『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(ウチカレ)5話ネタバレ感想。漱石死亡フラグ?


引用:ウチの娘は、彼氏ができない!!|日本テレビ

今回は出だしから「ル~ルル ルルル ル~ルル♪」のテーマ曲と、玉ねぎ頭でおなじみの司会者が登場する、某テレビAの番組のパロディで始まった『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(ウチカレ)でした。

司会者はおなじみ玉ねぎ頭の浜辺美波さんで、今回のゲストは【Alexandros】の川上洋平さん。2人のデュエットまで披露してくれました。

ここでは、『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』5話のあらすじ、ネタバレ感想、ゲストなどを紹介していきます。

4話ネタバレ感想はこちら。

『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(ウチカレ)4話ネタバレ感想。渉先生と漱石の気持ち!
さて渉先生は、とある理由により付け鼻毛を付けて、空とのデートに臨んでいたことを空が知ってしまいました。 一方光は、空が無くしてしまったビー玉を再び取るため、ひたすらガチャを回していました。 ...

『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(ウチ彼)5話あらすじ

碧(菅野美穂)と漱石(川上洋平)の突然のキス!?……は空(浜辺美波)の帰宅によって未遂に終わる。

碧は、クールに距離を置こうとする漱石の本音をはかりかねるが……。

一方、空は漫画制作を通し、自然に光(岡田健史)に心を開いていく。

作品のタイトルが決められず悩む空は、碧の作品『アンビリカルコード』が『臍の緒』を意味することを光に聞き、初めて知る。

そんな中おだやでは、俊一郎(中村雅俊)が新しい恋人を連れて皆の前に現れる!その相手は、なんと漱石のストーカー彼女だった“サリー”こと沙織(福原遥)!

漱石との苦しくなるような恋に疲れた沙織は、年の離れた俊一郎といるとふんわりした気分になると語る……。

その夜。碧は空が寝静まった家で、一人鍵のかかった引き出しを開けていた。木箱の中には“臍の緒”が入っていて……。

翌日。空は渉(東啓介)との仕切り直し本格デートに挑む!緊張と楽しさで心がぐちゃぐちゃになる空。

そこに光から電話がかかってきて……。表面上は空の恋を応援する光だが、心の内では空への思いが募っていた……。

新刊企画の締め切りに追われる碧のもとには、ゴンちゃん(沢村一樹)が訪れる。

ネタが浮かばず苦しむ碧に、ゴンちゃんは大好きな空のことを書くべきだと勧めるが……。訳あって一人で空を育ててきた碧には、空には言えないある秘密があった。

いつかは話さないといけないと思っている碧だが……。

そんな中、光は、碧が抱える母娘の“秘密”に思わぬ形で近づくことに……!仲良し母娘に不穏な大波が降りかかろうとしていた!

引用:https://www.ntv.co.jp/uchikare/story/05.html

登場人物・キャスト

水無瀬碧(みなせ あおい) … 菅野美穂
水無瀬空 … 浜辺美波
入野光 … 岡田健史
ゴンちゃん … 沢村一樹
橘漱石 … 川上洋平【Alexandros】
小西 … 有田哲平(くりぃむしちゅー)
伊藤沙織 … 福原遥
小田俊一郎 … 中村雅俊
ケンタ … 中川大輔
ナオキ … 大地伸永
愛梨 … 長見玲亜
渉周一 … 東啓介
未羽 … 吉谷彩子

詳しい登場人物やキャストについてはこちらをご覧ください。

日テレ水曜ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』ネタバレあらすじ感想、登場人物・キャスト、相関図
日本テレビの水曜ドラマ2021年1月クールは、菅野美穂さん主演の『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』。北川悦吏子さん脚本のオリジナルドラマ。 少女のような天然母と、しっかり者のオタク娘による...

『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(ウチ彼)5話ネタバレ

碧の家でゴンちゃんと話をしている内に、小説のアイディアが浮かんだ碧はゴンちゃんを追い出して、一気にあらすじを書きあげ漱石に送る。

あらすじを読んだ漱石は、恋愛小説ではない母と娘の話を気に入り、「僕がこの企画通します。何より、この小説僕が読みたいんで。」と話すのだった。

ある日、俊一郎とデートを終え「おだや」に一緒に帰って来た沙織は、ゴンちゃんに「あのね、周一朗さんと出会ってから、夜 ぐっすり眠れるようになって、何か世界が温かく感じるの。」
「いつも立ってるとこ、何かグラグラしちゃうような感じがあったけど、もう大丈夫。」
「アパートも借りられたし、新しいお仕事もちゃんと見つけたんだ。」

そんな中、緊張と楽しさでグチャグチャな心で渉先生とデートしている空は、イタリアンレストランへ連れていかれる。

しかし、あまりにも緊張しすぎたせいか、空はお腹が痛くなってしまい、渉先生におんぶされて太葉堂へ連れていかれ、治療を受けるのだった。

渉先生の治療のおかげで具合が良くなってきた空は「私、こんな体たらくで、もう次はないですよね…。」と話すと「それは、こっちのセリフです。こんな目に遭わせて、次もチャレンジしてもらえるんでしょうか?」と渉先生は口にし、また今度も会うことになったのだ。

《それから、もう2週間が経った》

あの日は次のデートをすぐにでもしそうな勢いだったものの、近所の老人ホームで運動会があり、老人たちがヘロヘロになったものだから、治療で渉先生の暇がなくなってしまったのだ。

空は光に「テレビでウサギ見るだけで、胸が苦しくなる。このときめく心 死ね!って思う。嫌われるのが怖くて、オタクだってことも隠してる。どんどん自分が小っちゃくなる。」と口にする。

光はそんな空に「描け!描いてたら水無瀬は自由だ。恋なんかに縛られなくて済む。」と告げ、「おだや」で描くことに限界を感じた2人は空の部屋で描くことになったのだ。

そんな中、碧に小西編集長から電話が入り、碧が企画した小説『真夏の空は、夢』を散英社の企画会議で通しておいたというのだ。

「あぁ、でも、何で小西君から?漱石は?」と碧が訪ねると、小西は「私が通したんですから、私が電話する。」と告げ、続けて「あっ、橘、風邪ひいて休んでます。」と答えるのだった。

その頃、空と光は登場人物の生年月日や血液型といった人物リストを考えていた。

空が「とりあえず考えるわけ、人物リスト。」と言うと「まあ、こういうの作らない人もいるんだけどね。」と光。

「うちの母ちゃんとか、作らなそう。その場のノリ。O型だから。」
「ほう、水無瀬碧はO型か。」
「そう。私は変り者だからAB」
「あ~、俺はA型~。」
「ぽいね~、実は真面目そう。」

その後家に帰った光は、碧と空の血液型を思い出し「OからABって生まれなくね…?」と一人つぶやく。

一方漱石は、38度5分の熱の中、一人でおかゆを作っていると、沙織から別れのメッセージが届く。

漱石は沙織に電話し「あ…、俺だけど…。俺じゃ…、ダメだった?」と尋ねると沙織は「ごめん…。」と謝る。

「荷物…、荷物、どうすんの?」
「捨てて。全部、新しくしたいの。」
「男もね…。」

ショックを受けた漱石は、熱でフラフラしながらも、夜の道をドライブに出る。

熱でボーっとしている漱石は、いつの間にか対向車線にはみ出し、対向車が大きくクラクションを鳴らすのだ…

『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』5話 感想

これまでも小ネタを挟んできていたけど、これからはオープニングでショートコントをやることになったのかな 笑

というか、空が碧の実の子供じゃないなんて嫌過ぎる(´;ω;`)ウッ…

もちろん、碧の本当の子供じゃなかったとしても、これまで空の本当の母親として一生懸命に育ててきたのだから、血のつながりなんて関係ないだろうけど…

でもこれだけお互いのことを思い合ってる絆の深い2人だから、できることなら血のつながった母娘でいて欲しいですね。

ただ、可能性としてはウッカリ者の碧が自分の血液型を勘違いしていて、実はB型だったのかも知れないし、仮に碧が本当にO型だったとしても、空の実の父親が、稀にみられるという、シスAB型だったのかも知れません。

父親がシスAB型の場合だと、AB型とO型の両親からAB型の子供が生まれる事があるとのことです。

碧が臍の緒を持っているくらいだから、こういう特殊なケースも有りなんじゃないかな。っていうか、そういう系のオチで会って欲しい(-人-;)

って、次回あらすじを見ると「空の行動に気づいた碧は、本当は血が繋がっていないことが空に知られたら「みんな終わりだ」と、パニックに!」とあるが、これはなんだ!?

やっぱり本当の親子じゃなかったということなのか…😭😭😭

そして、ついに漱石に別れを告げた沙織だが、少々タイミングが悪かったようで…

38度5分の熱でフラフラしている上、人間病気になると気が弱くなるから、漱石の心にはかなりキツかったことだろう。

そして、あまりにもキツ過ぎたせいでヤケになりながら夜の道を車を走らせ…

まあ次回のあらすじを見る限り、「あわや事故の大ピンチ」と書いてあるので、すんでのところで大事故は免れたということなんでしょうね。

これは、今後 傷心の漱石を碧が救うという流れになっていくのかな?でもゴンちゃんだって、見合い相手にフラれて傷心…って風ではなかったか。

さてさて、どうやら渉先生とイイ感じになりつつある空だけど、空が本当の自分を出せないままでいるとなると、この2人は長く続かないでしょうね。

まあそういう風に、胸が苦しくなったり、心がときめいて自分が自分じゃなくなるような気持ちになるのが、いわゆる恋というものだし、普通その気持ちがだんだん安定してくるんだろうけど、安定せずにそのまま続き、更に疑い深くなると沙織のようにストーカー化する可能性も…

ここはひとつ、趣味も合って、楽しく気兼ねなく話せる光を選んでみてはいかがでしょうか?>空

6話ネタバレ感想はこちら。

『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(ウチカレ)6話ネタバレ感想。空は碧の娘じゃない!
一人高熱を出し、仕事を休んで寝ていた漱石に、俊一郎に癒しを感じた沙織から「長いことありがとう、バイバイ」というメッセージが突然届く。 漱石の頭の中を「俺じゃダメだった?」と尋ねた漱石に向けら...

全話ネタバレあらすじ感想はこちら。

日テレ水曜ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』ネタバレあらすじ感想、登場人物・キャスト、相関図
日本テレビの水曜ドラマ2021年1月クールは、菅野美穂さん主演の『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』。北川悦吏子さん脚本のオリジナルドラマ。 少女のような天然母と、しっかり者のオタク娘による...

『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』6話予告・あらすじ

沙織(福原遥)から突然の別れを告げられ車を飛ばした漱石(川上洋平)は、熱にうなされる中、あわや事故の大ピンチに!電話で異変に気付いた碧(菅野美穂)は病院へ駆けつける。碧は漱石に“母と娘”を描く新作小説『真夏の空は、夢』の成功を誓い、執筆に没頭する……。

そんな中、空(浜辺美波)は渉(東啓介)との順調な交際に浮かれる一方で、将来親離れすることにセンチメンタルな気持ちを抱いていた。それは碧も同じ気持ちで……。
そして、光(岡田健史)は空への切ない想いを隠しながらも、碧と空の血液型が親子ではありえない組み合わせであることが気にかかり、さりげなくおだやで探りを入れる。しかし、何かを察した俊一郎(中村雅俊)と酒を交わすことに……。酒が入ったことで、それまで隠していた光の恋心が爆発する!

そんな中、空もまた、自分と碧の血液型に疑問を持ち始める。空の行動に気づいた碧は、本当は血が繋がっていないことが空に知られたら「みんな終わりだ」と、パニックに!そんな碧をゴンちゃん(沢村一樹)は優しく受け止めるが……。その頃、病院で検査結果を知った空は、母と自分が“他人”であるという証拠を突きつけられていた……。ショックで家に帰れなくなる中、空が助けを求めたのは、いつもそばにいた光だった。水無瀬家の母娘の絆に入った傷は、やがて周囲を巻き込んでいく……!

引用:https://www.ntv.co.jp/uchikare/story/

『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』見逃し配信

『ウチの娘は、彼氏ができない!!』の見逃し配信はHuluでどうぞ。

hulu(フールー)の評判は?長く使っているからわかる、メリット・デメリット
huluは元々アメリカで誕生した動画配信サービスですが、現在は日テレの完全子会社が運営している日テレ系サービスということから、実際のユーザーによる評判やメリット・デメリット、海外版と違う...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました