『恋する母たち』2話あらすじ・ネタバレ感想、仲里依紗は陥落寸前、磯村勇斗は吉田羊を攻略できるのか?


引用:金曜ドラマ『恋する母たち』|TBSテレビ

丸太郎とドライブへ行った帰り、キスをされたまりは、ついつい丸太郎のことを考えてしまう。

優子は剛とエレベーターに閉じ込められ、杏は斉木から慎吾の居場所を聞かされる。3人はこの先どんな道を進んでいくのか?

ここでは、『恋する母たち』3話のあらすじ・ネタバレ感想などを紹介していきます。

『恋する母たち』2話あらすじ

ある日、石渡杏(木村佳乃)は11年ぶりに斉木巧(小泉孝太郎)と再会した。巧は8年前に妻と正式に離婚し、今は週刊誌の編集部で働いていた。
杏は巧から、与論島で夫の慎吾(渋川清彦)らしき人物に会ったと聞かされ驚く。慎吾は「港洋一」と名乗って観光ガイドをしていて、駆け落ち相手である斉木の妻・由香(瀧内公美)とはすでに別れていた。さらに、驚くべき事実を聞かされ杏は茫然とする。

その頃、林優子(吉田羊)は部下の赤坂剛(磯村勇斗)と停電中のエレベーターに閉じ込められていた。夫のシゲオ(矢作兼)を心配させまいと電話をしたり、「息苦しくない?酸欠じゃない?」などと動揺する優子に、赤坂は普段の沈着冷静な上司とは違う一面を見てこれまでにない感情を抱く。

一方、今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)とのドライブから帰宅した蒲原まり(仲里依紗)は、丸太郎の突然のキスを思い出すと全身から力が抜けてしまうようだった。そんなまりの心を読んだかのように、丸太郎から連絡が入り・・・。

斉木と別れ帰宅した杏は、息子の研(藤原大祐)に「お父さんが見つかったようだ」と伝えるが、研は「最初から父親はいないと思っている。お母さんが会いたいなら邪魔はしない」と部屋にこもってしまう。
そして、義母の綾子(夏樹陽子)にも知らせると、「本当に慎吾か確かめて来てほしい」と頼まれるのだった…。
翌日、杏とまりは、優子の声掛けでファミレスに集まることになった。優子の息子・大介(奥平大兼)が、数学の試験問題の予想をしたので、研とまりの息子・繁秋(宮世琉弥)に渡して欲しいと託されたのだ。息子たちの話をしながら、やがてワインで酔いが回ってきた3人は、与論島にいるらしい杏の夫の話題になる。

引用:https://www.tbs.co.jp/koihaha_tbs/story/2.html

『恋する母たち』登場人物・キャスト


石渡杏 / 木村佳乃
林優子 / 吉田羊
蒲原まり / 仲里依紗
斉木巧 / 小泉孝太郎
今昔亭丸太郎 / 阿部サダヲ
赤坂剛 / 磯村勇斗
石渡慎吾 / 渋川清彦
石渡研 / 藤原大祐
石渡綾子 / 夏木陽子
林シゲオ / 矢作兼
林大介 / 奥平大兼
蒲原繁樹 / 玉置玲央
蒲原繁秋 / 宮世琉弥
斉木由香 / 瀧内公美
有馬ひとみ / 結城モエ
山下のり子 / 森田望智

登場人物・キャストの詳細は以下から。

ドラマ『恋する母たち』あらすじ、登場人物・キャスト、原作・今を生きる3人の母たちの物語
10月のTBS金曜ドラマ枠は、10月23日(金)スタート、柴門ふみさん原作の『恋する母たち』。 主人公の石渡杏役に木村佳乃さんを迎え、その友人の蒲原まりを仲里依紗さん、林優子を吉田羊さんが...

『恋する母たち』2話ネタバレ

斉木は、11年前に勤めていた建設会社を、妻がいなくなった3年後に辞め、妻との離婚届けを出した後、世界をフラフラしていたという。

そして、そのルポを書かないかと言われたことがきっかけで週刊春潮で働くことになったと杏に告げた。

斉木から慎吾の居場所を伝えられる杏

斉木は雑誌社でグラビアを担当していて、その取材で与論島を訪れた時に、「港洋一」と名乗る慎吾らしき人物に島を案内してもらったというのだ。

ここからネタバレです

続きを読む

斉木が島民に話を聞くと、その港洋一は11年前に駆け落ちしてきた女性とリゾートホテルで住み込みで働いていた。

それがある日、崖から落ちた洋一は記憶を失い、自分のことを含め過去のことはなにも覚えていないという。

そして、一緒にいた女性は、その後洋一を捨てて島から出て行ってしまったとういうのだ。

それでも、その男性は優しくいい男で、民宿も洋一のおかげで立ち直り大繁盛となったため、現在は妻と妻の連れ子と一緒に暮らしているという。

斉木からその話を聞かされた杏は、おそらくその男性は慎吾に違いないと思うが、会いに行くかどうかは考えてみると斉木に話すのだった。

優子の前に現れた新しい恋!?

その頃、エレベーターに閉じ込められたままの優子に、剛は「僕は本当の恋をしていないって言ったの覚えてます?」と尋ねる。

優子は覚えてると話し、「つまんないわね、そういう生き方。さっきも言ったでしょう、好きになればなんでも好きに思えちゃうんだって。」と告げる。

剛は「どんな人なら夢中になれるんだろう?林さんみたいな人なら、夢中になれるかな?」と意味深な発言をする。

そして「林さんって、美人で優秀で、部下の相談にも乗ってくれて、頼もしいし、意外に危機に弱くてかわいいし、最高ですよ。」と剛。

しかし優子は「私の最大の取り柄は、部下のおべんちゃらを真に受けないことです。」と剛の話をかわすと、停電から復旧したエレベーターが動きだした。

エレベーターから出た剛は、優子に「林さんの一番の欠点は…、結婚してるってことです。」と告げるのだ。

その後「一杯飲みますか?」と話す剛に「入るなら入りましょうよ。どこでもいいから」と優子が言うと、剛は「あそこに入りましょうか?」とラブホテルを指し示す。

優子は《ナメられてる》と感じ、タクシーで帰ることにしたのだ。

まりの恋?ただの性欲?

一方、まりは丸太郎のことで杏に相談を持ち掛け「ねえ、これって恋の始まりなのかな?あっちは、本気だと思うんだ。」と告げる。

すると杏は「う~ん…、それはね、恋っていうより、性欲じゃないかしら?」と言い「普段は顔を出さないけど、ひょっとしたきっかけで、顔を出してきて暴れだす、やっかいなもの。」と伝える。

そして「性欲の延長線上に恋があるのか、恋の延長線上に性欲があるのかわからないけど、怒りとか恐怖の延長線上にも性欲はあるの。」と杏は告げるのだった。

トラブルで会社へ行く優子

朝優子が目覚めると、シゲオが朝食の用意をしていて、優子に「与論で高校の同窓会があるから、大介連れて3人で与論いかない?」と尋ねる。

優子は「仕事で1日遅れちゃうけど、夏休み取るわ。」と答えるのだ。

その時息子の大介が部屋から出てきて、数学の傾向と対策をまとめて試験問題の予想をしたので、それを石渡研と蒲原繁秋に渡すように優子に依頼する。

すると、優子のスマホに部下の小森から着信があり、会社でトラブルがあったため、出勤しなければいけないことになってしまった。

大介と関係がギクシャクしている優子は《会社に行くと思ったとたん、気持ちが楽になった》と思うのだった。

優子が会社に到着すると、小森の他に、別件で出社していた剛もその場にいて、アンケート集計を手伝ってくれることになった。

剛が「小森さん、昨日の停電の時、どこにいた?」と尋ねると、小森は「美容室です。」と答えた後、剛に「赤坂さん、どうしてたんですか?」と尋ねる。

剛は「人妻にふられて、呆然としてたよ。すっごくかわいいんだけど、相手にされなくて。」と答えるのだった。

その後トイレへ行った優子が出てくると、剛が近づいてきて「壁、ド~ン」と言いながら壁ドンする。

そして「林さん、壁ドンされたことないと思って。」と剛が言うと、「あるわよ。昔は壁ドンとはいわなかったけど。」と優子は答えるのだった。

その後優子は剛に「人妻はよしなさい。」と告げるが、剛は答えない。

集まった杏・まり・優子

その後優子はまりと杏に「息子たちのことで会いませんか?」呼びかけ、3人が集まることに。

話題がまりの夫の不倫の話となると、優子が「浮気は誰でもするんじゃない?うちの会社でアンケートとったら、5割は不倫経験あると思うけど。」と話す。

そして「ただ一人の相手を見つめて、生き抜いてる人なんか、ほとんどいないんじゃないの?」と優子が告げると、「林さんも杏ちゃんくらい達人なんだ。」とまり。

優子は「いやいやいや…、だから蒲原さんも大丈夫よ。ご主人にとって一番大切なのは、まりさんと、お子さんたちだから。」と答え、本題の大介がまとめた問題集を渡すのだった。

その後ワインを飲み始めた3人の話題は、優子が夫の実家・与論島へ家族で行くという話になる。

その時、杏は「さっき夫は浮気しても大丈夫。奥さんと子供が一番大事なんだからって、おっしゃいましたよね?」と酔っぱらって絡み始める。

そして「私の夫だった人は、女つくって、私も息子も置き去りにして、駆け落ちしちゃったんですよ。与論に。」と自分の過去を話す。

やがて杏は義母の綾子に確かめてきて欲しいと言われていたこともあり、優子の家族と共に与論島に行くことになった。

まりと丸太郎の不倫タレコミ電話

そんな中、斉木が勤める雑誌社に匿名のタレコミ電話が入り、たまたま斉木が電話を受ける。

タレコミ主はまりの夫の浮気相手「のり子」で、内容は落語家の今昔亭丸太郎が人妻と不倫しているというものだった。

のり子は「丸太郎の相手は、大手町にオフィスを構える、辣腕弁護士の妻。子供は3人。自宅はグランシティタワーの最上階。長男は、名門麻蔵学園高校1年生。長女も聖葉女子大の付属小学校の5年生。」と詳細に話すのだった。

一方まりは、丸太郎の熱烈なアプローチについに落ちて、キスをし「好きだよ。」と話す丸太郎に《私も好きかも…》と思う。

丸太郎は「旅行、行こう。1泊でいいから。」と頼み込むが、まりは「私は結婚してるし、3人の子供の母親よ。」と断り、路地裏でこっそりとキスをして別れるのだった。

杏に丸太郎の不倫を確認する斉木

そんなある日、斉木は杏を呼び出し「同級生に、お父さんが大手町に事務所を構える弁護士で、グランシティタワーの最上階に住んでる人いませんか?」と尋ねる。

まりのことだとピンと来た杏がなぜ?と尋ねると、斉木は編集部にタレコミがあったことを告げるのだ。

その後呼び出されたまりは「杏ちゃんが、私の事、週刊誌に売ったの?」と怒りを見せる。

「丸太郎さんとは、顔見知りですけど、そういう関係じゃないですから。」と話すまりに、斉木はまりと丸太郎がキスをしている写真を見せ「僕が数時間張り込んだだけでこんな写真が撮れてしまうんですよ。」と諭し人目に付く場所での行動は気をつけるように話す。

そして記事にはしないという斉木に、まりは「その写真消去してください。そうでもないと、信用できないです。」と話す。

その言葉を受けて斉木はスマホの写真を全て消すが、まりは興奮し「いい人ぶって結局、私の恋をさかなにし、2人で盛り上がってるだけじゃない。もうホント最低。」と言い残し帰ってしまった。

その後まりは丸太郎に連絡し、「あんな記事が出ちゃったらうちは崩壊してしまう。だからもう会えない。電話もメールもしてこないで。私のことは忘れて。」と訴える。

すると丸太郎は「よし、わかった。」とまりに返事し、続けて「バレないようにしよう。細心の注意を払って、誰も不幸にならないようにして会おう。」と答えるのだった。

杏、与論島へ旅立つ

与論島に行く当日、杏は斉木に「これから与論島に発ちます。」と連絡すると「どうぞお気を付けて。」と斉木は答える。

「記憶喪失でも、そうでなくても、会って話したいと思ってます。前に進みたいんで。」と杏が告げると、「帰られたら、連絡ください。」と斉木。

優子は仕事で出張のため、与論へは遅れていくことになり、杏はシゲオと大介と共に与論島に降り立つ。

その頃まりは、変装して全くだれか分からなくなった丸太郎とデート。

一方優子は、バス停で転んで骨折した小森に代わり、ピンチヒッターで自ら立候補してやってきた剛と一緒に京都出張へと行くことになった。

そんな中、与論島でホテルに到着した杏にフロントが「ガイドの者がお待ちしています。浜辺の方におりますが。」と告げる。

杏はフロントに「荷物、部屋に入れておいてもらえますか。」と依頼し、浜辺へ出ていく。

すると、海を眺めていたガイドが振り返る。

その顔は、間違いなく慎吾だった。

「石渡杏さんですか?」との問いかけに、杏は呆然と立ち尽くすのだった。

『恋する母たち』2話 まとめ・感想

前回描かれなかった分、今回、いよいよ優子のストーリーに踏み込んできました。

キャリアウーマンで夫が専業主夫という設定なので、仕事一筋の女性なんだろうなというのはあったけど、子供と向かい合うことを避けてるのは、ちょっと残念な感じ。

しかし、イケメンの若い男性に誘われても、毅然と断ったので、今後の展開が楽しみになってきました。

それにしても、出張にまで無理やりついて行くとは、どうやら剛は本気みたい。

ところで、優子は3人で集まった時に、不倫経験者は5割とか言ってたけど、ホントにそんなにいるもんなの?

優子もシゲオに不倫されたのか、優子が不倫したのか、どっちかの経験があるのかな?…シゲオはいい人そうだけどね。

一方のまりは、もう丸太郎に陥落寸前。

まあ、夫の不倫相手が、まりを貶めるために丸太郎スキャンダルを週刊誌に売るような女性だし、夫はバレてないと思って、好き勝手やってるしで、そんな風に心が弱って隙間ができているところに、丸太郎がお姫様扱いして、あれだけ猛アプローチしてきたら、グラついても仕方ないでしょう。

それにしても、剛にしても丸太郎にしても、相手が既婚者だと知っていても、こんな風にアプローチしてくるなんてあまり考えられないけど、世間一般的にはそんなもんなんでしょうかね?

まあ剛や丸太郎は、優子やまりのことが、余程ガチで好きになっちゃったんだろうけど…

一方のまりは、旦那の不倫問題で心に隙間があるから、丸太郎の攻め方次第で陥落もありえそうだけど、優子は家庭も円満そうだし仕事も順調そうだし、子供と向き合えていないことを除くと、攻略するのはかなり困難だと思うけど…

それより、一番キツいのは杏だよね。

夫が失踪してから11年、どうにか心穏やかに暮らせるようになってきたところに、突然夫がどこにいるのかを知ってしまうなんて…

まあでも、杏はいまだに慎吾と離婚していないことからも、まだ吹っ切れていないのだろうから、この機会にちゃんと向かい合って、吹っ切るべきだと思うけど、慎吾が記憶喪失だっていうのなら、話し合いにもならないだろうし…

それでも記憶失ってるなりに、もう別の女性と一緒に暮らしてるし、息子の研も父親はいないと思ってるって言ってるんだから、もういい加減慎吾のことは吹っ切って、自分と息子の幸せだけを考えればいいのに。

それでも次回予告を見る限り、幸せだった日々を思い出したり、息子と自分を捨てた慎吾がどんな思いでこの島で暮らしていたかに考えを巡らせたりと、全然吹っ切れない様子。

それにしても、まだ2話だからねぇ、この先まだまだ色々な波乱が待ち受けてるんでしょうね?

恋する母たち全話あらすじ・ネタバレ感想は以下より。

ドラマ『恋する母たち』あらすじ、登場人物・キャスト、原作・今を生きる3人の母たちの物語
10月のTBS金曜ドラマ枠は、10月23日(金)スタート、柴門ふみさん原作の『恋する母たち』。 主人公の石渡杏役に木村佳乃さんを迎え、その友人の蒲原まりを仲里依紗さん、林優子を吉田羊さんが...

『恋する母たち』3話あらすじ

与論島で11年ぶりに夫・慎吾(渋川清彦)と再会した杏(木村佳乃)。雰囲気は変わっているが懐かしい夫の声に、杏は幸せだった頃を思い出し思わず涙があふれる。杏を東京からの観光客と思い込んでいる慎吾は、名所の百合ヶ浜などを案内した後、「断崖から夕陽を見たい」という杏のリクエストで、自分が転落して記憶を失くした場所へと連れていく。
その頃、優子(吉田羊)は新商品の販売イベントで、赤坂(磯村勇斗)と京都の会場にいた。招待客も集まりイベントを開始しようとした矢先、停電のアクシデント。電機系統のトラブルらしいが、修理を待っている時間はない。常務の柳(小松和重)に嫌みを言われながら、イベントの中止を決断する優子に赤坂は…。さらにその夜、想定外の出来事が優子と赤坂を待っていた。
一方、まり(仲里依紗)のスマホに音声ファイルが添付されたメールが届く。開くと、夫・繁樹(玉置玲央)と不倫相手・のり子(森田望智)の衝撃的な会話だった。相変わらずチラつくのり子の存在に、まりは丸太郎(阿部サダヲ)へ相談を持ちかける。そして、不倫相手と直接会うことを決意。
観光を終えホテルに戻った杏は、与論島の実家にいる優子の夫・シゲオ(矢作兼)から夕飯に誘われるが、「今夜は一人で考えたい」と断る。11年前、自分と息子を捨てて女と駆け落ちした慎吾は、どんな思いでこの島で暮らしていたのか…。やるせない思いの中、杏は迷いながらも斉木巧(小泉孝太郎)に電話をかける。

引用:https://www.tbs.co.jp/kiwadoifutari_TBS/story/

『恋する母たち』見逃し動画配信サービス

『恋する母たち』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

Paravi(パラビ)の評判は?長く使っているからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。 また、H...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

Paraviの詳細や無料体験はこちらからどうぞ
Paraviを試す

コメント

タイトルとURLをコピーしました