妖怪シェアハウス7話あらすじネタバレ感想、生霊と澪の結婚騒動!?

『妖怪シェアハウス』も残すところ2話となりました。今回、澪はこれまでの妖怪とは違い、生霊に憑りつかれたため、ぬらりひょんたちの妖怪は手も足も出せません。

そこで呼ばれた黄泉醜女とは!?ここでは『妖怪シェアハウス』7話のあらすじ、ネタバレ感想などを紹介します。


画像引用:土曜ナイトドラマ『妖怪シェアハウス』|テレビ朝日

『妖怪シェアハウス』登場人物・ゲスト

目黒澪 … 小芝風花
四谷伊和 … 松本まりか
酒井涼 … 毎熊克哉
和良部詩子 … 池谷のぶえ
沼田飛世 … 大倉孝二
水岡譲 … 味方良介
原島響人 … 大東駿介
山中美雪 … 内藤理沙
柳沙羅 … 宮本茉由

登場人物の詳細はこちらからどうぞ。

妖怪シェアハウス、小芝風花がコメディアンヌぶりを発揮!8月の見るべきドラマ
2020年8月1日(土)より、テレビ朝日の土曜ナイトドラマ枠で、コメディエンヌとしてもメキメイと頭角を現してきた小芝風花さんが、今度は妖怪たちと一緒に暮らすことになります。 お岩さんやぬら...

7話ゲスト

黄泉醜女 / 峯村リエ

元々は日本神話に伝わる黄泉の国の鬼女で、人間の姿をしている時はスーパー結婚コンサルタント兼凄腕別れさせ屋をしており、名前は四方津志子です。見た目は全身ヒョウ柄の大阪のおばちゃんでコテコテの関西弁でしゃべり倒します。妖怪シェアハウスに住む和良部詩子(座敷童)とは大親友です。

生霊・原島(西岡)梨沙 / 藤井美菜

原島の離婚した元妻・梨沙の生霊で、プライドと世間体のために表面上は上品にして、先に男を見つけるなどしているが、心の底では澪に嫉妬しているために憑りつきます。電気を点けたり消したり、ラップ現象を起こすだけではなく、澪にのしかかったり首を絞めたりもします。

水岡衛 / 福田転球

水岡譲の父親で、ずっと修行に出ていましたが、澪が妖怪化しそうだと譲が連絡したため戻ってきました。妖怪化を止めるには結婚するしかないと言い、陰陽師の占いの結果、澪の児童文学懸賞の応募締め切り日と同じ9月26日までに祝言をあげなければいけないと伝えます。

『妖怪シェアハウス』7話あらすじ

新企画の打ち上げで食事した夜、原島が結婚していること、そして離婚を切り出されているということを打ち明けられてから澪と原島はギクシャクするようになっていました。

気まずさを抱えながらも、澪は生まれた時からのバカみたいな失敗談をまとめて、童話っぽい話を書いて原島に見せたところ、意外にも好感触で児童文学の懸賞に応募することを提案されたのです。

そのことで俄然やる気を出した澪はシェアハウスに帰っても物語を作り進めていたところ、澪の頭に角が。それを水岡譲が見ていました。その翌日、朝から座敷童子が外出していて不在となっていました。

ぬらりひょんは朝から喜々としてカレー作りに励む一方で、のんべが「座敷童子が留守の間は必ず悪いことが起こる」と言い出します。

気になりつつも出勤した澪は、原島からのアドバイスを受けながら懸賞応募作品の執筆を進めると同時に、原島から離婚したと聞かされます。

澪が生霊に憑りつかれる

その日の会社からの帰り道、澪は背後から誰かがつけてくる気配を感じ、恐怖で猛ダッシュしてシェアハウスに帰ってきました。

ひとまず何事もなく帰宅した澪は、晩御飯の沼田のカレーも断り、部屋で執筆をしていると突然髪の毛を引っ張られて倒され、さらに何かにのしかかられたように体が重くなります。

恐怖を感じて叫びながら部屋の外に飛び出した澪に、妖怪や水岡が何事かと聞いていると、突然障子がカタカタ揺れはじめ、壮絶なラップ現象が発生します。

照明など電気系がスパークし停電したその時、水岡は暗闇に浮かんだ女の顔を目撃し、生霊の仕業ではないかといいます。

生霊に憑りつかれた澪は、水岡から恨みを買った覚えはないかと聞かれるが、身に覚えがないと澪は答えます。

妖怪たちは生霊には太刀打ちできないため、途方に暮れるのですが、妖怪たちは原島の離婚問題から生霊が澪に憑りついたのではないかと疑うのです。

黄泉醜女登場

そして、夫婦の離婚問題にについては頼りになるという黄泉醜女(よもつしこめ)が呼び出されました。

現れた黄泉醜女はお約束の井戸からではなく、なぜか横に設置されたステージの派手なネオンをバックに、カラオケマイクを手にし、全身ヒョウ柄ファッションで現れました。

その姿や関西弁は、どこからどう見てもコテコテの大阪のおばちゃんです。

『妖怪シェアハウス』7話ネタバレ

ここからネタバレです

続きを読む

黄泉醜女とは

「昔々、古事記によれば、イザナギとイザナミは、熱愛夫婦じゃったので、火の神を産んだために死んだイザナミを、イザナギは諦めきれず、黄泉の国まで追いかけた。」

イザナギ「いっしょに戻ろう。」

イザナミ「私がこちらの神々に相談する間は、決して覗いてはなりません。」

イザナギ「わかったー」

「ところが、待ちきれなくなったイザナギが覗いてみると、既に黄泉の国の食べ物を食べたイザナギは、ウジが湧く醜い姿となっていた。」

イザナギ「ヒエー」

イザナミ「見たなー」

「ひたすら逃げるイザナギに、イザナミが放った最初の刺客こそ黄泉醜女。だが、無類の食いしん坊ゆえ、イザナギが逃げながら投げた山ぶどうやタケノコを食うのに夢中で、取り逃がしてしまったのじゃった。」

黄泉醜女は改めて「ウチは黄泉醜女」と言い「黄泉はあの世の。醜女はブスちゃうで!スーパー霊力保持者の事や。」と自己紹介をするのでした。

黄泉醜女、早速行動開始

次の日早速行動に出た黄泉醜女は、澪の会社へ原島の妻・梨沙を連れて入って来て、原島と梨沙に「ほんまに、このまま、別れてええん?」と尋ねます。

原島は「妻の意思を尊重します。」と言い、梨沙は「私には…、もう好きな人がいるんです。ちゃんと私の方を向いて、いつも笑顔にしてくれる人が。」と皮肉っぽく答えます。

黄泉醜女に促された澪が「原島さん仕事が忙しかったからで、想いは奥さんにあったんです。」と梨沙に告げると、梨沙は「わかってます。でももう遅いの。」と答えるのです。

そして「目黒さん。面白い新人が入ったってあなたの事よね?この人のこと、どうぞよろしくお願いします。」と梨沙はあっさりと帰っていくのでした。

しかしその日の夜、和良部詩子が帰ってきたシェアハウスでは、ますます怨念が増したような嫌な気配が強まってるのです。

再び生霊登場

澪が自室で、懸賞応募作品の執筆をパソコンで進めていると、突然パソコンが動いてポルターガイストが始まり首を絞められたため、部屋から逃げようとしますが、妖怪たちが出口を押さえているため出ることができません。

怒りに任せて般若化した澪が生霊に反撃するものの、あっさりかわされてしまい再び首を絞められます。

首を絞められ「私、このまま死ぬの…?」と澪が思っていると、突然妖怪たちが澪の部屋に乱入し、譲が“神変加持力生霊返しの術”を使い、生霊か固まったところで生け捕りにしたのです。

死にそうな目にあった澪が「なんで、もっと早く助けに来てくれなかったんですか?」と文句を言うと、妖怪たちは、生霊がとことん興奮してくれないと完全に姿が見えないからと答えるのでした。

捕らえた生霊を縛って庭へ出すと、梨沙の生霊は「あんたなんかに、うちの響人を取られてたまるかってんだよ!祟ってやる…、必ず呪い殺してやる!賞なんか取らせるもんか!」と悪態をつきます。

酒井と譲が「そうはさせるか!」と生霊の前に立ちはだかると、黄泉醜女は「アホ!この人の気持ちわからんのか!」と諫めます。

生霊の本心

続けて黄泉醜女は「あのお上品な本体はプライドと世間体のかたまりや。ほんまは原島ちゃんとうまくやりたかったのに、仕事人間すぎて、ないがしろにされて、寂しゅうて、先に男見つけたんや。自分を傷つけたくないために。ちゃうか?」と告げます。

そして「そしたら、原島ちゃんも、なんや、若い女と楽しく仕事してるやんか。」と言い、梨沙が自分のプライドを守るためにギュっと押し殺した本音が本体を飛び出して生霊となったと話します。

そんな黄泉醜女の言葉を聞いた梨沙の生霊は「わかってくれる人がいた。」と泣き出し、夫に殺されてから嫉妬に狂ったというお岩さんの伊和とも意気投合するのです。

そんな梨沙の生霊を見ていた澪が「まだやり直す道はあるんじゃないでしょうか?」と告げると、黄泉醜女は「アホかいな!より戻せるくらいなら、生霊なんか出てきいひんわ。」と伝えます。

「私も本当はもう終わってることだって、わかってるんだけどね。暴れるしかなかったのよね。」と話す梨沙の生霊に、黄泉醜女は「あんた、わかってはる。ええ女や!なあ?」と告げ、その後みんなと和解し、みんなとどんちゃん騒ぎをしたあと、スッキリして生霊は自分の身体へと戻っていったのでした。

澪の妖怪化を阻止せよ!

生霊騒ぎが一件落着した後、譲の父・衛が突然帰って来て、懸賞応募作品執筆中の澪の頭に、ツノが生えているのを見ていました。

衛は「このままだと澪は妖怪になってしまう、それを防ぐためには結婚し、人間の男と繋がり、家庭を持てば家庭が結界となり、妖怪化は防げるだろう」と話します。

しかし「イザナミとイザナギの昔から、夫婦というものはうまくいかないものだって、志子先輩に聞いたばかりなんですけど…。」と澪が反論します。

衛は妖怪になると言うことは、夫婦や家庭の困難よりもはるかに大変なことだと言います。

そして「妖怪になったら最後、死にたくても死ねなくなる。何百年もだ」と伝えますます。

さらに、「自分の望む姿にはなれず、ツノと牙で般若になるくらいならいいかもしれないが、唐突にガマガエルのお化けになるかも知れない。」と告げます。

妖怪たちは誰も澪が妖怪になることを望んでおらず、むしろ人間としての幸せを全うし、女としての幸せを味わって欲しいと訴えます。

衛の言うことを聞いた方がいいと訴える妖怪たちに、澪もわかりましたと覚悟を決めます。

衛は、陰陽師の占いの結果、澪が頑張って書いている児童文学の懸賞の締切日と同じ9月26日までに祝言を挙げ結婚するしかないと言います。

突然のプロポーズ

あくる朝、神社でお詣りをし、おみくじを引いた澪に譲が声を掛け「これまで ずっと見守ってきた。お前が心配でたまらない。一生守る。だから、嫁に来てくれ。」とプロポーズします。

その日の夕方、会社で原島が澪に近付いてきて「しらはま」は自分だと明かし「陰ながら応援するのは、もうやめた。今後は表立って応援したい。一緒にどんどん面白いモノをつくろう。俺と一緒に…、暮らさないか?」と一日に2人からプロポーズされるのです。

澪の引いたおみくじの縁談の欄は「朝に夕に求婚あり。」でした。

『妖怪シェアハウス』7話感想・まとめ

前回のヤマンバギャルのキャラクターも良かったですが、今回の黄泉醜女のキャラクターも妖怪シェアハウスらしくって非常に楽しめました。

そしていよいよ次回ラストということで、物語もまとめに入ってきましたね。

今回の物語

前回原島に片思いした澪は、原島が既婚者だということで、ショックを受けてしまいましたが、その原島が離婚したことで、2人の間に障害がなくなったかのように見えました。

しかし、そのまま上手く行くハズもなく、澪が生霊に取りつかれてしまったというのが、今回のメインの物語です。

まさに今回のストーリーは六条御息所のような内容で、それを黄泉醜女と絡めていった物語が非常に良く出来ていて、ストーリー自体、非常に面白かったです。

理沙はプライドが高いがゆえに、仕事で帰ってこない原島に対し寂しさを感じていても、表面上は全く気にも留めてないフリしていたのだが、原島が明らかに自分より格下に見える澪と楽しくやってるとなったら、生霊も出るってなもんですよね。

梨沙は他に男を作ったと言っていましたが、実はそれほど大した関係でもなく、なんなら嘘かも知れませんね。

ただ単に自分のプライドを守るためと、原島にヤキモチを焼かせて引き戻したかったのかもしれませんね。

それが、「どうするかは梨沙にまかせる」と原島に言われてしまったため、引くに引けなくなってしまい、離婚に至ってしまったということではないでしょうか。

まあ想いが爆発して、生霊となるくらいにまでに、一度心が壊れてしまったのですから、黄泉醜女の言う通り、今さらもう元通りに戻ることはできないでしょうけどね。

そういった意味では、今回、澪がちょいちょい復縁を勧めるのがイラッとしました。

もちろんそれ以外にも面白いところはいっぱいありました。特に今回は、いつも以上に細かいネタを色々とブチ込んでいたのが非常に面白かったです。

ぬらりひょんのノリ突っ込みとか、澪が言った「しょんべん垂れてませんよ。」と言ったあとずっと股間付近を押さえていたりとか、ちょいちょい妖怪たちをディスる衛さんとか…

プロポーズについて

さて、今回ラストで澪が水岡譲と原島響人の2人からプロポーズをされていました。

8話で終了なので仕方がないのですが、欲を言えば、12~3話くらいやって、澪との譲と原島それぞれの恋愛に至るエピソードをもっとちゃんと描けていれば、もっと重みのあるプロポーズになったのにと思うと少々残念です。

まあ譲に関しては、澪を妖怪化から守ろうとシェアハウスを追い出そうとしたり、上司だがと言う原島に張り合って「神主だが!」と主張したり、澪の次の恋にさりげなく自分をアピールしていたので、好きなんだろうなとは思っていましたが、やはり結婚は唐突ですね。

一方原島は、確かに2話で既にセクハラ編集者の所へ澪を迎えに行っているものの、その時点で既に気があるとは少々考えにくいですし、4話から「しらはま」として応援してたのかも知れませんが、まだ恋愛感情のようには感じられませんでした。

そして、今回のプロポーズですが「一緒にどんどん面白いモノをつくろう。俺と一緒に…、暮らさないか?」という話しぶりからすると、結婚しようと言っているワケではなく、単に一緒に暮らして一緒に作品作りをしようという話かもしれません。

さらには、本当にプロポーズだとしても15歳も年下の女性に、離婚したばかりの男が、いきなり何の前置きもなくプロポーズするのもどうかと思います。

さて次回で最終回となってしまうワケですが、妖怪にならないために、澪は原島と譲のどちらを選ぶのでしょうか?

澪は妖怪になるのか?

個人的には譲を希望しますが、最終的にはどちらも選ばず、妖怪になる道を選ぶというのも、しっかりと自立した女性を目指していた、当初の澪の目標からするとあるかもしれません。

しかし予告映像では、澪の白無垢姿が映っていましたね。

いや、それは誰かの空想かもしれませんので、妖怪になってみんなとシェアハウスで暮らすというラストも少し期待したいですね。

いずれにしろ、次回で終わりだというのは、非常に寂しいです(T^T)

『妖怪シェアハウス』8話あらすじ

 どんどん妖怪化が進む澪(小芝風花)は、妖怪たちのテレパシーでの会話も聞こえるまでに。

水岡譲(味方良介)の父・衛(福田転球)に、このままでは妖怪になってしまうと言われ、それを止めるためには一つの方法を取るしかないと告げられる。

その矢先、譲と原島(大東駿介)から驚きの告白を受けてある選択肢を迫られることになり、澪は悩み苦しむことに。

そんな澪を見かねた座敷童子(池谷のぶえ)は妖怪たちに声をかけ、意を決して井戸の奥にある大鳥居に鎮座する天狗大王(声・福田転球)の元へ向かう。

妖怪たちはそこである物と引き換えにお札を手に入れ、出かけようとする澪にお守りとして渡す。

そのお札を持って外出した澪は、歩きながら悩み考えているうちに突然カラスの大群が襲ってきて、真っ暗な場所に迷い込んでしまい、黒い煙に巻き込まれる。

体が自由に動かず、息苦しくなった澪は、ある人の名前を叫びながら助けを求め…。

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/youkai/story/0008/

『妖怪シェアハウス』動画配信サイト

2020年8月2日現在『妖怪シェアハウス』はTELASA(テラサ)で配信されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました