『この恋あたためますか』6話あらすじネタバレ感想、浅羽と樹木が温泉へ!


引用:火曜ドラマ『この恋あたためますか』|TBSテレビ

里保とやり直すことになった浅羽だったが、神子にココエブリィを売り飛ばそうとしていたことを突きつけられ、役員会議の場を追い出された。

その後の決議により、浅羽は社長を社長を解任され、ココエブリィから去って行ったのだ。

ここでは『この恋あたためますか』(恋あた)6話のあらすじ・ネタバレ感想などを紹介していきます。

5話あらすじ・ネタバレ感想はこちらから

『この恋あたためますか』5話あらすじネタバレ感想、浅羽は里保とよりを戻すが解任の憂き目に!
浅羽との関係が崩れるくらいならと、浅羽のことを諦めることを決めた樹木に、出張帰りに家まで送り届けてくれた新谷が突然キスしてきた。 新谷の真意が分からない樹木は、里保や一岡にスイーツを食べなが...

『この恋あたためますか』6話あらすじ

ココエブリィ本社では、浅羽(中村倫也)を背信行為として退陣させた神子(山本耕史)が社長代行に就任し、徐々に旧体制に戻ろうとしている。

スイーツ課では、樹木(森七菜)は心ここにあらずの様子。

里保(石橋静河)がプロジェクトリーダーを務めるりんごのプリン=アップリンの開発も中止になり、次の企画へ方針転換が言い渡されその対応に追われていた。

見かねた新谷(仲野太賀)は、樹木を誘い浅羽の自宅へと押しかけるとそこには……。

引用:https://www.tbs.co.jp/koiata_tbs/story/ep6.html

『この恋あたためますか』登場人物・キャスト


井上樹木 … 森七菜
浅羽拓実 … 中村倫也
新谷誠 … 仲野太賀
北川里保 … 石橋静河
上杉和也 … 飯塚悟志(東京03)
李思涵(リ・スーハン) … 古川琴音
碓井陸斗 … 一ノ瀬颯
石原ゆり子 … 佐野ひなこ
神子亮 … 山本耕史
一岡智子 … 市川実日子
三田村敦史 … 佐藤貴史
土屋弘志 … 長村航希
藤野恵 … 中田クルミ
都築誠一郎 … 利重剛

登場人物の詳細については以下を参照ください。

TBS火曜ドラマ『この恋あたためますか』(恋あた)登場人物・キャスト1話から最終回まであらすじネタバレ感想
引用:火曜ドラマ『この恋あたためますか』|TBSテレビ TBSの火曜ドラマ枠で10月20日より、主演・森七菜さん演じる主人公の、夢破れてコンビニで無気力にアルバイトをしている井上樹木と、...

『この恋あたためますか』6話ネタバレ

浅羽がココエブリィを去ってからというもの、心ここにあらずの様子の樹木は、完成したアップリンを食べてもらえなかったことを思い出していた。

一方新谷は、浅羽にLINEをしても既読スルーが続いていたため、里保に様子を尋ねるが、里保も浅羽からは大事なところははぐらかされていたため、まだ気持ちの整理がついていないんだろうと答える。

新谷は新商品開発室で、樹木に「こっからどうする」と尋ねるが、樹木が上の空だったため再び「樹木ちゃん。」と声を掛ける。

そんな樹木に新谷は「俺も同じだよ、拓兄ぃが気になって。会いに行ってやろうかと思ってんだけど、樹木ちゃんもつきあってくんない?」と樹木を誘って、浅羽の家へ行くことにしたのだ。

ここからネタバレの続きです。

続きを読む

家の鍵が開き、新谷が樹木を伴って浅羽の部屋へ入って行くと、浅羽は本を読みながらハンモックでくつろいでいて、新谷に「おう、急にどうした?」と声を掛ける。

平静を装うが樹木に見破られる浅羽

新谷は「いろいろと噂になってるぞ、会社乗っ取ろうとしてたとか、あることないこと噂されたままでいいのかよ。」と告げる。

「終わったことをあれこれ弁解しても仕方がない。まっ、久しぶりの休暇だな。しばらくゆっくりさせてもらうよ。」と浅羽。

すると突然樹木が「私、その感じ知ってる。私もアイドル クビになったあと、今は充電期間中!とか言って強がってた。」と告げる。

続けて「気持ちってね。動いてないと腐るよ。」と言い、浅羽を家から連れ出すのだ。

ココエブリィ上目黒店で仕事を始める

樹木は浅羽をココエブリィ上目黒店へ連れてきて、店の制服を着せる。

「もう結構。俺にはここは似合わない。」と口にする浅羽に「だからダメだったんじゃん。社長がさ、自分とこの会社の制服似合わないなんて、おかしいじゃん。社長が一番似合ってなきゃダメだったんだよ。」と樹木。

その意見に上目黒店の従業員全員が賛成したため、浅羽は店で働いてみることにしたのだ。

ココエブリィのヒーロー神子

一方ココエブリィ本社では、社長のイスに腰掛ける神子に一岡が「すっかりヒーローね。あなたが、どれだけ会社を思ってるかは、よく知ってる。でもね…。」と告げ1通のメールを渡す。

続けて「パソコンに残ってた。浅羽社長が、エクサゾンの都築部長に送った、最後のメール。あんなやり方じゃななくて、きちんと話をすべきだった。あなたと、あの人が手を組めば、もっといい会社になったハズ。」と訴える。

神子は「このメールに、都築部長からの返信はあったのか?」と尋ねると一岡は「ないけど。」と答えたため「なら話にならない。」と神子は切り捨てる。

そして神子は、混乱しているスイーツ課に一岡が戻りたいなら、引き留めないと告げるのだった。

里保と樹木の進み方

その頃里保は、スイーツ課で「極上パンプディング」の企画案を考えていた。

休んでいてもいいからと話すスイーツ課のみんなに、里保は「むしろ仕事してる方が、気が紛れて楽なんです。それに、こんなことで腐ってたら、浅羽社長に申し訳ないから。」と告げる。

その頃樹木は、店舗研修と称してココエブリィ上目黒店で浅羽と一緒に働いていた。

樹木は商品を並べながら「この商品一つ一つに、たくさんの人が関わってるとか、たくさんの苦労があるって分かったら、レジに立つ気持ちとか変わるよね。」と口にし、「頑張って売ってくれたまえよ、浅羽君」と上から目線で浅羽の肩をたたくのだ。

浅羽の想いを受け継ぐ一岡

その翌日、一岡智子が課長補佐としてスイーツ課に戻って来た。

一岡は、浅羽が都築部長へと送ったメールをみんなに見せ「浅羽社長は、売却を思いとどまろうとしてた。」と告げる。

「最近ものづくりへの想いをよく口にしてたの。コンビニは特別な場所じゃない。いつもそこにある日常だからこそ、日々の幸せを感じられる場所にしなきゃいけないって。」と伝える。

一岡は、スイーツ改革は浅羽の功績だと言い、改革はいずれ必ず復活させることをスイーツ課のみんなに誓うのだった。

ココエブリィの新たな道を進む神子

その後ココエブリィ上目黒店で働いている浅羽を里保が訪ね、売却をやめるメールが残っていたこととちゃんと説明すれば神子も分かってくれたと思うと話す。

浅羽は「売り飛ばそうとしたのは事実だからな。」と言い、ここで働いてみたら毎日が面白いと感じ「この制服がなじむまで働いたら、今まで見えなかったなにかが見えるんじゃないかって気がして。」と告げる。

そんな中テレビのインタビューを受けていた神子は、レジの無人化や24時間営業を廃止する店舗裁量性などを導入したとし、現場思いをアピールしていた。

神子社長代行の方針により、福利厚生が充実したココエブリィ上目黒店では、車を持っている浅羽を運転手とし、店長の上杉とアルバイトのスー、碓氷とで次の土日に温泉へ研修に行くことになった。

そんな中、新商品のパンプディングは、方針転換に対応した里保の商品が採用された。

一方浅羽の方針を変えずにパンプディングの試作品を作った樹木に、神子社長代行は「浅羽君はもういない。この会社にいたければ、素直に従いなさい。」と告げる。

樹木は「よくわかんないけど、私を拾ってくれたのは、社長だから、私は、社長の想いを守ります。」と神子に告げ去って行った。

温泉研修旅行にて

温泉旅行研修当日、スーに誘われ参加することになった樹木は、浅羽の隣・助手席に座らされる。

一方里保は、新谷の父親が、持病で店に立てないために、新谷の実家のお店に、ケーキ作りを手伝いに来ていたのだ。

その頃温泉に着いた上目黒店一行は、夜食の買い出しにスーパーへ行くと、高齢者施設の職員が入居者に代わって買い物に来ていた。

溢れんばかりの買い物をしていた施設の職員は、入居者の人が年を取って買い物に来るのが大変になったため、まとめ買いしているというのだ。

その後温泉を楽しんだ樹木がお土産屋さんで見かけた、クリスマスツリーのスノードームが可愛いと浅羽に言うと、浅羽は「買えば」と口にする。

樹木は「自分で自分に?お土産?なんか寂しいじゃん。」といい、結局買わずにご飯へ行く。

新谷の実家を手伝っていた里保

その頃、実家の店で働いていた新谷に、碓氷から浅羽や樹木たちと楽しく食事をしている写真がLINEで届く。

その写真を見て新谷と里保は驚くが、新谷は「俺が樹木ちゃんの予定を聞かなかっただけで、別に内緒にされたわけじゃないだろうし、逆に、俺たちが今、一緒にいることを、向こうにも行ってない訳だし、お互い様ってヤツだよ。」と強がりを口にする。

里保は「拓実が、職場のつきあいで温泉入って、宿に泊まって、みんなでご飯…。信じられない。樹木ちゃんといる時の拓実は、私といる時と全然違う。なにか、もっと、心を開いているように見える。」と話す。

「ほら、樹木ちゃん、そういうとこあるじゃん。人の心をこじ開けるような…。樹木ちゃんって、拓実の事、どう思ってるんだろう。」と里保は心配するのだ。

花火のあと

食後、上目黒店のみんなで花火を楽しんだ後、浅羽は売店で樹木が欲しがっていたスノードームを「バイトの大先輩に、色々教えてもらったお礼。」といいプレゼントする。

「ありがとう」とお礼を告げる樹木に、浅羽は「だんだん俺の中で、やりたい方向が見えて来た。移動式コンビニってのはどうだ。オフィス街やマンション前やニーズに合わせて都内を移動する。日常を運ぶんだ。」と樹木に語る。

そして「俺が思い描く未来のコンビニの形は、同じような店構えじゃなく、店舗によって個性を持ったコンビニだ。都内にコンビニの移動販売車を走らせれば、普段忙しく働いている人にとっても、新しい買い物体験を提供できるんじゃないか。ワクワクする…だろ。」と楽しそうに話すと、その案を歓迎するかのように雪が降り始めてきたのだ。

その後「寒いな、そろそろ戻るか」と告げ、戻ろうとする浅羽の腕をつかんだ樹木は「戻ってよ…、社長に。そこまで考えてるなら、戻ってよ。」と気持ちを伝える。

そんな樹木に、浅羽は「君に、伝えなきゃいけないことがある……。 あの日、言ったよな、俺に……、好きだって。」

『この恋あたためますか』6話感想・まとめ

えっ、マジか!? ……車の中にいたから、浅羽には聞こえていないと思っていたけど、浅羽が去る時、樹木が口にした「ねえ、社長!好きなの!」という叫びを、しっかり聞いていたとは…

まあ実際あれだけ大声で叫んでいたら、いくら車の中とはいえ、聞こえるだろうね。

浅羽の気持ちは?

それでも無視して走り去ったというのは、樹木に全く興味がないか、解任のショックで心に全く余裕がなかったかのどっちかなんだろうな。

おそらく、樹木が浅羽の部屋を訪ねた時に、浅羽が強がっているのを見抜いたことからも、あの時は解任のショックで心に余裕がなかったんだろう。

実際浅羽は樹木のことを、チンアナゴみたいで見ていて飽きないって言っていることからも、全く興味がないというワケでもなさそうだし、樹木に振り回されつつも、結局上目黒店で働いているワケだから。

四角関係はつづくよどこまでも

こうなってくると、問題は里保と新谷だけど、新谷は樹木が浅羽に好意を抱いていることは気付いていそうだし、なんとなく負け戦だってことも自覚していそうな感じだし。

しかし里保は…

それでも前回浅羽は、…確かに樹木に好きと言われる前だとしても…、確実に里保を選んでいたんだから、急激に樹木に心変わりするとも考えにくいね。

もし仮に浅羽が、樹木は若過ぎておじさん扱いされそうだから里保にした(ありえないけど)っていうのなら、そんなこともあるかもしれないけど、浅羽はそんなタイプじゃないだろうし…

やっぱり、浅羽は樹木をチンアナゴのように、見ていて飽きない存在としてしか、見ていないのかなぁ。

なんか樹木の方が、浅羽のいろいろな殻を突き破って、成長させてくれそうな気がするんだけどねぇ。

でも次回のあらすじを見る限り、コンビニの新しい形をスタートさせ、浅羽と里保が一緒に働くようだし、新谷も樹木との関係を前進させようとするみたいだし…

はたして浅羽はどんな結論を出すのか?って、おそらく最終回まで引っ張るんだろうなぁ…

新谷が父の店を継ぐ方法?

それよりも、なんか今回のエピソードを見ていて、新谷は樹木より里保の方がタイプ的に会っているような気がするんだけど。

新谷が「自分にはアイディアを出す能力がない」って樹木に言えないのは、それが樹木に対するコンプレックスになってるからじゃないかな?

だとすると、新谷が樹木と付き合ったとしても、チクチク新谷のコンプレックスが刺激されるだろうから、長続きしないんじゃないかな。

また里保も浅羽には、自分の思いを上手く伝えることができないようなので、お互いなんでも言える新谷と里保の方が相性がいいような気がするんだけどなぁ。

そうすれば、限られた条件の中で上手くアイディアを出す里保と、作る技術に長けた新谷とで、父親の店の跡も継げてバンバンザイだと思うんだけどね。

まあこればっかりは「制作陣にしか、どうこうする力がない」ので、我々視聴者としては、次回以降も楽しく見守るしかないですね。

7話あらすじ・ネタバレ感想はこちらから

『この恋あたためますか』7話ネタバレあらすじ感想、コンビニカー始動!
浅羽と樹木が一緒に温泉研修旅行に出かけたことがなんとなく面白くない新谷は、自分が週末 里保と一緒にいたことを浅羽に告げ、「俺のことムカつかない?」と尋ねるが、浅羽は「全然。」と答え「お前は何...

全話あらすじ・ネタバレ感想は以下より。

TBS火曜ドラマ『この恋あたためますか』(恋あた)登場人物・キャスト1話から最終回まであらすじネタバレ感想
引用:火曜ドラマ『この恋あたためますか』|TBSテレビ TBSの火曜ドラマ枠で10月20日より、主演・森七菜さん演じる主人公の、夢破れてコンビニで無気力にアルバイトをしている井上樹木と、...

『この恋あたためますか』7話 予告・あらすじ

勢いで伝えた「好き」の言葉が、実は浅羽(中村倫也)に聞こえていたことを知り、さらに浅羽から「伝えなきゃいけないことがある」と言われ、動揺する樹木(森七菜)。

そんななか、ココエブリィ上目黒店では、温泉への研修旅行で浅羽が思いついた「コンビニの新しい形」がスタートした。だが、そこで働く浅羽と里保(石橋静河)の姿を後から知った樹木は、気持ちを切り替えようとする。

一方、一向に変わらない樹木との関係を前進させるべく、新谷(仲野太賀)はある決心をする。

引用:https://www.tbs.co.jp/koiata_tbs/story/

『この恋あたためますか』見逃し動画配信サービス

『この恋あたためますか』の見逃し配信及び、スピンオフドラマ『その恋もう少しあたためますか』の配信はParaviでどうぞ。

Paravi(パラビ)の評判は?長く使っているからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。 また、...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

Paraviの詳細や無料体験はこちらからどうぞ
Paraviを試す

コメント

タイトルとURLをコピーしました