『ラジエーションハウスⅡ』4話ネタバレ感想、母の想いとたまきの幸せ!


画像引用:ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~ – フジテレビ
『ラジエーションハウスⅡ』基本情報

あの変わり者で、医師免許を持っている天才放射線技師が戻って来た。
日本に帰国し、甘春総合病院への復帰した唯織だったが、当時 院長だった大森渚に代わる新院長の灰島は、放射線科医はいらないと、読影はすべて外部に委託し、ラジエーションハウスも規模を縮小されていたが、やがて全員戻ってきた。
この先、また前のように仲間たちが力を合わせ、難しい症例を発見していくのだろうか?

『ラジエーションハウスⅡ』4話あらすじ

唯織(窪田正孝)たちが働く、甘春総合病院のラジエーションハウスに、たまき(山口紗弥加)の母・るり子(中田喜子)が突然訪ねてくる。

るり子は、いまだ独身のたまきを心配し、親同伴の見合いをセッティングしてくれるという結婚相談所のパンフレットを無理矢理たまきに手渡す。

「誰とも結婚する気がない」と反発するたまきに、「いま結婚しないと、一生独身で孤独死まっしぐらだ!」と言い放つるり子。

実は前夜、自宅マンションでぎっくり腰を起こし、他に頼る人がいなかったため、小野寺(遠藤憲一)に助けを求めたばかりのたまきだったが、唯織だけでなく、辻村(鈴木伸之)らにもたまきとの結婚を持ちかけるるり子にイライラを募らせる。

そんな中、堀田成美(臼田あさ美)が夫の誠司(忍成修吾)に付き添われて救急搬送されてくる。

弁護士の夫を持ち、ふたりの子宝に恵まれた成美は、パティシエの仕事を辞め、いまは育児に専念しているという。

絵に描いたような幸せを手にしている美男美女夫婦をうらやましがる軒下(浜野謙太)や田中(八嶋智人)たち。

腹痛を訴えていた成美のレントゲン写真を見た杏(本田翼)は、便秘だと判断。成美は人より腸が長いこともあり、便秘になりやすいのだという。

それを聞いた唯織は、便秘の原因のひとつに大腸がんがあり、成美が40歳であることも考慮し、「一度きちんと大腸の検査をした方がいいのではないか」と杏に進言する。

それを受け、杏は成美に検査を勧めるが……。

ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~ | ストーリー - フジテレビ
ストーリー | ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~ - オフィシャルサイト。毎週月曜よる9時放送。出演:窪田正孝 本田翼

『ラジエーションハウスⅡ』4話 ネタバレ

検査を断った堀田成美

杏から大腸検査を勧められた成美は、検査がまる1日かかると言うことを聞き、
子供2人の面倒を見なければいけないこと、忙しく働いている主人がいることで、
病気かどうかも分からないのに1日かけて検査を受けるわけにはいかないし、
ちょっと恥ずかしいと断ってしまった。

杏から成美が検査を断ったと聞かされた唯織は、
「そうやって大腸検査って後回しにされがちですよね」
「本来大腸がんは、早期に発見して治療してれば、9割以上は治ります」
「にもかかわらず、女性のがん死亡率1位にあげられてしまうのは」
「そうした検査のちゅうちょが、少なからず起因してるんだと思います」
「堀田さんが、後になって後悔することがないように」
「大腸内視鏡検査を受けてもらうことが一番安全なんですけどね」
と話す。

裕乃も「もっと気軽に受けられる検査があればいいんですけどね」
と口にするのだった。

大森渚医師に隠し子が?

そんな中、鏑木副院長は、大森渚医師が足げく通う病室503号室前で待ち、
大森医師に声をかける。
「灰島院長が、あなたのことを勘ぐってます」
「どうして院長の座を捨ててまで、ワシントンに渡ったのか」
「その理由が、その部屋にあるんですね?」
「どうして、そこまで1人の患者に…」
「実は…、私の子供なの」と渚。

しかしすぐに
「あらやだ、冗談よ」
そう告げると、鏑木の前から大急ぎで去って行ったのだ。

たまきの母・るり子が倒れる

その後、たまきの母・るり子が病院の中でたまきを待ち伏せしていた。

たまきに結婚相談所に登録するまで帰らないと言い張るるり子。

その場にラジエーションハウスのみんなが集まって来たため、全員で食事に行くことに。

食事の席で、るり子は全技師にたまきとの結婚を勧めて来るが、
全員言葉を濁したため、「そんなに駄目かしら」と気を落とす。

たまきは「もういい帰る」と言い席を立つと、るり子がたまきを追いかける
その時、椅子につまずき、バランスを崩し倒れて頭を打ち、るり子は意識を失ってしまった。

一方ラジエーションハウスで、どうすればもっと気軽に大腸検査を
受けてもらえるかを考えていた唯織のところへ杏がやってくる。

その時杏の電話に、るり子が倒れたという連絡が入り、至急
ラジエーションハウスで、検査することとなった。

倒れた時に反射的に手が出ずに、手をついていなかったことや、
腕のしびれ・肩の痛みが見られたことから、脳梗塞や脊柱管狭窄が疑われた。

そのため頭部と脊椎のMRI検査が追加されたが、結果 るり子の頭蓋内に異常はなかった。

しかしレントゲンで、両肩の動脈が狭くなっているのがみられたため、恐らくミカン畑の仕事で
知らず知らず肩に負担がかかっていたんだろうから、姿勢さえ気を付ければ治るだろうという。

母の想い

その後母親の病室ないを覗いたたまきは、ぽつりと「頼りない娘でごめん」とつぶやく。

すると、既に目を覚ましていたるり子は「ホント…、勘弁して欲しいわ。」と答える。

「起きてたの?」と驚くたまきにるり子は話を続ける。
「私は、たまきの花嫁姿が見たいわけでも、孫の顔が見たいわけでもないの」
「じゃあ、どうして」
「ここ最近、身体が思うように動かなくなって、急に心配になったのよ。」
「もし…、たまきがこんな風になったら、いったい誰があなたを支えるんだろって。」

その後、裕乃が荷物をるり子の部屋に届けてから、廊下に出ると
るり子と一緒にご飯を食べていたみんなが様子を見に来ていて
裕乃から問題ないと聞き、安心して帰って行った。

検査の意義

その頃、たまきは唯織に
「結婚なんて、何のメリットもないと思ってた。」
「でも、親を安心させるためにはさ、こういうのもありなのかも」
と話していた。

唯織はたまきに
「結婚したら安心ってできるんですか?」
「夫婦仲がうまくいく保証なんてどこにもないですよね?」
「子供のことを思う限り、たぶん…」
「たぶんですけど、親の心配って、尽きないんだと思います」

そう告げながらも唯織は大腸検査のことをずっと調べていた。

その様子を見ていたたまきは「まだ調べてんの?本人が望んでもいないのに」と口にする。

「検査は病気を見つけるためだけにあるんじゃないと思ってます。」
「検査して、健康だって分かったら、その人は元気になれます。
「で、その周りの人たちは安心できます。」

「ふん、確かにね」とたまき。
「大腸検査もさ、レントゲンみたいにパパッと写真で撮れちゃえばいいのにね」

その言葉を聞いた唯織は
「そっか、そうですよね。僕たちには写真があるじゃないっすか」
そうつぶやき、たまきに「ありがとうございます」とお礼を告げる。

負担の少ない検査を成美に進める杏と唯織

その後、唯織は杏に自分の思い付きを話し、たまきにも力を貸すように願いする。

数日後、堀田夫妻を呼んだ杏は、成美にCPコロノグラフィ検査という、腸内にガスを入れ
CT撮影してから、腸の中の3D画像を作成するというもので、服用する下剤も半分程度で済み
検査自体も10分ほどで終わるという検査を勧める。

夫の誠司は、病気があるわけでもないし子育てで忙しいんだから、
そんな検査をやる必要ないと、まったく相手にする気がない。

しかしたまきが、成美に
「ホントはおなかに、不安を抱えてるんですよね?」
「救急車で運ばれるほどの痛みを経験された方が、不安じゃないはずないと思うんです」

成美はその言葉で検査を決意し、全てをたまきに任せるのだ。

そのたまきが的確に指示を出し、てきぱきと検査をする様子をるり子は見守るのだった。

安心を手にする成美

検査が終わり、杏が成美に画像を見せ、小さなポリープ一つない綺麗な腸だと説明をする。

すると夫の誠司が、やっぱり無駄な検査だった、
ホントは検査料を稼ぎたいだけだったんじゃないかと文句を言う。

そこにるり子が現れ「無駄な検査じゃなりませんよ。」と訴える。
「おかげで、あなたの奥さん、これから毎日安心して過ごせるんです」
「お子さんも、あなたもその方が幸せでしょ?」

るり子の意見に返す言葉がない誠司。

成美はたまきにお礼を告げる。
「ありがとうございます。」
「正直…、家のことや子供の世話に追われて、自分のことは後回しにしてました。」
「でも、ここにいる皆さんが、私のことを心配して」
「検査を勧めてくれたことが、何よりも嬉しかったです」

「それと、私、黒羽さんが羨ましいです。」
「仕事に一生懸命で生き生きとされてて。そういうカッコイイ女性に私もなりたかったです」

ラストネタバレ

その日、帰ろうとする唯織を杏が呼び止め、CPコロノグラフィ検査などを
含めた新しい大腸検査のパンフレットを作ったと見せに来た。

唯織が「とてもいいと思います。」と感想を言うと、杏は
「よかった。これを消化器内科の先生に提案してみようと思います。」
と告げ、続けて
「また、助けられてしまいましたね。」と伝えるのだった。

その後、るり子が退院していく日、たまきは玄関まで見送りに行った。

たまきは、痛みが減って楽になったから、またミカン作らなきゃというるり子に
「無理しないでよ。」と告げる。

続けて
「それからさ、私のことなんだけど、もうホントに心配しなくていいから」
「こう見えて、私、結構幸せで。」

るり子はたまきに「もう、じゅうぶん分かった」と言い
結婚相談所の申込書をビリビリに破いてしまった。

るり子は見送りに来たラジハチームに
「不出来な娘ですけど、よろしくお願いします。」
と言い残して帰って行った。

それから暫くして、るり子から箱いっぱいのミカンが届く。

みんながそれぞれミカンをもらったあと、たまきが箱を下ろそうと持ち上げた瞬間
再びたまきの腰に痛みが走り、ぎっくり腰が再発してしまったのだった。

『ラジエーションハウスⅡ』4話 感想

やはり母親が子供を思う気持ちって偉大だなぁと思いながら見終えました。

世間から見たら、たまき本人がいいって言ってるんだったらそれでいいだろうと思うけど
母親としては、自分の今は娘の将来だと思っちゃうから、お節介も焼きたくなるんでしょうね。

それでも最後は、たまきの生き方や良い仲間たちに囲まれて幸せに仕事していることを
キチンと知ることができ、ちゃんとたまきのことを認めてくれたので良かったですね。

また、今回運ばれてきた成美の夫・誠司はちょっと嫌なヤツでしたね。
奥さんに異常がなかったんだから、素直に喜べばいいのに。

そしてその役を忍成修吾さんが演じるという…

役柄的に合ってるし、上手いけど、こんな役が多い忍成さんがちょっと可哀想な気も…

***

まあ実際問題、大腸の内視鏡検査ってやっぱり抵抗がありますよね。

下剤をたくさん飲むのもかなりつらそうだけど、
内視鏡を入れられるのはなんだかんだ言っても嫌ですよね。

でも、CPコロノグラフィ検査だったらやってもいいかな?

この先、医学やテクノロジーの進化によって、
色々な検査がもっと楽で、手軽になればいいですね。

「ラジエーションハウスⅡ」登場人物・キャスト ゲスト

五十嵐唯織 … 窪田 正孝
甘春杏 … 本田?翼
広瀬裕乃 … 広瀬アリス
軒下吾郎 … 浜野 謙太
威能圭 … 丸山 智己
悠木倫 … 矢野 聖人
黒羽たまき … 山口紗弥加
小野寺俊夫 … 遠藤 憲一
辻村駿太郎 … 鈴木 伸之
田中福男 … 八嶋 智人
灰島将人 … 髙嶋 政宏
鏑木安富 … 浅野 和之
大森渚 … 和久井映見

4話ゲスト

黒羽るり子 / 中田喜子

黒羽たまきの母。地元でミカンを作っているが、年のためミカン作りを引退しようとしていた。

堀田成美 / 臼田あさ美

腹痛のために救急搬送されてきた女性。弁護士の夫と2人の子供がいる。

堀田誠司 / 忍成修吾

成美の夫で弁護士。

「ラジエーションハウスⅡ」見逃し動画配信サービス

『ラジエーションハウスⅡ』を1話から見たいという方はFODプレミアムでどうぞ。

FODプレミアムの評判は?長年使ったからわかる、メリット・デメリット!
これまでFODを初めとし、HuluやNetflix…etc.など様々な動画配信サービスを利用してきた経験を踏まえ、評判や特徴、メリット・デメリットなどを書いて行きますので、参考になれば幸いで...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

無料トライアルはこちらからどうぞ
FOD 2週間無料トライアルに登録

コメント