ドラマ『コントが始まる』1話 視聴率は8.9%


画像引用:コントが始まる|日本テレビ

基本情報

毎話一本の『ショートコント』から幕が開く。しかしそのショートコントは後に起こる物語の前フリなのかもしれない。

菅田将暉さん、神木隆之介さん、仲野太賀さん、有村架純さん、古川琴音さんという主要人物5人が送る青春群像劇が幕を開けた。

『コントが始まる』1話視聴率

映画「花束みたいな恋をした」が大ヒット中の菅田将暉さんと有村架純さんが再共演を果たした『コントが始まる』の第1話が4月17日(土)午後10時に日本テレビ系列でスタートしました。

オリコンの記事によると、初回平均視聴率が8・9%(世帯)、5.1%(個人)だったとのこと(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

『コントが始まる』は2020年に『俺の話は長い』(2019年日本テレビ土曜夜10時)で第38回向田邦子賞を受賞した金子茂樹さんのオリジナル脚本で、売れないお笑い芸人のトリオ『マクベス』を菅田将暉さん、神木隆之介さん、仲野太賀さんの3人が演じる。

また、3人がいつもネタ作りに集まるファミレスで働き、やがて彼らのファンになる女性を有村架純さん、そしてその妹で近くのスナックで働く女性を古川琴音さんが演じるという、思い描いていた人生とは大きく違っていた「人生の大敗」のド渦中にいる主要キャスト男女5人による青春群像劇だ。

物語は、毎回ある一つのコントから始まり、そのコントが前フリとなり後に始まる物語へと続いていくというもの。

第1話は、全く売れていないコントトリオ「マクベス」のツッコミ春斗が、ある重大な決断を迫られることに。

一方ファミレスで働く有村架純さん演じる里穂子は、いつも店でネタ作りをしている「マクベス」の3人の姿を見ているウチに「マクベス」に惹かれていき隠れファンになっていく。

ある日 里穂子が初めて「マクベス」のライブに足を運ぶと、そのライブ終わりにトリオを解散するという重大発表をする。

驚き、茫然と帰路につく里穂子に、突然春斗が後ろから声をかけ、ファミレスで出会う前に一度で会ったことがあると告げるというストーリー。

里穂子目線で見た「マクベス」というコントトリオと、春斗目線で見た「マクベス」のそれぞれのストーリーと、コント「水のトラブル」という前フリから広がる物語が見るものの心を鷲掴みにした。

今回このドラマが1・2を争うほど面白いと言っても過言ではないと思うが、その面白さがみんなにまだ伝わっていないためこの数字なんだと思われる。

次回以降、この面白さが一人でも多くの人に伝わればいいのにと願ってやみません。

1話感想はこちら。
ドラマ『コントが始まる』1話「水のトラブル」 感想、青春群像劇が幕を開けた!
高校時代の文化祭の体験から、菅田将暉さん演じる高岩春斗と、仲野太賀さん演じる美濃輪潤平はコント師になるという、わずか一握りの人たちしか成功できない道を選び、神木隆之介さん演じる朝吹瞬太も広告...

『コントが始まる』2話 予告・あらすじ

潤平「春斗には一つだけ秘密にしていることがある……」

瞬太「プロゲーマーだった頃はよくインタビューで『27歳までに死ぬ』と答えていた……」
コント『屋上』。舞台が明転すると、自宅の屋上テラスで和む中年夫婦と隣のビルで思い詰めた表情をする若者が現れる。その3人による取り留めのないコントの「前フリ」が流れ―――。

コントトリオ「マクベス」解散を決めた春斗(菅田将暉)は、事務所のマネージャー楠木から呼び出され、解散を考え直すように詰め寄られる。一方マクベスの一人である潤平(仲野太賀)は10年間交際を続ける恋人の奈津美(芳根京子)に、ついに解散することを決意したと告げる。そんな中、潤平は春斗と芸人を志した日々を振り返り、春斗に一つだけ『秘密』にしていることがあると思い返す……。

その頃もう一人のマクベスである瞬太(神木隆之介)はなぜか春斗や潤平と共に通った母校の屋上に佇んでいた。そこは春斗との思い出の場所でもあった。何も知らない春斗だったが、里穂子(有村架純)から気になることがあると話を切り出されると、里穂子が働くファミレスで瞬太が「遺書」を書いていたのだという。それは「屋上」というコントの小道具として書いていただけだと説明する春斗だったが、何やらいつもと状況は違うようで……。

「解散」を宣言することで動き出したトリオ芸人。彼らと巡り会うことで動き出した姉妹。暗闇の中を歩いているかのように見える5人の若者たち。……だが1時間後、彼らを見ていただいた人はなぜか彼らを「美しい」と感じてしまう。そんなまさかの結末を迎える第2話。是非ご覧ください。

引用:

『コントが始まる』見逃し配信

『コントが始まる』の見逃し配信は及び『Huluスペシャルコンテンツ「マクベスの23時 ~皆様の質問に本当に答えます~』はHuluでどうぞ。

Hulu(フールー)の評判は?長く使っているからわかる、メリット・デメリット
Huluは元々アメリカで誕生した動画配信サービスですが、現在は日テレの完全子会社が運営している日テレ系サービスということから、実際のユーザーによる評判やメリット・デメリット、海外版と違う...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

コメント