キワドい2人 -K2- 5話ネタバレ感想、息子じゃなかったのは隆一

すっかり兄弟としてなじんで来た神崎と黒木に加え、氏原綾乃もまるで家族のように2人の間に溶け込んでいた。そんな中、突然神崎賢造が2人を訪ねて来た。

「何をしに来た?」と尋ねる黒木に、「隆一に、ちゃんと話しておいた方がいいと思って。」と賢造。隆一にいったいなにを伝えようとしていたのか。

ここでは『キワドい2人』5話のあらすじ、ネタバレ感想などを紹介していきます。

『キワドい2人』登場人物・キャスト

神崎隆一 … 山田涼介
黒木賢司 … 田中 圭
氏原彩乃 … 関水 渚
諸星一朗 … ジェシー(SixTONES)
石館美空 … 奥山かずさ
野島義明 … 中林大樹
木村ともこ … 江口のりこ
澤登哲也 … 六角精児
末長光一 … 八嶋智人
神崎賢造 … 椎名桔平
井原達也 … 高橋努

5話ゲスト

植田太一 / 中村育二

警視庁警察学校教官。池袋署にいたころはマル暴の刑事で賢造の上司。

安藤清隆 / 佐藤誠

警備会社の重役で元警察官。池袋署にいたころはマル暴の刑事で賢造の部下。

女性 / 仙道敦子

前回交通課のイベントで、神崎をじっと見ていた。今回は井原達也の墓参りに来ていた。

『キワドい2人』5話あらすじ

神崎隆一が、黒木賢司と父・神崎賢造の仲を取り持とうと模索する一方、賢造は自分になにかあったら渡して欲しいと、黒木に隆一の母親からという一通の手紙を託す。

そんな折、末長光一が待ち合わせをしていた警察学校の教官・植田太一が銃殺死体となって発見される。

末長が副所長の澤登哲也に、22年前のファミレス立てこもり事件について話を聞くため、植田と待ち合わせをしていたことを告げると「これは、大変なことになるかも知れません。」と澤登。

そんな中、神崎賢造は公衆トイレで、両手に付着した血を洗い流していたのだった。

一方、池袋署の捜査員たちが事件解明に急ぐ中、第2となる元警察官・安藤の銃殺死体が見つかる。

被害者2人の電話への発着信履歴から、神崎と黒木の父・賢造が容疑者に浮上し、黒木と神崎にファミレス立てこもり時に射殺された井原の写真を見せる。

そして、殺された植田はかつて賢造の上司で、安藤は部下だった。そして、井原を撃ったのは植田と安藤、そして副所長の澤登だと言い、次は澤登が狙われるかも知れないと言う。

「なにがあったんですか?」と尋ねる神崎に、澤登は事件について話し始めるのだった。

『キワドい2人』5話ネタバレ

澤登が話す22年前のファミレス立てこもり事件

「ことの発端は22年前、組ともめた井原が、単身事務所に乗り込んで、4人を殺傷した事件にある…。拳銃を持って逃走した井原は、直ちに指名手配され、至る所に検問が張られた。」

と話し始めたのだ。

ここからネタバレです

続きを読む

澤登副所長は話を続ける。

「追い詰められた井原は、普段から懇意にしていた刑事を頼った…。それが神崎賢造さんだ。」と告げると、末長が井原は神崎の情報屋だったと話す。

「神崎さんは、井原のことを、ずいぶん目にかけていたようだ。だから、井原から連絡をもらった神崎さんは、我々に黙ってヤツと接触し、自首するように説得を試みた…。」

「だが警察は、二人がファミレスで落ち合うことを事前につかんでいて…。警察の動きを察知した井原は…、人質を取って拳銃を抜いた…我々は、やむなく発砲した…。誰の銃弾が胸に当たったのか、分からなかった。」

賢造は井原の仇を討とうとしてる?

そして、管理官の野島が「おそらく犯人は、その時の逆恨みで、警察に復讐しようとしている。」と告げるのだ。

話を聞いた神崎は「それじゃあ父が、井原の仇を討つために事件を起こしたっていうんですか?」と尋ねると、丁度現場近くの防犯カメラ映像が届いた。

カメラ映像に映った人物を神崎が確認すると、その人物は神崎賢造だったのだ。

その夜 神崎は署内で、事件当時の週刊誌に目を通すと、現場には犯人の子供もいたことを知った。

翌朝 神崎は末長から、父親が容疑者となったため、捜査から外れるように指示されるが、捜査をさせて欲しいと訴える。

末長は、神崎を操作から外せと言ったのは黒木だと伝える。

賢造を信じる隆一と信じない賢司

黒木は、「賢造は犯人じゃない」と言う神崎に、「その思い込みが捜査の邪魔だって言ってるんだよ。」と告げると、神崎は「捨てられたのがそんなに憎いですか?お父さんのこと一生恨むつもりですか?私情を捜査に持ち込んでるのは、あなたの方じゃないですか?」と訴える。

すると黒木は「ああ、お前の言う通りだよ!俺はあいつが憎い。だから、俺がこの手であいつに手錠かけんだよ。」と伝えるのだった。

その後、副所長の澤登が車に乗り込むと、黒木が後部座席にいて、「容疑者が接触してきたら」と言うと、澤登は「分かってる。真っ先に君に連絡するよ。」と告げる。

「どう動くつもりだ?」と尋ねる澤登に、黒木は「井原について調べてみようと思います。親父がどうして井原にこだわるのか、その動機が知りたいんです。」と話すのだった。

神崎、謎の女性に接触

黒木が聞き込みを続ける中、神崎は以前父が落とした際に盗み見た名刺を頼りに福本寺を訪ねる。

井原の墓を見つけた神崎は今日が命日だということを知り、その場で待つことにした。そんな神崎を諸星が見張っていた。

一方聞き込みを続けていた黒木は、あるスナックでママから「井原がひかりという女性の男じゃないか?」という情報を得る。

スナックのママはひかりについて「昔ウチで働いていたホステスさん。ヤクザもんに暴行されたのよ。」と告げる。

その頃諸星はちょっと目を離した隙に、神崎を見失う。あわてて辺りを見回すと、後ろから神崎がコーヒーを渡してくれた。

諸星は「自分は、神崎さんのお父さんが、犯人だとは思っていません。」と告げ、神崎を送って行くと言い車を取りに行った。

すると井原の墓近くで、神崎は謎の女性を見かけたため、あとを追いかける。

一方黒木は、ある男に「松原ひかりは、組の連中に報復を受けたんだよ。井原は警察の犬だった。そのことが組にバレて、あの女が報復を受けたんだ。」と聞かされる。

その頃、女性のあとをつけていた神崎は、女性を見失ったため、走って先を急ぐと、その女性が目の前に出てきた。

「どうして、ついてくるんですか?」と尋ねる女性に、神崎は「突然、驚かせてすいません。池袋署の神崎と申します。井原達也さんのお墓にいらしてましたよね?ご親族ですか?あなたは、井原さんとはどういったご関係で?」と尋ねる。

「警察にはお話ししたくありません。警察が嫌いなんです。警察が憎いんです。」そう言い残して女性は姿を消した。

神崎、真実を知る

その後神崎が家へ帰ると、氏原彩乃が家の前で待っていた。

神崎が綾乃を家へ上げると、綾乃は「もし、お母さんの手紙が出てきたら、読んでみたい?」と尋ね「読んでみたいけど…。」と話す神崎に、黒木が隠しておいた手紙を渡す。

一方池袋署では、末長たちが黒木に22年前のファミレスでなにがあったのかを話すようにと告げ、木村ともこも「全部話してよ、黒木。」と言ったため、黒木は話し始めた。

「あの時、俺は13歳でした。突然、親いに、車に乗るように言われて、あのファミレスへ連れて行かれたんです。」

賢司に音楽を聴くように賢造に言われたため、ボリュームを上げ音楽を聴いていた。

「親父は妙にピリピリしてて、中学生の俺にも、ただならぬ雰囲気が伝わってきた。目の前にいる男が、何かの犯人で、隣でおびえてる少年が、人質なんだと思った。」

「俺は親父の言う通り、耳をふさいだ。会話を聞くのが怖かった。」

音楽を聴いていた賢司に賢造は、「この子をトイレに連れてやってくれ。」と言ったため、賢司は「あっ…、分かった」と言い連れて行こうとする。

その時、ファミレス内で大きな物音がしたため、井原は「ふざけんなっ!」と言い、子供を人質に取り銃口を頭に向ける。

ファミレス内に隠れていた澤登と植田、安藤は立ち上がり、威嚇射撃をすると、店内は騒然となり、お客が次々と外へ逃げていく。

興奮した井原は、賢造に「あんたー!俺を裏切ったのか?」と怒鳴り、澤登たちに銃口を向ける。

その一瞬の隙をついて、賢司が子供を助け出し、賢造と共に床に伏せる。

すると澤登と植田、安藤は一斉に井沢に向かって発砲し、銃弾は腕と足、そして胸に被弾し、その場で井原は息絶えたのだ。

黒木が「井原は、俺と神崎の目の前で死んでいった。」と話すと、末長は「まさか…、井原達也ってのは…。」と口にする。

その時神崎隆一は、母からの手紙を開く。読み進めると、そこには隆一が井原達也の息子であると書いてあったため、神崎は強いショックを受けたのだ。

池袋署では、黒木が「井原達也は、神崎の…、実の父親です。」と、そう告げるのだった。

ファミレス立てこもり事件の経緯

続けて黒木は「神崎は、暴力団の構成員だった井原達也と、その内縁の妻でホステスをしていた、松原ひかりの間に生まれた子なんです。」と話す。

「松原ひかりは、どうなった?」と末長が尋ねたため、黒木は「事件のあと、すぐ遺書を残して…」と、そう答える。

さらに黒木は「親父は、残された神崎を引き取って、養子にしました。俺の母親は、それに納得がいかず、俺を連れて家を出た。それ以来…、俺は、親父に会っていなかったんです。神崎とバディを組むまで。」と告げ、話を続けた。

「松原ひかりは、井原が警察の犬だとバレたことで、その報復に、組から暴行を受けていました…。それに逆上した井原は、組員を襲撃し、ファミレス立てこもり事件を起こした。井原とひかりは、警察の犠牲になったと言えるかも知れません。」

「神崎は、あの時のことを、全く覚えていません。精神的なショックもあったんでしょう。それまでの記憶が欠落してるんです。あいつは、親父のことを、神崎賢造のことを、本当の父親だと思ってる。俺のことも、母親は違うけど、本当の兄だと。だからあいつを外したんです…。」

賢造の子じゃないことを知った神崎

一方、自分が井原の子だと知った神崎は、黒木と彩乃と3人で撮った写真を投げ捨てる。

その様子を見ていた彩乃は黒木に電話し「黒木さん…、どうしよう…、私…、りゅうちゃんに、あの手紙…、ごめんなさい。」と謝る。

黒木が家へ戻ると、神崎は奥の部屋からでてきて「いつから知ってた?僕が犯罪者の息子だったって、いつから知ってた?質問に答えろ。」と告げる。

そして黒木の胸ぐらをつかみ「僕のこと、ずっとだましてたのか?初めから、家族でも何でもなかった。あんたも、お父さんも、みんな赤の他人だった。なのにどうして。」と尋ねる。

黒木が黙っていると、神崎は「どうして、僕のところに来た?どうして来たんだ?」と怒鳴り、家を出て行ってしまった。

澤登、賢造に捕まる

その頃、神崎賢造は副所長の澤登を待ち伏せし、ポケットに入れた拳銃のようなもので澤登を脅し、廃屋へと連れて行く。

澤登は、黒木にひそかに電話し、2人の会話を聞かせる。

電話を受けた黒木は、澤登と賢造がいる場所へとタクシーで向かう。

一方神崎は、これまでの黒木とのやり取りを思い出し、一人涙を流していた。

『キワドい2人』5話まとめ・感想

結局、井原の息子は神崎隆一の方でしたね。(まあ、賢造・賢司・隆一って名前からしてそうなんでしょうね。)

でもそうなると、なぜ賢司が絶対に許さないというくらい賢造を憎んでいるのかが謎です。

家を出たのだって、隆一を養子にしたことが納得できなかった、黒木の母親が出ていったからってことのようだし、隆一を養子にしたせいで家を出ることになったのを黒木が恨んでいたなら、隆一に対してももっとキツく当たってたろうから、そうでもなさそうですね。

まだ何か隠された理由があるんだろうか…?

それにしても、今回は特に氏原彩乃がウザかった!

毎回毎回、夜に神崎の家に上がり込んで好き勝手やってる17歳ってどうなんだろう?ってものあるけど、今回は黒木が秘密にしておきたかった手紙を勝手に見せるってのは…

黒木が親族として(兄弟じゃなかったけど)判断したんだから、第三者が勝手に首を突っ込んでくるってのは、自分がやっていい範囲を逸脱してますね。

まあ、黒木も彩乃の目の前で、あんな分かりやすい場所に仕舞っていたことから、「見せるなよ、見せるなよ」っていうダチョウ倶楽部的なフリだと思ってしまった可能性もありますけど…

なんだか、関水渚さんって、マリーゴールドは爆死ドラマだったし、知らなくていいコトでは、なんだかなーな役だったし、割と目立つ役で出ているものの、役柄に恵まれてないですねぇ(-“-)

それでも、彩乃が手紙を見せてくれたことにより、山田涼介さんの迫真の怒りの演技も見れましたね。

今回の黒木の聞き込みによると、神崎の母親は自殺していたということのようなので、仙道敦子さんは何者なんだろうという疑問も残り、最終回が非常に楽しみになってきました。

それでもおそらく、最後は黒木と神崎が仲直りして終わるんだろうなと思いますし、きっと賢造の他に真犯人もいるんだろうなあとも思います。

次回予告でも、今回賢造に連れていかれた澤登の元に黒木が駆けつけた時に、22年前の事件の真相を澤登に迫る賢造は隠れていた捜査員に囲まれてしまい!とあるので、あらかじめ捜査員たちを配備し、用心していたということでしょうから、あの澤登の電話は黒木に助けを求めると言うよりは、おびき寄せたのかも知れません。

もしかしたら、井原射殺事態になんらかの陰謀があって、その陰謀に加担しているのが殺された植田と安藤、そして澤登なのかもしれませんね。

いずれにしろ、これらの疑問も全て次回に空かされることでしょうから、残り1話を楽しみに待ちたいと思います。

『キワドい2人』6話(最終回)予告・あらすじ

神崎隆一(山田涼介)は、自分が犯罪者の息子だという衝撃の真実を知り自暴自棄になっていた。
いっぽう、22年前の 「ファミレス立てこもり事件」 の捜査を担当していた副署長・澤登哲也(六角精児)の身に危険が迫っていることを知った黒木賢司(田中圭)は、澤登の元に駆け付ける。するとそこには、行方をくらませていた父・神崎賢造(椎名桔平)の姿があった。しかし、22年前の事件の真相を澤登に迫る賢造は、隠れていた捜査員たちに囲まれてしまい――。

異母兄弟でないと知った神崎と黒木は、家族の絆を取り戻すことはできるのか !?
そして、兄弟バディが選んだ最後の決断は――。

引用:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/story/

『キワドい2人』見逃し動画配信サービス

『キワドい2人』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

Paravi(パラビ)の評判は?長く使っているからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。 また、H...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

Paraviの詳細や無料体験はこちらからどうぞ
Paraviを試す

コメント

タイトルとURLをコピーしました