『恋する母たち』5話あらすじ・ネタバレ感想、斉木 杏にめんどくせえな。


引用:金曜ドラマ『恋する母たち』|TBSテレビ

優子と剛のキスシーンを見てしまったシゲオは、メガネを外していた優子にメガネをかけるように強く訴える。

そして、優子を愛してる、離婚して欲しいと訴える剛に「君と話す気はない。」と告げ、優子の手を引き、近くの居酒屋へ行くのだった。

ここでは『恋する母たち』5話のあらすじ、ネタバレ感想などを紹介していきます。

『恋する母たち』5話あらすじ

赤坂(磯村勇斗)との密会を夫のシゲオ(矢作兼)に見られた優子(吉田羊)。ついにシゲオから「限界だ」と言われてしまう。

さらに故郷の与論島でフリースクールを立ち上げようと準備をしていて、息子の大介(奥平大兼)も連れていくと告げられる。

大介も麻蔵学園高校を退学し、シゲオについて行くつもりでいた。仲良く引っ越しの相談をする2人を前に、優子は居場所がなかった。

しかし、疎外感を感じていたところに思わぬ声がかかる。

一方、杏(木村佳乃)は息子の研(藤原大祐)のことで頭を悩ませていた。

研は、斉木(小泉孝太郎)が自分の父親の駆け落ち相手の元夫であることを知り、ナーバスになって未だ家に帰ってこない。

多感な年頃の研を心配した杏は、しばらく会うのをやめようと斉木に伝える。

しかし、会えなくても、杏の好物を買い家の玄関先にそっと差し入れしてくれる斉木のさり気ない優しさに喜び、会えなくても心は通じ合っていると思われた2人だったが…。

その頃、まり(仲里依紗)は、温泉旅館で丸太郎(阿部サダヲ)と一晩を過ごし帰宅。先に帰っていた夫の繁樹(玉置玲央)から、浮気相手ののり子(森田望智)のことを謝られ複雑な心境だった。

その繁樹が、辣腕弁護士の特集でテレビの密着取材を受けることに。まりは張り切って準備しようとするが、息子の繁秋(宮世琉弥)のことで意見がぶつかってしまう。

子どもの気持ちなど考えず、見栄を張ることしか頭にない繁樹に、まりは一層不信感を募らせる。

夫と息子が与論島へ行き、一人で東京に残ることになった優子は、コジカフーズの社長から千葉支店への異動を打診される。

千葉支店の営業部で成果をあげて本社に戻れば、出世コースだ。シゲオとの一件依頼、優子のことが気がかりな赤坂だが…。

そんな中、優子は赤坂の元彼女の有馬(結城モエ)から、呼び出される。

数日後、すっかり仲良くなった杏と優子とまり。喫茶店でいつものように女子会が開かれていたが、優子の口から飛び出した結婚時の衝撃的な告白に2人は驚愕する。

引用:https://www.tbs.co.jp/koihaha_tbs/story/4.html

『恋する母たち』登場人物・キャスト


石渡杏 / 木村佳乃
林優子 / 吉田羊
蒲原まり / 仲里依紗
斉木巧 / 小泉孝太郎
今昔亭丸太郎 / 阿部サダヲ
赤坂剛 / 磯村勇斗
石渡慎吾 / 渋川清彦
石渡研 / 藤原大祐
石渡綾子 / 夏木陽子
林シゲオ / 矢作兼
林大介 / 奥平大兼
蒲原繁樹 / 玉置玲央
蒲原繁秋 / 宮世琉弥
斉木由香 / 瀧内公美
有馬ひとみ / 結城モエ
山下のり子 / 森田望智

登場人物・キャストの詳細は以下から。

ドラマ『恋する母たち』あらすじ、登場人物・キャスト、原作・今を生きる3人の母たちの物語
10月のTBS金曜ドラマ枠は、10月23日(金)スタート、柴門ふみさん原作の『恋する母たち』。 主人公の石渡杏役に木村佳乃さんを迎え、その友人の蒲原まりを仲里依紗さん、林優子を吉田羊さんが...

『恋する母たち』5話ネタバレ

温泉で丸太郎と同じ布団に入っているまりは「丸太郎さんのことは好きだけど、やっぱりダメ。ホントに好きな人としちゃったら、子供たちのとこに帰れなくなっちゃう。」と丸太郎の求めを拒むのだった。

一方、杏は義母の石渡綾子の家を訪ね、研に面会を求めるが、綾子は「研ちゃん会いたくないって。」と面会を断られてしまう。

杏は斉木と11年も隠れて付き合ってたことは絶対にないと研に伝えたいと言うが、綾子は自分にまかせてみてと話すだけだった。

ここからネタバレの続きです

続きを読む

そんな中、仕事中に研からメールが届いた優子は、許可を得てメッセージを見ると、そこには「今日帰る。心配かけてごめんなさい。おばあちゃんから聞いた。11年付き合ってたわけじゃないって。」とあったため、杏は安心するのだった。

蒲原家のテレビ取材

その頃、テレビの取材を受けていた蒲原家では、夫の繁樹が自分の体裁を繕うため、息子の繁秋はハワイに語学留学していると嘘をつく。

自分の体裁のために、息子の繁秋を切り捨てる夫の繁樹に、まりは増々不信感を募らせるのだ。

そんな時、テレビのインタビュアーが娘たちに「お父様みたいな人と結婚して、お母様みたいな、幸せな奥さんになりたいよね?」と尋ねる。

すると長女の奈々が「いいえ。私はパパのような弁護士になりたいです。」と話したため、父親を尊敬しているまだ幼い娘たちのことを思うと、まりは複雑な気持ちになるのだった。

優子の昇進の障害

一方優子に役員昇格の道が開けたことで、常務の柳は役員昇進路線を阻止すべく、加島宣伝部長に、経費の調査を命じるのだった。

そんな中、部下の有馬ひとみが突然優子に「林さん、ちょっといいですか?」声を掛ける。

ひとみは「私、聞いたんですけど、柳常務と、加島宣伝部長が、林さんを陥れようとしています。」と話し始める。

続けて、京都のイベントがあった夜の宿泊の際の領収書がツインの部屋、1部屋分しか出ていないと告げ、剛と一緒に停まったのかと尋ねるが、優子は知らないと答える。

するとひとみは「私がお助けします。林さんと赤坂さんを。」と言い「聞き取りされたら、林さんはホテルのツインに一人で止まったと言ってください。赤坂さんは、大阪に移動し、私の実家に泊ったと言ってもらいます。」と告げる。

そして「私も土日で実家に帰っていたと証言しますから。その代わり、赤坂さんから手を引いてください。」と話す。

更に「私、彼が好きなんです。結婚したいんです。林さんに奪われるまではうまくいってたのに…。林さんに冷たくされれば彼も目が覚めます。あの人を返してください、お願いします。」と訴える。

そんなひとみに、優子は剛とはなにもないから、あなたと彼の事は自由にやってくれと告げ、経費のことは自分で説明すると告げ席を離れて行った。

その頃、宿泊について尋ねられていた剛は、停電時に電源車を借りた先輩の家に一晩泊めてもらったと釈明し、自分と優子の関係が疑われているのかと強く尋ねると、加島部長は剛をなだめ、もう結構と話を終えるのだった。

蒲原家のテレビ番組が放送される

その日の夜、神原家が取材を受けたテレビ番組が放送され、杏は研と一緒に、優子は引っ越し準備をしているシゲオと見ていた。

時を同じくしてその番組を、蒲原の弁護士事務所をクビになった山下のり子も、怨念のこもった目で見ていたのだ。

一方まりや子供たちもその番組を見ていたが、息子の繁秋は「家族をテレビに出す親父、やべえよ。」と言い「林大介、麻蔵、退学したらしいよ。俺も退学して、落語家なろっかな~」とまりに告げる。

繁秋は、今昔亭丸太郎のDVDを見て、カッコイイと思い、自分もこんな人になりたいと思ったと言う。

まりは「落語家もそんなに甘くはないと思うけど、繁秋がやりたいことを見つけたのは、すっごく素敵。」と少し嬉しそうだった。

杏・まり・優子、3人のランチタイム

そんなある日、杏とまり、優子の3人はランチをしながら今後について話をしていた。

そんな中、まりが「大介君、与論でお父さんと二人で暮したら、きっとお母さんのこと、恋しくなると思うな。」と口にする。

優子は「どうかなぁ?」と言い「まりさんは、息子は母親のことを絶対に嫌いにならないって言ってたけど、ウチの子は、私と口をきくのも嫌みたい。夫とは、すご~く仲良しなのに…。」と話す。

そして「血のつながりは、ないんだけど…、夫の子じゃないの、大介」と口にする。

驚く2人に優子は「私、会社の上司と不倫してた時、そこから抜け出したくてシゲオと婚約したのよ。最低でしょ。」と話す。

「別れようと思いながら、なかなか別れられなくて…。そしたら、妊娠してることが分かって…。さすがにシゲオに悪いから、婚約解消して、一人で産もうと思ったのよ。」と続ける。

「そしたら、シゲオが、その子は僕の子として入籍するから、結婚しようって言ってくれたの。」と伝えるのだった。

優子は、今回ついに夫が切れて、執行猶予中に夫から実刑をくらった感じだと言い、自分は人の親になれる人間じゃないと話す。

そして好きな人とも別れて、夫と息子とも離れて、宇宙にひとりぼっちな感じだと口にするのだった。

すると杏が「宇宙にひとりぼっちな感じ、分かります。」と言い、「杏ちゃんには、彼がいるじゃない?」と反論するまりに「誤解は解けて、研は家に戻って来たけど、やっぱり前とは違うの。すっごく微妙。だから、斉木さんとも微妙。」と告げる。

「杏ちゃんは独身なんだから、諦めないでよ。」と優子が話すと、まりが「あ~あ~、私も独身だったらな~。」と口にする。

「何言ってんのよ。」と話す優子に「子供たちとは離れられない。それは絶対なんだけど、最近、夫がね。」とまり。

そして「繁秋は、ハワイに留学に行ってますとか、ああいう嘘、平気でつくんだから、もうホントうんざり。」と話す。

更に「繁秋が、大介君が麻蔵退学したら、自分も学校やめて、落語家になりたいとか言い出して、それも悩みのタネなの。」と伝えるのだ。

「今昔亭丸太郎とお付き合いがあるでしょ」と話す優子に、まりは「あっ、それは最後までいってないから。」と思わず口にしてしまう。

「じゃあ丸太郎に相談してみたら」と話す2人に、まりは「それは頼めない。」と告げると、偶然丸太郎からまりに電話が入る。

息子の弟子入りを丸太郎に頼むまり

その後丸太郎に会ったまりは、息子の繁秋が何度も丸太郎のDVDを見てのめり込んでるから、弟子にしてもらえないかと頼んでみる。

すると丸太郎は「弟子入りは、母親に頼んでするもんじゃないよ。私は師匠の弟子にしてもらうために、3ヶ月、毎日、師匠の家に通ったから。子供のことになると、まるでダメだねまりちゃんは。」と口にする。

「丸太郎さんにだって、99パーセント断られると思って来たけど、でも100万分の1でも可能性があるんだったら、あの子の背中を押してあげたかったの。」とまり。

「これは、息子に頼まれたワケじゃなくて、私の勝手なお願いなの。バカ母で、どうもすみませんでした。」と謝る。

丸太郎は息子の弟子入りは引き受けないけど、また温泉に行って今度こそはって思うくらい可愛いと思ってるとまりに伝えるのだった。

斉木に会った杏

その頃、杏は斉木のことを思い返しているうちに、どうしても会いたくなり「当分会えないとか言っておきながら、図々しいんですけど、会いたいです。行ってもいいですか?」とメッセージを送る。

そして斉木の家へ向かうと、マンションの入り口付近に斉木の後を追う元妻の由香がいた。

杏の存在に気付いた斉木が杏を見ると、由香が斉木の腕を取り、もたれかかったため、杏は走り去ってしまった。

杏を追いかけて行った斉木は、杏に「由香は、肺がんなんだ。お金もないらしい。」と告げる。

「嘘。お金持ちのおじいさんと、三度目の結婚するって言ってたもの、この前。」と杏が言うと、斉木は「それは嘘だよ。今、上野のクラブで働いてるんだから。」と答える。

「じゃあ、何でお金持ちと、結婚するなんて言ったの?」と尋ねる杏に「その場の気分で、由香は平気で嘘をつくから。」と斉木

「じゃあ、がんの話も、嘘かもしれないじゃない。なぜ、それは信じるの?」と声を荒げる杏に、斉木は「直感かな?二度目の夫の借金の連帯保証人で、2000万円背負ってるっていうのもたぶん本当だろう。」と告げる。

「それで、面倒見てあげることにしたんだ。」と話す杏に、斉木は「そんなことする気はないよ。だけど、命に関わる病気だと言われたら、勝手に死ねとは言えない。話を聞くくらいはしてもいいと思ったんだ。」と伝えるのだ。

杏は「由香に会いに行って、斉木にもう近付かないでって言う」と告げると、斉木は「由香には会わない方がいい。」と答える。

すると「私の前で、あの人を由香、由香って言わないで、苗字で呼べばいいじゃないですか。」杏。

「杏さんは疑い深いよね。」と話す斉木に「自分がされたらいやなことをしないでって言ってるんです。昔の相手に頼られて、優しくすることです。私だったら、絶対にしないもの。」と強く訴える。

すると斉木は一言「めんどくせえな。」とつぶやくのだった。

由香に会いに行く杏

その夜、杏は由香の働いているクラブへ行き、以前慎吾の仕送りと言って由香が置いて行ったお金を返し「これでもう、斉木さんに頼らないでください。」と訴える。

由香は「私ね、タクちゃんには未練ないから、安心して。ただ、がんとかなって心細くなると、なぜか思い出しちゃう顔なのよね。もう全然好きじゃないのに。」と告げる。

「好きじゃないなら二度と斉木さんに近付かないで」という杏に、由香は「斉木のことが好きなんだね」と口にし、でも慎吾の子供がいるでしょうと言う。

由香に杏は「子供がいても恋はする」と言い捨て、ビール代を渡して帰って行ったのだ。

男たちや子供たち

そんな中、繁秋は大介に、与論行く前に石渡研に会っといた方がいいんじゃないかと話す。

「え~っ、会って何て言うの?」と尋ねる大輔に「知らねえよ。でも、会っといた方がいいよ。」と繁秋は伝えるのだった。

その頃、とあるバーで斉木が丸太郎に、女とうまくいきそうだと思ったら前の女が出てきたということを見抜かれていた。

丸太郎は斉木に「私の最初の結婚は、32の時ですけどね。その人との間には子供もできて、うまくいってると思ってたんですよ。ところがある日帰ったら、家がもぬけの殻でして。」と話す。

続けて「離婚の3年後、再婚したんですけどね。そしたら、前のカミさんが、突如壊れまして。新居にも、仕事先にも押しかけて泣きわめくわ。ネットで誹謗中傷を垂れ流すわで、新しいカミさんとも半年で離婚。」と告げる。

そして「4年後、もうそろそろいいかなと思って、三度目の結婚をしたんですけどね。最初の人がさらにエスカレートして、三度目のカミさんの命を守るために、私の方から離婚を申し出ました。」と伝えるのだ。

丸太郎は最初の妻と言うのはやっかいなもので、一度結婚した相手は人生からきっと切り離せないものなんだろうと話す。

斉木が出て行った後、丸太郎の反対隣りにいた赤坂剛が「一度結婚した人間は、切り離せないっものなんですか?」と丸太郎に尋ねると、丸太郎は「そんなことないんじゃない?色々だから」と伝えるのだった。

与論行き当日

その翌日、与論に行く当日大介は研に会い、今日の飛行機で旅立つと告げると、研は「与論、遊びに行くよ。」と声を掛ける。

すると大介が「ホント?いつ?」と嬉しそうに尋ねたため、研は「えっ、いや、ちょっとまだ分かんないけど、夏休みとか…。」と告げる。

「来年の夏休みまで1年あるな…。それに石渡の場合、与論にお父さんいるから、微妙だよな。」と話すと、研は「関係ないよ。」と強く否定する。

大介は「じゃあ、来て。必ず来て。」と告げ、家へ戻って行くのだった。

大介が家に帰ると、千葉への転勤準備のために有休をとっていた優子が家にいた。

大介は「俺、お母さんと、うまくしゃべれなかったけど、別にお母さんのことが嫌いなわけじゃないよ。」と話す。

そして「俺…、石渡研が好きなんだ。男の人が好きなの。東京いると苦しいからさ、与論行くって決めたんだ。たぶん、お父さんは気付いてると思う。」と打ち明ける。

「気付けなかったけど…。お母さんは、男性が男性を好きになっても、女性が女性を好きになっても、男性が女性を好きになっても、好きだって気持ちの尊さは変わらないと思う。」と大介に伝える優子。

そして「人を愛することは…、素敵よ…。」と言い「与論にも、素敵な人がいるかもよ。」と話すと、「そんな簡単じゃないと思うけどね。元気で仕事してね。」と大介は告げるのだった。

やがて、大介は与論に旅立つためバスに乗り込む。

走り出すバスを優子は泣きながら見送るのだった。

突然現れた慎吾

一方雨の中、杏が家に帰ると、家の前に記憶喪失の慎吾が立っていた。

「何であなたが、ここにいるんですか?」と尋ねる杏に、慎吾は「助けてください。」と訴えるのだった。

『恋する母たち』5話 まとめ・感想

ここまでの3人の恋愛模様を見ていると、優子はもう完全にアウトどころか実刑確定だし、まりはギリギリ踏みとどまったとは言え、夫婦仲は崩壊寸前という状況。

一方主人公の杏は、研の誤解も解け、徐々に関係を戻しつつありるものの、斉木に変な不信感を持ってしまい、口やかましく言い過ぎたため「めんどくせえな。」と言われることに。

色々あっても平和そうな杏

杏はナーバスになり過ぎているため、色々と口やかましく言ってきたけど、いくら斉木がウザイと感じても、好きな人に対して「めんどくせえな。」は口に出しちゃダメな言葉でしょ。

そんなことはありつつも、恋愛のヤバさに順位をつけるとすると、やっぱり今のところは杏の恋愛が一番平和に見えます。

ただこのドラマの杏は、ちょっと不安定過ぎるというか、ヒステリーが過ぎているような気が…。

自分で会えないと言っておきながら、急に会いたいと言い出し勝手に押しかけて行って、そこで由香を見かけたからといってブチ切れ、由香のクラブへ行ってさらにブチ切れるなどと、一途に慎吾を想い続けていた頃や、研と穏やかに暮らしていた頃と比べて、性格が変わり過ぎじゃないですか?

1話・2話あたりの杏はここまで不安定な性格じゃなかったと思うのだけど…

優子について

さて、前回ラストで夫のシゲオに剛とのキスシーンを見られてしまった優子ですが(前回も書いたけど、それでも原作よりはマシ笑)、ついに三行半を突きつけられて、1人ぼっちで取り残されてしまいました。

まあ、ここまで見て来た限り、昔から家庭を顧みない母親だったようなので、やっぱ自業自得としか言いようがないですね。

しかも、息子の大介はシゲオの本当の子じゃないって…衝撃の事実過ぎる…

他人の子を自分の子として籍を入れ、愛情を持って大介を育ててくれた上、ずっと優子を見守って世話をし続けてくれたシゲオを、これまで今回を含め最低2度は裏切っているんだから、こうなるのはしょうがないし、ここからは一人で強く生きていってください。

さらにもう一つ驚いたのが息子の大介だけど、与論島へ行く理由がまさかの研だったとは。

まあ前回、研に「石渡が行くなって言うなら行かないけど。」と大介が言っていたから、それが伏線だったというワケですね。

この大介の告白から、優子が「人を愛することは素敵よ」って話し、バスを見送るまでのエピソードは感動的で良いシーンでしたが、その反面、これまで優子がしてきたことを顧みると、優子が愛について語ってもねえ……

結局一人残された優子ですが、次週の予告を見る限り、ここから本格的に仕事モードに突入してくようなので、ここから違う優子が見れるかと思うとこれまでとは違う期待感がありますね。

何よりも子供が一番の まり

また今回、初っ端から丸太郎とヤバかった「まり」だけど、ハデな外見とは裏腹に、子供に対する愛情がスゴい人ですね。

あれだけ手を焼いていた長男に対しても、諦めることなくなんらかしらの目標らしきものが見つかったら、全力で後押しするって、いい母親だと思いますよ。

まあ丸太郎に弟子入りをお願いするのは、さすがに公私混同過ぎるけど、まりは子供のために、自分ができることはなんでもしちゃう母親なんですね。

そして相変わらず夫の繁樹は自分勝手で見栄っ張りで、自分の体裁を繕うために、繁秋の気持ちを無視した行動をとっていました。

しかし、今回のエピソードからも垣間見える通り、娘たちは父親を尊敬してたり慕っていたりするようなので、まりは丸太郎を好きという気持ちを持ちつつも、繁樹と夫婦生活を続けていかざるを得ないんでしょうね。

次回あたりからスゴいことになりそうな杏

最後に主人公の杏ですが、今回は他の2人に比べるとそれほど強烈な出来事はなかったものの、驚いたことにラストで慎吾が帰ってきてしまいました。

次回のあらすじを読む限り、島の奥さんに追い出されて行くところがなくなって杏を訪ねて来たようです。

しかも次回から杏は、義母の綾子のところで、研と慎吾、綾子の4人で暮らすことになるようなので、杏の生活も色々とこじれてきそうですね。

更に蒲原家にも、なんらかの災難が襲うようなので、新たな環境で過ごすことになる杏と優子とともに、どんな風に展開していくのか非常に気になります。

恋する母たち全話あらすじ・ネタバレ感想は以下より。

ドラマ『恋する母たち』あらすじ、登場人物・キャスト、原作・今を生きる3人の母たちの物語
10月のTBS金曜ドラマ枠は、10月23日(金)スタート、柴門ふみさん原作の『恋する母たち』。 主人公の石渡杏役に木村佳乃さんを迎え、その友人の蒲原まりを仲里依紗さん、林優子を吉田羊さんが...

『恋する母たち』6話あらすじ

慎吾(渋川清彦)が再び杏(木村佳乃)の前に現れた。与論島での離婚話が島で噂になり、妻の耳にも入って家を追い出されたというのだ。慎吾は離婚届けにあった杏の住所を頼りにやって来たのだが、その身勝手な慎吾に怒りを覚えた杏は、母・綾子(夏樹陽子)の連絡先を教え、雨の中彼を突き放す。
その後、階段から足を踏み外し松葉杖生活となった杏。研(藤原大祐)と一緒に綾子のところで世話になることに。そこには慎吾も身を寄せていた。しかし、そのことを斉木(小泉孝太郎)に知られてしまい…。
千葉で一人暮らしをスタートさせた優子(吉田羊)は、千葉の営業部が本社の宣伝部とは雰囲気が全く違い戸惑っていた。挨拶に行った得意先のスーパーで嫌味なことを言われるなど、驚くことばかりの優子だったが、初めての営業の仕事をひたむきにこなしていた。
そんな時、杏が勤める高根不動産に「吹っ切るために住むところを変えたい」という男性がやってくる。申込書の勤務先にコジカフーズと書いたことから、相手が優子が想っている赤坂(磯村勇斗)ではないかと察するが…。
同じ頃、まり(仲里依紗)は夫・繁樹(玉置玲央)の傲慢な態度にうんざりしていた。落語家になりたいという繁秋(宮世琉弥)のことを一向に認めない夫。一方で相談していた丸太郎(阿部サダヲ)からは思いがけない返信が届く。
そんな中、誰もが羨む生活を送っている蒲原家に災難が襲う。

引用:https://www.tbs.co.jp/kiwadoifutari_TBS/story/

『恋する母たち』見逃し動画配信サービス

『恋する母たち』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

Paravi(パラビ)の評判は?長く使っているからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。 また、H...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

Paraviの詳細や無料体験はこちらからどうぞ
Paraviを試す

コメント

タイトルとURLをコピーしました