『#リモラブ』7話ネタバレあらすじ感想。美々と青林に濃厚接触はあるのか?


引用:#リモラブ ~普通の恋は邪道~|日本テレビ

「好きに決まってるじゃないですか」と青林が美々に伝え、2人は付き合うことになり、モーニングデートをするようにまでは進んだ。

しかし、2人の仲は一筋縄でいくような、そんな甘いものではなかった。

それでは、『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』7話のあらすじ、ネタバレ感想、ゲストなどを紹介していきます。

6話ネタバレあらすじ感想はこちら

『#リモラブ』6話あらすじ・ネタバレ感想、美々はずっと青林のことが好きだった!?
前回、五文字からの後押しを受け、自分が草モチであることを告白しようとした美々だったが、自分を「栗きんとん」だと言ってしまい、最後まで伝えることができなかった。 最後の手段として、八木原に伝え...

『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』7話あらすじ

美々(波瑠)と青林(松下洸平)はなんとか相思相愛の仲になった。

幸せ一杯の美々。

だがどこかぎこちない2人の接触を見た八木原(髙橋優斗)は 「美々先生は、イチャコラするのが嫌いなんです!」と青林に余計なことを言う。

未だSNSで話す二人を「現実世界でないと愛は育たない」と心配する朝鳴(及川光博)。

そんなすれ違いの付き合いの中、出張のため新型ウィルスの検査を受けることになった青林は、「もし検査結果が陰性だったら」「僕と」と途中までの意味深なメッセージを送る。

「濃厚接触をしてください、そういうこと?」私に近づかないのに?と混乱する美々。

濃厚接触の覚悟をして、出張帰りの青林を自宅に呼ぶが…。

引用:https://www.ntv.co.jp/remolove/story/07.html

登場人物・キャスト


大桜美々 … 波留
青林風一 … 松下洸平
五文字順太郎 … 間宮祥太朗
八木原大輝 … 高橋優斗 (HiHi Jets…ジャニーズJr.)
岬恒雄 … 渡辺大
朝鳴肇 … 及川光博
朝鳴保 … 佐久間玲駈(ジャニーズJr.)
我孫子沙織 … 川栄李奈
富近ゆり … 江口のりこ
深杉明彦 … 今井隆文
駒寺夏樹 … ついひじ杏奈
乙牧ひろ吉 … 西堀亮(マシンガンズ)
乙牧栞 … 福地桃子

詳しい登場人物やキャストについてはこちらをご覧ください。

『#リモラブ 普通の恋は邪道』あらすじ・登場人物キャスト、新型コロナ時代の新たな恋の形
日テレ10月の水曜ドラマは、舞台が半年前の「コロナパニック」という、全世界に新型コロナウイルスが蔓延しているこんな時ならではの物語がスタートします。 物語の主人公・大桜美々を演じるのが...

『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』7話ネタバレ

美々と青林の2人は、沙織や五文字とも良好な関係で、一見なんの問題もなく順調に進んでいるように思われた。

しかし、美々と青林の2人は未だにSNSで会話して直接会話をしないばかりか、八木原から「美々先生はイチャコラが嫌い」と聞かされている青林は、思わず美々からの接触を避けてしまう。

青林が自分を避けているように感じた美々は、2人の関係に不安を感じるのだった。

ここからネタバレの続きです。

続きを読む

出張を控え、検査を受けた青林は「もし検査結果が陰性だったら」「僕と」と途中までの意味深なメッセージを送ったが、その後、はぐらかして別の話題に強引に変えてしまった。

美々は《どういうこと?私に近付きたくない…、避けてたよね。でも濃厚接触はしたいの?近付かずに濃厚接触?何を考えてるのか分からな~い!》と悩むのだった。

岬が礼を言いに来る

そんな中、美々がカレンダー廃止撤回署名に協力してくれたため、カレンダーが無事例年通りに作成されることが決まったと、岬がお礼に診療所を訪れる。

岬は「このご時世にふさわしい、ハートフルな話を聞いた」と言い「なんでも、自粛期間中のSNSがきっかけで、付き合うことになったカップルがこの社内にいるんだって。誰だろうねえ」と驚いたように話す。

岬の話しを聞いた八木原や富近らは思わず後ろを向き
富近「知らないんだ?」
八木原「知らないんですね」
五文字「知らないんだよねぇ」
美々「知らなくてよろしい!!」
とそれぞれ心の中で思うのだ。

そして自分もSNSやろうかなと話す岬に、五文字は「僕、始めましたよ。縁起を担いで、ハンドルネームは「檸檬2」にしちゃいました。」と話すのだった。

腹巻の奪い合い

その時、青林が健康診断を受けるために診療室を訪ねて来たため、みんな解散して美々は検査を始めるのだ。

検査を終えて青林が帰ると、八木原は青林の腹巻を見つける。

青林が腹巻していることを美々が知ったらガッカリするだろうと、八木原は「これは僕の腹巻です。」と言い、腹巻を持って出て行く。

そこに栞がお弁当を持ってやって来て、2人でカネパルのオープンテラスへ出て行く。

その時八木原が持っている腹巻を見つけた栞は「腹巻!?やだー。私、大ちゃんがどんな格好しててもいいけど、腹巻だけはお父さんみたいでやだー。」と悲し気に訴える。

その光景を見ていた美々は《いつも私のことを気にかけてくれてる八木原君のためなら》と、その腹巻は自分のものだと告げ、服の上から腹巻をして見せたのだ。

その時、八木原が美々に後ろを見るように手で指し示すと、そこには青林がいた。

そんな光景を見られた美々が《フランス料理の…私が……。もうおしまいだ~!》と心の中で嘆いている中、青林が「それ、僕の」と告げるのだった。

富近と朝鳴

その頃中庭では、朝鳴部長が富近に、クリスマスプレゼント、何がいい?と尋ねていた。

富近は「私はクリスマスだからとか、誕生日だからとか、イベントにしてプレゼント贈ったり、もらったりって興味ないんだよね」と告げる。

朝鳴が「ゆりっぺじゃない、保にだよ。」と話すと「そうくると思った~。」と富近。

「今年は、いろいろあったからさ、なにかワクワクするものをプレゼントしたいんだよね。」と話す朝鳴に、「新しいお母さんは?」と富近がさりげなく伝えると「どこだろう?」と朝鳴が探し始め、やがて2人は見つめ合うのだった。

すると近くに美々と青林がやってきて、腹巻を洗って返す、そのままでいいと言い合いになるが、富近たちがいることに気付きSNSでイチャコラを始めるのだった。

その後、検査結果が陰性だった青林は、土曜の夜には戻ると言い残し大阪出張へと出かけて行った。

12月5日の土曜日の夜、八木原から美々に濃厚接触頑張ってくださいと電話が入る。

濃厚接触の必要性

電話を切った美々は、青林に「今どこですか?どこにいますか?」とメッセージを送る。

青林から「僕も連絡しようと思ってたところです。」とメッセージが入り「僕たちこうやって、SNSでやり取りすることに、すっかり慣れてしまったよね。逢うと上手く話せないことが多いのに、今こうしてすらすら打ってます。」

「でももうお互いの名前も顔も分かったんだから、これからはキレイだなぁって思ったら、それは隣に並んで2人で一緒に奇麗だねって言いたいです。」

「美味しいものを食べたら、それを写真に撮って送るんじゃなくて、美々さん、君と一緒に並んで食べたい。」

「このままだと、ホントのことが隠れたままで、上手にやり取りするだけになって、お互いのこと、深く知らないままでお終わってしまうような気がしませんか?」

「青林さんの言いたいことも分かります。私もSNSに頼っちゃうところがあるんで。」

「もう草モチを封印してもらっていいですか?檸檬も卒業します。これからはSNS使わないで直接話そ。」

「わかりました。じゃあこれが最後、最後にします。檸檬と草モチの最後のやりとり」

「檸檬さん、これから逢いませんか?逢ってくれませんか?逢いたいです。」

「はい。僕も逢いたいです。」

その後美々の家に着いた青林にビールを用意しながら《めっちゃ静か》と美々は思う。

そして《そうだ、濃厚接触するつもりなんだよね。だから緊張して…。》と心でつぶやく。

ビールをテーブルに置いて、ソファーの青林の隣に座った美々は、青林に頭を持たれかける。

その時「美々先生はイチャコラするのが嫌いなんです。」という八木原の言葉を思い出した青林は慌てて逃げ出す。

その時美々に八木原から電話が入り「美々先生が、イチャコラが嫌いだってこと、青林さんにしっかりとくぎを刺しておきましたから。」と話す。

その話を聞いた美々は、これまでの青林の態度に全て納得がいったのだった。

美々は青林にイチャコラの件を話し、時と場合と度合いと相手によると告げ、ちょっとしたイチャコラだったら大丈夫だと話す。

青林は、美々に顔を近づけたり、後ろから抱きしめたりとどこまでが大丈夫なのかを尋ねたあと、美々に「僕と岩手に行きませんか?」と美々に伝える。

青林に濃厚接触を求められると思っていた美々は、思わずガクっとくずれ落ちる。

その様子を見ていた青林は、美々を可愛いと言い、そこからSNSでやりとりしていた時の姿勢の話しなどで盛り上がる。

しばらく話した後美々は「濃厚接触しませんかって、言われるかと思ってました。」と青林に告げる。

青林はケジメをつけてからと言い「男の人みんながみんな、濃厚接触することがゴールだと思ってるとしたら、そんなことないですよ。少なくとも僕は、手つないで寝るだけでめっちゃ幸せだったりする。そんな感じ。」と伝えるのだった。

その後遅くなったので帰ろうとする青林に美々は「もう少し、お話しませんか?あと5分だけ。」と告げる。

再びベッドに寝転がって2人は自分たちのことを話したり、SNSでやっていたお気に入りシリーズをしたりと楽しく話をし、やがてベッドで手をつないで横になり、どっちか好きかシリーズなどを話しているウチに2人とも寝てしまったのだ。

そんな中、八木原と栞のバカップルは夜の遊園地で、ジェットコースターに乗ってはしゃいでいるのだった。

『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』7話 感想・まとめ

八木原が余計なことを言ったため、もう2人の関係がじれったくてじれったくて…これを「じれキュン」と言うのだろうか?

濃厚接触

今回はメインテーマとして、濃厚接触というのがあったけど、って言うか、「検査が陰性だったら僕と」っていう青林のメッセージが事の発端だった訳で。

そこから青林が濃厚接触を意識してるのではないかと思った美々が周りを巻き込んで妄想を膨らませていくって…

なんだかんだと言っても、ちょっとは美々も期待していた感じですかね。

結果、陰性だったら一緒に岩手に行こうって話しだったけど、現在も200人は超えたといえ、感染者の少ない県ベスト10には入ってますから、検査で陰性じゃないと帰りづらいってのはあるんでしょうね。

って、先日青林の父親が平気で東京へ来て、カネパルへ行くなど東京の街をウロウロしていた気がするんですけど、それは問題なかったのかな?

いずれにしろ、青林は特に濃厚接触を強く望んでいるワケでもないし(そういえば、沙織とも濃厚接触してなかった…)、あんなふうにSNSでやっていたことを、実生活で楽しそうにやっている美々と青林を見てて、こっちもなんか幸せな気持ちになってきました。

富近先生の名言

そして、今回も富近先生の名言集が飛び出しました。

「今やいろんなつながりがあるから、どんなつながりでもいい。体でつながろうが、SNSでつながろうが。問題はつながったその先だ。心と心がつながってるか。」

「心と心がつながるってのは、お互いをよ~く知ることだ。とても簡単で難しく面倒でもある。で、より深く知るのはやめて、浅いとこでいいって、浅瀬でパシャパシャやって泳いだ気になってる。これが一番カッコ悪い。」

とか、ホントに良い話ですよね。

富近先生の生き方がムズい

そのあと富近先生が、知ることでずっと好きでいたいのに嫌いになったり、お互いを知ることで気持ちが冷めちゃったりって言っていたけど、その逆パターンには言及しなかったね。

相手の見えなかった素顔が見えることで、もっともっと好きになることだってあると思うんだけど、でもまあ富近先生が言及しなかったのは、そのあと朝鳴部長がバラの花束を誕生日プレゼントとして持ってくるという伏線だったんだろうけど。

それにしても、あんなにたくさんの綺麗なバラの花束をもらって「あってはならない、ムズいこと。」って、富近先生の人生観とか好みとか、もっとムズいし…

美々思いの八木原

一方、天然ではあるけど、八木原くんってホントに美々思いの良い子だよねえ。

心底美々と青林の恋を応援し、美々に恋の素晴らしさを知ってほしいからと、腹巻を自分のモノだと言ったり、時には自分からちゃんと聞かないとダメだと叱咤激励してくれたり、栞とのデート中でも、青林とのことを心配して電話してくれたりと、どんだけ美々のことが好きなんだと(人として)。

今回ラストで、お互い色々と語り合った2人が、ベッドで手をつないだまま寝ちゃってたけど、こんな風に誰かの言葉で勘違いしてすれ違ったり戻ってきたり、SNSの延長上でしゃべったり笑ったりと、こういう関係で続けていくのがこの2人にとってベストなんだろうねと感じさせてくれた7話でした。

しかし、そんなに上手く2人の恋が進むわけではなさそうで、次回は青林の元へ幼馴染の雪ちゃんとの縁談をまとめるために、叔母の典子が登場するそうで…

また、朝鳴部長の昇進話や、八木原の結婚話など、盛りだくさんな内容のようなので、次回も見逃せませんね。

8話ネタバレあらすじ感想はこちら

『#リモラブ』8話ネタバレあらすじ感想。美々の家に泊った青林と美々のストレス
引用:#リモラブ ~普通の恋は邪道~|日本テレビ 美々に「男の人みんながみんな、濃厚接触することがゴールだと思ってるとしたら、そんなことないですよ。手つないで寝るだけで、めっちゃ幸せだっ...

全話ネタバレあらすじ感想は以下から。

『#リモラブ 普通の恋は邪道』あらすじ・登場人物キャスト、新型コロナ時代の新たな恋の形
日テレ10月の水曜ドラマは、舞台が半年前の「コロナパニック」という、全世界に新型コロナウイルスが蔓延しているこんな時ならではの物語がスタートします。 物語の主人公・大桜美々を演じるのが...

『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』8話予告・あらすじ

初めて打ち解けた会話ができた美々(波瑠)と青林(松下洸平)は、順調な日々を送っていた。この日々がずっと続いてほしいと思う美々は富近(江口のりこ)から恋愛を終わらせないために結婚があると聞く。それなら「結婚…してもいいかなァ」

そんな中、朝鳴(及川光博)に出世コースへの異動の話が舞い込む。
一方、八木原(髙橋優斗)もいよいよプロポーズをすることになり…。
青林の父が幼馴染との結婚をまとめるため再び来るという。美々は青林が昔、好意を抱いた幼馴染に嫉妬する。

しかしやって来たのは叔母の典子(石野真子)だった。
美々を恋人だと紹介する青林だったが、典子は幼馴染との話を断るための嘘だと疑う。
そんな結婚をめぐる騒動の中、ストレスを溜めた美々にある異変が起きる。

引用:https://www.ntv.co.jp/remolove/story/

『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』見逃し配信

『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』の見逃し配信はHuluでどうぞ。

hulu(フールー)の評判は?長く使っているからわかる、メリット・デメリット
huluは元々アメリカで誕生した動画配信サービスですが、現在は日テレの完全子会社が運営している日テレ系サービスということから、実際のユーザーによる評判やメリット・デメリット、海外版と違う...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました