キワドい2人 -K2- 2話ネタバレ感想、神崎の裏切りでバディ解散の危機

突然黒木から兄貴だということを告げられた上、黒木が強引に引っ越してきたため、神崎の生活はメチャメチャになってしまいます。

神崎隆一と黒木賢司、そして2人の父親だという神崎賢造の3人の関係ですが、今後どんな風に進んでいくのか非常に気になります。

ここでは『キワドい2人』第2話のあらすじ、ネタバレ感想などを紹介していきます。

登場人物・キャスト

神崎隆一 … 山田涼介
黒木賢司 … 田中 圭
氏原彩乃 … 関水 渚
諸星一朗 … ジェシー(SixTONES)
石館美空 … 奥山かずさ
野島義明 … 中林大樹
木村ともこ … 江口のりこ
澤登哲也 … 六角精児
末長光一 … 八嶋智人
神崎賢造 … 椎名桔平

2話ゲスト

芳村敏生 / 神尾楓珠

池田秀典が殺害された時に、一緒に現場で眠っていたことと、玄関に備え付けられた防犯カメラに芳村以外の姿が映っていなかったため、殺人の容疑者として逮捕されました。逮捕された当初は無罪を主張していました。

池田秀典 / キンタカオ

美容室「カイサル」のオーナですが、芳村と一緒に飲んでいる日の夜に殺害されました。

小坂晋也 / 遠藤雄弥

美容室「カイサル」の店長で、少年院を出た芳村を拾ってくれた、芳村の恩人です。

角倉真斗 / 中田圭祐

美容室「カイサル」に勤める若手の美容師です。

『キワドい2人』2話あらすじ・ネタバレ

2話あらすじ

神崎隆一は、突然引っ越しのトラックと共に、自宅に押しかけた黒木賢司から「俺たちは、腹違いの兄弟だ」と衝撃の事実を聞かされました。

半ば強引な形で始まった共同生活と、自宅での黒木の自由奔放さに、神崎のストレスは溜まる一方でした。

そんな中、池袋署管内の美容室オーナー宅で、オーナーの池田が殺害されるという強盗殺人事件が発生したのです。

防犯カメラの映像から、美容室従業員でカリスマ美容師として度々マスコミに取り上げられている、芳村敏生が重要参考人とされました。

動機としては、以前から芳村は店を辞めて独立したいと訴えていたが、ずっと池田に反対されていたため、殺害に至ったと考えられたのです。

逮捕連行された芳村は犯行を頑なに否認していましたが、神崎が面会すると突如として犯行を自白し始めました。

そんな芳村の態度に違和感を感じた神崎は黒木と共に真実を追求するのです。

2話ネタバレ

ここからネタバレです

続きを読む

芳村は犯人なのか?

池田殺害について神崎と黒木が捜査を進めると、池田の家の冷蔵庫にある、ウイスキーの氷に睡眠薬が入れら、そのため2人が眠っている間に池田が殺害されたのではと考えられたのです。

さらに捜査を進めると、池田が防犯のために飼っていたサルが、誰かの手により逃がされていたことも明らかになりました。

猿が逃げたことで、用心深い池田は急遽ビデオカメラを設置し、そして犯行現場である池田の部屋を出入りした第3者は芳村しかカメラに映っていないという状況になったのです。

神崎は徐々に芳村が犯人ではないという気持ちが膨らみ、やがてそれが確信に変わっていったのです。

そんな神崎の気持ちをよそに、捜査本部では芳村が池田殺害の犯人として、送検することが決まったのです。

芳村は犯人ではないと確信した神崎は、猿を逃がした人物が犯人と考え、芳村の取り調べ中の刑事を管理官が読んでいると騙し追い出しました。

神崎は芳村に「犯人はあなたを計画的にハメてます。」と言い、番犬代りの猿を逃がした人物が犯人だと訴えたのです。

突然自供を始めた芳村

すると芳村は「こんなハズじゃなかったのになあ。」とポツリと呟いたあと「俺がやった。俺が殺した。犯人は俺だ、俺が…、社長を殺した。」と突然自供を始めたのです。

その後神崎は、末長に「芳村は犯人じゃない。」と訴えると、その時末長に電話連絡が入り「被疑者自供による、緊急逮捕。明朝9時の送検が決まったぞ。」と神崎に伝えるのです。

黒木と神崎、バディ解消

その知らせを聞いた黒木は、神崎に「感情に流されて捜査するヤツなんか使い物になんねーんだよ。今日でバディ解消だな。」と告げ去って行くのです。

一課に戻り、帰り支度をしている神崎に、同僚の木村ともこは「神崎君がやったことってさあ、仲間に対する裏切りだよね。」と告げます。

そして「黒木は、芳村が入っていた少年院に、話を聞きに行っていたそうよ…。 末ぴょんも管理官に捜査の見直しを直訴してたんだって…。 前科者が更生したと信じたいのはだれだって一緒。ただ、それを裏付ける捜査が必要でしょ。」と伝えます。

さらに「言っとくけど、黒木は検挙率ナンバー1だから。それってつまり、助けた人の数もナンバー1だってことだからね。」と厳しく神崎に話すのでした。

ともこに諭された神崎は、その後真実を明らかにするため、1人で署に残りで通夜で捜査を続けるものの、送検時間の朝9時を迎えてしまいました。

朝、黒木が神崎に声を掛けると、神崎は「一人じゃ何もできませんでした。一人よがりでした、刑事として最低です。」としょんぼりしていました。

そこに、2人の様子を見ていた末長たちが入って来て「はい、おはよー。今日一日が勝負だからな。」と告げます。

黒木と神崎、再びバディとして罠を仕掛ける

そして黒木が「送検は明日になった、ロスタイムだよ。」と伝えると、神崎は「黒木さん、お願いです。バディに戻してください。」と願い出るのです。

黒木は、最初に撮影された猿のマイケルの胸元には血があったものの、直近の写真には血がないことから、マイケルの胸元の血は、犯人に襲い掛かったときについたものと推測し、それを使って犯人をあぶりだすといいます。

さらに黒木は、氏原彩乃に協力を頼み、マイケルが狂犬病に罹患していて、噛まれた人は死ぬかもと、犯人に死の恐怖を与え、助かるためには猿から採取した血清が必要だというデマを美容室中に広めたのです。

その時、神崎は押収した資料の中からある書類を探していました。

書類を見つけた神崎は、みんなが集まる池田の美容室「カイサル」前に集合し、書類を黒木に見せます。

書類を見た黒木は「芳村はとんでもないバカだな。」と言い、停電させた美容室の中に猫を放ち、猿のマイケルが侵入したというデマを流します。

その後復電させた美容室に、黒木が腕を血だらけにし、「猿に噛まれた」と言いながら入って来て倒れ込みます。

解毒のための血清を運ぶ諸星一朗刑事は途中でわざと倒れて血清をばら撒き、拾い集める際にわざと1個だけ回収し忘れ、神崎に渡すのです。

そうすることで、狂犬病の血清が店にあることを知っている犯人が、店に誰もいなくなった時に血清を取りにくると考えたのです。

真犯人の正体

その日の夜、真っ暗な美容室にやってきたのは店長の小坂でした。

黒木は小坂に、「マイケルが狂犬病だというのは嘘だ」と言い、続けて「あんたマイケルを攫おうとしてどこかを噛まれた。噛まれはしたがマイケルを逃がすことには成功した。」と告げます。

そして黒木と神崎は、「小坂の予想通り池田が監視カメラを取り付け、その後小坂は氷に睡眠薬を入れ、壁伝いに上って来た小坂が池田を撲殺した」と言います。

「証拠がないだろう」という小坂に、神崎は「芳村さんはあんたの罪を被ろうとしているんです。」と言い、黒木は「あんた芳村に、マイケルに噛まれた跡見られたんじゃないのか?」と告げるのです。

そして2人は、池田は株の負債で店を売ることにし、それを芳村が買い取ることになったが、本当は以前から小坂が店を買い取る約束をしていて、池田にそれを反故にされたのでは?と話します。

神崎は小坂に「店を芳村さんに奪われると思ったあなたは、池田さんを殺害し、その罪を芳村さんに擦り付けることを思いついた。」と告げます。

「そうだとしたら、どうなんですか?」と話す小坂に、神崎は書類を見せ「カイサル」のオーナー権の譲渡先は小坂の名前になっていると言い、芳村は店を小坂に譲るつもりだったと告げます。

かつて芳村と小坂は同じ少年院の職業訓練所で一緒に理容師免許を取得したと神崎は言います。

そして芳村は小坂のことを本当の兄だと思っていて、だからこそ芳村は小坂を守ろうとして小坂の罪を被ろうとしていると伝えるのです。

神崎の訴えにより、小坂は自分の罪を認め「敏生を解放してやってください。」と2人に伝えるのでした。

22年前のファミレス事件

その夜、黒木は署の屋上で副所長の澤登哲也と会っていて、澤登に送検を1日送らせてもらって助かりましたとお礼を告げます。

澤登は黒木に「驚いたな、君たちとこんなところで再会するなんて、22年前のあのファミレス以来だ。」と告げます。

その時黒木は耳鳴りがし22年前、銃を持った男が神崎賢造に向って「あんた、俺を裏切ったのか」と言いながら銃を向けたため、神崎賢造がその男を射殺した光景がフラッシュバックしたのです。

その頃神崎賢造は神崎隆一を家まで尋ね、黒木賢司はお前の兄さんだと告げるのでした。

一方、澤登は黒木に「君が神崎さんを恨む気持ちも分かる。しかし、妙なことを考えるんじゃないぞ。彼に罪はない。君たち二人は、同じ、神崎賢造の息子なんだ。」と伝えます。

そのことを末長が物陰で聞いていました。

黒木は澤登に「俺はけじめをつけたいだけですよ。あの時の。」と険しい顔で訴えるのでした。

『キワドい2人』2話まとめ・感想

さすがに2話目になると、それぞれのキャラクターに慣れてきて、前回よりも面白く見ることができました。

意外なヒント

今回、オープニングでサル逃走のニュースをやっていましたが、まさかこのニュースが後々の事件解決に結びついていくとは、この時点では想像もしていませんでした。

神崎の経験の浅さが露呈しバディ解消

当初、殺害現場にいた芳村敏生は犯行を否認していましたが、神崎が面会してから、真犯人をかばうために、それまでとは態度が180度変わり、自分が犯人だと自供をしてしまいました。

まだ新人で現場経験も浅いため、情報を吟味することなく先走り過ぎちゃいましたね。黒木や末長が裏で手を尽くしていただけに、少々イラっときました。

それでも木村ともこに言われてから、なんとか芳村の無罪を証明しようと一人で頑張る姿は感動するものがありました。

結局黒木とのバディも一度解消とはなったものの、復活し2人でまた協力し、捜査に当たれることになって良かったですね。

全員良い人

今回の犯行は結局店長の思い違いによるものでしたが、結局芳村も小坂も心根は良い人で(殺人は絶対にしてはいけませんが…)、凶悪犯が逮捕されるようなスッキリ感はそこまでなかったものの、優しい気持ちで見終えることができました。

そしてどうやら神崎が犯人を諭すシーンと言うのはこれからも続くんでしょうね。

となると、神崎の話で「うるせーバカヤロー」などどいいながら逆上して襲ってくるような犯人は登場しないということでよろしいでしょうか?

22年前の事件

一方、この物語でこれからも描かれていくであろう22年前のあのファミレス事件ですが、今回までのところ、やはり黒木と神崎は共に神崎賢造を父とする兄弟ということで終わりました。

まだ神崎と黒木は本当の兄弟じゃない説は諦めてませんが、神崎が当時の記憶を失っている以外にも、黒木も当時のことを思い出すと耳鳴りがするという描写がありました。

さらに、新たに神崎賢造がピストルを持った犯人(高橋努さん)を射殺したシーンもあったことから、2人は兄弟じゃない説とは別に、2人は兄弟なんだけど、本当は神崎賢造の子どもではなく射殺された犯人の子どもなんじゃないか?だからこそ、黒木は神崎賢造を許さないと言っているのではないか?という、新たな白日夢が頭をよぎりました。

いずれにしろ、もう少しヒントが欲しいところではあります。

次回について

さて次回ですが、1話完結の事件以外に、今回黒木と澤登が話していた「黒木と神崎が兄弟」ということと「22年前のファミレス事件」のことを偶然耳にしてしまった末長光一が、ファミレス事件のことを調べ始めるようですが、「…。」で終わっているということは、なんらかの妨害が入ったか、ストップがかかったか、または情報にアクセスできないなどと言うことなのかもしれませんね。

いずれにしろ、次回を見て見ないと答えは分かりませんので、次を待ちたいと思います。

『キワドい2人』3話予告・あらすじ

池袋署管内で老人を狙ったアポ電強盗が発生した。

犯人から暴行を受けた被害者が、薄れゆく意識の中で聞いていた次の犯行予告を手掛かりに、神崎隆一(山田涼介)や黒木賢司(田中圭)らは捜査を開始する。

すると、被害者全員が同じ社交ダンスクラブに通っていたことが判明。

そこで、神崎らは犯人の手がかりを探るべく、社交ダンスクラブに潜入することに……。

一方、黒木と神崎が兄弟だという衝撃の事実を耳にしてしまった末長光一(八嶋智人)は、2人が関わったという22年前の事件を調べ始めるのだが…。

引用:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/story/

『キワドい2人』見逃し動画配信サービス

『キワドい2人』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

Paravi(パラビ)の評判は?長く使っているからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。 また、H...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

Paraviの詳細や無料体験はこちらからどうぞ
Paraviを試す

コメント

タイトルとURLをコピーしました