベルだとすると、全部がひっくり返る可能性もないワケではありませんよね。

そしてそして、今回も田所の部屋の秘密はわかりませんでしたが、あのゴルフバッグの倒れ方からして、やはり家事が苦手なんでしょうね。

ついでに、ラストで田所がナギサさんに声を掛けたシーンでゴルフバッグを持ってましたが、あれから夜までずっと一人で打ちっ放しにいたんでしょうか?

そして次回

さて、次回、ついに田所にナギサさんが家政夫だとバレてしまうようです。その上メイは仕事上の問題が、ナギサさんはナギサさんで移動の話が出ていることで、メイの家政夫を辞めそうな雰囲気でした。

物語も終盤となってきましたが、これからまた一波乱あるのでしょうか?次週も見逃せませんね。

『私の家政夫ナギサさん』8話あらすじ

メイ(多部未華子)とナギサさん(大森南朋)の親密な様子を目撃した田所(瀬戸康史)は、二人が親子ではないと確信。

ナギサさんに核心を突く問いを投げかける。すると、ナギサさんは田所を伴い、メイの部屋へ…。

ナギサさんの表情から状況を察したメイも観念して、田所にこれまで隠し続けていたヒミツを告白することに。

そんな中、天保山製薬ではこれまで経験したことのない症例の問題が発生。メイは田所に相談を持ち掛ける。

一方、ナギサさんは唯(趣里)から「ナギサさんに本社への異動の話が出ている」と聞かされ、思わず動揺してしまい…。

引用:https://www.tbs.co.jp/WATANAGI_tbs/story/

『私の家政婦ナギサさん』見逃し配信

『私の家政婦ナギサさん』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

Paravi(パラビ)の評判は?長く使っているからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。 また、H...

上記の内容は2020年8月5日現在のものです。最新の配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました