『恋する母たち』4話あらすじ・ネタバレ感想、シゲオに見られた優子!


引用:金曜ドラマ『恋する母たち』|TBSテレビ

斉木から「結婚を前提に付き合ってください。」と告白された杏は「私も、斉木さんのことばかり考えています。斉木さんが好きです。」と斉木の告白を受け入れた。

その頃まりは、テレビに映しだされた丸太郎の落語に見入っていたのだった。

ここでは『恋する母たち』4話のあらすじ、ネタバレ感想などを紹介していきます。

『恋する母たち』4話あらすじ

杏(木村佳乃)は「結婚を前提に付き合ってほしい」という斉木(小泉孝太郎)からの申し出に、自分も斉木に好意を持っていることを再確認した。

そんな杏の様子に違和感を覚えた息子・研(藤原大祐)は、友達の大介(奥平大兼)に相談する。

蒲原家では、まり(仲里依紗)が夫・繁樹(玉置玲央)の浮気相手・のり子(森田望智)をやり込めたものの、自分は丸太郎(阿部サダヲ)のことが気になって仕方がない。

繁樹から「罪滅ぼしに夫婦2人で温泉に行こう」と優しく言われても全然うれしくない自分がいた。

まりは丸太郎に連絡し、夫から温泉に誘われていることを伝えると、彼は意外な反応をする。

一方、優子(吉田羊)も、京都で一夜を過ごした赤坂(磯村勇斗)のことで頭がいっぱいになっていた。

会社でもなんとなく赤坂を意識してしまう。

ある朝、夫のシゲオ(矢作兼)から「家族のことで大事な話がある」と言われ、優子はなるべく早く帰る約束をする…。

翌日、杏は研から父・慎吾のことを聞かれる。

出て行ってしまった真実を伝えると、優しい研は母を思いやるのだった。そして、杏は研に「今度、会ってほしい人がいる」と斉木の存在を打ち明けることに。

さらに、杏は慎吾と正式に離婚したことで、義母・綾子(夏樹陽子)のもとを訪ねる。

今までマンションのローンや研の学費を出してもらってきた礼を言い、「この先は自分でやっていこうと思う」と決意を伝える。

その日の夜、杏、斉木、研の3人は初めてレストランで食事を共にするが…。

引用:https://www.tbs.co.jp/koihaha_tbs/story/4.html

『恋する母たち』登場人物・キャスト


石渡杏 / 木村佳乃
林優子 / 吉田羊
蒲原まり / 仲里依紗
斉木巧 / 小泉孝太郎
今昔亭丸太郎 / 阿部サダヲ
赤坂剛 / 磯村勇斗
石渡慎吾 / 渋川清彦
石渡研 / 藤原大祐
石渡綾子 / 夏木陽子
林シゲオ / 矢作兼
林大介 / 奥平大兼
蒲原繁樹 / 玉置玲央
蒲原繁秋 / 宮世琉弥
斉木由香 / 瀧内公美
有馬ひとみ / 結城モエ
山下のり子 / 森田望智

登場人物・キャストの詳細は以下から。

ドラマ『恋する母たち』あらすじ、登場人物・キャスト、原作・今を生きる3人の母たちの物語
10月のTBS金曜ドラマ枠は、10月23日(金)スタート、柴門ふみさん原作の『恋する母たち』。 主人公の石渡杏役に木村佳乃さんを迎え、その友人の蒲原まりを仲里依紗さん、林優子を吉田羊さんが...

『恋する母たち』4話ネタバレ

繁樹はオフィスでのり子を呼び出し「グローバル企業専門の法律事務所で、働けるように話をつけておいた」と告げると、のりこは「おっしゃってることが分かりません。離婚を言い出せなくて困ってらしたから、私が切っ掛けを作って差し上げたんです。」と答える。

そんなのり子に「そう思わせてしまったのなら悪かった。でも先のない関係を続けるより、弁護士としての経験を積んだ方が君のためだ。」と言い残し、事務所をあとにするのだった。

ここからネタバレです

続きを読む

「罪滅ぼしで温泉に行こうと言ってきて。深い関係だった女性を平気で切り捨てて、人の気持ちなんて全然考えてないのよ。ホント冷たい人。」と まり が夫のグチを丸太郎に言う。

すると丸太郎は「じゃ、その冷たい心を、温泉で温めてきなさいよ。夫婦って、愛と憎しみの両方があってこそ、一人前なんだよ。」と伝えるのだった。

斉木と慎吾のことで行動を起こす杏

一方杏に斉木と会って欲しいと言われた研は「結婚しないなら好きにしなよ。母さんが好きな人と付き合うのは良いけど、僕は会わない。母さんは母さんで、僕は僕だから。」と断る。

しかし、友達になった林大介に、SNSで相談したところ「会えよ、どんな男か見とけば。」とアドバイスされたことで、研は「会ってもいいよ。昨日の話の人。」と告げる。

その後、義母・綾子の家を訪ねた杏は、自分の力だけでやっていきたいと告げると「あなたのお給料じゃ、家賃払って生活して、研ちゃんの学費払うのは無理でしょ?」と綾子。

「公立に転向するってのもあるかなって。」と杏が口にすると、綾子は「それはいけません。賢ちゃんは石渡家の後継ぎですよ。慎吾への恨みは分かるけど、それで私に当たらないで。今のままでいきましょ。今のままで。」と杏の申し出を拒否するのだった。

その夜、斉木と一緒に食事をした杏と研は、和やかな雰囲気で食事が進み、斉木と研との会話も良好に進んだ。

食事を食べ終えた研は、「友達と約束があるんで。」と言い「斉木さん、母をよろしくお願いします。」と告げ先に席を立つのだった。

シゲオ、近未来の希望を語る

一方優子は、夫シゲオから「家族のことで大事な話がある」と言われていたため、仕事を終え、早く帰宅しようとしていた。

その時、タクシーの中で剛から迫られた優子は、夫との約束をすっぽかし、剛とホテルへ行くのだった。

その日の深夜に優子が帰ると、夫のシゲオが起きだしてきて「今朝の話だけど、おじきが与論でフリースクール作りたいって言ってるんだ。不登校の中途退学の中学生・高校生を預かる。」と話し出す。

そして「俺、教員免許持ってるし、大介も東京にいるより、島の方が、何かのびのびしてたからさ。」と告げる。

「それって、家族で与論に移住するってこと?」と尋ねる夕子に、シゲオは「そりゃ、三人で行けたら理想だけど、優子ちゃん、仕事、辞められないだろ。」と言い「大介は、行ってもいいって言ってた。」と話す。

「もうそんな話してるの?」と驚く優子に、シゲオは「優子ちゃんなかなか帰ってこないから、さっき話したんだよ。」と伝えるのだ。

シゲオは与論で教師をやりながら小説を書きたいと言い、大介は頭がいいから向こうで認定試験を受けて、大学はどこでも行けると話す。

続けてシゲオが、明日与論へ行くと話すと、優子は「明日って、大介と私、二人っきりになっちゃうじゃない。」と不安そうになる。

そんな優子に「親子なんだから、普通にしてりゃ、大丈夫だろ。」とシゲオは話すのだった。

斉木の元妻が突然杏を訪ねて来る

その翌日、杏が仕事を終えて帰ってくると、突然玄関のチャイムが鳴る。

杏がドアを開けると、そこにいたのは斉木の別れた元妻・由香だった。

由香は紙袋をテーブルに置き「これを渡そうと思って来たの。」と杏に告げる。

その紙袋に入っていたのはたくさんの現金書留で、由香は「やっとホテルに仕事見つかったとたん、置いてきた妻と息子に、生活費送りたいって言いだしたのよ。」と慎吾との失踪当時のことを告げる。

由香は慎吾が送ろうとしていたそのお金、合計192万円分を、内緒で自分が止めてたと言い「今度結婚する相手が大金持ちのおじいさんで、そんなお金いらないから、これでチャラにして」と話す。

続けて由香は杏に「もしかしてあなたたち、この11年、ず~っと付き合ってた?亭主と駆け落ちした女の元ダンと傷なめ合って生きて行くって、ダッサいけど、何か人生よね~。」と見下したように口にする。

そんな由香に「あなたこそ、なぜ記憶喪失の石渡慎吾を、与論に置き去りにして、姿を消したんですか?」と杏が責めると、由香は「女…。島の若い女に慎吾が手出してたの。子持ちで民宿やってる女。」と告げ帰って行った。

これは愛か性欲か?

その話を、帰っていた研が聞いていて「父親もひどいし、今の女もひどいけど、母さんも似たようなことしてたんだね。キモいよ。」と言い残し、部屋に入って行ってしまった

一方その日の夜、フランスとの会議を終えた優子の元へ剛が現れ、優子を壁におしつけ「合コンなんてつまんないよ。僕は優子さんでないと嫌なんだ。離婚して、僕だけの優子さんになって欲しい。」と訴える。

優子は「私たちは今、性欲に支配されてるわ。性欲はもって3年。その先、人生は50年も続くのよ。よく考えてみて。」と剛に伝え帰るのだった。

母として、女性として

その後優子が帰ろうとエレベーターに乗ると、杏から「煮詰まってます。会って話したいです。」というメッセージが届き、まりからも「私も行く!何時にどこ?」とメッセージが入ったので3人は会うことになった。

杏は、由香と研との出来事を話し、斉木とは11年も付き合っていない、付き合ったばかりだということを話し、研が嫌そうな顔をしていたから、斉木と会うのはしばらくやめると口にする。

そして「私…、研の心が離れてしまったら、生きられない。」と杏。

すると優子が「私は、息子と心が離れたら生きられないなんて、思ったことないけどな。」と口にする。

そして「研ちゃんのことは、難しい問題だけど、杏ちゃんの人生も一度きりなんだから、彼のこと、諦めない方がいいと思うな。」と意見すると、まりも賛成する。

「息子は息子、自分は自分よ。」と優子が話すと、まりは「優子さんの意見とはちょっと違うけど、研ちゃんは、絶対大丈夫だと思う。息子って、どんなに反発しても、母親を嫌いにはなれないでしょ?」と口にする。

「息子にとって、最初の女は母親なのよ。最初におっぱいを吸って、最初におちんちんを見られて、ベッドで手足を絡めて寝た仲なんだから。」と言い「息子たちに、嫌えるもんなら嫌ってみろって言ってやりなさいよ。」と励ますのだった。

息子たち3人の集まり

その頃彼女らの息子たち、研、大介、繁秋も3人で会っていて、重秋が「お前それ、お母さん責めても、かわいそくない?」と研に言う。

研は「11年も男がいたんだよ。キモいよ。」と言うと、大介が「いいじゃん、別に。ウチの母親にもいるよ、男。」と口にする。

続けて繁秋が「うちだって元々夫婦関係崩壊してるし。父親は家族に興味ないし、女はいるし。その女が最悪だし。」と話す。

「親父の女に会ったことあるの?」と尋ねる大介に「ないけど、お袋に送って来た、音声メールは聞いた。最中の声。」と繁秋。

そして大介と繁秋は、最中(サイチュウ)の意味が分からなかった研に、意味を教えるのだった。

その後大介は、2人に与論へ行くと言い「石渡が行くなって言うなら行かないけど。」と告げると研は「もったいないじゃん。林、勉強できんのに。」と伝えるのだ。

斉木から杏への提案

その翌日から杏は研と気まずい思いを抱え、食事ができてることだけ告げ、会うこともなくパートへ出かけた。

杏が仕事をしていると、突然斉木がたずねてきて、「由香に、二度と杏さんに近付かないよう言っておきます。」と告げる。

すると杏は「やめて。あの人に連絡しないで。あの人と縁を切ってください。二度と会わないで、話もしないで。」と嫉妬心を露わにする。

そして「今は研に理解してもらうことが、一番大事なことで、そこが解決しないと私、斉木さんを愛することもできないです。」と取り乱す。

そんな杏に斉木は自分が研と話すことはできないかと告げる。

そして「11年前お互いの伴侶がいなくなったことで、何度か会ったけど、それ以降は関わらず生きてきた。だけど11年ぶりに再会し、奮闘してる杏さんに好感を持ち、離婚が成立後気持ちを初めて打ち明けた。と研に順序だてて話せば分かってくれると思う。」と提案する。

その案に賛成した杏は、自分の言葉で研に話してみることを考えるのだった。

温泉に来た まりと繁樹

その頃まりは、夫の繁樹と共に温泉宿に来て、食事をしながらゆっくりとくつろいでいた。

その時繁樹のスマホにのり子から自殺をほのめかす電話が入ったため、繁樹はまりに「あいつとヨリは戻さない、それは信じて。」と言い残し、のり子の元へ駆けつけるのだった。

大介と2人っきりの優子

一方優子は、シゲオが与論に行ってるため、家で料理をしたり洗濯をしたりと慣れない家事をやっていた。

しかし、レシピを見ても良く分からず、洗濯機は回そうとしても動かなかった。

そこに大介が現れ、「どいて、入れ過ぎだよ。」と言い、洗濯物を減らすと洗濯機が動き出した。

その後、無言で部屋に閉じこもってしまった大介に、優子は「お母さん、仕事も好きだけど、大介もお父さんも大切よ。大介が閉じこもってから、私 仕事で成果上げても100パーセント喜べなくなった。いつも大輔のことが気になって。だから、お母さんをやめる気はないから。」と声を掛けるのだった。

丸太郎のサプライズ

その頃温泉旅館では、まりのスマホに丸太郎から電話が入り、まりは丸太郎に夫が帰ってしまったことを告げた。

そんなまりに、丸太郎は「一人温泉は最高の贅沢だよ。ゆっくり休養してね~。」と言って電話を切った。

それからしばらくしてまりが部屋の露天風呂に一人でつかっていると、どこからともなく「うわー、湯ってのは、いつ来ても、いい心持ちのもんだね~。」と丸太郎の声が聞こえてきた。

その声をきいたまりは、近くの部屋に丸太郎がいることに気付き、浴衣に着替えてから部屋を見つけ出し入って行くと、部屋の露天風呂に丸太郎がつかっていた。

まりに気が付いた丸太郎は「まりちゃん、いいところに来た。ちょいとこっちへ、お入んなさいよ。」と言いながら、まりを風呂に招き入れるしぐさをするのだった。

研の家出

その頃杏は研と話しをするため研の部屋に入って行くと、中には誰もいなくて、机の上に紙が残されていた。

その紙には研から「おばあちゃんの家に行きます。」というメッセージが残されていた。

優子の終わりの始まり

一方優子から、会社辞めて家族で与論島に移住しようかと考えているというメッセージを受け取った剛は、岐阜にある実家から大急ぎで戻って来て、優子の家の近くから「今着いた。橋を渡った川沿い。」と電話を入れる。

メイクをしてその電話を待っていたかのような優子は、走って剛の車まで行く。

車から降りた剛は優子を抱きしめ「与論なんか言っちゃヤダ。いっぱい考えたけど、性欲だけじゃない。この先50年だって一緒にいたい。結婚しよう。」とプロポーズし、優子のメガネを外す。

やがて剛の顔が優子に近付き2人は熱いキスを交わす。

そこに丁度優子の夫・シゲオが通りかかり、2人のキスを目の当たりにするのだった。

『恋する母たち』4話 まとめ・感想

いやいや、今回も三種三様のそれぞれの母による恋愛模様が描かれていて、面白かったけど、やっぱり優子の恋についてはちょっと納得できないなあ。

まりについては、どこからが不倫か?ということもあるけど、(好きって気持ちを持つのは、思想の自由の範疇?キスされたのは丸太郎による強制わいせつ?)個人的には、まだギリギリセーフかな?と…

杏の恋について

そして、離婚が成立した杏に関しては言うまでもなく、不倫でもなんでもないから、なんの問題もないハズなんですがねぇ。

子供が親の恋愛に抱く嫌悪感みたいなのはしょうがないんじゃないでしょうか。

同じ一人の人間なんですけどね。

まぁ、研は繁秋や大介と比べると若干奥手なところがあるようなので、そのせいもあるんじゃないかな?

もうすこし、大人になって親離れができるようになったら色々と割り切れるようになりそうな気がするけど。

もちろん、前提として、斉木と11年前から付き合ってると思っている研の誤解は解く必要はあるけどね。

優子と剛

にしても、優子に「私たちは性欲に支配されてるから、もって3年。人生は50年も続からよく考えて。」と言われた剛だけど、1日~2日考えただけで50年先も一緒にいたいって言っていること自体が、性欲のせいなんじゃないかな?と小一時間…

そして、そんなことを言いつつも剛の連絡を待っている優子ってのも、もうなんだかねぇ。

息子の大介にまで、男いるって見抜かれているし…

なんか、今はこっちの2人は応援できないな。

まり と丸太郎

一方、1話から中々やり手の男だなと思っていた丸太郎だけど、今回も見事なサプライズを見せてくれましたね。

粋でスマートで、さらにマメさも持ち合わせている丸太郎と、お金は確かに稼ぐにしても、あの体たらくの旦那じゃあ、月とスッポンでしょ。

今回の温泉旅行にしても、浮気の罪滅ぼしのつもりにしては、特にまりが喜びそうなことを計画してるワケでもなく、ただ単に温泉にでも連れて行ったら許してくれるんじゃないか?的なことしか感じられない。

しかものり子の、気を引きたいだけの狂言自殺騒ぎに、まんまと乗せられて行ったっきりで、まりを一人ぼっちで残しておくし。

まあ、まりにしたら、一人でのんびりできる方が気が楽でいいかもしれないけどね。

ってことで、今のところ、引き続きまりと丸太郎は応援していきたい。

ってか、とっととあんな旦那捨てて丸太郎へ行けばいいじゃん。

…とは言っても一番下の娘がまだ幼いし、状況を把握している繁秋と違い、なにも知らない娘たちにとっては、おそらく今はまだ大好きな父親て、この状況をまだ理解できないだろうし、難しいところですね。

小ネタもあって!

もう一つ、細かい小ネタだけど、杏の好きな食べ物が「ココエブリィのアナゴ入り太巻き」って、微妙に「この恋あたためますか」に絡んでくるねぇ。

どうせなら、「ココエブリィの恋する火曜日のチョコっとリラックシュー」にしちゃえばよかったのに、そうしなかったのは誰のプライドが邪魔したんだろう?

次回

さてさて次週は、今回ラストで夫のシゲオに剛と優子がむっちゃ濃厚なキスしているところを見られてしまったため、シゲオから三行半を突きつけられるのかどうかということになりそうですね。(まあ、原作に比べたら、むっちゃソフトですけどね^^;)

恋する母たち全話あらすじ・ネタバレ感想は以下より。

ドラマ『恋する母たち』あらすじ、登場人物・キャスト、原作・今を生きる3人の母たちの物語
10月のTBS金曜ドラマ枠は、10月23日(金)スタート、柴門ふみさん原作の『恋する母たち』。 主人公の石渡杏役に木村佳乃さんを迎え、その友人の蒲原まりを仲里依紗さん、林優子を吉田羊さんが...

『恋する母たち』5話あらすじ

赤坂(磯村勇斗)との密会を夫のシゲオ(矢作兼)に見られた優子(吉田羊)。ついにシゲオから「限界だ」と言われてしまう。さらに故郷の与論島でフリースクールを立ち上げようと準備をしていて、息子の大介(奥平大兼)も連れていくと告げられる。大介も麻蔵学園高校を退学し、シゲオについて行くつもりでいた。仲良く引っ越しの相談をする2人を前に、優子は居場所がなかった。しかし、疎外感を感じていたところに思わぬ声がかかる。

一方、杏(木村佳乃)は息子の研(藤原大祐)のことで頭を悩ませていた。研は、斉木(小泉孝太郎)が自分の父親の駆け落ち相手の元夫であることを知り、ナーバスになって未だ家に帰ってこない。多感な年頃の研を心配した杏は、しばらく会うのをやめようと斉木に伝える。しかし、会えなくても、杏の好物を買い家の玄関先にそっと差し入れしてくれる斉木のさり気ない優しさに喜び、会えなくても心は通じ合っていると思われた2人だったが…。

その頃、まり(仲里依紗)は、温泉旅館で丸太郎(阿部サダヲ)と一晩を過ごし帰宅。先に帰っていた夫の繁樹(玉置玲央)から、浮気相手ののり子(森田望智)のことを謝られ複雑な心境だった。その繁樹が、辣腕弁護士の特集でテレビの密着取材を受けることに。まりは張り切って準備しようとするが、息子の繁秋(宮世琉弥)のことで意見がぶつかってしまう。子どもの気持ちなど考えず、見栄を張ることしか頭にない繁樹に、まりは一層不信感を募らせる。

夫と息子が与論島へ行き、一人で東京に残ることになった優子は、コジカフーズの社長から千葉支店への異動を打診される。千葉支店の営業部で成果をあげて本社に戻れば、出世コースだ。シゲオとの一件依頼、優子のことが気がかりな赤坂だが…。そんな中、優子は赤坂の元彼女の有馬(結城モエ)から、呼び出される。

数日後、すっかり仲良くなった杏と優子とまり。喫茶店でいつものように女子会が開かれていたが、優子の口から飛び出した結婚時の衝撃的な告白に2人は驚愕する。

引用:https://www.tbs.co.jp/kiwadoifutari_TBS/story/

『恋する母たち』見逃し動画配信サービス

『恋する母たち』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

Paravi(パラビ)の評判は?長く使っているからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。 また、H...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

Paraviの詳細や無料体験はこちらからどうぞ
Paraviを試す

コメント

タイトルとURLをコピーしました