『オーマイボス恋は別冊で』(ボス恋)7話ネタバレ感想。中沢パイセンがイケメン過ぎる!


引用:火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』|TBSテレビ

ある日、鈴木奈未の家族が熊本から上京してきて、母・真未は奈未に電話で電車とモノレール、バスのどれに乗ればいいのかを訪ねていた。

一方の奈未は、仕事を忙しくこなしながらも、中沢に「俺、お前の事なら好きだわ。俺ならお前のこと泣かせない。」と言われたことに戸惑い、中沢の告白を夢だと思うことにしたのだ。

ここでは『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(ボス恋)7話ネタバレあらすじ感想などを紹介していきます。

6話ネタバレあらすじ感想はこちら

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(ボス恋)6話ネタバレ感想。間宮祥太朗ついに参戦
奈未に「付き合って欲しい」と、ちゃんと言葉にするため、奈未の仕事先に足を運ぶ潤之介だったが、そこに潤之介の幼馴染・理緒がいたため驚く潤之介。 《まさかのまさか。彼女こそが、潤之介さんの、思い...

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(ボス恋)7話・あらすじ

麗子はMIYAVI廃刊の危機を迎え、奈未と共にスポンサー探しに奔走しているが難航していた。

その日の夜、中沢は潤之介に「俺、鈴木に自分の気持ち伝えたから。あんたには負けないから。」と告げ去ろうとしていた。

すると潤之介は「ねえ、恋って、勝ち負けなのかな?」と中沢に告げるのだった。

そんな中、奈未の家族が上京しアパートにやってくると、両親と多未は奈未の部屋に、歯ブラシやパンツなどで男の気配を察知し、健ちゃんと上手くいったんだと思い込む。

そこへ潤之介が訪ねて来るが、理緒と抱き合っているのを見てしまった奈未は、潤之介の考えていることが分からないといい、話すことを拒否する。

その様子を見ていた母の真未も、娘をたぶらかそうとしている悪い男と勘違いして潤之介を追い返してしまうのだ。

一方、中沢や遥ら編集部メンバーは長野にあるコテージへ取材に行くことに。

偶然、奈未と麗子も大口のクライアントを求め、独自の化粧水を製造する従業員200人程度の中小企業「株式会社ISOBE」の磯辺社長を訪ねるため、同じ場所に行くことになった。

そんな中、潤之介は再び誤解を解こうと奈未のアパートを訪れると、自販機の下にお金を落として困っている奈未の父・義郎と遭遇するのだった。

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』登場人物・キャスト

鈴木奈未 … 上白石萌音
宝来麗子 … 菜々緒
潤之介 … 玉森裕太
中沢涼太 … 間宮祥太朗
和泉遥 … 久保田紗友
尾芦一太 … 亜生(ミキ)
和田和美 … 秋山ゆずき
加賀栞 … 太田夢莉
高橋麻美 … 高橋メアリージュン
半田進 … なだぎ武
日置健也 … 犬飼貴丈
鈴木義郎 … 橋爪淳
鈴木多未 … 山之内すず
鈴木真未 … 宮崎美子
潤之介の母・香織 … 高橋ひとみ
蓮見理緒 … 倉科カナ

登場人物の詳細については以下を参照ください。

TBS火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』ネタバレ・登場人物・キャスト、相関図
TBSの1月期・火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』が1月12日からスタートしました。 ここでは、『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の登場人物やキャスト、相関図などを紹介していきます。

7話ゲスト

磯辺社長 / 近藤芳正

絹を生産する過程で、独自の技術でセリシン抽出に成功し、化粧水作りに応用した絹化粧水を開発した、株式会社ISOBEの社長。

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(ボス恋)7話ネタバレ

その日、突然理緒が潤之介のスタジオを訪ねてきて「この前の事、謝んなきゃと思って…、泣いたりしてごめん。」と謝る。

そして潤之介に「一緒に聞きに来てくんない?」と尋ねると、潤之介は「いいよ。」と答えたため、理緒は潤之介に告げる。
「やっぱいいや…。ジュンちゃん優しいから、つい甘えちゃうんだよね。」
「誰にでも優しいって、誰にでも優しくないんだよ。ホントはまだ好きなんだよ。」
「だから、だから…、ジュンちゃんに優しくされると、つらい。」

一方、奈未の彼氏が健ちゃんだと勘違いした家族は、健ちゃんの家で、ショートカットの女性と腕を組む健ちゃんを見かけた。

奈未の部屋に帰ってきた3人は、彼氏が済んでいるマンションへ行ってきたと奈未に告げ、中からショートヘアの女性と一緒に出て来たと話す。

その話を聞いた奈未は、潤之介は理緒とよりを戻したと思い込むのだ。

翌日、株式会社ISOBEを訪ねるため長野で麗子を待っていると、半田たちMIYAVI編集メンバーが、コテージの取材兼日帰りキャンプのためにやってきた。

半田たちは奈未に、商談が終わったら合流して報告しろと言い残し、キャンプ場へと向かう。

すると麗子から電話が入り、手土産を用意してから行くからと、奈未に先に行っているように話すのだ。

その頃奈未の父・義郎が自販機の下にお金を落として困っていた所に潤之介が通りかかり、一緒にお金を拾うのを手伝う。

その後潤之介は、奈未の家族に自分が本当の奈未の彼氏であることを告げると、母の真未も父の義郎も、そして妹の多未までも、手のひらを返したように愛想が良くなり先日の失礼を詫びる。

その後奈未の家族は、潤之介の案内で、東京観光を心の底から楽しむのだった。

一方株式会社ISOBEへの到着が遅れると麗子から連絡が入った奈未は、必死で繋いでいたが、力尽きたところでようやく麗子がヒール姿で歩いて現れる。

打ち合わせの席で磯辺社長は「ウチには一流ファッション誌に広告を掲載する資金力もないし、ルイ・ヴィトンやカルティエと並んでも、ウチの商品が埋もれてしまう。」としり込みする。

そんな磯辺社長に麗子はある提案をする。
「であれば、負けず劣らない、ブランディングをしてはいかがでしょうか?」
「ISOBEさんの化粧水、コラボできるとCOACHから承諾のお返事いただきました。」
「COACHも、ISOBEさんの物作りにとことん拘る理念が同じだと、企画に賛同してくれました。」
「もしお気に召していただけましたら、ご連絡ください。」

そう言い残して麗子が帰っていくと、磯辺の妻が現れ、磯辺社長に「そういえば、あの人…、駅からここまで歩いてきてたわよ。あのヒールで。」と告げるのだった。

その後日帰りキャンプに参加した奈未は、みんなに先方の返事はまだだと言う事を告げる。

そして飲み物を買ってくると奈未が言うと、中沢涼太が自分も一緒に行って選ぶという。

ちょっと気まずい奈未は、遥に「遥さん、一緒に行って選んできてください。」とお願いすると、遥は奈未を連れ出し、話し始める。
「ああいうの、やめてくれるかな。こっちがみじめになる。」
「中沢さんと二人っきりになりたくないからなのか、それとも、私に気を使ってなのか。」
「中沢さんのこと避けてるでしょ?私見たんだ。」

遥は、中沢が奈未に告白していたのを陰で見ていたという。

「もし、中沢さんのこと、いいって思ってるんだったら、そうすれば?」
「誰が好きなのか、誰とずっと一緒にいたいのか、ちゃんと自分の気持ちはっきりさせなよ。」

それから暫くして、レンタカーを返す時間も近付いてきたため、みんなが帰ろうとすると、奈未は潤之介からもらったブレスレットを落としたことに気付き探し始める。

奈未はみんなに「あとでバスで帰るから先に駅に行ってて」と伝えて先に行かせ、一人でブレスレットを探していると、そこに中沢が戻って来て一緒に探し始める。

2人がかりでブレスレットを探すものの、見つからないままに日が暮れ、結局2人はその日の終電まで逃してしまう。

やむを得ず、近くの宿を探すが見つかった部屋は一室だけだったため、中沢は、一緒でも大丈夫だというい奈未に「もし、お前が俺の彼女だったら、俺は、お前が他の男と泊まんのは嫌だ。」と告げ、荷物だけおいて「俺、別の宿、探してくる。」と出て行った。

一方潤之介は、奈未の家族に「俺って優しいですか?」と尋ね、優しいという返事をもらう。
「誰にでも優しいって、結局、誰かを傷つけちゃうんですよね。」潤之介
「もしかして、それでこの前、奈未とケンカしよったと?」

「確かに、誰んでん優しかと、誰かば傷つけることもあるかもしらんねえ。」
「ばってん潤之介君が、今日一日一緒に東京観光回ってくれたけん、よか思い出になった。」
「みんなに分け隔てなく優しかというとは、誰んでんできることじゃなか。」
「奈未はきっと潤之介君のそういうところがよかて、思ったとじゃなかかな。」

その後奈未の家族と別れた潤之介は、奈未に会いたくて奈未の会社の前で待っていた。

そこに和美が現れ、終電を逃した奈未が中沢と二人っきりだということを聞いた潤之介は、バイクに飛び乗り、長野へ向かうのだ。

その頃奈未のスマホの充電が終わり、布団の中で履歴を見ると潤之介から何件もメッセージが入っていた。

その時奈未のスマホに着信があったため、電話に出るなり奈未は「何度電話してきてもムダですから。」と告げる。
「誰と間違うとるとね?」
電話をしてきたのは、母・真未で、翌日の朝市で熊本へ帰ることを告げる。
「ごめん。せっかく来てくれたとに、全然案内できんで。」
「ううん。奈未の顔も見れたし、奈未の彼にも会えたし。」 「うんっ?」
「付き合っとるんだってね、潤之介君。今日 東京案内してもらったとよ。」
「えっ、えっ、何でそんな展開に?」
「お母さんたち、勘違いしとった~。奈未の彼氏、てっきり健ちゃんかと。」

そういうと母・真未はショートカットの女性と一緒に出てきたのは健ちゃんだということ、潤之介があれから毎日訪ねてきたこと、自分が夫の義郎と付き合い始めた頃のことを告げる。

真未の若い頃、小説家になるため東京へ行くという義郎を真未は引き止めたという。

自分の幸せのすべての始まりが、自分の正直な気持ちをちゃんと伝えたことからだと真未は話したのだ。

電話を切った奈未は、自分の正直な気持ちについて考える
《気持ちを伝えてくれてたのは、いつも潤之介さんの方だ。》
《いっつも振り回されてって思ってたけど、私からは自分の気持ち伝えてない。》
《自分の気持ちを伝えないから、勝手に私が、振り回されてただけなんだ。》

その頃、長野へ向かってバイクを走らせていた潤之介の前に、いきなり子犬が現れたため、潤之介は慌ててハンドルを切る…

翌朝、結局中沢は宿は探さずに奈未が落としたブレスレットを徹夜で探し続け、ようやく見つけたのだ。

一方東京では磯辺社長から麗子に、申し込みのあった広告のオファーを受けるという連絡が入った。

その頃奈未は、中沢の荷物と一緒にチェックアウトを済ませていた。外へ出ると小さな男の子が「コタロウ!」と叫びながら奈未の前を駆け抜けていった。

男の子が駆けて行った場所を見ると、「コタロウっていうんだ?よかったな、コタロウ」と子犬の頭をなでている潤之介がいた。

奈未を見つけた潤之介は近づいて手を取り「奈未ちゃんの手は小さいなあ。」と言い話を続ける。
「バイクで走ってる間、ずっと考えてた。奈未ちゃんのこと。」
「俺、奈未ちゃんのこと考えると、ドキドキするんだ。」
「奈未ちゃんが笑うと嬉しいし、泣いてると悲しい。」
「そんな風に思えるのは、世界中で奈未ちゃんだけなんだ。」
「潤之介さん。私の気持ち言ってもいい?」  「うん」
「独り占めしたい。私のことだけ見てて欲しい。」
「うん。奈未ちゃんのことだけ見てる。」

涙を流す奈未を抱きしめる潤之介。

その様子を見ていた中沢は、見つけたブレスレットをそっと奈未の荷物の近くに置いて、その場を去っていく…

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』7話 感想

1話以来、久しぶりに奈未の家族がちゃんと登場した回だけど、それ以上になんと言っても今回は中沢涼太が輝いてましたね!

今回、中沢は王道の当て馬というか、素晴らしい当て馬ぶりを見せてくれました。

まずは、一人ブレスレットを探している奈未のために、結局引き返してきて、潤之介からもらったブレスレットだと知りながら、終電を逃してまで一緒に探してあげたというのはまだまだ序の口です。

続いて終電を逃し、宿が1部屋しか空いてないので、奈未が一緒に泊まってもいいと言っても「もし、お前が俺の彼女だったら、俺は、お前が他の男と泊まんのは嫌だ。」と言って一緒に泊まらなかったというのも男前でした。

そればかりか、他の宿を探すと言って出て行ったけど、実際は徹夜で奈未が亡くしたブレスレットを探していて、その後見つけたにも関わらず、奈未と潤之介が抱き合っているのを見て、そっとブレスレットだけを置いて去っていくというのも、ホントに切ないですね。

奈未も潤之介も中沢のことを「ドSセンパイ」と呼んでいたけど、この姿のどこがドSなんだと…

むしろ、ここまで自分を追い詰めるなんてドMなんじゃないのかな?

そしてこのドラマで中沢パイセンを演じる間宮祥太朗さんと言えば、近いところだと、日テレの「#リモラブ」で、同じく当て馬の五文字を演じ、同僚で友人の男性と、好きな女性のために、自ら身を引いて友人を彼女の元へ行かせると言う、イケメンな役を演じていました。

さすがに立て続けに切ない役が2度も続くと、そろそろ間宮さんが主演で、結ばれる側にまわるドラマというのも制作されてもいいんじゃないでしょうか。

あっ!そういう意味では、この「ボス恋」のスピンオフドラマ「ツン恋」での中沢パイセンは、当て馬じゃなく、ヒーロー側でしたね。

今回の「ツン恋」では、奈未に告白している中沢を目撃した遥が、中沢を諦めようとするが、最終的には諦めないことを決め、オセロで半田副編集長と対決する中沢に「絶対に諦めないで!私も絶対に諦めないから。」と励ますという、中沢が奈未を諦めなかったら、自分にも幸せはやってこないんじゃ?この先遥の恋はどうなっていくんだろうというストーリーでした。

おまけに今回は、ナント副編集長の半田による、ディラン・マッケイが…これぞスピンオフですね。
***

そしてなんと言っても一番気になるメインの2人の関係ですが、結局は奈未と潤之介のハッピーエンドとなり、2人の恋物語はこれで最終回でもいいんじゃないかという終わり方でしたが、この先 潤之介の跡取り問題とか色々出てくるんでしょうかね。

その他MIYAVIの今後や音羽堂出版の吸収合併問題などもどうなっていくのか。さらに、副社長の宇賀神と麗子の恋物語もあるのかな?

全話ネタバレ感想はこちら。

TBS火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』ネタバレ・登場人物・キャスト、相関図
TBSの1月期・火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』が1月12日からスタートしました。 ここでは、『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の登場人物やキャスト、相関図などを紹介していきます。

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』8話 予告・あらすじ

 迫りくる音羽堂出版社の吸収合併と『MIYAVI』の廃刊危機を乗り越えるべく、COACHとMIYAVI、そしてISOBEの3社がコラボレーションする化粧水のプロジェクトへ向けて編集部は動き出した!

そんな中、奈未 (上白石萌音) は特集記事の磯辺 (近藤芳正) 社長の紹介欄の執筆を任され、自分の原稿が初めて雑誌に載ると期待に胸を膨らませる。そして潤之介 (玉森裕太) との仲は距離がグッと縮まったことで、仕事中も潤之介との半同居生活を思い出してはニヤけてしまうのだった。

そして一度、金沢の実家へと帰った潤之介。母・香織 (高橋ひとみ) に宝来グループを継ぐことを前向きに考えていると告げるのだが、付き合っている彼女を連れて帰って来いと言われてしまい……。

そんなある日、編集部に写真週刊誌から一枚のゲラが送られてきた。そこには奈未と麗子 (菜々緒) が写っており……!?

引用:https://www.tbs.co.jp/BOSSKOI_tbs/story/

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』見逃し動画配信サービス

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の見逃し配信及び、スピンオフドラマ『オー!マイ・ツンデレ!恋は別冊で』の配信はParaviでどうぞ。

Paravi(パラビ)の評判は?長く使っているからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。 また、...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

Paraviの詳細や無料体験はこちらからどうぞ
Paraviを試す

コメント