『恋する母たち』8話ネタバレあらすじ感想。この先が読めない。おそるべし大石静!


引用:金曜ドラマ『恋する母たち』|TBSテレビ

杏と斉木は、研とまり、優子と斉木の大学時代の同期・橋本完を呼び、ささやかながら結婚式を挙げた。

一方、少し酔って帰って、横になっているまりに、色気を感じた繁樹は…

ここでは『恋する母たち』8話のあらすじ、ネタバレ感想などを紹介していきます。

7話ネタバレあらすじ感想はこちら

404 NOT FOUND | better lifee – 『海外・国内ドラマ情報局』
海外ドラマ・国内ドラマのあらすじ、ネタバレ感想、動画配信サービスのおすすめ比較などをご紹介します。

『恋する母たち』8話あらすじ

杏(木村佳乃)と斉木(小泉孝太郎)が結婚した。

週刊春潮を辞めた斉木は、一級建築士を目指している。

犬を飼う生活に憧れていた杏は、彼の家で犬と一緒に幸せな新婚生活をスタートさせ、息子の研(藤原大祐)は、自分の意思で慎吾(渋川清彦)と綾子(夏樹陽子)と一緒に暮らすことに決めた。

まり(仲里依紗)は綾子の会社のストーン・ビューティーのモデルとして、通販番組「お買い物チャンネル」で活躍していた。

イキイキと働くまりに繁樹(玉置玲央)は、妻の魅力を再認識するが、まりの心には丸太郎(阿部サダヲ)しかいなかった。

そんなまりは、意を決して丸太郎に衝撃的な提案をする。

一方、千葉での仕事も順調な優子(吉田羊)のもとに与論島にいるシゲオ(矢作兼)から「大介を題材にした新しい小説を書き始めた」と連絡が入った。

さっそく読んだ優子は嬉しさのあまりシゲオに電話をすると、大介(奥平大兼)とも久々に会話をする。

ぶっきらぼうながらも正月に会う約束をした2人は、少し距離が縮まっていた。

その頃、綾子の会社で働き始めた慎吾にはある変化が。

そして、杏と斉木、まりにも新たな転機が訪れる…。

物語は2020年に。母たちの新しい生活が始まろうとしていた。

引用:https://www.tbs.co.jp/koihaha_tbs/story/8.html

『恋する母たち』登場人物・キャスト


石渡杏 / 木村佳乃
林優子 / 吉田羊
蒲原まり / 仲里依紗
斉木巧 / 小泉孝太郎
今昔亭丸太郎 / 阿部サダヲ
赤坂剛 / 磯村勇斗
石渡慎吾 / 渋川清彦
石渡研 / 藤原大祐
石渡綾子 / 夏木陽子
林シゲオ / 矢作兼
林大介 / 奥平大兼
蒲原繁樹 / 玉置玲央
蒲原繁秋 / 宮世琉弥
斉木由香 / 瀧内公美
有馬ひとみ / 結城モエ
山下のり子 / 森田望智

登場人物の詳細はこちら

404 NOT FOUND | better lifee – 『海外・国内ドラマ情報局』
海外ドラマ・国内ドラマのあらすじ、ネタバレ感想、動画配信サービスのおすすめ比較などをご紹介します。

8話ゲスト

橋本完 / 本多力

造形美術館やパリのテアトルド・セーヌを設計したことで有名な建築家。斉木の大学時代の同期。

犬飼洋一 / 永野宗典

千葉にある居酒屋チェーン店「房総酒場」の店長

『恋する母たち』8話ネタバレ

結婚式場を後にし、カフェへ行った優子は、まりに「斉木さんって人は、ちょっと気難しいわよねー。さっきも私たちが、一生懸命盛り上げてるのに、うるさそうな顔して。何だよこいつって思っちゃった。」と斉木の面倒くささを見抜いたが、まりは全く気にも留めていなかった。

まりの選択

その後家へ帰ったまりの姿を目にした繁樹は、ベッドに横になっていたまりに「こんなに色っぽかったなんて忘れていたよ。」とまりに覆いかぶさる。

繁樹の腕の中で《別れたいのに…》と強く思ったまりは、その翌日丸太郎に会いに行ったのだ。

ここからネタバレの続き

続きを読む

高座を終えた丸太郎は、道の片隅で待っていたまりを自宅へ招いた。

まりは思い詰めた表情で、丸太郎に「温泉の続きをして欲しいの。」とお願いする。

「プロポーズOKってこと?」と尋ねる丸太郎に「それは夫が立ち直ってから」と言い、「どうしても、今して欲しいの。」と訴える。

そして「今、今、今、今」と言って譲らないまりに、丸太郎は「分かった、よしっ、やろう!。」とまりの申し出を了承するのだ。

まりの妊娠

2019年12月24日、まりからの「妊娠しました。」というメッセージを見た丸太郎は、まりに「今、大丈夫?」と電話をする。

「うん」と答えるまりに「子供できたんなら、これからのこと、ちゃんと相談しよう。いつなら会えるの?」と尋ねる丸太郎に、まりは「離婚が成立するまで、会うことはできないわ。」と話す。

丸太郎は「それだと子供生まれちゃうじゃないの。」と話すが、まりは「離婚するまで会えない」の一点張りで「離婚できたら、丸太郎さんのとこに行くから、浮気しないで。」とお願いするのだった。

その後自宅へ帰ったまりは、繁樹に「私、妊娠したみたい。」と告げる。

驚いた繁樹は「俺って百発百中だな。今度は子育ても楽しんでみたいな。」と話すのだった。

杏と優子に真意を告げるまり

その翌日、カフェで杏と優子に「杏ちゃんの結婚式の夜、夫に無理やりされちゃって。危ない日だったから、すごく不安で。次の日、丸太郎さんにお願いして、してもらったの。」と伝える。

そして「もし妊娠したら、丸太郎さんの子供だと思って、育てたいから。」とまり。

「でもご主人は自分の子供だと思うわよね」と話す杏に、まりは「仕方ないでしょ。」と話す。

そんなまりに「その状況、重くない?」と優子が訪ねると「優子さんだって、違う人の子を、旦那さんに育てさせてたじゃない。」と告げる。

まりは「私ね、恋愛するのも好きだけど、子供を産んで育てるのが、一番好きなの。だから、一番好きなことを、一番好きな人としたいの。」と訴えるのだった。

杏の妊娠

そんな中、杏の様子がおかしくなり、どうしたのかと2人が心配していると、杏も「私も妊娠したかも。」と伝えるのだ。

その後病院で検査を受けた杏は、まりに「やぱりそうでした、予定日、8月29日」とメッセージを送ると、まりから「おめでとう」というスタンプと「私の予定日は、8月23日。同い年だね。」と返信が届くのだった。

走って帰って来た斉木は、杏の妊娠を喜びながら「俺、叔父の家に預けられて育ったから、親の優しさや、家族の温かさとか、そういうの全然知らないんだ。初体験だな。」と話すと、杏はそっと後ろから斉木を抱きしめるのだった。

新年を迎えた優子

2020年元旦、優子は久しぶりに夫・シゲオと息子の大介と共に、おせちを囲んで3人で新年を祝っていた。

シゲオは「離れて暮らすこと決心したから、こんな仲良しなお正月迎えられたんだな。人生って不思議だな。」と告げる。

優子は「そうね。」と答え、3人で一緒に楽しく食べるのだった。

その後暫くすると、シゲオは優子に離婚届を差し出し「送っても良かったんだけど、会って話した方がいいかなと思って来たんだ。正式に別れたほうがいいよね。」と告げる。

優子は「そうね。」と答え、大介の親権は優子に、大介はシゲオと一緒に与論で暮らすことが決まったのだ。

その日の夜、優子は《もっと早く離婚してたら、私は赤坂君と、一緒になっただろうか?》と思うが、大介の寝顔を目にし《それはないな。》と思うのだった。

一方過去を思い出した慎吾に、研は「思い出したの?」と尋ね「よかったね。」と話すが、慎吾は「よかったのかどうかは、分からないよ。胸を張れるような、過去じゃないから。」と答えるのだった。

まり、自らテレビ番組を降板する

そんな中、まりが繁樹の妻だと知った視聴者から、綾子の番組に「蒲原まり、最悪、嘘つき性悪女」「蒲原まり、もう出るな」「嘘つきセレブ妻が紹介する商品なんて、買う人いないでしょ。」と次々と苦情が届いた。

その日の売り上げも3分の1以下だった責任を感じ、綾子からは引き留められたものの、まりは番組を降板し、契約も終えてしまった。

家に帰り、番組を辞めたことを繁樹に報告し「私…、自分のこと、強いって思ってたけど、意外にヘタレだった。」と口にする。

「俺も、そうだよ。」と繁樹は話し、秋までは贅沢しなければ、貯金でやっていけるから家にいろと伝えるのだった。

突然杏を襲った不幸

その日、杏が家へ帰ると斉木は早くもベビーベッドを用意していた。

その翌日、仕事を終えて家へ帰ろうとしている時、杏のお腹に激痛が走り不正出血をしたのだ。

斉木の元に、高根不動産の高根から連絡が入り、斉木は病院へ迎えに行く。

杏を家に連れ帰った斉木が「お酒でも、飲もうか?」と声を掛けると、杏が声を出して泣き出したため、斉木は杏を後ろから優しく抱きしめるのだった。

緊急事態宣言解除後の杏

5月に緊急事態宣言が解除となったのちの6月3日、都内で東京アラートが発動された。

その日買い物へ行こうとする杏を、リモートで仕事中の斉木が引き留め、「君まで失いたくない。」と買物を禁じた。

斉木の言動に違和感を感じた杏は、優子に電話して「私が外出するのは絶対ダメだっていうの。自分はは1日に5回も犬の散歩に行くのに。」と告げ、何かが変だと話す。

話を聞いた優子は、自分が車で迎えに行くから千葉へ遊びに来ないと杏を誘う。

千葉へ遊びに行った杏は、房総酒場へ行って、新鮮なお刺身に舌鼓を打つのだった。

その頃、東京の本屋で剛が、シゲオの書いた「エシャロット」を買って会社へと戻った。

その本を見た有馬は「それ、林さんのご主人の本?まだ気にしてるのね、林さんのこと。」と告げるのだ。

東京へ戻った杏

東京へ戻った杏が、斉木に「ただいま」と声を掛けると「帰ってこないのかと思った。」と告げる斉木。

「なんで?斉木さんのとこしか帰る場所はないのよ。」と杏が話すと「ずっと一人で生きて来たから、守るものができて嬉しかったけど、不安にもなった。そしたら子供が死んで、コロナの世界になって…。もう、どうなるのかも分からない。俺って、以外に弱いんだ。」と口にする。

そんな斉木を杏は精一杯慰め、「二人で助け合いながら、ゆっくり歩いて行こう。」と伝えるのだった。

優子と剛のリモート通話

そんな中、優子が家へ帰り、パソコンを立ち上げると、剛からリモートの通知が来ていた。

優子はメイクをし、メガネをかけて通話を開始し「赤坂君、どうしたの?」と尋ねると、剛は「林さんの顔を見て話したいと思ったんです。こんなご時世で、本社に来ることも当分ないと思ったんで。」と告げる。

「顔を見て話したい事って、何?」と優子が訪ねると「エシャロット読みました。面白かったです。林さんらしい人も、僕らしい人も出てきて、驚きました。」と剛。

「不愉快だったら、ごめんなさい。」と優子が謝ると、剛は「いいですよ、僕達にしか分からないことですから。」と告げる。

優子が有馬とのことを訪ねると、剛はダラダラ付き合ってる感じだと言い、続けて優子の家族のことを訪ねる。

優子も変わりがないと告げ、以前のアドバイスのお礼を述べて、結局離婚したことは離さずに通話を終えたのだ。

その頃いつものバーで丸太郎が飲んでいると、斉木がやってきてジントニックを頼み「どうされてました?」と尋ねる。

丸太郎は「好きな女に、子供ができたよ。でも会えないの。子供ができたのに、今が一番遠く感じるよ。」と告げる。

繁樹の公認会計士試験合格発表日

2020年10月、まりは男の子を授かっており、「創」(はじめ)と命名していた。

その日は夫・繁樹の公認会計士試験の合格発表日で、繁樹は余裕の表情で「俺、生まれてこの方、試験ってものに落ちたことない。」と言いながらパソコンで合格者をチェックする。

やがて繁樹は「受かったよ。」と口にし「これで、この家を出られるな。どこに住みたい?」とまりに訪ねる。

その時、まりはおもむろに夫・繁樹に告げる。

「離婚して!あなたが立ち直った日に、言おうと思ってたの。離婚してください。」

『恋する母たち』8話 まとめ・感想

いやあ、まりの妊娠をまさかこういう風に描いていくとは、予想外の更に外側でした。さすがは大石静さん(゚Д゚;)

まりの感想

蒲原家が北海道で暮らしていない時点で、原作とは変えてくるとは思っていましたが、こういうエピソードに仕上げて来るとは…

とりあえずは多くの視聴者の願い通り、夫・繁樹に対して離婚を切り出すことができて、ひとまずホッとしたけど、繁樹がそんな簡単に離婚に応じるワケはないだろうね。

優子の感想

一方の優子は、結局シゲオと離婚して、大介も与論で暮らすことになり、剛に対しても離婚したことを告げずに、結局一人で生きていくことを選んだようですね。

まあシゲオと離婚したばかりだし、大介との関係も取り戻せそうなこの時期に、また恋を選んで更に自分を不利な道に追い込んでいくようなことはさすがにしないでしょうね。

ところで、剛がシゲオの本「エシャロット」を買ってきたのを見かけた有馬ひとみが、すぐに気づいてたね。

ってことは、有馬ひとみも優子のことを気にしてて、夫・シゲオの新刊もチェックしてたってことだよね。

まだまだ優子と剛との関係が、不安で不安でしょうがないんだろうね。

まあ、優子と剛もお互いまだ思いが残っているようだから、しょうがないんだろうけど…

杏の感想

さて、前回斉木と結婚したことで、この先すっかり落ち着いて、もう主人公であることを忘れ去られるんじゃないかと思っていた杏だったけど、さすがは大石さん、ただでは終わらせなかったですね。

原作通り、犬を飼っておしまいかと思ったら、妊娠して流産させるとは…

斉木を変なヤツにするだけじゃなく、杏にも不幸をもたらすとは、大石静さんおそるべし。

しかも、記憶を取り戻した慎吾が、杏の住む部屋の外にいたのもなんか不気味な予感がするしで、まだまだ最終回に一波乱も二波乱もあるのだろうか。

全話ネタバレあらすじ感想はこちら

404 NOT FOUND | better lifee – 『海外・国内ドラマ情報局』
海外ドラマ・国内ドラマのあらすじ、ネタバレ感想、動画配信サービスのおすすめ比較などをご紹介します。

『恋する母たち』9話あらすじ

杏(木村佳乃)は斉木(小泉孝太郎)と幸せな結婚生活を送りながらも、小さな気持ちのすれ違いに悩んでいた。杏は斉木の考えていることがわからず、斉木は自分の感情をうまく伝えることができないでいた。そんな中、ある出来事が起きてしまう。

一方、まり(仲里依紗)は、夫の繁樹(玉置玲央)が公認会計士の試験に受かり、仕事のめどが立ったところで離婚を切り出す。これまで抑えていた思いをぶつけるまりに、繁樹は動揺する。しかし、元不倫相手・のり子(森田望智)の話を思い出し、まりと丸太郎(阿部サダヲ)の調査を依頼する…。

杏と優子(吉田羊)とまりは、いつもの喫茶店で話をしていた。
まりは離婚話が難航していること、しばらく会っていない丸太郎の気持ちが離れているのではないかと不安に思っていることを2人に明かす。すると、優子から家を出て丸太郎のところに行くよう助言されるのだった。

数カ月後、優子は社長から取締役の内示を受ける。喜びを真っ先に伝えたのは与論島にいるシゲオ(矢作兼)だ。息子・大介(奥平大兼)をモデルにした小説「エシャロット」が大人気のシゲオは、優子の出世を心から喜び、東京で食事をご馳走すると約束。その後、宣伝部に立ち寄った優子は、元部下の有馬(結城モエ)から「赤坂(磯村勇斗)と結婚する」と告げられる。

ある日、杏が働く高根不動産に慎吾(渋川清彦)が現れる。
さらにそこに斉木もやって来て…。

引用:https://www.tbs.co.jp/kiwadoifutari_TBS/story/

『恋する母たち』見逃し動画配信サービス

『恋する母たち』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

404 NOT FOUND | better lifee – 『海外・国内ドラマ情報局』
海外ドラマ・国内ドラマのあらすじ、ネタバレ感想、動画配信サービスのおすすめ比較などをご紹介します。

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

Paraviの詳細や無料体験はこちらからどうぞ
Paraviを試す

コメント

タイトルとURLをコピーしました