『SUITS/スーツ2』7話ネタバレ感想、玉井は甲斐を愛しているのか?

6話はカジノとバレエの物語と、今シーズンの中で箸休め的なストーリーでしたが、今回の7話から再び上杉 VS. チカ&甲斐の対決が再開します。

ひとまず「コースタル・モーターズ」訴訟により甲斐が弁護士資格をはく奪されることになるのかどうかですが…。それでは『SUITS/スーツ2』7話、あらすじネタバレ感想などを紹介していきます。

『SUITS/スーツ2』登場人物・キャスト

幸村・上杉法律事務所

甲斐正午 … 織田裕二
鈴木大輔 … 中島裕翔
幸村チカ … 鈴木保奈美
蟹江貢 … 小手伸也
聖澤真琴 … 新木優子
玉井伽耶子 … 中村アン
上杉一志 … 吉田鋼太郎

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

『SUITS/スーツ2』1話ネタバレ感想、豪華ゲスト陣で11.1%
アメリカ・USAネットワークで放送されているドラマで、日本では2018年にフジテレビの月9時ドラマとしてリメイクされたSUITS/スーツがフジの月9に帰ってきました。前作同様、主人公で優秀な...

第7話ゲスト

富樫文弘 / 髙嶋政宏

甲斐に恨みを持つ弁護士で、『コースタル・モーターズ』訴訟の欠陥メモで甲斐を訴え、賠償金5億円と弁護士資格のはく奪を求めます。裁判前の和解交渉で甲斐を母親のことで挑発し、胸倉を掴まれます。

『SUITS/スーツ2』7話あらすじ・ネタバレ

7話あらすじ

チカと甲斐は副島を解任し裁判で争うことを決意したため『コースタル・モーターズ』訴訟で敗れると、甲斐に課せられるのは賠償金5億円と弁護士資格のはく奪となります。

本格的に裁判となる前に、甲斐とチカの2人は甲斐を訴えた弁護士・富樫を呼び、和解の可能性を探るのです。

しかし富樫は、『コースタル・モーターズ』訴訟で、甲斐が重要な証拠となるはずだった社内メモを隠蔽したのは明らかだとして、和解交渉の余地はないと自身の態度は変えません。

さらに富樫は、甲斐にとって触れられたくない母親のことまで侮辱して挑発したため、甲斐は、思わず富樫の胸倉を掴みかかるのです。

和解の道が閉ざされ法廷で争うこととなり、チカは甲斐の代理人として法廷で富樫と戦う決意を新たにします。

しかし事態を重く受け止めた上杉は「所員たちが甲斐先生を疑ってるんだ。そこでだ、無実を証明し、裁判に本当に勝てるのか?そのことをみんなに見せてもらいたいんだ。」と言い出します。

そしてその上で裁判で戦うか、和解に応じるかの最後の審判をシニアパートナーによる投票で決めようと言うのでした。

模擬裁判

模擬裁判をやることになったため、チカは「やるなら、卑劣な富樫役が必要ね。」と口にし、富樫役に甲斐を嫌っている蟹江を選んだのです。

『幸村・上杉法律事務所』で行われる模擬裁判で甲斐の敵側として直接対決することになった蟹江は、さっそく大輔に仲間になるよう声をかけます。

しかし甲斐の力になりたいためこれを拒む大輔でしたが、甲斐は責め技に乏しい蟹江に不足する力を補うため、大輔に蟹江のチームに加わるよう命じたのです。

そんな中、甲斐は、玉井に会いに行き、証言をして欲しいと頼みますが、玉井は「私は戦ってもらえず、解雇されました。」と言い、「もう『幸村・上杉法律事務所』のことは忘れました。私は黙秘権を行使します。」と告げ、甲斐の申し出を拒絶するのです。

同じ頃甲斐との対決に向けて準備を進めていた大輔は、真琴の言葉からヒントを得て、ある秘策を思いつくのです。

ここからネタバレ。

続きを読む

大輔は真琴の言葉から、甲斐はズルそうに見えるということに気付き、甲斐の性格を利用して責めることを蟹江にアドバイスします。

しかし「言うのは簡単だ」と話す蟹江に、大輔は蟹江の盗聴の話しを持ち出し、蟹江に対し「あなたは出世しか頭にない、最低な男です。」と言い「わざわざ上杉先生に伝えて出世のために貸しを作った。」と責めます。

責められた蟹江は大輔に対し「その場に居合わせていなかった君になにが分かる?ただのこじつけだ!」と怒りをあらわにします。

すると大輔は「こじつけ…。今のを、甲斐先生に対してするんです。」と蟹江の性格を利用した今の攻め方を甲斐に置き換えて攻めるように伝えるのでした。

蟹江の尋問

模擬裁判が始まり、蟹江は甲斐に対し「あなたはなぜ平然としていられるんですか?」と尋ね、続いて「あなたはメモを隠蔽しても罪悪感を覚えないからだ。」と攻めます。

そして蟹江はアソシエイト当時自分の大事なファイルを隠したことを持ち出し「あなたは当時は知らないとしらを切った。」と言い「すぐに本当のことを言おうとしましたか?」と尋問します。

甲斐は「いいえ。」と答え、蟹江になぜかと問われると「済んだ話ですから。」と答えます。

蟹江は「隠された私のファイルと、処分されたコースタル・モーターズのメモ。私にはパターンが見えます。情報が隠され、知らないとしらを切り、本当のことを言わないまま数年が経ち、そして今もなお、自分の非を認めない。ずるい男だ。」と訴えるのです。

そして蟹江は「今回と全く同じですよ。ただ一つ大きな違いは、今回は死人が出た。いたずらじゃ済まされない。」と甲斐の狡さを強調する攻め方をしたのです。

2人目の証人、チカ

続いて蟹江は、富樫ならやるだろうと言い、証人としてチカを申請しました。

蟹江は自分がジュニアパートナーで、甲斐がシニアパートナーである違いをチカに尋ねると、チカは「訴訟で得た、利益の額です。」と答えます。

続けて蟹江が、コースタル・モーターズ訴訟で得た利益を訪ねると、チカは「五十数億。」と答えます。

蟹江はコースタル・モーターズのような案件はめったになく、それに勝てば昇進も一気に近付くと言い「誰しもが勝ちたい。特に、どんな手を使ってでも勝ちにこだわる甲斐ならなおさらだ。」と甲斐がこの訴訟に勝ちたかったハズだと言います。

そして「それならば何としてでも勝とうとするわけですよね。それだけ勝ちたい案件であれば、メモの一つも隠すでしょう。隠蔽に罪悪感のない甲斐さんなら。」と富樫になり切った自身の論理を展開していきます。

蟹江の甲斐のズルさを印象付ける手法は上手くいき、ファームの所員は甲斐に対して疑念を抱くのです。

そんな中、大輔は玉井に会いに行き、模擬裁判への出席を依頼しますが、やはり玉井の決意は変わりませんでした。

玉井が証人台に

2回目の模擬裁判での最初の証人は玉井で、聖澤が玉井の代理として証人台に立ちます。

大輔は玉井役の聖澤に対して「私は日本一の秘書だ。と言ったことがありますね?」と尋ねますが、聖澤は答えることができずにいました。

すると後方から「あります。」と言う声が聞こえ、この模擬裁判会場に玉井が現れたのです。

大輔の全ての質問に対し、「黙秘します」と答える玉井でしたが、そのやり取りにこらえきれなくなった蟹江は自分がやると言い大輔と代わります。

蟹江は「あなたは長年被告に尽くしてきた。」と言い「もしメモを破棄しろと頼まれたら、破棄するのでは?」と尋ね、答えに詰まる玉井に「君は、彼のためならやる。」と断言します。

そして蟹江は「理由は知っている。」と言い、玉井に「甲斐のことを愛しているのか?」と執拗に尋ねるのです。

耐えられなくなった玉井は、証言台から離れ、立ち去ってしまいました。

蟹江の想い

休廷を挟み、玉井をそっと見送った甲斐は蟹江の元へ出向き「やり過ぎだ。玉井を侮辱したな。楽しいか」と告げます。

蟹江は「そんなわけないだろ。最悪な気分だ。でも富樫ならあれぐらいやる。いやあれ以上かも。」と伝えます。

そして「そんなに俺を負かしたいか?」と話す甲斐に、蟹江は「負かすためにやってるんじゃない。これは全て君を助けるためだ。全員が君の尻拭いをしている、君の失態のせいで。」と告げます。

そして「悪いのはだれだ!? あの美しい玉井君が、嫌な思いをしたのも…。 君のせいだろ!私じゃない!」と怒鳴って去って行きました。

休憩後の尋問で、大輔は甲斐の検事時代の不正隠蔽の件を持ち出し、甲斐には隠蔽体質があると責めるのでした。

模擬裁判が終わったあと、大輔は甲斐に有利な条件で和解する方法を探るために、富樫が過去に関わった案件を徹底的に調べていました。

そこに上杉がやってきて富樫を脅すつもりかと大輔に尋ね、「模擬裁判が終わったら、私も手伝うよ。」と大輔に告げ去っていきました。

チカの逆襲

3回目の模擬裁判では、チカはハーバード・ロースクール時代、甲斐が唯一負けた模擬裁判について話し、優勢に進んでいた裁判で突然甲斐が証拠を取り下げたため負けたと言います。

そしてチカはなぜその証拠を取り下げたのかを甲斐に問いかけると、甲斐は「不正な証拠だと分かったからです。」と答えます。

チカは「卒業後の将来を左右する大事な成績が懸かってたんですから、あなただって勝ちたかったでしょう?なのにどうして?」と尋ねます。

甲斐が「不正は、勝ちじゃない。」と答えたため、チカは「そう。だから私はあなたを雇った。」と告げます。

そして「でも、不正を嫌う理由は本当にそれだけ?」と尋ね、これまで甲斐が関わった案件で、甲斐が常に人を思いやった結果を導き出してきたことを伝えます。

そしてチカは甲斐の優しさを指摘し「どうしてあなたはその優しさを認めようとしないの?答えるのは恥ずかしい?」と尋ねます。

更にチカは「思いやることの何が悪い?」と尋ねると、甲斐は「思いやりがある人は…。弱い…。 人に甘いと付け入られる。」と答えます。

チカは「違う。」と言い「思いやりがある。それがあなたの本当の強さ。思いやりがない人こそ弱い。」と告げます。

更に「被告は確かに傲慢で、周りに敵を作りやすい。いわゆる一匹オオカミ。そのため誤解が生じることも多く、あらぬ疑いをかけられることさえある。」と話します。

そして「しかしここまで正義感のある彼が、自動車の欠陥を隠蔽し、被害者とその遺族を貶めることなどあり得ない。なぜなら、それは甲斐正午にとって、勝利ではないから。」と訴えるのでした。

蟹江が証言台に

チカの主張を聞いた蟹江は「今のがフィクションではないと言う証拠は?彼が不正をしていたのなら、証言台でこんな話をでっち上げるのは簡単です。」と話したため、甲斐とチカは蟹江を証言台に立たせるのでした。

証言台に立たせた蟹江に、チカは次々と質問を浴びせかけ、蟹江は甲斐のことは嫌いだが不正をする人間だとは思わないという証言を引き出すのです。

富樫から新たな和解案が。そして上杉は…

模擬裁判を終えたその後、富樫は急遽和解条件を変更してきたのです。それは大輔の調査に協力した上杉が、富樫の過去の不正の証拠をネタに脅し取ったものでした。

和解条件とは甲斐の弁護士資格はく奪に代わって、シニアパートナー全員が1000万円を支払うというものでした。

しかし上杉の手を借りたくない甲斐は和解を拒み裁判に勝つと言うものの、大輔はみんな苦しんでいる、裁判になれば今以上に大切なものを失うと甲斐を諫めます。

そんな中、チカの提案で最終的な判断はパートナーの投票に委ねようということになり、最後に甲斐の一票で和解が決まったのでした。

その直後、上杉はチカの判断力に疑問を呈し、ファームのトップを、もう一度シニアパートナー会議を招集し、その投票で自分かチカかに決定することを提案するのでした。

『SUITS/スーツ2』7話、まとめ・感想

今回は、ここ数話の中では一番良い仕上がりだったように思います。

甲斐は原作と違い富樫を殴らなかったし、模擬裁判での甲斐の答弁や蟹江の尋問なども、それぞれ日本版のキャラクターとして、キャラクター通りの行動していました。

模擬裁判の違和感について

ただ普段アメドラのリーガルモノを見たことがない人でしたら、今回のこの模擬裁判に違和感を感じる人が多いでしょう。

日本の裁判だと、証拠に基づいて事実を積み上げていくのに対し、アメリカの裁判だと甲斐は本当にメモを知っていたのか、知らなかったのかは、はっきりとした証拠がない限りあまり重要ではなく、陪審員にどう思わせるのかの方が重要になってきます。

そのため今回の模擬裁判のように、第三者に対する心象が重要視されてくるワケです。

その心象で勝敗が決まるという部分を、今回「甲斐が無罪かどうかを所員に納得させるため」という理由で模擬裁判を開催したという理由は十分納得できるものです。

それでも実際に日本で裁判になったとしたら、ズルそうに見えるからといって有罪になったり、人が好さそうで本当は優しい人だからと言って無罪が決定したりするワケではないんですけど…

小手伸也さんが凄い

ただ今回、蟹江が甲斐やチカ、玉井を証人尋問するシーンは素晴らしかったですね。今回の蟹江を見て小手伸也さんて上手いなあ!と改めて思いました。

特に玉井を尋問するシーンから、最後に甲斐に対して「悪いのはだれだ!? あの美しい玉井君が、嫌な思いをしたのも…。 君のせいだろ!私じゃない!」と詰め寄るシーンは圧巻でした。

しかし、せっかく模擬裁判をしたというのに、結局富樫を脅して和解してしまったというのは、原作通りとは言え、ちょっと物足りなかったですね。

できれば裁判で、富樫をコテンパンにやっつけて欲しかったんですけど、この和解も伏線なのでしょうがないですね。

次回

さて、次回はオリジナルの8話同様に、上杉がファームから追い出される頃の思い出を大輔の当時と共に振り返る物語となるようです。

ということでそれに関連して磯村勇斗さんと今田美桜さんが登場するようなので、現在の2人ではなく、過去にあった出来事として登場することになるようです。

そして次回は「私の家政夫ナギサさん」で、ナギサさんの過去に関係する女性・箸尾役を務めた松本若菜さんも登場するようですが、このドラマでも過去に関係のある女性を演じることになるようです。

『SUITS/スーツ2』8話、あらすじ/h2>

『幸村・上杉法律事務所』の熾烈なトップ争いが本格化!

甲斐(織田裕二)が訴えられた『コースタル・モーターズ』訴訟の件は、和解を進めることで一応の決着をみる。だが上杉(吉田鋼太郎)は、今回の一件におけるチカ(鈴木保奈美)の手腕に疑問を投げかけ、シニアパートナー会議を招集して、チカと自分のどちらがファームのトップに立つべきか投票によって決めたいと提案する。

甲斐は、大輔(中島裕翔)を東京駅まで呼び出し、上杉が休職したときと同じタイミングでファームを辞めたアソシエイトの尾形万智子(松本若菜)を探し出すよう命じる。「形勢逆転を狙う」甲斐は、このことをチカには伝えないよう念を押すと、どこかへ旅立っていき……。

数年前――まだシニアアソシエイトだった甲斐は、チカから協力を求められる。ファーム内で横領している人物を突き止めたい、というのだ。甲斐は、ジュニアパートナーへの昇格を交換条件にして、秘書の玉井(中村アン)とともに犯人探しを始める。

一方、その当時の大輔は、トラブルメーカーでもある悪友の谷元遊星(磯村勇斗)と一緒に暮らしながら、メッセンジャーの仕事をしていた。遊星の妹・砂里(今田美桜)は、そんな大輔のことを何かと心配していた。 ある日、遊星は、会わせたい女性がいる、といって大輔を飲みに誘った。そこにやってきたのは、大輔の元恋人・黒崎怜(吉谷彩子)と、怜の友人の矢代千夏(堀田真由)だった。

横領した人物を追っていた甲斐たちは、口座を管理していた万智子のパソコンから情報を得て、ファームの金が蟹江(小手伸也)に流れていることを知るが……。

明らかになる甲斐と大輔の過去――。そして、ファームが隠し続けてきた、過去の真相がついに明らかに!

引用:https://www.fujitv.co.jp/SUITS2/story/

『SUITS/スーツ2』見逃し動画配信サービス

『SUITS/スーツ2』を1話から見たいという方、見逃し配信はFODプレミアムでどうぞ。

FODプレミアムの評判は?長年使ったからわかる、メリット・デメリット!
これまでFODを初めとし、HuluやNetflix…etc.など様々な動画配信サービスを利用してきた経験を踏まえ、評判や特徴、メリット・デメリットなどを書いて行きますので、参考になれば幸いで...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

2020年8月25日現在、FODではフジ2018年版SUITS/スーツ、米オリジナルのSUITS/スーツ・シーズン1~8まで配信されています。

無料体験はこちらからどうぞ
FOD 1ヶ月無料体験期間に登録

コメント

タイトルとURLをコピーしました