『恋する母たち』3話あらすじ・ネタバレ感想、磯村勇斗・全裸で仁王立ち!


引用:金曜ドラマ『恋する母たち』|TBSテレビ

斉木から11年前に失踪した杏の夫・慎吾が与論島で暮していると言うことを聞いた杏は優子の夫・林シゲオと、その息子・林大介とともに与論島へ飛ぶ

記憶を失い、新たな家庭を持つという慎吾をガイドに雇った杏は…

ここでは『恋する母たち』3話のあらすじ、ネタバレ感想などを紹介していきます。

『恋する母たち』3話あらすじ

与論島で11年ぶりに夫・慎吾(渋川清彦)と再会した杏(木村佳乃)。雰囲気は変わっているが懐かしい夫の声に、杏は幸せだった頃を思い出し思わず涙があふれる。杏を東京からの観光客と思い込んでいる慎吾は、名所の百合ヶ浜などを案内した後、「断崖から夕陽を見たい」という杏のリクエストで、自分が転落して記憶を失くした場所へと連れていく。

その頃、優子(吉田羊)は新商品の販売イベントで、赤坂(磯村勇斗)と京都の会場にいた。招待客も集まりイベントを開始しようとした矢先、停電のアクシデント。電機系統のトラブルらしいが、修理を待っている時間はない。常務の柳(小松和重)に嫌みを言われながら、イベントの中止を決断する優子に赤坂は…。さらにその夜、想定外の出来事が優子と赤坂を待っていた。

一方、まり(仲里依紗)のスマホに音声ファイルが添付されたメールが届く。開くと、夫・繁樹(玉置玲央)と不倫相手・のり子(森田望智)の衝撃的な会話だった。相変わらずチラつくのり子の存在に、まりは丸太郎(阿部サダヲ)へ相談を持ちかける。そして、不倫相手と直接会うことを決意。

観光を終えホテルに戻った杏は、与論島の実家にいる優子の夫・シゲオ(矢作兼)から夕飯に誘われるが、「今夜は一人で考えたい」と断る。11年前、自分と息子を捨てて女と駆け落ちした慎吾は、どんな思いでこの島で暮らしていたのか…。やるせない思いの中、杏は迷いながらも斉木巧(小泉孝太郎)に電話をかける。

引用:https://www.tbs.co.jp/koihaha_tbs/story/3.html

『恋する母たち』登場人物・キャスト


石渡杏 / 木村佳乃
林優子 / 吉田羊
蒲原まり / 仲里依紗
斉木巧 / 小泉孝太郎
今昔亭丸太郎 / 阿部サダヲ
赤坂剛 / 磯村勇斗
石渡慎吾 / 渋川清彦
石渡研 / 藤原大祐
石渡綾子 / 夏木陽子
林シゲオ / 矢作兼
林大介 / 奥平大兼
蒲原繁樹 / 玉置玲央
蒲原繁秋 / 宮世琉弥
斉木由香 / 瀧内公美
有馬ひとみ / 結城モエ
山下のり子 / 森田望智

登場人物・キャストの詳細は以下から。

ドラマ『恋する母たち』あらすじ、登場人物・キャスト、原作・今を生きる3人の母たちの物語
10月のTBS金曜ドラマ枠は、10月23日(金)スタート、柴門ふみさん原作の『恋する母たち』。 主人公の石渡杏役に木村佳乃さんを迎え、その友人の蒲原まりを仲里依紗さん、林優子を吉田羊さんが...

『恋する母たち』3話ネタバレ

京都の会場での、京だしカレーうどんのイベント会場が停電となってしまったため、中止を決めた優子だったが、京大出身の赤坂剛が京都の知人に声を掛け電源車を用意することができ、無事にイベントを開催・終了することができた。

その夜優子と剛の2人がホテルへ行くと、予約されていたホテルはツインルームだったため、剛は別のホテルを探すと言うのだが…

ここからネタバレです

続きを読む

同じ部屋に泊まる優子と剛

結局ホテルが見つからない剛を見かね、優子は剛に一緒に泊まることを提案し、2人は同じ部屋で一夜を過ごすことになった。

その後なかなか寝付けなかった2人は、一旦眠るのを諦め、一緒にビールを飲みながら語り合うのだった。

やがて、暑くなった優子はバスルームへ顔を洗いに行くが、ついでにシャワーを浴びることにした。

一人でワインを飲んでいた剛は、ついワインをこぼしてしまったため、浴衣を洗おうとバスルームへ入って行くとそこには全裸の優子が。

慌ててバスルームのドアをしめ、部屋へ戻る剛。

優子は何事もなかったかのように心を落ち着かせ、髪を乾かしてパジャマに着替えてからバスルームを出る。

バスルームを出た優子が目にしたのは、一糸まとわぬ姿で仁王立ちしている剛で、思わず固まってしまった優子に剛は「もう我慢できないです俺。」と告げる。

2人はそのまま1つのベッドに倒れ込み、一緒に一夜を過ごすのだった。

杏、慎吾と離婚をする

一方、杏のことを全く覚えていない慎吾に、杏は自分が慎吾の妻であること、慎吾が11年前に自分と子供を捨てて、横領して人妻と失踪したことを教える。

そして慎吾に離婚届を突きつけ「私と離婚してください。私に会えば、あなたも自分のやったことを思い出すんじゃないか?土下座して謝ってくれるんじゃないかと思って、はるばる与論島まで来ましたけど、それもないようなので、とっととこれに、署名・捺印してください。」と力強く伝える。

慎吾は「全く覚えていないけど、あなたが身体を振るわせて怒っているんだから、そうなんでしょう。すみませんでした。」と言い、離婚届に署名・捺印した。

そして再び謝る慎吾に「覚えてもないのに、何度も謝らないでください!」と杏は怒鳴り、2日分のガイド料を置いてその場を立ち去ったのだ。

杏は泣きそうになりながら急ぎ足でシゲオの実家に向かうと、既に優子が到着していおり、杏は離婚届にサインしてもらったことを優子に告げ、抱き合って喜ぶのだった。

まり、のり子との対決を決意

一方、のり子から送られた、夫・繁樹とのり子のベッドでの会話の録音を聞いたまりは、丸太郎に相談の電話を入れる。

丸太郎は「相当危ない女だなそいつ。」と言い「普通なら、男はここで引くよ。黙ってても、まりちゃんの勝利だよ。」と告げると、まりは「勝つってどういうこと?」と尋ねる。

丸太郎は「まりちゃんにとって、一番大切なのは3人の子供たちでしょ?子供たちを守るためにその女撃退した方がいいんじゃないの?つまりそれが勝つってことだよ。」と話すのだった。

丸太郎のアドバイスを受け、夫にのり子の音声ファイルを聞かせると、夫はのり子のいたずらだとまりに告げる。

そんな夫に、まりは「明日3人で会いたい。3人で会ってこんないたずら、辞めて欲しいって、直接私が言いたい。」と強く訴えたため、のり子の自宅で3人で会うことになった。

慎吾との離婚届けを提出する杏

その頃斉木から「昨日は電話に出られなくてすみません。」というメセージを、ホテルの部屋で受けた杏。

「どうでしたか?」と尋ねる斉木に、杏は「石渡慎吾は、何も覚えていませんでしたが、私の話しは信じて、離婚届にサインしてくれました。」と伝えるのだった。

その翌日杏が空港に到着すると、到着ターミナルで斉木が待っていて、黙って杏のトランクを引いて区役所へ向かう。

区役所で離婚届を提出し終えた杏に、斉木は「一人になったら、言おうと思ってました。僕と付き合ってください。」と告白する。

以前斉木に、何もかも成り行きだと言われていたのに、突然付き合おうと言われたことで、頭の中がグチャグチャになった杏は「斉木さんの気持ち、分からないです。全然。」と伝える。

斉木は「僕も、よく分からないんです。でも気付いたら…、ずっと杏さんのことばかり考えていて、これは杏さんのことが好きなんだって認めざるを得ない状況になったんです。」と告げる。

杏は「離婚届出したばかり…、ですよ?…ごめんなさい、私、斉木さんといると、頭が混乱してしまうのでここで失礼します。」と言い帰っていくのだった。

のり子との直接対決に臨むまり

一方、電話で丸太郎に励ましてもらったまりは、夫・繁樹とともにのり子の家を訪れる。

のり子はあの音声ファイルは言葉のゲーム、ジョークだ、まりに笑ってもらおうと思っていたと答える。

そのあと突然「奥様は、蒲原先生にふさわしいのかしら?私は25歳で司法試験に合格しました。そういう意味でも…。」と話し出す。

慌てた繁樹は「今日はそういう話をしに来たんじゃない。なぜあんなメールを送ったのか、その説明を…。」と告げるも、のり子は「それはもう、お答えしました。ジョークだって。」と話す。

そして、まりを再び挑発してくるのり子の言葉に、まりは丸太郎から言われた「混乱したら、子供たちの顔を思い出すんだよ。そしたら落ち着くから。」という言葉を思い出す。

まりは「確かに私は、この人に…、ふさわしい妻ではないのかもしれません。でも私は、この人の三人の子供の母なんです。一人の人間の命を、世に送り出すのは、とても重いことです。私たちは、三人の子供の命を、二人で背負ってるんです。」と訴える。

そんなまりに、のり子は「今昔亭丸太郎と浮気してません?私、見ちゃったんです。今昔亭丸太郎と、奥様がキスしてるとこ。」と返す。

まりこはのり子が週刊春潮にたれ込んだことに気付き、すぐに丸太郎との浮気を否定すると、繁樹は「もういい」と二人を遮る。

そして「山下さん、悪いが、事務所を辞めてもらいたい。」とのり子に告げ、まりに「すまない、彼女とは数回男女の関係を持った。だけど僕は、家庭を壊す気はないから。」と謝るのだった。

車に戻ったまりに繁樹は「すいませんでした!」と大きな声で謝り「子供たちにケーキでも買って帰ろうか。」と告げる。

その後家に帰り着いたまりは「丸太郎さんの言う通りにしたら、うまく行きました。」とメッセージを送ると、「丸ちゃんビックリ」という丸太郎がビックリしているスタンプが届くのだった。

男たちと女たち

その頃、バーでまりのメッセージを見ながら軽く微笑む丸太郎を見て、バーテンが「なにかいいことありましたか?」と尋ねる。

丸太郎は「何もないよ。だけどね、なかなか手に入らない女のことを考えているのは悪くないですよ。」と言い、近くに座る男性に「分かります?」と声を掛ける。

すると「分かります。」と近く座っていた斉木が返事をする。

その後、まりの寝室では、夫・の繁樹がまりを背後から抱きしめていた。

一方、優子はその後も会社では厳しい上司を演じながらも、剛との夜の逢瀬を重ねていた。

杏を待ち伏せする斉木

そんな中、杏が仕事を終えて帰路につくと斉木が待ち伏せしていて「今日、断られたら、諦めます。」と話し始める。

「結婚を前提に付き合ってください。」と斉木が再び告白するが、何も答えないでいる杏を見て「分かりました。」と告げ、去って行く斉木。

そんな斉木を杏は大声で呼び止め、「私も…、斉木さんのことばかり、考えています…。斉木さんが好きです!」と告白するのだった。

『恋する母たち』2話 まとめ・感想

今回色々なエピソードが盛りだくさんでストーリーも進んで行きましたが、なにもかも磯村勇斗さんの全裸待機に持っていかれた感じの回でした。

まず、いくら浴衣にワインをこぼしちゃったからといって、そしてシャワーを浴びているのを知らなかったとはいえ、中に優子がいるのに、黙っていきなり入っていくもんかねえ?

更に普通だったら、ゴメンとか言って、すぐドアを閉めるだろうに、マジマジと優子を鑑賞する剛!

そしてそこからの全裸待機って、それが許されるのであれば、世の中の強制わいせつ罪関連の大概のことが許されてしまうような気がするんだけど…(イケメン限定だだろうけどw)

個人的には、ドラマ上の出来事であれば、大概の事は許せるんだけど、さすがにこのエピソードはちょっと……

っていうか、なんで「よし、全裸で待っていよう!」っていう考えに至ったのか、その過程を詳細に知りたいものですなあ。

まあ、圧倒的にこのエピソードの印象が強過ぎたんだけど、今回はそれ以外にも、まりとのり子の直接対決や杏と慎吾の離婚、斉木の杏への告白と、多くのエピソードが盛りだくさんだったんだけどね…

特に今回のまりとのり子の直接対決は見応えがあった。

最終的には丸太郎の的確なアドバイスがあったからこそ、最後まで冷静さを保つことができたまりの勝ちとなったけど、意外にまりにとって丸太郎の存在って大きかったようだね。

それよりも、のり子はちょっと先走り過ぎてしまって、自滅した感じが強すぎて。

あそこまでしたたかな女性だったら、もう少し巧妙に追い詰めていきそうなものだけど、繁樹は自分を選ぶという絶対の自信があったんだろうか?

もしそうだとしたら、その自信はいったいどこから湧いて来ているんだろうか?

実際のり子のように、家まで訪ねてまりの顔を見に行ったり、あんな録音データを送りつけたりするような女性だったら、丸太郎の言う通り大概の男性は引くと思うんだけどね。

いずれにしろ、これだけ粘着質なのり子が、これで完全に手を引くとは思えないんですけど…

さて肝心の杏だけど、これまで慎吾に失踪されてから11年間も離婚をしてこなかったのに、今回、慎吾本人に会ったことで、離婚を決めたのは、慎吾が女性にだらしないということに気付いたからじゃないのかな?

おそらく慎吾の本人も気付いていない才能なのかも知れないけど、よそ者で記憶喪失でも女性が寄って来て世話をしてくれるってのは、女性がいなければ生きていけないと言う本能が放つ、女性を引き付ける能力を持っているからとしか思えないですね。

それに今回、記憶喪失で自分のことさえ覚えていないのに、杏にキレイな女性とかいい匂いしますねとか、そんな風に照れる様子もなく口にしてたし。

きっと今の奥さんもそういう風に口説いたんだろうし、杏にしてみたら自分が苦労している間、ずっと幸せに暮らしていたと思うとやっぱ悔しいでしょう。

それでも今回の杏に起こった出来事は、他の2人に比べるとホントに主人公?ってくらい弱いエピソードでしたね。

しかし、次回は斉木の元妻・由香の登場と、斉木との付き合いを息子・研に反対されるなど今回よりは濃い内容になりそうです。

はたして、次回 杏は、優子とまりのエピソードに勝てるのかな?

恋する母たち全話あらすじ・ネタバレ感想は以下より。

ドラマ『恋する母たち』あらすじ、登場人物・キャスト、原作・今を生きる3人の母たちの物語
10月のTBS金曜ドラマ枠は、10月23日(金)スタート、柴門ふみさん原作の『恋する母たち』。 主人公の石渡杏役に木村佳乃さんを迎え、その友人の蒲原まりを仲里依紗さん、林優子を吉田羊さんが...

『恋する母たち』3話あらすじ

杏(木村佳乃)は「結婚を前提に付き合ってほしい」という斉木(小泉孝太郎)からの申し出に、自分も斉木に好意を持っていることを再確認した。そんな杏の様子に違和感を覚えた息子・研(藤原大祐)は、友達の大介(奥平大兼)に相談する。
蒲原家では、まり(仲里依紗)が夫・繁樹(玉置玲央)の浮気相手・のり子(森田望智)をやり込めたものの、自分は丸太郎(阿部サダヲ)のことが気になって仕方がない。繁樹から「罪滅ぼしに夫婦2人で温泉に行こう」と優しく言われても全然うれしくない自分がいた。まりは丸太郎に連絡し、夫から温泉に誘われていることを伝えると、彼は意外な反応をする。
一方、優子(吉田羊)も、京都で一夜を過ごした赤坂(磯村勇斗)のことで頭がいっぱいになっていた。会社でもなんとなく赤坂を意識してしまう。ある朝、夫のシゲオ(矢作兼)から「家族のことで大事な話がある」と言われ、優子はなるべく早く帰る約束をする…。
翌日、杏は研から父・慎吾のことを聞かれる。出て行ってしまった真実を伝えると、優しい研は母を思いやるのだった。そして、杏は研に「今度、会ってほしい人がいる」と斉木の存在を打ち明けることに。さらに、杏は慎吾と正式に離婚したことで、義母・綾子(夏樹陽子)のもとを訪ねる。今までマンションのローンや研の学費を出してもらってきた礼を言い、「この先は自分でやっていこうと思う」と決意を伝える。その日の夜、杏、斉木、研の3人は初めてレストランで食事を共にするが…。

引用:https://www.tbs.co.jp/kiwadoifutari_TBS/story/

『恋する母たち』見逃し動画配信サービス

『恋する母たち』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

Paravi(パラビ)の評判は?長く使っているからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。 また、H...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

Paraviの詳細や無料体験はこちらからどうぞ
Paraviを試す

コメント

タイトルとURLをコピーしました