ドラマ『プロミス・シンデレラ』8話感想、壱成が早梅にキスをする!?


画像引用:火曜ドラマ「プロミス・シンデレラ」|TBSテレビ

基本情報

無一文、無職、宿無し、バツイチ!そんな人生がけっぷちのアラサー女子が、行き場がなく路上生活をしていると、性格の悪い金持ち男子高校生に拾われ、リアル人生ゲームをすることに…

これからの彼女の人生には、いったいどんな事態が待ち受けているのだろうか?

ドラマ『プロミス・シンデレラ』登場人物・キャスト、相関図、全話視聴率
無一文、無職、宿無し、バツイチ!そんな人生がけっぷちのアラサー女子が、性格の悪い金持ち男子高校生に拾われ、リアル人生ゲームをすることに… 彼女の人生には、これからどんな人生が待ち受けているの...

『プロミス・シンデレラ』登場人物・キャスト

桂木早梅 … 二階堂ふみ
片岡壱成 … 眞栄田郷敦
片岡成吾 … 岩田剛典
片岡悦子 … 三田佳子
吉寅英二 … 高橋克実
藤田明美 … 友近
坂村まひろ … 松村沙友理
千葉望 … 森カンナ
松野茜 … 堺小春
黒瀬洸也 … 金子ノブアキ
野田健介 … 瀧澤翼
安達桃花 … 平川結月
篠崎千里 … 染野有来
下山和樹 … 青木柚
今井正弘 … 井之脇海

登場人物・キャストの詳細はこちらから。

ドラマ『プロミス・シンデレラ』登場人物・キャスト、相関図、全話視聴率
無一文、無職、宿無し、バツイチ!そんな人生がけっぷちのアラサー女子が、性格の悪い金持ち男子高校生に拾われ、リアル人生ゲームをすることに… 彼女の人生には、これからどんな人生が待ち受けているの...

『プロミス・シンデレラ』8話 あらすじ、ネタバレ

花火大会の日、この日はみんなどこかワクワクしていた。

花火大会に行くのなら、協賛企業の役得で、
従業員は特別席で花火を見れると、早梅を誘う成吾。

だが、壱成との約束があるため、先約があると早梅は断る。

壱成との花火大会

家に帰りついた早梅を悦子と寅吉が待っていて、壱成と花火に行くのなら
色々準備をしないと と言い、2人で引っ張って早梅を連れて行くのだった。

その後、家に帰りついた壱成は、部屋に誰の姿も見えなかったので留守だと思う。

壱成は、早梅と恋人つなぎで手をつなぐことを想像する。
「いやあ、やっぱ、しょっぱなに、これはねーか。」と壱成。

すると、後ろから「ありよ、あり」と悦子の声がする。
続いて「私も、ありかと存じます」と寅吉の声まで。

そう告げ、準備が整った早梅を悦子と寅吉が呼ぶ。

階段を降りて来た早梅の浴衣姿に思わず見とれてしまう壱成。

2人で出店を回りながら、早梅との距離をなんとか縮めたいが、
中々行動に移す勇気はない壱成。

そんな壱成の思いなどまったく気づかない早梅は、
子どもの頃以来の露店で大はしゃぎするのだ。

花火大会の成吾と菊乃

一方花火大会の運営本部では、成吾がほかの運営委員たちとビールを飲んでいた。

その時そこに菊乃が現れ、成吾の隣に座り、成吾をジッと見つめる。

成吾の頭の中で、以前の2人の会話がフラッシュバックする。
《全部、仕組んでたのか?彼女が離婚することになったのも、旅館でのトラブルも》
《そう。何もかも、あなたのために。》
《何が俺のためだ》
《あなた、早梅さんが欲しいんでしょ?もっと自分に素直になったら?》
《あなたの幸せのためなら、私は何だってするわ》

壱成と早梅の距離が縮む?

その頃壱成と早梅は「借金マイナス10万円」をかけた射的勝負を始めようとしていた。
そこに黒瀬とまひろが現れ、まひろが1等のぬいぐるみを取ってと言う。

10万円をかけた射的勝負は、早梅の圧倒的な勝利に終わった。

射的勝負を終えた早梅と壱成。
早梅が足をケガしたことで2人は休憩することになった。

早梅は自分の足のことで壱成に迷惑をかけたことを謝り
「キレイな浴衣、着させてもらって舞い上がってたのかな?」
「慣れないことするもんじゃないね、似合わないのに」
と壱成に告げると、壱成が
「似合ってる…。似合ってるし、キレイなんじゃね?」
と褒めたため、テレる早梅。
「何言ってるの?お世辞言っても何もでませんよ」
「お世辞じゃねーよ。本気でキレイだって言ってんだ」
壱成はそう早梅に告げ、トイレへ行く。

壱成から急に浴衣姿を「キレイ」だと褒められた早梅は、急にドキドキし始め戸惑う。

企む菊乃

するとそこに菊乃が現れ、早梅の隣に座る。
菊乃は 成吾もいて、運営委員の人たちにお酒を飲まされて大変そうだという。
そして「誰かが支えになってあげられればいいんだけどね」と告げると、
早梅はそろそろ行くと立ち上がる。菊乃も立ち上がり、2人は別れる。

早梅の姿が見えなくなると、菊乃は早梅から盗んだスマホを取り出し、壱成から届いた、
トイレが混んでるからあと5分で戻るというメッセージを見て、不敵な笑みを浮かべるのだ。

その頃、旅館では早梅とシフトを代わった松野茜が、
早梅のロッカーを開け、早梅の制服に墨汁をかけようとしていた。

丁度そこに千葉望がやってきて
「何やってんの?そこ、桂木さんのロッカーでしょ」と声をかける。

慌てた茜は、言い訳を始める。
「桂木さんが悪いんです。千葉さんも言ってたじゃないですか気に食わないって」
「だから、私…」

その言葉を聞いた望は、茜に問いただす。
「もしかして、意見箱に桂木さんへの苦情を入れたのって、松野さんだったの?」
そして、早梅が入りたての頃、西園寺からの予約のメモを隠したのも茜だったのかと尋ねる。

「ごめんなさい。私も、ホントはこんなことしたくなかったんです」
「でも…、頼まれて。」 「頼まれたって、誰に?」

壱成を誘惑し、早梅を突き落とす菊乃

その頃、トイレから出た壱成が早梅を探していると、菊乃がぶつかってきて倒れる。

菊乃は足をひねって痛くしたからと、壱成にあっちのベンチまで肩を貸して欲しいという。

菊乃は年上の女ってどう思うと言い、壱成を誘惑しようとするが、
そういうことしたい年上の女はあんたじゃないと突っぱねる。

「何がしたいのか知んねーけど、成吾のことが好きなんだろ?」
「そうよ、だからあなたも協力して、成吾の幸せのために」

そう言って、自分みたいに相手の幸せを願って身を引くように壱成に告げるが、
壱成は、好きな人の全部が欲しくなると行ってしまう。

その後菊乃は早梅に声をかけ、壱成から合流場所を教えてあげて欲しいと
頼まれたからと言い、秘密の場所だと言って早梅を山の上まで案内する。

菊乃は「あなたはいいわね、誰からも好かれて。私とは大違い」と告げると
早梅を山から突き落とすのだった。

早梅を探す壱成たち

祭り会場まで戻った菊乃を見かけた成吾が菊乃に声をかけると
「早梅さんが、足を滑らせて落ちてしまって」と話す。
「お前が何かしたのか?どこだ!」と尋ねる成吾。

一方、壱成は黒瀬やまひろと再会し、三人で手分けして探そうと言うが、
黒瀬とまひろは、アナウンスした方が早いとお祭り本部へと行く。

するとそこに菊乃がいて、早梅のスマホを落とし物の中から拾い出し
「これ、もしかして早梅ちゃんのスマホじゃない?」と2人に渡す。

一方壱成は、茶房でアルバイトしている山ノ井さくらから、
早梅が菊乃と山の方へ向かったと聞かされ、山へと向かう。

成吾、早梅を見つける

その頃、足を痛めた中、必死で山を登っていた早梅を成吾が見つけた。
「どうして?」と尋ねる早梅に、成吾は
「菊乃から聞いたんだ。早梅が足を滑らせたって…、違うのか?」
「滑らせたっていうより、体感としては、突き落とされたような」

そういうと早梅は花火の時間を気にする。

そんな早梅を成吾は抱き上げ、ベンチのある場所まで連れて行く。
「すまない」と成吾。
「何で謝るの?」
「いや、全て俺のせいなんだ。謝らなきゃいけないことがたくさんある」
「10年前のことも、再会してからのことも」
「何?」
「俺が守るから、今度こそ必ず」

成吾は、一緒にベンチに座る早梅にキスをしようとするが、早梅に拒まれる。

「分かってる。早梅が他の男を見ているのは。でも俺は、早梅のことが好きだ」

その時、成吾のスマホに黒瀬から着信が入る。

菊乃、みんなに疑われる

無事に下まで降りてくることが出来た早梅は、黒瀬とまひろ、菊乃と成吾に囲まれる。

黒瀬は菊乃に「何で菊乃さん、一緒に戻ってこなかったんですか?」と問い詰める。
「詰所でのんきに酒飲んでる場合じゃなかったでしょ」
「俺と、まひろちゃんに、早梅ちゃんの事故の事黙ってたのも謎だし」
「どういうことすか?これ」

「なんだか色々、誤解されてるみたいね。今日はもう失礼します」
「早梅さん、ケガお大事にね」
そう告げて、菊乃は帰ってしまった。
成吾はもうすぐ吉寅が迎えに来ると言い残し、帰って行く菊乃を追いかけていく。
成吾と入れ違いに、壱成が駆け付け「大丈夫かよお前」と早梅に声をかける。

一方、菊乃に追いついた成吾に菊乃は告げる。
「せっかく、二人っきりにしてあげたのに」
「二度と早梅には近づくな。今後は旅館への出入りもやめてもらう」
「あなたの幸せを、ずっと考えてるのは、私だけなのよ」
「もう、お前の思い通りにはさせない。これ以上、早梅を傷つけるな」
そう告げると、成吾は去って行った。

ラストネタバレ

その頃壱成は早梅に
「バカじゃねえの?伝言頼まれたから案内するとか…」
「少し考えりゃ、不自然だって分かんだろうが」
「はい、おっしゃる通りです」

そこに成吾が現れ、迎えに来たと話す。

早梅は肩を貸すという成吾の申し出を断る。

立ち上がろうとする早梅だが、足が痛い。

そんな早梅を「俺が連れてく」と言い壱成が担ぎ上げる。

「ちょっと恥ずかしいって」
「ここで、お姫様だっこされるよりマシだろ」

家に戻り、壱成が早梅の足の治療をしながら話しかける。
「お前さあ、成吾のこと、どう思ってんの?」
「あいつに何されたか知んねーけど、お前はどうなんだよ?」
「老舗旅館の後継者だし、年も近いし、10年前の初恋の相手なんだろ」
「付き合いたいって思わねーの?」
「前にも言ったでしょ、昔は昔だって。今の気持ちはまた別だから」
「今の気持ちって?」

壱成はそう言うと、突然早梅にキスをする。
「俺の気持ちははっきりしてる」
「だから、テメーは、俺のことだけ見とけよ」
「バカ女」

『プロミス・シンデレラ』8話 感想

んー、花火回なので確かに原作でも早梅を山から突き落とすという
内容だったけど、まさかドラマ版でも菊乃が山から早梅を突き落とすとは
予想外でしたΣ( ̄□ ̄|||)

今回のことで、菊乃の立場がかなり危うくなったと思うんだけど。

今回、一緒に花火を見に行くことになったことで、
成吾よりもかなり壱成を意識していた早梅だけど、
成吾のキスを断ったところからも、もう成吾には
気持ちはなさそうですね。

その上、ラストで壱成が早梅にキスするとか…

まあ原作通りって言えばそうなんだけど、どうせなら
このまま男らしい壱成でいって欲しいなと思うワケですよ。

ということで、予告を見てみたところ、書いてある限りでは
原作のようなヘタレ壱成にならないようなのでひと安心ではあるけど、
まだ2話も残っているから、どんな大どんでん返しがあるのかは不明。

そして次回、いよいよ菊乃の過去が語られるようだけど、
はたして原作通りにいじめられっ子だったのか?って
いじめられていたフラッシュバックがあったから
いじめられていたのは間違いないか…

じゃあ、原作通りに菊乃(明)を唯一人間扱い?友達扱い?してくれたのが
成吾だったというエピソードはあるのか、そして菊乃は壱成たちが悦子と
暮らす片岡家のお手伝いさんになるのか?

そして、壱成が会いに行くという人物は……まあ、一人しかいないか。

『プロミス・シンデレラ』見逃し動画配信サービス

『プロミス・シンデレラ』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

Paravi(パラビ)の評判は?長く使っているからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。 また、...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

Paraviの詳細や無料体験はこちらからどうぞ
Paraviを試す

コメント