『#リモラブ』8話ネタバレあらすじ感想。美々の家に泊った青林と美々のストレス


引用:#リモラブ ~普通の恋は邪道~|日本テレビ

美々に「男の人みんながみんな、濃厚接触することがゴールだと思ってるとしたら、そんなことないですよ。手つないで寝るだけで、めっちゃ幸せだったりする。」と告げた青林。やがて2人は手をつないだまま眠りに落ちる。

翌朝美々が目覚めると、青林は既に帰ったようだが、美々は手をつないで寝たことに喜びを感じていたのだ。

それでは、『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』8話のあらすじ、ネタバレ感想、ゲストなどを紹介していきます。

7話ネタバレあらすじ感想はこちら

『#リモラブ』7話ネタバレあらすじ感想。美々と青林に濃厚接触はあるのか?
「好きに決まってるじゃないですか」と青林が美々に伝え、2人は付き合うことになり、モーニングデートをするようにまでは進んだ。 しかし、2人の仲は一筋縄でいくような、そんな甘いものではなかった。...

『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』8話あらすじ

初めて打ち解けた会話ができた美々(波瑠)と青林(松下洸平)は、順調な日々を送っていた。

この日々がずっと続いてほしいと思う美々は富近(江口のりこ)から恋愛を終わらせないために結婚があると聞く。

それなら「結婚…してもいいかなァ」

そんな中、朝鳴(及川光博)に出世コースへの異動の話が舞い込む。

一方、八木原(髙橋優斗)もいよいよプロポーズをすることになり…。

青林の父が幼馴染との結婚をまとめるため再び来るという。

美々は青林が昔、好意を抱いた幼馴染に嫉妬する。

しかしやって来たのは叔母の典子(石野真子)だった。

美々を恋人だと紹介する青林だったが、典子は幼馴染との話を断るための嘘だと疑う。

そんな結婚をめぐる騒動の中、ストレスを溜めた美々にある異変が起きる。

引用:https://www.ntv.co.jp/remolove/story/08.html

登場人物・キャスト

大桜美々 … 波留
青林風一 … 松下洸平
五文字順太郎 … 間宮祥太朗
八木原大輝 … 高橋優斗 (HiHi Jets…ジャニーズJr.)
岬恒雄 … 渡辺大
朝鳴肇 … 及川光博
朝鳴保 … 佐久間玲駈(ジャニーズJr.)
我孫子沙織 … 川栄李奈
富近ゆり … 江口のりこ
深杉明彦 … 今井隆文
駒寺夏樹 … ついひじ杏奈
乙牧ひろ吉 … 西堀亮(マシンガンズ)
乙牧栞 … 福地桃子

詳しい登場人物やキャストについてはこちらをご覧ください。

『#リモラブ 普通の恋は邪道』あらすじ・登場人物キャスト、新型コロナ時代の新たな恋の形
日テレ10月の水曜ドラマは、舞台が半年前の「コロナパニック」という、全世界に新型コロナウイルスが蔓延しているこんな時ならではの物語がスタートします。 物語の主人公・大桜美々を演じるのが...

『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』8話ネタバレ

美々が目覚めると、青林の姿が既になかったため、もう家に帰ったと思った美々は、一人青林とのキスに備えてクッションを相手にキスの練習をしたり、青林に見立てたクッションに「風一、ふーすけ、ふーちゃん、ふーち」などと呼びかけていた。

そこに、買い物に出ていた青林がそっと帰って来ていて、青林の姿に気付いた美々は「忘れて! 忘れて 今のは。幻だったということで、ひとつ…。」と訴えるのだった。

青林の叔母・典子が美々の家へ

それから数日後、青林の父に会うため出かけようと準備していた美々の家に、突然青林の叔母・青林典子が訪ねてくる。

美々を見た典子は、こんなフランス料理みたいな人が青林の彼女なワケがないと、青林がいくら言っても、美々が彼女であることを信じない。

《これは…、男の人を食べ物に例え、自らをフランス料理だといって、いい気になってた天罰だ。》と思った美々は、典子に「私、本当に青林さんとお付き合いさせてもらってます。」と話す。

すると典子が「青林さんなんて、よそよそしい呼び方して。」と増々疑いを深めて行ったため「ふーち!ふーちとお付き合いしてます。ねぇ、ふーち。」と呼ぶのだった。

ここからネタバレの続きです

続きを読む

しかし、そんな付け焼刃的な呼び方が通用するはずもなく、「ウソっぽい」と典子に信じてもらうことができない。

ドツボにはまる美々

そこで美々は「私は産業医で、医者は医者ですが、そんな恐れ多いなんてことはなく、ただ子供の頃から、非常によく勉強ができただけです。」と告げる。

しかし言ってしまったあと、美々は《しまった…、これは自慢だ。》と心の中で反省するのだ。

なんとか挽回すべく、話を続ける美々。

「実家が大きな総合病院をいくつか、経営しておりまして…。」

心の声《これも自慢だ…。》

「あ…、姉夫婦が、その跡を継いでおりまして。5歳上の姉は、とても優秀で、私は何をやってもかなわなくて、唯一ギャフンと言わせることができたのは、ミスコンで優勝した時だけです。」

心の声《また自慢だ…。》

「モデルにスカウトされたこともあり…。」

心の声《これも自慢だ~。》

「ともかく、ともかく、私はそんなフランス料理なんてことはなく…。」

典子に付き合ってることを信じてもらおうとする美々

それでも「高そうなお洋服を着てるじゃないの」と話し、信じようとしない典子に「普段はこんな格好じゃないんです。着替えてきます。」と告げ、普段着に着替える美々。

そんな美々に、典子は「じゃあ、一緒にお風呂に入ったりしてるわけ?」とか「風呂上りの神をドライヤーで乾かしてあげたいっていう夢も?」「おそろいの腹巻がしたいっていうのも?」など次々と青林の夢を無茶ブリしてくる。

美々がそれらの話を次々とOKしていったことで、ようやく典子は信じる気になったのだ。

典子対青林

それでも典子は美々に対し「あなたみたいな方、風一がこれまで好きになったタイプと、全く違うんだもの。」と言い、青林の幼馴染の雪ちゃんが地域のためにどれだけ活動しているのかを伝える。

そして「雪だるまみたいにプックプクで、鈴の音みたいにころころと可愛い声で良く笑う。穏やかで物腰柔らかで、風一と良く似てる優しい子よ。風一と、お似合いだと思うのよねぇ。」と話す。

さらに「雪ちゃんとなら、温かい家庭を築けると思うの。」と話す典子に、青林は「そうだね、うん。そうかもしれない。自分とよく似た人とお付き合いする方が、いいのかもしれない。」

「でも…、典子さん…。僕は彼女といると楽しい。元々、産業医の先生として出会ったワケじゃなくて、立場とか職業とか、見た目とか、そういうの関係なく、SNSでね。」

「一人の人間として出会って、やりとりして、そっから実際にお付き合いが始まったのは、ホントにもう、ここ最近のことで。」

「自分とあんまり似てないから。自分と違うから、会うたびに惹かれるし、会うたびにもっと一緒にいたいって思う。」

「前に彼女が僕のことを、いつからか、一日に1回は必ず、今日も好きだったなぁって、そう思うようになったって、言ってくれたことがあって。」

「僕は、今一日に1回は必ず思うよ。ああ、今日も会いたいなぁって。」

「朝、起きた時とか、バス停で、バスぼんやり待ってる時とか、夜、寝る前に、窓から空を見上げた時とか。会いたいなぁって、どんどん思う。すっごく思う。」

「めちゃくちゃ好きになってると思う。だから他の人は考えられない。結婚は彼女以外、考えられない。」

「僕にとっては、フランス料理じゃないし…。大桜美々だし…。お似合いかどうかは、僕が決める。」

その大林の真剣な訴えに、典子は「うん…、そうだね。分かったOKです、ごちそうさまでした。」とようやく納得したのだった。

美々に異変が

その日の夜、お風呂上がりの美々は《一緒にお風呂に入るのは、正直、勘弁して欲しいけど、お風呂上がりの髪の毛を乾かすのは、今度やらせてあげようっと。》と心の中で呟き、ドライヤーで髪の毛を乾かしていると頭に違和感を感じる。

美々が、その違和感を感じた場所を鏡に映してみると、頭に円形脱毛症が出来ていたのだ。

美々は青林に電話するのだが、円形脱毛症のことは言えなかった。

そこで口では言いにくいことをSNSを使って話すことを提案し、クリスマスまで3回だけ使うことを決めたのだった。

その後SNSを開いた美々は《何か、すごい久しぶりな気がする…。どうしよう》と思い、青林に「今日はどうもありがとう。大好きだよ。」と送り、結局円形脱毛症のことは言い出せなかった。

そのメッセージを見た青林も「うん、僕も大好きだよ。おやすみなさい。」と返信するのだった。

五文字から会社のトラブル連絡が

その時、五文字から電話が入り、予防教室の申し込みが今年はペーパーレスになったことを忘れていたので、印刷した用紙が全部無駄になったという報告の電話が入る。

連絡を受けた美々は、自分もそのことを忘れていたので、個人情報書類を責任持って処理しないとと、円形脱毛症隠しに帽子をかぶって出社し、五文字と一緒に書類をシュレッダーにかけ廃棄処分をする。

作業が終わり、マスクかぶれでマスクができない五文字に、美々は肌に優しいマスクを渡して帰ろうとすると、五文字は「マスクすると美々先生に近付いちゃいますよ。」と話す。

そして「近付いて、大丈夫?って言っちゃう。無理してないですか?って聞いちゃう。距離、あった方がいいですよね。それとも…、、マスクしてもいいですか?」と告げる。

その言葉に、美々はなにも答えることができずにどぎまぎしてしまう。

その時、八木原が「美々先生!僕も手伝います。」と飛び込んでくる。

既に作業が終わっているのを見た八木原は「ちょっと聞いてくださいよ。」と話し始め「僕、プロポーズ、断られたんです。もう一体、どういうことだと思いますか?どうなる?バカップル!」と訴える。

しかし、部屋の空気感が違うことを感じ取った八木原は何があったのかと疑問を感じるのだった。

『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』8話 感想・まとめ

えーっ、ようやく青林との仲が典子に認められたと思ったら、また五文字が割って入って来るのかい???

美々のストレスについて

ちょっと精神的にやられて、円形脱毛症になった美々にとっては、五文字の言葉が心に沁みるんじゃないのかと気が気じゃありませんでした。

まあ、予告を見る限りはとりあえずは大丈夫そうですが…

確かに今回、青林の叔母・典子が現れて、偽の恋人じゃないかとか、幼馴染の雪ちゃんのこととか持ち出して、美々にストレスがあったのは当然だろうけど、1日くらいでそんなすぐに円形脱毛症が、大きくなるものだろうか?

むしろ、檸檬のことが好きになり、あれやこれや悩んだり、檸檬は誰だろうとか探し回ったり、五文字に檸檬は自分だと騙されてきた、これまでの事の方が、ストレスは大きかっただろうに。

その上、新型ウイルスの蔓延により、産業医にかかって来るプレッシャーは相当大きいだろうから、そのストレスも加わったんじゃないのかな。

むしろ、檸檬とのSNSでのやり取りは、そんな美々のストレスを和らげてくれていたと思うのだけど、その考えは間違ってるかな?

というか、謝ったとはいえ、美々を騙した過去がある五文字が、今更何をいっているのかという思いしかありません。

頼むからもう、周りの人たちは、美々と青林を温かく見守ってあげて欲しいものですね。

青林の私服の話

今回8話にして初めて人物紹介にあった青林が私服のセンスが悪いというエピソードが出てきたけど、腹巻以外にそんなにダサいということはなかったけど…

で、なぜか美々の家で、日中青林は私服だったけど、帰る時はまたスーツだった…

と言うことは最初から、お泊りするつもりで私服を持ってきていたのかな?いくら何でも美々と洋服のサイズが一緒で、美々の部屋着を借りてたってことはなさそうだしね。

富近先生と朝鳴部長

一方の、富近先生と朝鳴部長の関係も、順調に進みそうでなによりですが、朝鳴部長の昇進により保君との時間が取れなくなりそうなので、保君がちょっと可哀想かな。

にしても、富近先生にとって、誕生日にバラをもらうことがムズいことだということが、未だに理解できないんですけど…

それ以外に関しては、朝鳴に保のプレゼントに「新しいお母さんは」とか、今回も保君のことで「力になりたい。」とか言ってたし、随分前のめりになってますよね。

人物紹介欄でも、恋愛はするけど結婚についての願望はなさそうなんですけど、古くから知っている朝鳴は別なんだろうか?

もしかしたら、朝鳴が前の妻と結婚する前から好きだったとかなのかな?

我孫子沙織の影が薄い

一方今やすっかり影が薄くなってしまった青林の元カノの我孫子沙織ですが、結局彼女の恋愛観とかはもう置いてきぼりになるんでしょうか?

実際、Huluのオリジナルストーリー「恋愛進化論」を見ても、なんであんな恋愛観になったのか全然分からないし…。

今回は八木原の影も薄かった

ところで、最後に八木原のプロポーズが失敗に終わったというエピソードが飛び込んで来たけど、なんだかすっかり空気でしたね。

正直ここまで物語をけん引してきたバカップルなので、大きなエピソードのハズなのに、今回は断られる様子も映し出されませんでした。

次回にまとめてやるんでしょうが、ラストに自分で話した断られたエピソードが少しだけと、今回はちょっと可哀想でしたね。

次回

さて次回は、美々が自分のストレスについて正直に青林に打ち明けるようです。

まあお互いに何でも言える関係ってのは長い将来を考えたら、必要なことですが、今度は青林が抱え込みそうで…

まあ次回も何らかの問題が発生しないと、最終回が盛り上がらないだろうからしょうがないんですけどね…

9話ネタバレあらすじ感想はこちら

『#リモラブ』9話ネタバレあらすじ感想。青林の嫉妬に美々がキレる!?
引用:#リモラブ ~普通の恋は邪道~|日本テレビ 美々は今、誰にも言えない悩みを抱えていた。そして《私は、丸ちゃんのことで、頭がいっぱいなの。私は君を、円形脱帽賞の円形丸ノ助、通称、丸ち...

全話ネタバレあらすじ感想はこちら

『#リモラブ 普通の恋は邪道』あらすじ・登場人物キャスト、新型コロナ時代の新たな恋の形
日テレ10月の水曜ドラマは、舞台が半年前の「コロナパニック」という、全世界に新型コロナウイルスが蔓延しているこんな時ならではの物語がスタートします。 物語の主人公・大桜美々を演じるのが...

『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』9話予告・あらすじ

ここ最近の「無理」にストレスを感じた美々(波瑠)は、いろいろ抱え込むのを止めようと決意。正直に打ち明けた青林(松下洸平)からは優しく受け止めてもらい安心する。

しかし、実際のところ、青林は美々のストレスを知り動揺していた。五文字(間宮祥太朗)から「ちゃんと気づいてあげてる?」と先に注意もされていたのだ。八木原(髙橋優斗)がプロポーズを拒否された。 実はそこには、将来に関する問題があって…。

一方、出世話のあった朝鳴(及川光博)も、自身の将来に関する決意を固めるのだった。 そんな中、青林が「双子座流星群を見に行こう」と美々をキャンプに誘った。五文字から、そのシチュエーションはプロポーズが目的なのでは?と言われ期待する美々。だがその先には二人の関係を揺るがす最大の危機が待っていた…。

引用:https://www.ntv.co.jp/remolove/story/

『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』見逃し配信

『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』の見逃し配信はHuluでどうぞ。

Hulu(フールー)の評判は?長く使っているからわかる、メリット・デメリット
Huluは元々アメリカで誕生した動画配信サービスですが、現在は日テレの完全子会社が運営している日テレ系サービスということから、実際のユーザーによる評判やメリット・デメリット、海外版と違う...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

コメント