『大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)』4話感想、八作が片思い!?


画像引用:大豆田とわ子と三人の元夫|関西テレビ放送 カンテレ

基本情報
カンテレ制作でフジテレビ系の「火曜21時枠」で放送されている4月期ドラマ。松たか子さんが主演で、3回結婚し3回離婚しているバツ3の女性・大豆田とわ子を演じる。

そんなとわ子と、松田龍平さん演じる田中八作、角田晃広(東京03)さん演じる佐藤鹿太郎、岡田将生さん演じる中村慎森の三人の元夫たちとの関係を描いていく

『大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)』登場人物・キャスト

大豆田とわ子 … 松たか子
田中八作 … 松田龍平
佐藤鹿太郎 … 角田晃広(東京03)
中村慎森 … 岡田将生
大豆田唄 … 豊嶋花
大豆田旺介 … 岩松了
綿来かごめ … 市川実日子
松林カレン … 高橋メアリージュン
三上頼知 … 弓削智久
城久間悠介 … 平埜生成
大壺羽根子 … 穂志もえか
黒部諒 … 楽駆
六坊仁 … 近藤芳正
三ツ屋早良 … 石橋静河
古木美怜 … 瀧内公美
小谷翼 … 石橋菜津美
出口俊朗 … 岡田義徳

登場人物の詳細については以下を参照ください。

ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(まめ夫)登場人物キャスト相関図。4月期期待のドラマ
引用:大豆田とわ子と三人の元夫|関西テレビ放送 カンテレ フジテレビ系2021年4月期「火曜21時枠」のドラマはカンテレ制作、坂元裕二さんのオリジナル脚本、松たか子さん主演の「大豆田とわ...

4話ゲスト

五条廣務 / 浜田信也

とわ子と同じマンションに住むオーケストラ指揮者。かごめに好意を抱いている。ただただ恋愛が邪魔だという理由でかごめにフラれてしまう。

『大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)』4話あらすじ・ネタバレ

八作の家に親友の出口俊朗が訪ねてきて、彼女・早良の様子が変で、中々会えないし、夜電話しても出ないことが多いと相談にやってきた。

その時 早良は八作の部屋に隠れていたのだが、八作が俊朗の気をそらしているうちに、早良を部屋から出すことに成功する。

そのすぐ翌日、早良がスマホを取りにやってきて八作を口説き始めるが、親友の恋人と付き合うことなど到底考えられない八作は、頭を下げ「お願いします。僕に関わらないでください。」と頼み込むのだった。

綿来かごめ

とわ子の30年来の親友かごめとは、とわ子が10歳の時、かごめが近所で、すぐに人の腕などに噛みつく狼少女として恐れられていた時に遭遇した。

そんな怖いもの知らずの狼少女にも、唯一信号のない横断歩道を渡れないという弱点があり、とわ子が手をつないで一緒に渡ってあげた事から仲良くなった。

とわ子とかごめは、お互い絵を描くことが好きだという事から、共作して空野みじん子というペンネームで漫画を描くようになった。

しかし、2人は大げんかして漫画コンビ 空野みじん子を解散したのだった。

19歳の頃、2人はウキウキと海外旅行に出かけたのだが、その時に誘拐され、縛られて車に乗せられてどこかに連れていかれようとした。しかし、すんでの所で現地警察に救われた過去を持つ。

その後 就職したかごめは、入社3か月目に退職し、その後8回転職した。

さらにかごめは、30歳の時に、隣の家に住んでいた可哀想な赤ん坊を連れて逃げたことで、誘拐犯として指名手配されたこともあったのだ。

かごめのラブストーリー

ある夜、見知らぬ車につけられていたかごめはとわ子と同じマンションに住むオーケストラ指揮者の五条に助けてもらいとわ子の家へ。そこで、かごめは五条から食事に誘われる。

2人の相性の良さや、五条の態度からかごめに好意を抱いていることを確信したとわ子は、親友の幸せを願い、面倒くさがるかごめの背中を押す。

五条との食事後、とわ子がかごめに「発芽した?」と尋ねると、かごめは「発芽したよ~。楽しかった~。もう最高の夜だった。」とご機嫌だったので、とわ子も嬉しくなるのだった。

その翌日、五条に会ったとわ子は「かごめ、すごく楽しかったって。」と話しかけるが、五条の表情が浮かない。

聞けば、当日かごめは五条との食事の席に現れず、電話連絡しても出てもらうことが出来ずに、嫌われたのかなと五条は暗い表情を見せるのだ。

とわ子がかごめに文句を言いにいくと、かごめも五条のことが好きだというが、なぜかもういいと口にする。

その後、とわ子の目の前でかごめがプリンアラモードを食べていると、従兄だという男女がやってきて、かごめを車に乗せてどこかへ連れて行き、とわ子はそれ以来かごめと連絡が取れなくなってしまった。

翼に騙された慎森と、美怜に影武者を頼まれた鹿太郎

一方、翼の嘘に憤りを感じ、履歴書を破り捨てた慎森だったが、ついつい公園へ行き、翼の姿を探してしまう。

その時、翼に声を掛けられた慎森は、嘘をつかれたという怒りから「君のくだらない嘘のせいで、僕は貴重な時間を無駄にした。」とまくしたてる。
「うそはついたけど、くだらない嘘はついてないです。」と翼
「えっ!?」 「先生に近づくための嘘だったから。」
「まだ私が誰か、わからない?」

一方、美怜に本命の不倫相手の影武者を頼まれた鹿太郎は、その申し出を引き受け、パパラッチ対策に、美怜の家で相手男性と洋服を交換し、入れ替わっていた。

その時「差し出がましいけど、不倫はやめた方がいいんじゃないでしょうか」と鹿太郎が意見すると、美怜は「差し出がましいね!」と一蹴する。

そんな美怜に「ただ、あなたとても悲しそうです。私は大丈夫。そう演じてるだけのようです。」
「大丈夫の演技はしちゃ駄目です。あなたの不倫の手助けをするつもりはありません。」
「ただ、あなたが、あなたらしく戻るための、手伝いはします。」

早良の猛アプローチに困る八作

その頃、八作は、親友の俊朗の恋人・早良からの猛烈なアプローチに頭を悩ませていた。

さらに、早良の浮気を疑い始めた俊朗から3人での食事に誘われた八作は、つくづく自分のモテ体質が嫌になり「消えてしまいたい。」と口にする。

「女性から嫌われるようにすればいいんじゃない?」という共同シェフ持田潤平のアドバイスにより、なんとか早良に嫌われようと試みる八作だったが、早良の行動はより大胆になっていき「そういうことじゃ諦めないよ。」と言われてしまうのだった。

俊朗と早良が帰ってしばらくすると、突然八作の部屋に早良が戻ってきて、2人で囲碁を始める。

早良は八作に「どうしたってモテちゃうよ。田中さん面倒くさくないんだもん。」と告げる。
「恋愛は自分を有利に運んじゃいけない。一生負け続けてくれる人が最高の恋人だもん。」
「そういう田中さんみたいな人って、あんまりいないんだよ。」
「私のことがタイプでしょ?」
「そうかもしれませんね。」 「だったら」
「タイプじゃなくても好きになることも、タイプでも好きにならないことはあります。」
「私はね、勝って恋に落とすタイプ。」

かごめが失踪した理由

その日の夜中、大豆田家でかごめが忘れて行った電話が鳴り響く。

起きて来たとわ子が出ると「綿来かごめはそちらにいますか?」と、以前出会ったかごめの従兄という男性の声がした。

とわ子が、かごめがなにをやらかしたのかを尋ねたところ、おばあちゃんの遺産3億円を、親戚中に断りなく児童施設に寄付してしまったというのだ。

相槌を打ちながら話を聞いていたとわ子だったが、従兄が「僕らはね、みんな、あいつが両親を亡くして以来、ずっと世話してきてやったのに。」と話すと「それでお探しになってるんですね。」と尋ね「親戚一同で問い詰めてやろうと」と話す従兄に

「ば~か ばかばか ば~か!」

そう言うと とわ子は電話を切ってしまう。

その時、とわ子の脳裏には、海外で2人が誘拐された時、かごめが「私、実家でお葬式上げられるのだけは、嫌だから。あんた、生き残ったら、よろしく頼むね。」と言っていた姿が浮かんでいた。

翌日、かごめの家を訪ねるとわ子だが、かごめは家にはいなかった。

かごめとわ子に捕獲される

その頃 道端でコロッケを選んでいるかごめに偶然出くわした八作は、かごめにコロッケをおごってもらう。

「田中君、相変わらず元気なさそうだね。とわ子に紹介されて会った時、この人、ほんの間に挟まってる虫か?と思ったもん。」とかごめ。

「先にかごめちゃんに会ったんだよ。かごめちゃんに彼女を紹介してもらった。」そう話す八作に、かごめは「そういう順番だっけ?…」と首を傾げ「私に会ったこと、とわ子には内緒でね。」と去っていった。

その後八作は、かごめを探していたとわ子に偶然会い、自分の店へ連れてきて「昔からよくケンカしてたもんね、君たち」と言いジュースを出す。
「かごめちゃん、昔言ってたよ…。とわ子は友達じゃないんだよ、家族なんだって。」
「とわ子は、私のお父さんでお母さんで、兄弟なんだよね。だから、甘え過ぎちゃうんだよって。」

「とわ子は、私のおじいちゃんで、おばあちゃんで、おじで、おばで。」
「負担大きいな。そこまで大家族背負わされたら。」
「そのうち仲直りするでしょ。ずっとそうだったし。」
「ケンカっていうか、心配してて…。」
「心配って?また赤ちゃん盗んだ?」

「さっき、かごめちゃんに会ったよ。コロッケ、おごってもらった。」

店を飛び出したとわ子は、歩道橋でボーっと宙を見ていたかごめを見つけ「待て!」と叫ぶとかごめは逃げだす。

追いかけるとわ子を振り切ろうと必死に逃げるかごめだったが、信号のない横断歩道を渡ることが出来ずにとわ子に捕獲されてしまう。

とわ子はかごめの手を取り、2人で仲良く横断歩道を渡っていくのだった。

かごめ自身のこと

とわ子の家でかごめは「色々聞いた?」ととわ子に尋ねる。
「私のこととか、親の 何かそういうこととか。」
「そだね。」 「忘れてね。」 「うん」
「そのことで、私のこと見て欲しくないんだよね。」
「そこをもって私を語られるのが嫌なんだよね。」 「うん。」
「私は、それを超えるアイデンティティーを作ってきたはずだし、あるから。」

そう言うと、かごめはとわ子に漫画を描いたノートを見せ、再び漫画を描いて空野みじん子をよみがえらせることにしたという。

かごめのノートに書いてある漫画を読んだとわ子は「言いたかないけど、天才。」と言い、自分も手伝うというが、かごめは自分一人のソロプロジェクトだからとわ子には関係ないと告げる。

「何で?」と不服そうなとわ子に、かごめは「じゃんけんで一番弱いのが何か知ってる?」と尋ねると とわ子はみんな一緒だと答える。

しかしかごめは「じゃんけんで一番弱いのは、じゃんけんのルールが分からない人。」と口にする。
「私にはルールがわからないの。会社員もできない。要領が悪いっていって、バイトもクビになる。」
「みんなが当たり前にできることができない。ははっ、私から見たら、全員 山だよ、山!」

かごめはそういうと、とわ子は自分と違って社長ができてるし、じゃんけんもできてると告げ、とわ子のような社長がいるから、自分も社長になれるって小さい子がイメージできるんだと伝える。

かごめの決意に、とわ子は納得したものの、今晩1晩だけ手伝いたいといい、断るかごめのノートを盗んで、無理やり手伝ったのだ。

かごめは漫画を描きながらポツリポツリととわ子につぶやく。
「五条さんのことはね、残念だよ。好きだったしね、好きになってくれたと思うしね。」
「でも、恋愛はしたくないんだよ。この人好きだな、一緒にいたいなって思ってても…」
「五条さん、男でしょ。私は女でしょ。どうしたって恋愛になっちゃう。それが残念。」
「別に理由はないんだよ。ただただ ただただ恋愛が邪魔。女と男の関係が面倒くさいの。」
「私の人生にはいらないの。そういう考えがね、寂しい事は知ってるけど、それが私なんだよ。」

その後の三人の元夫

その頃、早良と俊朗は八作の店で飲んでいて、その様子を慎森と鹿太郎が八作の大変そうな様子を見て嬉しそうにしていた。

そんな慎森と鹿太郎に、それぞれ翼と美怜からLINEが入り、八作の店に全員が集合した。

美怜は鹿太郎に、自分は鹿太郎の言う通り、不倫でも悲しくないという風に、プライベートでも演じていたと思う といい、不倫相手に会って説得して欲しいと頼み込むのだ。

一方、翼は慎森に自分のことが誰なのかを思い出したかを尋ね、思い出さない慎森に「あなたは、私から、大切なものを奪ったんですよ。」と伝えるのだった。

その時、俊朗が八作に「お前さ、夏までに彼女作れよ。で、4人でキャンプ行こうよ。」というと、突然早良が行かないと言い出す。

そして早良は俊朗に自分の今の気持ちを全部打ち明けようとしたため、八作は「こんな子とつきあうの、やめたほうがいいよ。俊朗にはこんな子より、もっといい子がいるよ。」と告げる。

「しょうもないさぁ、こんな 安っすい女。何がいいのか、わかんねぇわ。」と八作が言うと、早良は店を飛び出して行った。

その頃、とわ子はかごめが神保町の交差点のイメージを描きたいと言ったため、写真を撮りに交差点へと向かう。

一方、俊朗が早良を追いかけて店を出て行ったため、八作も店を出て、俊朗を追いかけて夜道を彷徨っていると、突然 早良に腕をつかまれた。

早良は八作にキスしようとするが、八作が避ける。
八作に抱きつき「好きなんだよ、好きなんだよ。ねえ。」と早良。
「誰も好きにならないって決めてるから。」 「えっ?」
「好きな人がいるから、好きになったら、ダメなんだよ。」
「どういうこと?結婚してた人?…違うの?」
「僕が好きになった人は、恋はしないと決めてる人だった。」
「じゃあ、他に片思いの人がいたのに、別の人と結婚したの?それが離婚の原因?」

その頃、とわ子は八作と早良の影が映る歩道橋に来ていたのだ。

『大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)』4話 感想

ということは、八作はかごめが好きだったけど、とわ子と結婚したってこと?それが離婚の原因?

もしそうだというのなら、それってとわ子に対して失礼じゃない?それに、かごめの方が好きなのに、八作がとわ子と結婚して唄が生まれたってことを唄本人が知ったら、結構ショックなんじゃないかな?

でもあの3人のことだから、何もかも納得ずくで結婚して唄を産んだ可能性もあるけど…

***

とわ子も不思議な人間ですが、それに輪をかけて不思議ちゃんだったかごめが、なぜ仕事が長続きしないのかなどについて今回描かれていて色々納得できたし、とわ子とかごめの2人の人間の器の大きさというか、人としてのスケールの大きさに驚きました。

たぶん多くの人はかごめと違い、親友には自分に両親がいないということを話すと思うし、いくら可哀想な赤ちゃんがいても誘拐したりしないと思うし、おばあちゃんの3億円を勝手に児童施設に寄付したりしないと思う。

。o0(しかしこの可哀想な赤ちゃんを誘拐したり、3億円を児童施設に寄付したのって、やはり自分が両親を失って、つらい思いをしてきたからなのかなぁ…)

そしてとわ子の方ように、誘拐や3億円寄付などといった友人の行動を当然のように受け止めることはできないと思うし、いくらかごめの従兄の言い方があんなでも「ば~か」とか言ってガチャ切りできないと思うし、かごめの人生観を当たり前のように聞き、容易く受け入れるのは難しいと思う。

でもそういう人間同士だから2人は親友なんだろうし、お互いのことを心から思い合っているんだろう。

さらにかごめは、社会で他の人が普通にやれていることができないと言っていたけど、その割にはちゃんと自分を持っているし、思うがまま自由に生きているよね。

中々自分のことだと 人と同じことができないという事に対し、そんなに簡単に割り切れないだろうし、おそらく世の中の大多数は、自分自身の周りにそんな高い山があったら、精神的にやられてしまうだろう。

一方、八作も自分を厳しく律して生きていますね。

自分のタイプじゃないならまだしも、6秒間目が合うくらいにタイプだったら、あんな風にガンガン来られたらもっと八作に隙ができてもおかしくないと思うけど、八作自身で引いた一線だけは頑なに守り通していますね。

だけど、早良もそこまで八作のことが好きになっているのなら、なぜいまだに俊朗と別れずにいるのだろうか?

っていうか、わざわざ八作の前で別れを切り出そうとしなくても、とっとと切り出して、八作に別れて来たって言えばいいんじゃない?って、まあどちらにしろ八作にはフラれるだろうけど…

***

第4話にして、鹿太郎と慎森も女性たちと新展開を迎えようとしています。

とは言っても、鹿太郎に関しては美怜の不倫相手に会って、妻と別れて美怜一本に絞るように説得して欲しいって… どれだけ勝手なんだろうと思いつつも、結局鹿太郎は説得に行きそうな気がしないでもない笑

そして慎森に大切なものを奪われたと訴える翼は、慎森とどんな関係があるのだろうか?

慎森が訴訟に関わって倒産した会社社長の娘とかかな?

***

さて次回は、かごめにとわ子の口から、八作との離婚について語られるようだけど、八作のかごめに対する片思いが原因だとしたら、それをかごめに言うことはないだろうから、なにか別の理由があるんだろうね。

いったいどういう理由なのか…、すごく気になる…

全話ネタバレ感想やまめ夫に関する情報はこちら。

大豆田とわ子と三人の元夫
カンテレ制作でフジテレビ系の「火曜21時枠」で放送されている4月期ドラマ。松たか子さんが主演で、3回結婚し3回離婚しているバツ3の女性・大豆田とわ子を演じる。 そんなとわ子と、松田龍平...

『大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)』5話 予告・あらすじ

とわ子(松たか子)の誕生日が近づくある日、唄(豊嶋花)が開業医の息子である彼氏と18歳になったら結婚することを宣言し、とわ子を困惑させる。後日、かごめ(市川実日子)に相談してみたものの、いつしか話題は八作(松田龍平)との離婚のことに。「わたしも意地張ってたし、若さ故だね」と当時を振り返りながら、とわ子が語った離婚の原因とは?

しろくまハウジングでは、話題のイベント会社からアートイベントの仕事が舞い込み、普段の住宅設計とはひと味違う華やかな仕事に社内は盛り上がりを見せていた。先方の社長・門谷(谷中敦)は、とわ子と同じ“バツ3”ということで、互いの離婚歴や結婚観で意気投合する。そんな中、とわ子は自分のバースデーサプライズを社員たちが準備していることに感づいてしまう…。余計なことを知ってしまい仕事に手がつかないとわ子だったが、追い打ちをかけるように、突然門谷からプロポーズをされて大きく動揺する。

その晩、唄からそのことを聞いた八作、鹿太郎(角田晃広)、慎森(岡田将生)は、3人そろってとわ子のマンションへ。四度目の結婚を阻止すべく、珍しくタッグを組んで必死の説得を試みる鹿太郎と慎森を横目に、八作はとわ子にあるプレゼントを差し出す。

ところが後日、このプレゼントがきっかけで、とわ子は八作が心に秘めていた思いを知ることになり…。

引用:https://www.ktv.jp/mameo/story/5.html

「まめ夫」見逃し動画配信サービス

『大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)』を1話から見たいという方はFODプレミアムでどうぞ。

FODプレミアムの評判は?長年使ったからわかる、メリット・デメリット!
これまでFODを初めとし、HuluやNetflix…etc.など様々な動画配信サービスを利用してきた経験を踏まえ、評判や特徴、メリット・デメリットなどを書いて行きますので、参考になれば幸いで...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

無料トライアルはこちらからどうぞ
FOD 2週間無料トライアルに登録

コメント