『#リモラブ』4話あらすじ・ネタバレ感想、美々ついに青林が檸檬だと知る!


引用:#リモラブ ~普通の恋は邪道~|日本テレビ

自ら檸檬だと名乗り出た五文字と一緒にゲームをし、一瞬の沈黙ののちに美々に五文字の顔が近付いて来たその瞬間、なぜか「檸檬」からメッセージが入る。

五文字が檸檬でないことに気付いた美々は、自分に笑顔を見せる五文字に《あんた誰?》と心の中で叫び、五文字を帰らせるのだった。

ここでは、『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』4話のあらすじ、ネタバレ感想、ゲストなどを紹介していきます。

『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』4話あらすじ

五文字を帰らせたそのあと、美々のスマホには次々と「檸檬」からのメッセージが届く。
その後「檸檬」から「僕、3月頃始まった、まだ手も触れていない彼女がいて、医学的にというか、ウイルス的にどうなんだろうって産業医に聞いたことがあるんです。」というメッセージが届く。

そして「産業医の先生に聞いたら、逢わない方がいいと言われたんで。」というメッセージのエピソードに覚えのある美々。

美々は檸檬の正体に気付き「青林…、青林だ!」と心の中で叫ぶと、スマホを放り投げて、一人ジタバタしたそのあと「ともかく嫌、なんでかわかんないけど、青林は嫌…。」と思い、メッセージを切り上げるのだった。

翌朝、青林がやめる約束をした草モチにメッセージをしたことで、沙織に責められているところに遭遇する美々。

エレベーターの中で2人っきりになった美々に、沙織は散々檸檬と草モチのやり取りに文句を言い、見たこともない知らない人とやり取りするなんて考えられないと口にする。

美々は沙織に同意し、その後も青林に対する嫌悪感を露わにするのであった。

一方、沙織とのことで元気がない青林を、朝鳴は診察のために富近の元へ連れていく。

青林は、沙織に体だけの付き合いの男性がいたことで悩んでいたのだ。

登場人物・キャスト

大桜美々 … 波留
青林風一 … 松下洸平
五文字順太郎 … 間宮祥太朗
八木原大輝 … 高橋優斗 (HiHi Jets…ジャニーズJr.)
岬恒雄 … 渡辺大
朝鳴肇 … 及川光博
朝鳴保 … 佐久間玲駈(ジャニーズJr.)
我孫子沙織 … 川栄李奈
富近ゆり … 江口のりこ
深杉明彦 … 今井隆文
駒寺夏樹 … ついひじ杏奈
乙牧ひろ吉 … 西堀亮(マシンガンズ)
乙牧栞 … 福地桃子

詳しい登場人物やキャストについてはこちらをご覧ください。

『#リモラブ 普通の恋は邪道』あらすじ・登場人物キャスト、新型コロナ時代の新たな恋の形
日テレ10月の水曜ドラマは、舞台が半年前の「コロナパニック」という、全世界に新型コロナウイルスが蔓延しているこんな時ならではの物語がスタートします。 物語の主人公・大桜美々を演じるのが...

青林菊太郎 / 山崎一

青林風一の父親。青林の彼女に会うために岩手から上京してきた。ひどく訛っていて、美々は菊太郎が何を言っているのか分からない。

『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』4話ネタバレ

朝鳴から「とりあえず話聞いてもらうだけでもスッキリするかも」と言われた青林は、富近と美々がいる中庭のベンチに腰掛ける。

青林の友人の話し!?

青林が「僕の友人の話しなんですが…。」と話し始めると、富近も朝鳴も美々も「僕の話しだね!」「僕の話しだねぇ!」「僕の話しだろ!」とそれぞれ思うのだった。

続きを読む

意を決した青林は、富近に向かって「彼女に、セフレがいたんです。」と告げる。

「彼女と、ちゃんと話してみた?」と富近が尋ねると、青林は「それはそれ、これはこれとか言われて、分かり合えそうになくて。」と答える。

富近は「分かり合えなくても、それでも好きでいられるかどうかだね。それでも好きか、ホントに好きなのかって、自分に問うといい。」とアドバイスする。

「ホントに好きって、どういうのを言うんですかねぇ。」と困り果てる青林に、富近は自分の持論を語り始めるのだった…

五文字から居酒屋「おと」に呼び出された美々

その日の夜、五文字に居酒屋「おと」へ呼び出された美々は、五文字を前に《ビーフジャーキーめ、どう落とし前つけてくれんの?》と思う。

すると、おしゃれな服装に着替えた栞が出てきて「美々先生も来てくれたんですね。」と告げる。

やがてスーツに着替えた八木原が店に入って来て、誕生日だからちゃんと栞とのことを伝えようとしていた。

そしてひろ吉に「実は以前から、真面目な気持ちで、栞さんとお付き合いしています。きちんと、ご挨拶しようと思っていました…。今日はお誕生日だから。」と打ち明ける。

実はお誕生日というのは、亡くなった栞の母親の誕生日で、ひろ吉がもってきた母の写真の前に、八木原は花束を置く。

そして「栞さんのお母さん、お誕生日おめでとうございます。八木原って言います。栞さんとお付き合いさせてもらってます。」と報告する八木原。

すると厨房の隅で父のひろ吉が甲高い声で「仕方ないわね…。仲良くすんのよ!」と母親っぽい声で2人の交際を許してくれたのだった。

五文字、美々への諦めない宣言

居酒屋「おと」からの帰り道、五文字は自分が檸檬ではないと言うことを正直に告白し、美々に土下座して謝ろうとする。

美々は五文字を止め「正直に、そうやって言ってくれたから…、もういいの、檸檬が誰かなんて。」と伝える。

美々が「さようなら。」と告げ、家へ帰ろうとすると、五文字が「待って。」と美々を呼び止める。

そして「もし、檸檬のことはもういいっていうなら、僕じゃダメですかって言っちゃダメですか?」と尋ねる。

驚く美々に五文字が「いや、5ミリくらい好きだって…。」と告げると、「あぁ、それ。6ミリくらいにはなったんだけどね。もう遅いです。」と美々。

それはマイナスになったのかと尋ねる五文字に美々はマイナスまでは行かないと答える美々。

五文字は「じゃあ、チャンスはあるってことですね。僕頑張ります。僕、前より、ずっと美々先生のこと、いいなって思ってるんで。じゃあ、また。おやすみなさい。」と告げ2人はそれぞれ帰って行くのだった。

青林との別れを決めた沙織

一方、沙織と話し合いをしていた青林に、沙織は「私、さよならする。」と答える。

沙織はセフレ君とはもうさよならしたと言い、青林ともさよならすると話すのだ。

そして「考え方が違うし、言い合いすんのも疲れるし、会話がなくなるのもつまんないし。何よりも、青ちゃんいつまでもどんよりしてるし、引きずってるし。」と沙織。

青林が「あのさぁ、よ~く考えて。逆だったらどう思う?」と尋ねると、沙織は「青ちゃんにセフレ?やだ。」と答える。

「やだろ?やだよね?そいで、引きずるだろ?」と尋ねる青林に、沙織は「引きずりはしないね。気持ち、ササっと切り替えちゃう。」と話す。

結局、青林と沙織では根本的に考え方が違いすぎたのだ。

沙織は結婚を前提に付き合い始めた時が気持ちのピークで、青林がアパートに来てもなにもしないで帰った時に気持ちが下がり始め、全て新型ウイルスが悪いと話す。

沙織が「青ちゃんと寝たかったな~。叶わなかった。それだけが無念。」と口にすると青林は「僕の身体が目当てだったの?」と尋ねる。

すると沙織は「うん。」と答えて帰っていくのだった。

富近の好きに対する持論

家へ帰った美々は、会社で富近が言っていた好きの持論を思い出す。

《人は元々ね、心の中に、ぽっかり穴が空いてんの。ぽっかり空いた穴が、空いたまんまでも全然平気って人もいれば、何かで埋めないといられないって人もいる。》

《例えば、恋人だったり、友達だったり、家族とか。人じゃなくて、物でも。趣味とか、料理屋音楽や映画?あっ、アイドルとか、お笑い芸人とか、動物、ペット…》

《何かで人は、ぽっかり空いた穴を埋めるんだ。好きな何かでね。そう、そこにあるのが、好きなもの。好きってこと。》

《ぽっかり空いた穴に、いつまでも残って、ず~っと残って出て行ってくんない。それが、ホントに好きってこと。》

その後美々は、檸檬とのメッセージを見返し、檸檬へ「檸檬さん、先日の“いわ”ってなんでしょう。」とメッセージを送るのだった。

ホテルに父といた青林

その頃「檸檬」=青林は、岩手から青林の様子を見に来た父親と一緒にホテルにいて、父のお風呂の準備をしていたため、草モチからのメッセージを見ていなかった。

ホテルで父が散らかした部屋の片づけをしていると、背中に飲み残しの缶チューハイを浴びてしまったため、シャツを脱ぎ、上半身裸になる青林。

その時、あまりにも檸檬からの返事がないことに痺れを切らした美々は「ねえ、檸檬さん?檸檬さーん」とメッセージを送る。

その時着信音でメッセージに気付いた青林が「はい」と返事を返すと、美々のスマホから着信音がする。

スマホを見た美々は「おせーんだよ、青林!キャベツのくせに」とかなり嬉しそうにしていた。

そして「いわって何ですか?気になって、どうでもいいことかもしれないけど、なんなんだろって気になって。いわです、いわ。いわって書きましたよ。何なんですかー。」と次々とメッセージを送る美々。

美々の勘違い

青林は「草モチさん僕は今、ホテルにいて。ちょっと待って、今、上半身裸なんで。」とつい状況を説明してしまう。

そのメッセージを見た美々は、沙織とホテルにいるのかと気が気でない様子。

その後青林からの「父と2人、岩手から上京して来ました。そのことを言おうとして、途中送信しちゃって。岩手のいわ です。」というメッセージを見てホっとする美々。

美々は《ああ、2人っていうのは、お父さんのことか~。よかった~!》と喜ぶのだが、どうしても檸檬が青林だということが嫌な美々は、《これは青林ね、青林なんだから》と自分の心を否定しようとする。

青林は檸檬として初めて自分が岩手出身であることや父が自分の彼女に会いに来たこと、しかし彼女とは別れてしまったことなど身の上話をメッセージした。

やがて話は、風呂場で青林の父が歌っている話となり、曲を伝えられない青林が電話で口ずさんで聞かせると言うが、美々は「檸檬さん、私はこのままで、こうやってやり取りしてるのが、好きなんです。」と断るのだった。

やがて話は、富近先生から聞いた、人は心にぽっかり穴が開いているという話になるが、父が風呂から出てきてしまう。

青林が草モチに「草モチさん、また。楽しかった。ありがとう。お休みなさい。」とメッセージすると、美々も「お休みなさい。またね。」とメッセージし、愛おしそうにスマホを胸に抱くのだった。

青林の父親が会社を訪ね、ギックリ腰に

翌日、美々が会社で仕事をしていると、警備から1階へと呼び出されたため、降りて行き人だかりに向かって「下がってください、ソーシャルディスタンス。」と告げ、下がらせる。

すると、そこにいたのは、ギックリ腰で動けなくなって固まっていた青林の父親だった。

美々は、会社の診療所へと青林の父を運び入れ、看病をするのだった。

父が診療所へ運び込まれたことを聞いた青林は、慌てて父が寝ているベッドのある部屋へと飛び込んでくる。

父は、美々に青林が彼女にフラれて逃げられてしまったことを話したと青林に伝える。

そんなことを言ったのかと驚く青林に、美々は「ご安心を。何をおっしゃっているのか、分かりませんでしたので。」と父の訛りが酷すぎて聞き取れなかったと答える。

青林の父は、美々が「大丈夫大丈夫とはげましてくれて、青林は元気に会社で人事部の仕事を頑張っている、私がいつも見ているから心配しないで。」と話してくれたと青林に告げるのだった。

美々が草モチ!?

その日の仕事が終わり、美々が出口へと向かうと、会社のエントランスで青林が呼び止め「無事新幹線に間に合いました。今送って来たところです。本当にご迷惑をお掛けしてすみませんでした。」と礼を言う。

「いえ、では。」と帰ろうとする美々を呼び止めた青林は、草モチが送ってくれた花の写真を見せようとするが、近付かないで止まるよう手で合図する。

青林は座って話をしようと、ベンチに腰掛けて草モチから送ってもらった写真を美々に見てもらう。

美々は「お花の写真なんて、よくあります。どこにでもありますよ。」と自分は関係ないとばかりに否定する。

そんな美々に「う~ん…、まぁ、そうですね。美々先生が草モチさんなわけないですもんね。」と告げる青林。

その時美々に、五文字から「美々のために、岬と新入社員の調整役を買って出て、2人は上手く行くようになった。」という内容の電話が入る。

電話を終えた美々に青林は「美々先生って、健康管理室の独裁者とか、どこか人を見下しているようなところがあるとか、いろいろ酷い風に言われても、実際、僕もよく思ってないところも、正直言うと、ちょっとあったりなんかして。」と話し始める。

そして「でも…、今は違います…。ホントは優しくて、魅力的な人なんだろうなって。誤解してました、美々先生のこと。美々先生、僕…、分かったんです。」と言う。

さらに青林は「五文字の見る目は、間違ってなかったって。応援してますから2人のこと。」と伝えるのだった。

そんな青林の言葉に、美々は思わず「どの2人?」と尋ねてしまったため、青林は「五文字と美々先生です。五文字のこと、宜しくお願いします。」と答える。

そんな青林の言葉に「ハハッ…。」と苦笑いする美々だった。

『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』4話 感想・まとめ

ようやく檸檬の正体を知ることとなった美々だったけど、美々は青林は嫌と受け付けません。

青林と美々に何か問題があったっけ?

青林と美々の間には、沙織の家に行く行かないで、青林が忠告を無視した以外、特に2人に何かあった記憶はないんだけど…。

美々とは岬との方が色々あったんで、岬の方が嫌だったろうに、なんで青林は嫌なんだろうか?生理的な問題かな?

やはり青林が一度、美々に期待を持たせておきながら、沙織とイチャイチャしていて、その期待を裏切ったからかな?まあ単純に彼女がいるからって理由も考えられるけど。

男らしい五文字

一方の五文字は、男らしく自分が檸檬でないことを打ち明け、正々堂々と振り向いてもらえるように頑張って行くことを宣言。

まあ、美々と五文字のカップルで良いような気がしますが、彼はストーリー上、正統派の当て馬なので、2人の仲が上手く行くことはないだろうね。

そうなったら、ラストは五文字と沙織の「僕やり」コンビで、ハッピーエンドとかになるってのもあり得るかな?

見逃しっていうオチはあんまりじゃない?

そして今回、青林の尿酸値5.29を八木原が見逃していただけだという、衝撃の事実が発覚しました。

某ネット上では、青林があの席に呼ばれないのはおかしいだとか、青林は五文字の尿酸値と自分の尿酸値を勘違いしてたとか、様々な憶測が噂されていたし、前回ここでも、美々は最初から青林を除外していたから呼ばれなかったなどと書いてしまったけど、こんな単純な理由だったとは…

持ってない知恵と動きの悪い脳みそを一生懸命にフル活動させて導き出した答えだというのに、時間がムダになってしまった…っていうか、そこを回収するなら回収するって言っといてくれれば、スルーできたのに…泣

沙織は不思議ちゃん?答えは『恋愛進化論』で

一方、セフレがいる問題勃発中の青林の方は…、っていうか、沙織も青林にセフレがいたら嫌なんじゃん。

でも沙織は気持ちをササっと切り替えるって言ってたね。

気になったのは、ササっと切り替えて青林にセフレがいるまま気にしないで青林と付き合い続けるのか、ササっと切り替えて、青林と別れちゃうのかだよね。

できれば、そこのところをはっきりさせて欲しかった。

青林にセフレがいても、ササっと気持ちを切り替えて、そのまま青林と付き合い続けるのであれば、沙織のことを認めてもいいような気がしないでもない。

まあ、その辺のことについては、Huluオリジナルのスピンオフドラマ・我孫子沙織の『恋愛進化論』で明らかになって行くことでしょう。

正式に公認されたバカップル

もう一つのエピソードとして、ようやく栞と八木原のカップルば父親のひろ吉に認めてもらうことができました。

つか、ひろ吉に認めてもらったことよりも、亡き母の写真に2人で交際報告する姿に感動しましたね。

嫌悪感に檸檬が勝つ

そして、肝心の美々先生ですが、どうやら生理的に青林が嫌という気持ちより、檸檬に対する想いの方が勝っちゃった感じ。

なんだかんだ言いながら、美々は今はもう完全に、檸檬とのSNSによって心に空いた穴を埋めていて、もう檸檬なしでは寂しすぎて生きられなくなっているようです。

そして、1話からここまで檸檬なしでは生きて行けなくなっていく様子を、コメディを交えて波留さんに上手く表現させてきたのが、このドラマの一番の面白さでしょう。

しかし美々は、今回はまだ自分が草モチだと青林に告げる勇気はなかったようで、青林が「美々先生が草モチなんじゃないか?」と探りを入れても、違うと言い切ってたし。

そのせいで、最後に美々と五文字の恋を、青林が応援するという感じになっちゃったけど、美々はそれでいいのかな?

ただ次回は、自分が草モチであることを、青林に分からせようとするようなので、それがどんな風にこじれて行くのか非常に楽しみですね。

全話あらすじ・ネタバレ感想はこちらから。

『#リモラブ 普通の恋は邪道』あらすじ・登場人物キャスト、新型コロナ時代の新たな恋の形
日テレ10月の水曜ドラマは、舞台が半年前の「コロナパニック」という、全世界に新型コロナウイルスが蔓延しているこんな時ならではの物語がスタートします。 物語の主人公・大桜美々を演じるのが...

『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』5話予告・あらすじ

カネパル産業医の美々(波瑠)は会食での参加人数の上限を4人までと決める。

ところが、営業部が新入社員との懇親会を計画していたらしく参加人数が15名と判明、美々の制止で中止になるが…。
青林(松下洸平)をどうしても意識してしまう美々。
「青林だけはイヤだった…はずなのに…」

そして「心の中には檸檬さん、あなたがいます」と送信して―。
その頃、青林と五文字(間宮祥太朗)は、お互いの恋愛がダメなことを嘆いていた。
美々は自分が「草モチ」だと青林にわからせようと決意。八木原(髙橋優斗)を利用してまで挑もうとするが…。
そんな中、朝鳴(及川光博)の息子の保(佐久間玲駈)を富近(江口のりこ)達と、美々の家で預かることになった。しかし来るはずの五文字の代わりに来たのは青林で…。

引用:https://www.ntv.co.jp/remolove/story/

『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』見逃し配信

『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』の見逃し配信はHuluでどうぞ。

hulu(フールー)の評判は?長く使っているからわかる、メリット・デメリット
huluは元々アメリカで誕生した動画配信サービスですが、現在は日テレの完全子会社が運営している日テレ系サービスということから、実際のユーザーによる評判やメリット・デメリット、海外版と違う...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました