ドラマ『ナイト・ドクター』8話あらすじ感想、ナイトドクターとしてみんなが目指す道


画像引用:Night Doctor – フジテレビ

『ナイト・ドクター』基本情報

2024年度から施行される医師の働き方改革が、医療界を悩ませている。柏桜会あさひ海浜病院では「365日24時間、どんな患者も断らない」という医療を目指し、医師たちが過労死寸前で崩壊間近の救急医療を立て直すべく、新たな働き方として夜間救急専門のチーム「ナイト・ドクター」を設立することとなり、訳ありの5人の医師たちが命に真摯に向き合っていく。

一方、医師も仕事を終えれば一人の人間として、家族や恋人、自分自身の悩みや問題に直面する。5人は長い時間を共に過ごしながら、絆を深め合い、医師として人として成長していく。その姿を描く作品。

『ナイト・ドクター』8話 ネタバレ・あらすじ

成瀬が脳外に行くかも知れないと知った美月は、やはり戻りたいのかと尋ねる。

成瀬は、行き場がなかった自分をナイト・ドクターとして迎えてくれた
本郷には恩がある、また八雲院長に対しても同じだと言い去っていく。

最初の脳疾患患者

美月が幸保にそのことを話すと、絶対に引き留めないと、まともなナイト・ドクターが
自分と美月だけになって、ナイト・ドクター制度が廃止になりかねないと心配する。

その時、深澤は美月とのキャンプのことばかり考えていたのだった。

その日の夜、岩田伸夫という60歳の男性が救急搬送されて来た。

検査の結果、くも膜下出血だったため、クリッピングすることになり
成瀬がオペを担当することになった。幸保は美月と一緒にサポートすると言う。

成瀬が開頭すると、CTでは仏の脳動脈瘤にみえていたが、そうではなく実際は
解離性脳動脈瘤で、無理にクリッピングすると、余計に頸動脈の亀裂が広がり
大量出血する危険性があると成瀬は口にする。

成瀬は患者・伸夫の妻・静香に、このままオペを進めると大量出血する
危険性があるため、翌朝以降に専門の脳外科医に任せると話す。

妻・静香は、治療ができないなら、何のためにここに運ばれて来たのか?
翌朝までに夫に何かあったらどうすのかと詰め寄るのだった。

複雑な成瀬の気持ち

翌朝後輩の里中に、患者を高梨部長にコンサルしたいと告げる。
里中は画像を見て、自分ができるからと患者の妻・静香に会わせるよう成瀬に告げる。

里中が静香に説明している姿を見ていた成瀬は、里中を複雑な目で見ていた。
そんな成瀬の姿を見た本郷は、成瀬に自分が本当にやりたいことをやるようにと告げるのだ。

心美の兄に対する思い

そんな中美月は、深澤と彼の妹・心美、そして心美の恋人・勇馬とキャンプを楽しんだ。

だが、心美がまとめてくれた、美月への深澤の
アピールポイントは、ことごとく失敗に終わってしまったのだ。

美月と2人っきりになった心美は、深澤がナイト・ドクターになってから生き生きしてると話す。

そして、もし深澤が弱音を吐いたり、仕事をやめそうになった時は
思いっきり活を入れてやって欲しいとお願いをするのだった。

その日の勤務に入った美月は、岩田伸夫のオペがどうなったかを幸保に尋ねる。

幸保は成瀬が嫉妬するくらい見事に、里中のオペが成功したという。

美月は成瀬が正しい答えを出せるよう、自分たちが
重荷にならないようにしないといけない と話すのだ。

二人目の脳疾患患者

そんな中嘉島がいる時間帯に、有名な料理人の安西尚道という患者が搬送されてきた。
嘉島は成瀬のオペを断り、脳外の高梨部長に連絡を入れる。

高梨部長は、戻れるのは明朝だから、朝まで患者を持たせろと嘉島に伝えるのだ。

そんな中、安西の意識レベルがさらに下がって来た。

安西の脳浮腫がさらに悪化し、このままだと脳ヘルニアになる恐れも出て来た。

成瀬は自分からオペを申し出るのだった。

急患の受け入れ要請が入る

そんな中、患者受け入れ要請の電話が入る。30代男性で四肢にまひがあり、
ショック状態の患者と、20代男性で胸部打撲で頻呼吸があり、顔面蒼白だという。

救急に居残っていた鹿島はお前らみたいなミジンコしかいないなら無理だと断るように告げる。

しかし深澤はその2人の患者を受け入れ、幸保と2人で処置にあたる。
やがて、桜庭もやってきて、無事に2人の患者の処置を終えたのだ。

成瀬、2度目のオペ断念

その頃、脳のオペをしていた成瀬は、腫瘍からの出血がひど過ぎるとオペの手を止めた。

その様子を見ていた嘉島は、緊急開頭しておいて何もしないなんて、
後でどう説明するつもりだ、オペを進めろと成瀬に命令する。

しかし成瀬は、執刀医として患者のためを思い、腫瘍からの出血を止め、
小脳の一部を摘出してからオペを中止するのだった。

その日の朝、急いで戻って来た脳外の高梨部長は、
オペの最新画像を見て、里中にすぐにオペの準備をするように命じる。

嘉島は「そんなにマズい状況なのか…」と心配するのだった。

安西のオペ終了

成瀬と美月がオペ室の前で、安西のオペが終わるのを待っていた。

やがえオペを終えた高梨部長が出て来て、里中も出てくる。

成瀬は「ありがとな、里中」と礼を告げる。
「いえ、お礼を言うのは、われわれの方です。」と里中。
「安西さんの腫瘍は、あのまま無理にオペをしていれば…」
「脳幹がひどく損傷され、障害が残る危険性がありました」
「だから、先輩は、あえて小脳だけを部分摘出して、脳圧を下げ」
「我々がすぐ処置に取り掛かれるよう、工夫してくださってたんですよね」

「それだけじゃありません。先輩たちが、朝まで丁寧に」
「安西さんの全身管理をしてくれたからこそ、我々はすぐにオペに移れました」
「こんなにありがたいバトンはありませんよ。」
「優秀な医者が夜にいてくださって、本当によかったです。ありがとうございました」

その後安西の見舞いに、院長の八雲が訪れる。
「これでまた、八雲さんに、おいしい料理を食べて頂けますよ」と安西。
「それは良かった。行きつけの店がなくなるほど、悲しいことはありませんからね」

安西は、高梨部長から、お礼を言うなら自分ではなく、
体調を夜通し管理してくれた先生方に言ってくれと言われたと話す。

「それで、今 その先生たち、どこにいらっしゃるんですか?」
「彼らなら帰りましたよ。」 「帰った?」
「彼らは、朝まで患者の命をつなぐスペシャリスト」
「夜間専門の医師、ナイト・ドクターですから。」

ラストネタバレ

仕事が終わった5人は、屋上で流しそうめんをする。

そこで幸保が成瀬に、脳外に戻る話はどうなったかと尋ねる。

成瀬は、ナイト・ドクターを続けると話すと同時に
脳外の方も諦める気はなく、シフトを調整して研修に行くと話す。

すると深澤が、ナイト・ドクターを続けながら、
いつか心美の病気を治せる医者になることを目指すという。

桜庭は、経営者とナイト・ドクターの二刀流となると告げる。

幸保は、絶対に今の仕事を続けながら、結婚して幸せな家庭を築いて見せると宣言するのだった。

《今と言う時代の同じ場所にいる私たちは》
《いったどのくらいの偶然が重なりこうして出会ったのだろうか》
《この時の私たちは、間違いなく同じ場所で、同じ方向を見つめていたんだ》
《日本の救急医療の未来を変えるために》

その日、深澤が勤務をしていると、突然心美の容体が悪化し、深澤が呼ばれた。

《でも、この夜を境に、私たちは思い知ることとなる》
《この5人の出会いは…、単なる偶然なんかではなかったということを》

『ナイト・ドクター』8話 感想

今回はなんと言っても成瀬がカッコ良かった回でした\(@^0^@)/

一度目は、脳のオペ時は自分の技量不足のため、悔しい思いをしたことでしょうが
二度目の脳のオペは、自分の技量の限界と向き合いつつ、脳外部長のオペにつながるよう
しっかりと計算しつくし、まるでリレーのようにオペのバトンをつなぐ姿が感動的でした。

これにより、夜のちゃんとした知識のあるドクターの必要性がしっかりと描き上げられ
ナイト・ドクターが、単なる夜勤の医師ではなく、日勤の医師とは違う高度な医療知識と
自分の役割に沿った確かな医療技術が必要だということをしっかりと知らしめてくれました。

それと同時に、日勤の医師で、自分では優秀だと言っていた嘉島のダメさ加減が
遺憾なく発揮された回でもありました。
(まあ、嘉島はナイト・ドクターの引き立て役ですからね)

また、徐々にチームの絆も強まって来ていて、前回はみんなで現状のことや
将来の目標など離していたけど、今回は、ナイト・ドクターをしながら何を
したいかと、ナイト・ドクターありきになってきていたのもなにか仲間意識が
強まっているのが感じられるうえ、ナイト・ドクターに誇りさえ持っているのが伺えます。

一方、今回のキャンプのシーンはなんか楽しそうで良かったですね。

まあ、深澤が美月にいいとこを見せようとしても、
ことごとく反対方向へ進んでしまうのも面白かったけど。

ただこのキャンプの楽しさが、今回ラストで心美の病状が悪化し、
次回へつながっていく物語の伏線だと考えると、ちょっと複雑な気がします。

とりあえずは、手術により心美は安定するようだけど、
ドナーの意思を示す示さないで、深澤にひと悶着あるようです。

これに心臓の提供を受けた桜庭の気持ちや、母親がドナーになった
美月の母との問題が複雑に絡み合ってきそうなので、ここから
どんな風に進んで行くのか次回もスゴく気になりますね。

「ナイト・ドクター」登場人物・キャスト ゲスト

朝倉美月 … 波留
成瀬暁人 … 田中圭
深澤新 … 岸優太(King & Prince)
桜庭瞬 … 北村匠海
高岡幸保 … 岡崎紗絵
本郷亨 … 沢村一樹
桜庭麗子 … 真矢ミキ
八雲徳人 … 小野武彦
嘉島征規 … 梶原善
根岸進次郎 … 一ノ瀬颯
益田舞子 … 野呂佳代
新村風太 … 櫻井海音
深澤心美 … 原菜乃華
岡本勇馬 … 宮世琉弥
佐野大輔 … 戸塚純貴
青山北斗 … 竹財輝之助

登場人物の詳細はこちら

フジ月9ドラマ『ナイト・ドクター』登場人物・キャスト、相関図!
2024年度から施行される医師の働き方改革が、医療界を悩ませている。柏桜会あさひ海浜病院では「365日24時間、どんな患者も断らない」という医療を目指し、医師たちが過労死寸前で崩壊間近の救急...

8話ゲスト

安西尚道 / 橋爪淳

八雲院長も通うお店の有名な料理人。

里中悟 / 古舘佑太郎

あさひ海浜病院の脳外科医で、成瀬の後輩。

星崎比呂 / 泉澤祐希

横浜市消防局の新人救命士

「ナイト・ドクター」見逃し動画配信サービス

『ナイト・ドクター』を1話から見たいという方はFODプレミアムでどうぞ。

FODプレミアムの評判は?長年使ったからわかる、メリット・デメリット!
これまでFODを初めとし、HuluやNetflix…etc.など様々な動画配信サービスを利用してきた経験を踏まえ、評判や特徴、メリット・デメリットなどを書いて行きますので、参考になれば幸いで...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

無料トライアルはこちらからどうぞ
FOD 2週間無料トライアルに登録

コメント