『大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)』7話、オダギリジョーとの出会い


画像引用:大豆田とわ子と三人の元夫|関西テレビ放送 カンテレ

基本情報
カンテレ制作でフジテレビ系の「火曜21時枠」で放送されている4月期ドラマ。松たか子さんが主演で、3回結婚し3回離婚しているバツ3の女性・大豆田とわ子を演じる。

そんなとわ子と、松田龍平さん演じる田中八作、角田晃広(東京03)さん演じる佐藤鹿太郎、岡田将生さん演じる中村慎森の三人の元夫たちとの関係を描いていく。

『大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)』登場人物・キャスト

大豆田とわ子 … 松たか子
田中八作 … 松田龍平
佐藤鹿太郎 … 角田晃広(東京03)
中村慎森 … 岡田将生
大豆田唄 … 豊嶋花
大豆田旺介 … 岩松了
綿来かごめ … 市川実日子
松林カレン … 高橋メアリージュン
三上頼知 … 弓削智久
城久間悠介 … 平埜生成
大壺羽根子 … 穂志もえか
黒部諒 … 楽駆
六坊仁 … 近藤芳正
三ツ屋早良 … 石橋静河
古木美怜 … 瀧内公美
小谷翼 … 石橋菜津美
出口俊朗 … 岡田義徳
小鳥遊大史 … オダギリジョー

登場人物の詳細については以下を参照ください。

ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(まめ夫)登場人物キャスト相関図。4月期期待のドラマ
引用:大豆田とわ子と三人の元夫|関西テレビ放送 カンテレ フジテレビ系2021年4月期「火曜21時枠」のドラマはカンテレ制作、坂元裕二さんのオリジナル脚本、松たか子さん主演の「大豆田とわ...

7話ゲスト

若木 / 川口覚

外資系ファンド・マディソンパートナーズから、しろくまハウジングへ買収交渉のためにやってきた。メガネをかなり下へずらして掛けているため、メガネが必要ないんじゃないかと陰で突っ込まれていた。

『大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)』7話あらすじ・ネタバレ

かごめの件から1年が過ぎ、唄が進学した高校が遠距離なため、祖父・旺介の家に引っ越し、現在のとわ子は自宅で一人暮らしを始めていた。と共に、リビングのソファで寝ることが増えた。

唄の引っ越し

唄が引っ越しの準備をしていた日、とわ子はあれこれ唄に口出しする。
「確かに学校近い方が長く寝られていいよね。あっ、参宮橋からバス乗ったら4分短縮できるよ」
「いや、おじいちゃんちからだったら、40分短縮できるから。」と唄。
「確かにね、あの辺りは落ち着いてて住みやすいし。」
「あっそうだ、住みやすい街ってちょっと音出しただけで苦情とかきて逆に息苦しいんだよね」
などとなんとか引き留めようとするとわ子だったが、唄の「ママといるとさ、楽すぎるんだよ。」
「気 つかわないし、わがまま言っても受け入れてくれる。」
「このままじゃずっとママに甘えた子になっちゃう。私は、もっと自分に厳しくありたい。」
との訴えにより渋々引き下がるとわ子だった。

しろくまハウジングに株の売却話が浮上

娘がいない寂しさを抱えながらも、生活を楽しもうと試行錯誤するとわ子は、ある日ラジオ体操中に謎の男 X と出会い、隣のベンチに座っていた謎の男 X の謎の数式が風に吹き飛ばされた際に拾ってあげた。

そんな中、しろくまハウジングのオーナーの息子・城久間悠介がとわ子の元へやって来て、オーナーが外資系ファンド「マディソンパートナーズ」に会社の株を売却しようとしていると話す。

悠介は「うちは職人の会社なのに、外資の傘下になったら、合理化合理化で、しろくまらしさがなくなっちゃいます。六坊さんなんて、真っ先にリストラですよ。」ととわ子に告げる。

会社としてのこだわりや職人気質の社員たちを守るために、どうすればいいか悩むとわ子を心配し、慎森は死んだ魚のお寿司を土産に、企業買収を防いだ案件をまとめた資料を手にとわ子の家を訪ねる。

慎森は「マディソンパートナーズという会社は、安く買いたたいて、欲しいものだけ手に入れたら、あとは捨てる。」と話す。
「欲しいもの……、特許」ととわ子
「しろくまには、木材ジョイントなどの特許がある。」
「マディソンパートナーズには企業買収の悪魔と呼ばれてるプレーヤーがいるらしい」

慎森は「法務でできることは何でもするから…。おやすみ」と告げ家を後にした。

鹿太郎が邪推をする

すると突然鹿太郎がドアから顔を出し「何で、この男が部屋から出て来たの?もう唄ちゃんいないよね?1人暮らしだよね?」とまくしたてる。

慎森はそんな鹿太郎を押さえつけ「彼女、今忙しいんで行きましょう。」とそのままオペレッタへ連れて行った。

オペレッタは現在、持田潤平1人で営業しており、慎森が「田中さん、また旅行ですか?」と尋ねると、潤平は「何か北の方に行くとしか聞いてなくて。」と答えるのだった。

一方、慎森がなぜとわ子の家から出て来たのかが気になって仕方ない鹿太郎は、慎森に「仕事だよね?」と尋ねる。

「そうですよ。」との慎森の返事に、鹿太郎は「認められると疑いが ぶり返すな。もう君が言うと裏があるとしか思えないんだよ。」と1人ドツボにハマっていた。

松林を停職処分とするとわ子

翌日とわ子は会社で、羽根子と悠介からしろくまハウジングの企業価値が下がる情報ばかり出ていて、松林がマディソンの担当者と会うのを見たと聞かされる。

とわ子は松林を呼ぶと「会社のためだと思ってやりました。」と話し、買収に応じれば会社のためになると考えたという。

2人の話し合いは平行線となり、とわ子は松林に停職処分を命じると、松林は「元はと言えば、1年前の契約破棄で背負った負債を返せてないからじゃないですか。あれは社長の責任じゃないですか」と訴える。
「…そうだね。」ととわ子。
「いや、わかってますけど。あの日、社長のご友人が亡くなったことは…。」
「社長には、もっと頑張って欲しかったんです。ご友人がやり残した分も…」

その日の夜もとわ子はソファで寝た。

マディソンパートナーズの担当が乗り込んでくる

翌日マディソンとの交渉の席で、マディソン担当・若木は、量産型タイプの住宅建築に特化し、コストを減らし、アウトソーシングして人員の削減をするべきだと話してきた。

その話を聞いた六坊は突然立ち上がり、テーブルを叩いて「人間はコストじゃない。いいか、うちにいるのは、全員現場で汗かいて学んで、へこたれずに戦ってきた連中ばかりなんだ」
「それを言うに事欠いて、あんたらコストだと?」 「出てけ~!」

マディソンの若木は「社長、こんな恫喝行為があっては…。」と話すが、とわ子は「こちらからは以上です。お疲れ様でした。」と告げ交渉を終えた。

とわ子は、つい かっとなったと謝る六坊に、自分も同じことが言いたかった、ここにいる全員がそう思ってると告げるのだった。

進化した慎森

その日の夜、とわ子は紙コップに注いだワインを手に、屋上で慎森と一緒にいた。

いつものように慎森が「職人っている?精神論っている?」と言ってくるものだと思っていたとわ子に慎森は「今日はスカっとしたよ。六坊さんに怒鳴られた時のあいつらの顔、最高だったね。」という。
「利益を得ることは大事だよ。だけど一番じゃない。一番大事なのはそこで働いてる人だから。」

「あなたに優しくされたら落ち着けない。」「僕は、やっぱり君のことが好きなんだよね。」
「焼き肉が好き。焼肉は僕の事好きじゃないけど、僕は焼肉が好き。そういう意味で。」
「らしくないよ。」
「自分らしくて好きな人に好きって言えないなら、自分らしくなくても好きな人に好きって言いたい」
「そうやって続けていけば、それも僕らしくなってくと思うし。」

「でも差し支えなければ教えて欲しい。君は今、僕のことどう思ってる?」
「元気でいて欲しい。ちゃんと睡眠取って欲しい。野菜食べて欲しい。」
「好きだって言って、野菜食べなって言われるとは思わなかったな、。」

八作がとわ子の家を訪ねて来る

その後とわ子が家で仕事をしていると、八作が松前漬けのお土産を手に訪ねてきたが、家の柵に袋ごとお土産をひっかけて帰ろうとしたため、とわ子は追いかける。

とわ子の家に招き入れられた八作は、松前漬けをおかずにとわ子と一緒にご飯を食べる。最近周囲の人たちの健康に気を使い過ぎているとわ子は、八作に青汁を飲むように進めていた。

八作はあまりの苦さに、とわ子にも飲むように勧めて飲ませると、とわ子の口の端に青汁が垂れたため、ティッシュを取ろうとする八作。

するとティッシュと一緒にトロフィーが飾ってあったため、八作が手に取って見ると、そのトロフィーは「空野みじん子」の応募作品が佳作に選ばれた際に贈られたトロフィーだった。

帰り際、八作はとわ子に「元気?」と尋ねるが、とわ子はジッと黙りこくったままだ。

八作が「ごめんね。」ととわ子に告げると、とわ子も「ごめんね。」と返すのだった。

謎の男 X との再会

八作が帰ると、唄から電話があり、世界史の教科書を忘れたという。

翌日、唄は留守にしているものの、とわ子は足元も軽やかに唄に教科書を届けた。

その帰り道、いい感じのパン屋を見つけたとわ子は、そこでシナモンロールを1個買って、帰りのバスに乗った。

すると、そのバスには謎の男 X が同乗していて、乗客のあくびと背中かきと足ぷらぷらが何秒後に揃うのかを計算していた。

その問題を拝借し、計算し始めたとわ子は、気が付くと随分と乗り過ごしていたため、慌てて降りると、その謎の男 X も一緒に降りた。

とわ子が、バスにシナモンロールを忘れたため、あっと声にすると、謎の男 X が走ってバスに忘れたシナモンロールを取ってきてくれた。

その後、半分こしたシナモンロールを一緒に食べているうちに、話は好きなものの話となり、やがてこの人のために頑張ろうという人はいないか?と謎の男 X がとわ子に尋ねる。

とわ子は「かごめ、あっ、友達です」と言いかごめの話を始める。
「去年ね、亡くなっちゃったんですよ。すごく急だったんです。」
「昼間会った時は元気だったのに、その夜、急に。」
「母の時はだんだんだったから、心構えもあったんですけど…、かごめのときは、なんて言うか…」
とわ子は、幼稚園の時にマジックショーを見て、ハンカチが消えたことにショックを受け、あのハンカチどこへ行ったんだろうと泣いたという。そしてそのことと、かごめが突然亡くなったことがリンクしたと話す。
「同じなんです。あいつどこにいるんだろ、どこにいったんだろ?独りでどこ行っちゃったんだろ?」
「電話がかかってきてたんです。だけど私、その時別の人と一緒で、電話に出なかったんです」
「別の人と一緒にいたから、電話したくなかったんです。」
「なのに1年経って、時々忘れちゃってるときがあります。」
「へらへら笑ってて、「あっ、今あいつのこと忘れちゃった」って思い出して…」
「また独りにさせちゃったって思います。誰にも話せないし、すごく孤独です。」
「こんなんだったら、そっちに行ってあげたいよって思います。」

「みんな言うんですよね。まだ若かったしやり残したことがあったでしょうねって。」
「悔やまれますよね。残念ですよねって。」

そう話すとわ子に、謎の男 X は「いや、人間にはやり残したことなんてないと思います。」と告げる。
「過去とか、未来とか、現在とか、そういうのって、誰かが勝手に決めたことだと思うんです」
「時間って別に過ぎてゆくものじゃなくて、別のところにあるもんだと思うんです。」
「5歳のあなたと5歳の彼女は今も手をつないでいて。いつだって気持ちを伝えることができる」
「人生って、幸せな結末も悲しい結末もやり残したこともない。」
「あるのは、その人がどういう人だったかっていうことだけです。」
「だから人生には二つのルールがある。」
「亡くなった人を不幸だと思ってはならない。生きてる人は、幸せを目指さなければならない」

とわ子は謎の男 X の話を聞いていると、自分でも気付かない間に涙がこぼれていた。謎の男 X はハンカチを貸してくれた。

その夜、とわ子は久しぶりにベッドで眠ったのだ。

マディソンパートナーズの本部長が来社

翌日とわ子は、しろくまハウジングのオーナーが株式の51%をマディソンパートナーズに売却したと報告を受けた。

やがて、マディソンパートナーズから、株買収を指揮していた本部長がしろくまハウジングにやってきて、とわ子に「マディソンパートナーズの小鳥遊たかなしです。」と挨拶する。

その本部長・小鳥遊大史は、あの謎の男 X だった。

しかし、小鳥遊はとわ子に対し、初めて会ったかのような淡々とした口調で、しろくまハウジングに勤務する社員や元社員から、とわ子にパワハラを受けたと告発文が届いているという。

その内容は、どれもこれもこれまで円満に解決したモノや、みんなが納得して行っていたモノのハズなのに、小鳥遊は全てハラスメント案件なので、回答によってはとわ子の解任決議案を提出すると冷たく言い放つのだった。

翌日のラジオ体操で

その翌日、とわ子がラジオ体操をしていると、とわ子同様、ネジりの動作でみんなと違う動きをしている謎の男 X がいて、とわ子に気軽に挨拶し、解き応えのある数学の問題を渡す。

とわ子は不思議に思い、その男に尋ねる。
「あの、すいません。人違いだったら、ごめんなさい。」
「私昨日あなたにそっくりな方と、自分の会社でお会いしたんですけど。」
「あぁ、はい、僕ですね。」
「えっ、すいません。じゃあどうしてそんな風に話しかけてこられるんですか」
「えっ、だってあれは、昨日お会いしたのはビジネスじゃないですかこれはプライベートでしょ?」
「あっ、そうそう、これ食べます?おかかとツナマヨです。どっちがいいですか?」

『大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)』7話 感想

とわ子がかごめを失ってから1年が経ち、更には唄まで家を出て完全に独りぼっちになってしまったとわ子は、表面上はこれまでと同じように過ごしても、きっと心に大きな穴が空いているんだろうね。

かごめがいた頃には、そういう苦しい気持ちをかごめに話して来たんだろうけど、かごめがいなくなったいま、誰にも話すことができずに、心の中でくすぶり続けているんだろうな。

そんなとわ子の心情に、慎森も鹿太郎も気付いているけど、直接かごめのことを良く知らない2人は、本当の意味でとわ子に寄り添うことができずに、本当に悔しい思いをしているんじゃないかな。

慎森の成長

それでも慎森がとわ子と紙コップでワインを飲んでいる時に、これまでのようにひねくれた答えはせず、ちゃんととわ子と向き合い「自分らしくなくても、好きな人に好きって言いたい。そうやって続けて行けば、それも僕らしくなってくと思うし。」と言えるようになっていたなんて、1年前に餃子パーティーで言われ放題に言われていた頃に比べたら、随分慎森は成長したようだね。

鹿太郎と八作

対して鹿太郎は、相変わらず器が小さいままのようだし、他人に対する変な気遣いまでプラスされ、余計に面倒くさくなった気がしないでもないが…

一方八作は、自身もかごめを失った心の傷が癒えていないのか、以前にも増してなにも言えなくなってというか、言わなくなったような気がしますね。

とわ子の家で、かごめが佳作を受賞したトロフィーを見ても、何も言わずにそのまま元へ戻してたし…

ちなみに、とわ子の家を出る時に、お互いが「ごめん」って謝ってたけど、そのごめんは八作にしたら、自分の気持ちをとわ子に知られたので、一緒にかごめの事を悲しんであげれなくてごめんってことなのかな?

とわ子にしたら、八作にそんな気遣いをさせてしまってごめんってことなのかなぁ。

さらに、とわ子の第三者に対する健康への気遣いが過剰気味で、元夫たちにも、ご飯食べってる?とか野菜食べてる?とかちゃんと寝てる?とか色々言ってたけど、人って、さっきまで元気でも、急にいなくなっちゃうってことを、身をもって体験してしまったから怖くなっちゃってるんだろうね。

小鳥遊が話したこと

そんなとわ子が、元夫たちにも話せなかったかごめへの思いを謎の男 X = 小鳥遊 に話していたけど、彼にはなにか心を許せるものがあったのだろうか?逆によく分からない人だったから話しやすかったのかな?

その時 小鳥遊は、とわ子に時間は存在せず、あらゆる瞬間は等しく存在しているというような話をしていたけど、それって例えば時間軸が前後方向だとすると、実は人々は前後に進んでなくて一定の場所に留まり、横方向や縦方向、斜め方向に平行して並んでいて、現在の横などにある空間に5歳のとわ子とかごめがいるってこと??

たぶんだけど、そういうことより、単純に一緒に笑っていた2人のあの時間は、とわ子のすぐそばにあるということを言いたかったんじゃないかなと思う。

ただ、小鳥遊が数学好きだということで、こんな言い回しにしたんだろうね。

それ以上に一番言いたかったことは、きっと誰もがその一瞬一瞬を一生懸命に生きているんだから、亡くなったその人の人生を不幸だと思ってはいけないし、生きている人は自分が幸せになることを諦めてはいけない、幸せに向けて一生懸命生きて行かなければいけないということなんだろうね。

とまあ、とわ子の心を楽にしてあげることができた小鳥遊だけど、ビジネスとプライベートがここまで違うのには驚きました。

ラストでとわ子に会った時なんて、完全にこの間はどうもって、前日のビジネスで会ったのは無いことにして、バスで偶然に会った日のことから話を始めてたよね。

あれじゃあとわ子じゃなくても、昨日あなたにそっくりな方とお会いしたんですけどって聞いちゃうと思うけど、そのオンオフの使い分けできるところがとわ子の琴線に触れちゃうのかな?

全話ネタバレ感想やまめ夫に関する情報はこちら。

大豆田とわ子と三人の元夫
カンテレ制作でフジテレビ系の「火曜21時枠」で放送されている4月期ドラマ。松たか子さんが主演で、3回結婚し3回離婚しているバツ3の女性・大豆田とわ子を演じる。 そんなとわ子と、松田龍平...

『大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)』8話 予告・あらすじ

しろくまハウジングが外資系ファンド・マディソンパートナーズに買収されてしまった。さらに、その責任者で“企業買収の悪魔”と呼ばれる人物が、最近親しくなったばかりの大史(オダギリジョー)だと分かり、とわ子(松たか子)は驚きを隠せない。ところが、社長のとわ子に退任要求を突きつける一方で、ビジネスとプライベートは別だと言い切る大史。仕事以外では、今までと変わらずとわ子と親しくしたいという。とわ子もまた、大史と過ごした楽しい時間を忘れられず、その申し出を受けることにする。

そんな元妻の恋心を敏感に察した慎森(岡田将生)は、鹿太郎(角田晃広)をけしかけ、2人でとわ子のマンションへ。「好きな人、できた?」という直球質問にとわ子は…。

一方、大史は自社の社長からの「ある命令」に従うため、とわ子に相談を持ちかける。恩義を感じている相手からの指示とはいえ、あまりにも“自分”がない大史の姿勢に納得できないとわ子は、大史をマンションに招いて説得を試みることに。しかし、そこへ慎森と鹿太郎、さらには八作(松田龍平)もやってきて…。

引用:https://www.ktv.jp/mameo/story/8.html

「まめ夫」見逃し動画配信サービス

『大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)』を1話から見たいという方はFODプレミアムでどうぞ。

FODプレミアムの評判は?長年使ったからわかる、メリット・デメリット!
これまでFODを初めとし、HuluやNetflix…etc.など様々な動画配信サービスを利用してきた経験を踏まえ、評判や特徴、メリット・デメリットなどを書いて行きますので、参考になれば幸いで...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

無料トライアルはこちらからどうぞ
FOD 2週間無料トライアルに登録

コメント

タイトルとURLをコピーしました