『姉ちゃんの恋人』7話ネタバレあらすじ感想。桃子と真人、和輝とみゆき、日南子と悟志の恋がスタート


引用:『姉ちゃんの恋人』|関西テレビ放送 カンテレ

観覧車の中で、自分に起きたなにもかもを告げた上で、桃子に「私の恋人になってください。」と再び告白された真人は、桃子の気持ちを受け入れることにした。

真人は母・貴子に「一緒にいるだけで幸せな気持ちになる。問題は、俺が彼女を幸せにできるかどうかだね。どうすればいいか、分からないけど、頑張ってみようと思ったんだ。」と伝えるのだ。

ここでは『姉ちゃんの恋人』7話登場人物・キャストやあらすじ・感想などを紹介していきます。

6話ネタバレあらすじ感想はこちら

『姉ちゃんの恋人』6話ネタバレあらすじ感想。桃子と真人の決断とみんなの優しさ
真人の過去を聞かされても、やっと好きな人に出会うことができた桃子は、真人を抱きしめ、これで終わりとか会わないとかは絶対に嫌だと真人に訴える。 そんな桃子に対する、真人の答えは… ここでは『姉...

『姉ちゃんの恋人』7話あらすじ

過去を知ってもなお、自分を好きだと言ってくれる桃子(有村架純)の気持ちを受け入れ、恋人として付き合うことを決めた真人(林遣都)。

貴子(和久井映見)は涙を流して喜び、新たな一歩を踏み出した息子を祝福する。

桃子もまた、和輝(髙橋海人)たち3人の弟に真人への恋が実ったことを報告。

桃子の幸せそうな笑顔に、弟たちも自分のことのように大喜びするが、真人の過去を知った和輝は後日、一人で真人のもとを訪ねて…。

日南子(小池栄子)、悟志(藤木直人)、菊雄(光石研)、そしてホームセンターのメンバーも、2人のことを祝福。

みゆき(奈緒)もまた、桃子が選んだ道を応援する。

そんな中、みゆきは意を決して和輝との関係を桃子に打ち明けることに。

和輝が密かにみゆきに想いを寄せていて、みゆきもその気持ちを受け入れようとしていることを知った桃子は、驚きを隠せず…。

一方、かわいい部下の幸せを喜ぶ日南子の悟志への恋にも進展が…!?

引用:https://www.ktv.jp/anekoi/#story

『姉ちゃんの恋人』登場人物・キャスト・スタッフ


安達桃子 / 有村架純
吉岡真人 / 林遣都
吉岡貴子 / 和久井映見
安達和輝 / 髙橋海人(King & Prince)
安達優輝 / 日向亘
安達朝輝 / 南出凌嘉
高田悟志 / 藤木直人
市原日南子 / 小池栄子
岸本沙織 / 紺野まひる
原田福代 / 阿南敦子
武内省吾 / 那須雄登(美 少年/ジャニーズJr.)
臼井 / スミマサノリ
山辺新之助 / 井阪郁巳
浜野みゆき / 奈緒
川上菊雄 / 光石研
中野藤吉 / やついいちろう(エレキコミック)
警備員 / 西川瑞

脚     本:岡田惠和
音     楽:眞鍋昭大
主  題  歌:Mr.Children「Brand new planet」(TOY’S FACTORY)
プロデューサー:岡光寛子、白石裕菜、平部隆明
演     出:三宅喜重、本橋圭太、宝来忠昭
制 作 協 力:ホリプロ
制 作 著 作:カンテレ

『姉ちゃんの恋人』7話ネタバレ

桃子は弟たちに、真人が自分の恋人になってくれることになったと報告し、更に真人の過去についても報告した。

弟たちに桃子は、必ず幸せになるけど、世の中はそんなに優しくないだろうから、悔しい思いをしたりキツい時もあるかもしれないと話す。

そして、そんな時には助けて欲しい、味方でいて欲しいと桃子が話すと、3兄弟は味方になる、自分たちが今度は守ると後押しするのだ。

桃子は、大好きな先輩の日南子にも、真人と付き合うことになったことを伝えるが、勝手に話すことはできないと、真人の過去については話さずにいた。

カフェデートをする桃子と真人

その日、カフェでデートをする桃子と真人。

中学生のようなやり取りのあと、桃子は弟たちには、真人のことを過去も含め話したことを伝える。

真人は、母親と悟志に話したと伝え、悟志は恩人みたいな人だと話す。

その悟志が、年末で今の仕事を終えて、異動するから悲しい、泣きそうと告げる真人。

桃子も、もし日南子がいなくなるとなったら、泣いちゃうから無理だと話すのだ。

日南子の話題が出たことで、真人は「日南子さんには、俺と付き合うことになったことは話した。でも、俺のことは言えなかった。」と桃子の気持ちを先読みして突然話し始める。

「俺に言わずにそんなこと人に言ったりしてしいのか分からなかったし、だから言えなかった。」

「ちょっと気になってる…。」

「本当は全部、話したいのに、でも言えないし…。」

「だろうと思ったから、俺、話しといた、日南子さんに…。話しといた。」

と、既に真人は自分の口から、日南子に自分の過去のことを伝えてあると言い、日南子とは握手をし「私は桃子の味方。応援するよ。」と言われていた。

その後、真人の口から「川上さんっていう保護司さんが良い人で、優しくて、感謝しても、しきれないくらいで大好きなんだ。」と聞かされた桃子は突然叔父に電話を掛ける。

叔父さんに電話し、リモートでかけ直してもらった桃子は叔父さんを真人に紹介すると、その叔父さんが保護司の川上菊雄だったため、驚く真人。

「今度、3人で飯でも行こうぜ。」と告げ、電話を切った菊雄は「お願いだから、嫌なこと起きないでくれよ。頼むぞ。」と手を合わせてお願いするのだった。

真人に会いに行った和輝

一方、真人の元を訪ねた和輝は、弟3人が桃子と真人の恋を応援することを決めたと言い、周囲や世間の声からは何か力になれるかもしれないけど、真人と桃子の関係については真人次第だと告げる。

そして大切な姉だから傷つけないで欲しい、傷つけたら自分が絶対に許さないと告げ、約束して欲しいと伝えるのだ。

そんな和輝の訴えに、真人は「約束します。よろしくお願いします。」と答えるのだった。

みゆきの告白

その頃、みゆきといつものコンビニ横でチューハイを飲みながら、真人と付き合うことになったと話す桃子に、みゆきは「私、ほら、反対論者だからさ。」と話す。(※『姉ちゃんの恋人』6話ネタバレあらすじ感想参照)

そして「反対しててもさ、紹介させてもらうね。」と話す桃子に、みゆきは「当然だよ。会わせなさい、さっさと。ちゃんと見極めてやるわよ。」と話すのだ。

続いてみゆきの話を聞く番になった桃子に、みゆきは大学生くらいの子を好きになったけど、越えなきゃならない壁があって、その壁は桃子だと話す。

和輝を問いただす桃子

みゆきに和輝とのことを聞かされ、家に帰った桃子は、目が座った表情で和輝を家の外へ呼び出し「みゆきは大切な人だから、半端な気持ちだったらすぐやめろ。」と告げる。

「うん、やめないよ。」と答えた和輝に「姉としては、ちょっとムカついた。」と言い、お腹に一発パンチを入れるのだった。

日南子と悟志

一方いつものバーで悟志と飲んでいる日南子は、悟志に「逃げて行く女性は追いますか?」と尋ねる。

「逃げるってことは、俺のこと嫌なわけでしょ?だから追わないかな。」と答える悟志。

その時悟志に電話が入ったため、外で電話を受ける。

電話を終えて、バーに入った悟志は、日南子の姿が見あたらないため、外へ出て日南子を探して追い求める。

その時、日南子がトイレから戻って来て悟志がいなかったため、まだ電話中なのかなと思う日南子。

すると日南子を見つけることができなかった悟志がバーへ戻って来て、日南子を見つけると「何だ、いたのか…。もう行っちゃったのかと思った。」とホッとする。

「えっ?ってことは…、今、私を追った?」と話す日南子に、「そうかも。俺、どうやら相当好きみたい。」と悟志は答え、日南子を抱きしめるのだった。

道を歩く桃子と真人

そんなある日、クリスマスに続いて、お正月の売り場ディスプレイも任された桃子と真人は、どんな風に飾り付けるかの意見を出し合いながら道を歩いていた。

真人は大きな地球儀に2021という文字を入れて、その2021の中にいろんな国の言葉で新年おめでとうとか、小さく書いてあるってのはどうかとアイデアを出し、横断歩道を渡る。

その時真人は、車の中に見覚えのある人物の姿を見つける。

車から降りてきたその女性は、真人が暴行事件を起こした時に嘘の証言をした、前の彼女だった。

『姉ちゃんの恋人』7話まとめ・感想

なんか序盤から、幸せオーラ全開の2人だったけど、菊雄叔父さんが、電話を切った後「お願いだから、嫌なこと起きないでくれよ。頼むぞ。」ってのが、なんだか嫌なことが起こるフラグでしかないような気がして、前回の予告にあった元カノとの出会いが非常に不安でした。

とりあえず今回は何もなかったからホッとしたけど、まだ7話だから、今後なにが起こるのかは非常に心配ですね。

真人の母・貴子の喜び

今回、カフェデートでの中学生みたいなやり取りは置いといて、桃子と真人の母・貴子との対面するシーンで、「桃子さんに会っても泣かないようにしようって思ってたのに。」と言いながら泣くシーンでは、これまでの真人や家族の苦悩が垣間見ることができて、ホント感動的でした。

やっぱり和久井映見さんって上手いなぁって、つくづく感心させられました。

和久井さんの上手さでさらに感動的になってましたね。

一方、桃子以外にも、弟・和輝とみゆき、悟志と日南子の恋も着実に進みつつあります。

和輝とみゆき

和輝は、家での隠し事をしないというルールよりも、みゆきからの「桃子には私から話すから言わないで」という約束を優先し、内緒にすることを選んだので、桃子から「女の子との約束ちゃんと守ったんだね。」と褒められた。

だけど、姉としての桃子からは安達家のルールを破ったことで腹パンを食らっちゃいましたね。

でも和輝とみゆきは良い感じに進んで行くんじゃないでしょうか。

ただ、みゆきが泣きながら歩いていたのは気になりますね。

まあ、大親友のみゆきに桃子が酷い事を言うなんてことは絶対にありえないだろうから、泣くほど嬉しいことを言われたんじゃないでしょうかね。

悟志と日南子

また、悟志と日南子の恋の行方も、悟志が日南子を好きだと気付いたことで、大きく前進していきそうです。

しかし、悟志についての謎は残されたままですね。

悟志について考察

人としての嫌味がないしコンプレックスを持ってる様子も見られないことから、ちゃんと育てられてきただろうし、ちょっと浮世離れした様子から、お金持ちの家で育ったのかもしれませんね。

また8人も兄弟がいて、2人とは会ったことがないと言っていたことからも、それなりに地位のある父親で、外にも子供がいるのかもしれません。

って言うか、多くの人が思っている通り、悟志はこのホームセンターの社長一族なんじゃないでしょうかね。

なにしろ店の名前が「T’s Craft & Home」なので、高田の頭文字Tを使った高田ズ・クラフト・アンド・ホームってことなんでしょう。

んで、年末で配送からいなくなって異動のようなことになるっていうのは、このホームセンターの経営側の地位に立つってことなんじゃないでしょうか?

バーで高田誠志って人から電話が入って、「年内にはと申し上げました。それまでは自由にさせて頂きます。」って言っていたことからも、そうなんじゃないでしょうか。

で、悟志が敬語で話していたことから、その高田誠志って人は年上だろうし、苗字も同じで、志が名前についてることから、父親で現社長なんじゃないのかな?

真人の元カノ登場

そして、ラストに登場した真人の元カノについては、次回の予告を見る限り、なんの心配もなさそうな感じですね。

真人はもう過去の出来事を元カノを含め、全部自分の中で消化できたようだし、桃子に対しても、腹をくくって絶対に幸せにしていこうとしている決意が見てとれます。

ただ、次回のあらすじに「日南子は、悟志が自分のことをどう思っているのか本心が分からず、困惑していた。」ってあるけど、今回悟志がはっきりと、「俺、どうやら、相当好きみたい。」って言ってたんだけど、それじゃあ伝わらなかったってことなのかな?

8話ネタバレあらすじ感想はこちら

『姉ちゃんの恋人』8話ネタバレあらすじ感想。再び暴行を受け、桃子を守る真人!
桃子と横断歩道を渡る真人が車の中にいる一人の女性に目をやると、真人と目があったその女性は車から降りてくる。 真人と桃子の2人の前に立ち止まったその女性は、真人の前の彼女・武部香里だった。 こ...

全話あらすじ感想はこちら

姉ちゃんの恋人全話ネタバレあらすじ感想
こちらはフジテレビ火9ドラマ『姉ちゃんの恋人』全話のあらすじ・感想のページです。

『姉ちゃんの恋人』7話予告・あらすじ

桃子(有村架純)とのデート中に、偶然、元恋人の香里(小林涼子)と再会した真人(林遣都)。突然のことに言葉を失う2人を見た桃子は、目の前の女性こそが、真人が服役するきっかけになった人だと瞬時に悟る。話をしたいという香里の申し出に、真人は一瞬戸惑いを見せるものの、それを受け入れ、桃子にそばにいてほしいと頼む。内心動揺しながらも、決してそれを表に出さないよう心掛けながら、真人は過去を乗り越えるため、“幸せ”について自分の思いを語り始める。

一方、悟志(藤木直人)に抱きしめられた日南子(小池栄子)は、悟志が自分のことをどう思っているのか本心が分からず、困惑していた。そんななか、桃子から悟志に関する「ある情報」を聞かされ、ショックを受け、不安を募らせる。

引用:https://www.ktv.jp/anekoi/#story

『姉ちゃんの恋人』見逃し動画配信サービス

『姉ちゃんの恋人』の見逃し配信はFODプレミアムでどうぞ。

FODプレミアムの評判は?長年使ったからわかる、メリット・デメリット!
これまでFODを初めとし、HuluやNetflix…etc.など様々な動画配信サービスを利用してきた経験を踏まえ、評判や特徴、メリット・デメリットなどを書いて行きますので、参考になれば幸いで...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

無料トライアルはこちらからどうぞ
FOD 2週間無料トライアルに登録

コメント

タイトルとURLをコピーしました