ドラマ『リコカツ』3話 感想ネタバレ。紘一と咲の距離が縮まるか?


画像引用:金曜ドラマ「リコカツ」|TBSテレビ

基本情報

雑誌編集者の水口咲は、自衛官の緒原紘一と運命的な出会いをし、ほぼ交際ゼロ日でスピード結婚したのだが、早くも離婚!?

運命的な出会いをきっかけに、華やかな結婚式を終え、幸せな新婚生活が始まると思われたのだが、同じ家で暮らし始めた二人は、互いの生活習慣の違いや、結婚生活に求める価値観の違いにより意見が食い違い、大げんかとなり新婚早々離婚を決意する。

『リコカツ』登場人物・キャスト

緒原(水口)咲 … 北川景子
緒原紘一 … 永山瑛太
青山 貴也 … 高橋光臣
水無月 連 … 白洲 迅
三本木 なつみ … 大野いと
一ノ瀬 純 … 田辺桃子
城木 里奈 … 中田クルミ
大崎 哲郎 … 松永天馬
立川 誠実 … 中山麻聖
重森 敦 … 菅原卓磨
早乙女 大 … 池田 大
狩場 学 … 吉田涼哉
谷 雅樹 … 柴田勇貴
鹿浜 梓 … 夏野琴子
鹿浜 楓 … 平岩 紙
緒原 薫 … 宮崎美子
緒原 正 … 酒向 芳
水口 美土里 … 三石琴乃
水口 武史 … 佐野史郎
松山あざみ … 松川星

登場人物の詳細についてはこちら。
TBS金曜ドラマ『リコカツ』登場人物・キャスト、相関図
画像引用:金曜ドラマ「リコカツ」|TBSテレビ 雑誌編集者の水口咲は、自衛官の緒原紘一と運命的な出会いをし、ほぼ交際ゼロ日でスピード結婚したのだが、早くも離婚!? 運命的な出会いをきっ...

『リコカツ』3話・ネタバレ

キャンプ後の夜、スマホでSNSを見ていた咲は、その中に紘一の母・薫の姿を見つけ「これ、お義母さんじゃない?」と箱根の旅館で働いている薫の写真を見せる。

紘一と咲の新居に美土里が居候

そんな時、咲の母・美土里が2人の新居にやって来て「私、ここに住むから」と言い出す。

原因は夫・武史が浮気をした上、美土里が2人を撮影していると「なんか、浮気の決定的な証拠 撮られちゃったなぁ~。」と武史が悪びれるそぶりもなく言ったことが許せないらしく、離婚する気らしい。

その夜、咲と紘一の2人がベッドの上で、紘一の母・薫が写っているSNSを見ていると、箱根の「陣屋」という旅館で働いているらしいことが判明した。

すると、突然 咲の母・美土里が部屋に入ってきて、見ていたSNSに目をやり「あら?これ「陣屋」?もしかして、新婚旅行 行くの?」いいわよ、いいわよ。行ってらっしゃい。お留守番はちゃんとしとくから。」と2人の後押しするのだった。

紘一と貴也が親密に!?

翌朝 紘一が、父・正に電話し、母を迎えに行くようにお願いすると、正はメンツを気にして迎えに行くことを拒否したため、結局、紘一と咲が休暇を取って会いに行くことになったのだ。

そんな中、同じスポーツジムに通っている紘一と貴也は親密度を増し、サウナの中で貴也は「商売柄、離婚の話ばかり聞くので、結婚の決め手というか、今までの人と何が違うのかな?」と尋ねる。

すると紘一は「分かりません。彼女が初めて付き合った人なんで。付き合った人とは結婚しようと決めていました。」と答える。

貴也は「すごいな」と言い、4か月前に別れた彼女が結婚したがっていたことに気付かなかったことや、別れようと言われた時に引き留めなかったことの後悔を口にする。

紘一が「まだ好きなんですか?」と尋ねると「5年、付き合ってましたからね。」と答える貴也だった。

咲は踏んだり蹴ったり

一方、既に離婚を決めていた2人だったが、それでも初めての旅行はどこか楽しみで、周囲からも「新婚旅行」とひやかされ、まんざらでもない様子の紘一と咲だった。

箱根行きの前日、咲は編集長から吉良夫妻の企画担当が別の人に決まったこと、そしてファッション誌の部署から、小説や文学作品を扱う文芸部への異動を告げられる。

同じころ、紘一は職場での新婚旅行壮行会が行われ、その帰り際、紘一は部下の一ノ瀬純から「このあとちょっといいですか?ご相談したいことがありまして。」と引き留められる。

そんな一ノ瀬に紘一は「申し訳ない。今日は帰ります。また日を改めて。」と告げ、居酒屋を出て帰って行ったのだ。

その後、酔っぱらって家に着いた紘一は、そのまま床に倒れて寝始めたため、咲は起こしながら「ちょっと、こんなとこで寝ないで…。やっぱり合わないね、私たち。」と言うと、紘一は「それは…、同意だ。」と告げ、そのまま眠りについてしまった。

新婚旅行へと旅立つ2人

翌朝元気に目覚め、旅行の支度を終えた紘一は、車で筋トレをしながら咲が来るのを待っていた。

紘一の運転で箱根を目指して走っていると、咲に姉の楓から電話があり、母の美土里に呼ばれたから、しばらく娘の梓とお世話になるとだけ告げ電話を切ってしまった。

紘一は「お義姉さんも、ウチにいるのか?君の家族は恐ろしいほど攻撃が早い。F-15並みだ!」と咲に告げるのだった。

やがて「陣屋」に到着し、「まだ、心の準備が」と引き返そうとする紘一を「何言ってんの今さら。なんのために来たと思ってんの!」と引き戻し、旅館の中へと入っていく。

2人が陣屋に足を踏み入れると、仲居の松山あざみが2人を出迎え、陣屋の常連でもある紘一の隊長・重森から「新婚旅行だから、くれぐれもよろしく」と頼まれていると告げる。

部屋に入ると、新婚旅行おめでとうという重森からのお祝いの花が置いてあるばかりか、ベッドは花びらでハートマークが象られ、露天風呂も重森のはからいで、たくさんの花びらが浮かべられていたのだ。

紘一の母・薫を見つける

その後、2人がくつろごうとすると、外人さんを接客している紘一の母・薫の姿が目に留まる。

2人は近づこうとするが、慣れない英語を使いながらも外人さんを案内している薫の姿を見た咲は「お義母さん、すごく生き生きとしてる。」と口にするのだ。

その頃、紘一の父・正の家へ、咲の父・武史が訪ねてきて、テーブルの上に置いてある離婚届を目にし「離婚するんですか?」と尋ねる。

正は「しません。家内が勝手に置いて行っただけで。」と告げ、離婚届を手に取ろうとする武史に「触らない!」と怒鳴り「触ると、現実になるような気がして。」と口にする。

そんな正に、武史は「実は、ウチの女房も出て行きましてね。一杯、どうです?いい からすみが手に入りましてね。」と言い、2人で飲み始めたのだ。

酔いが回ってきた正は「定年して、これからやっと、家内と一緒にいてやれると思った矢先に出て行くなど、ありえん。」とぼやきながら杯を重ねるのだった。

雨宿り中の紘一と咲

その頃 夕食の時間となった陣屋では、紘一と咲の2人に、外から「失礼いたします。お食事をお持ちしました。」と仲居さんが声を掛ける。

引き戸が開くと、そこには紘一の母・薫がいて、部屋に料理を運び入れ、説明をしながらテーブルの上に次々と料理を置き始める。

そんな薫に、紘一は「母さん!家に戻ってください。父さんが待ってます。」と訴えるが、薫は再び料理の説明を始める。

紘一はそんな薫の腕をつかみ「母さん」と強い口調で訴えかけると、その場にあざみがビールを持って現れ「どうかしましたか?」と尋ねる。

「いえ、なにも」と答えた薫は、料理を並べ終え「失礼いたします。」と部屋を出て行ったのだ。

その後紘一が一人考え事をしていると、咲がお風呂から戻り「紘一さんも入れば?… そんな気分じゃないか。」と声を掛ける。
「分からなくなった。」と紘一。
「本当は…、母さんはずっと不幸せだったのかもしれない。」
「ずっと我慢していたのか、自分がいたから。母さんにとっては全部リセットしたいものだった。」
「それは違うと思う。リセットしたいほどつらかったら、とっくに家を出てたんじゃないかな?」
「それは…、自分がいたから仕方なく。」
「違うよ!嫌々お母さんやってたら、紘一さんも、絶対気付いたと思う。」
「女の人って、昔は家事か仕事か、どちらかしか選べいようなところがあったじゃない。」
「子供の手が離れた時、もう一つの道を生きてみたいと思う気持ち、分かるな気がする。」
「人間、誰しも矛盾する気持ちってあると思う。」
「離婚するための旅行だったのに、思わずウキウキしちゃったりとか。」
「えっ!?」 「あっ、何言ってんだろ。」

「なぜ、そんな風に励ましてくれるんだ…?り…、離婚するのに」
「そうだよね。私たちは今、雨宿りしてるんじゃない?」
「雨がやんだら別々に歩き出す。今は少しだけ同じ場所で雨宿りをしている。」

母・薫の本心

翌朝、紘一と咲は「陣屋」をチェックアウトし、帰路につく。

その時咲が「いいの?お義母さんのこと」と尋ねると、紘一は旅館へ戻り、母の薫に「少し時間をください。もう戻れとは言いません。だから。」と外へ連れ出した。

薫は「お父さんのこと、嫌いになったわけじゃないの。」と切り出す。
「じゃあどうして離婚するんですか?」
「一人で生きていくって決めたから、けじめをつけたかったの。」
「私、ここで「薫さん」って呼ばれてるの。緒原さんの奥さん でも、紘一くんのお母さん でもなく。」
「それがすごく新鮮で嬉しい。これからは本当の意味で、自分の人生を生きていく。」
「私…、今、とっても楽しいの。」
「正直…、まだ納得はできません…。けど…、今の母さん、すごくいい顔だ。」
「身体に気をつけて、頑張って。」 「ありがとう紘一。 ごめんね、こうちゃん…。」

父・正への報告

紘一と咲は、その足で紘一の実家へと向かい、父の正に見つかったことを報告する。
「そうか、見つかったか。で…、いつ戻る?」と正。
「戻りません。母さんは…、戻らないそうです。」
「自分は、今の母さんの生き方を認めてあげたいと思います。」
「笑止千万!男子一生の恥だ。メンツが立たん。」
「このままでは、今までの人生が全部否定されたことになる。」
「お前が説得しないからだ!連れ戻せ!」
「やめてください。紘一さんだって苦しんだんです。」
「苦しんで苦しんでそれでもお義母さんの姿を見て、見守ろうって決めたんです。」
「お義父さんとお義母さんが離婚したとしても、紘一さんは立派に成長したんです。」
「お義父さんの人生が、否定されたことになんかなりません。」

父の正はそんな2人を「もういい、帰れ!帰れ 帰れ」と追い返したのだ。

紘一が結婚を決めた理由

自宅の駐車場までたどり着くと、咲は「ごめんね。」と紘一に謝る。
「紘一さんが、責められてるの見てたら、黙っていられなくて、つい…」
「だって、私…、まだ…」
「あなたの妻だから。」

咲は、旅館の帰り道、義母の薫から、紘一が咲との結婚を決めた理由を聞かされていた。
《航空救難団の仕事って、助ける方も命懸けでしょ?》
《でも、そこまでしても、救えない命もたくさんあるのよ》
《だからね、咲さんを救えた時は、嬉しかった、生きててよかったってすごく喜んで》
《紘一の姿を見て、それまで涙を我慢してた咲さんが…、ホッっとした顔で笑ってくれた》
《その笑顔を見て、この人を守るために、この仕事に就いたんだって思ったって》
《初めてよ。仕事の話したのは。普段は国家秘密だからってしたことないのに》

部屋の入口まで到着した時、咲が「何か、おなかすいちゃった。」とつぶやくと、紘一が「ああ、何か作ろうか」と言い、部屋のドアを開け、中に入っていく。

するとそこには、貴也の姿があり、3人共お互いの姿を見て驚くのだった。

『リコカツ』3話 感想

今回、ラストで紘一の母・薫が話した、紘一が咲との結婚を決めたエピソード聞いた時、思わず胸が熱くなりました。

紘一にとっては、一目惚れというか、運命的な出会いだったワケなんですね。

だとしたら、いくら自分の家の家族がいかにも昭和的の家訓を持ち、家庭は女性が守るものと刷り込まれていても、もう少し寛容な目で咲を見てあげることはできなかったのかな?

まあ、仮にそういう気づかいができるようだったら、お互いに離婚を切り出すようなことにはならなかったろうし、紘一は元々そういうキャラクターじゃないんだから、しょうがないですね。

さて、今回 離婚を前提とした新婚旅行に出かけた2人ですが、なんだかんだ言ってもお互い楽しめたようだし、最後にはホントに少しずつだけど、相手のことを理解してきているように見えます。

物語としては、たぶんそれが狙いなんだろうから、まんまと制作陣が狙った通りの感想を持ってしまったということなんだろうけど…。

***

とりあえず物語は今回で3話まで進みました。1話は瑛太さんのあの口調に違和感を感じましたが、2話・3話と見続けているウチに、もうすっかり瑛太さんの口調にも慣れてしまい、むしろあの瑛太さんのキャラクターが愛おしく感じるようになってきました。

さらに今回は、ストーリー自体もこれまで以上にテンポが良く、コメディ感もしっかりと出ているし、キャラクター構成もしっかりしていて、さすがはTBS、ドラマ作りが上手いなと感心させられました。

今回 特に1話・2話でおなじみ 紘一の「まだ、君の夫だから」が、今回は逆に咲に「まだ、あなたの妻だから」と言わせる物語の展開は秀逸でした。

まだ陣屋にいた時に、紘一が「なぜ、そんな風に励ましてくれるんだ…?り…、離婚するのに」咲に前フリした時、もしかしてここで逆パターンが来るのかな?と一度ワクワクさせられました。

しかしそこから「そうだよね」と雨宿りの話になり、やっぱり逆パターンはないか!と思わせておいて、最後に、米津さんの曲をバックに「まだ、あなたの妻だから」って、素晴らし過ぎる展開です。

そして最後の最後に、紘一と咲の2人が帰って来て部屋に入ったら貴也がいて、3人鉢合わせなんて、最高の引きじゃないですか!

それにしても、紘一の家は国家機密を扱う自衛官の家だというのに、どんどんセキュリティーが甘くなっていってますね 笑

全話ネタバレ感想はこちら。

『リコカツ』感想ネタバレ
雑誌編集者の水口咲は、自衛官の緒原紘一と運命的な出会いをし、ほぼ交際ゼロ日でスピード結婚したのだが、早くも離婚!? 運命的な出会いをきっかけに、華やかな結婚式を終え、幸せな新婚生活が始まると...

『リコカツ』3話・予告あらすじ

咲(北川景子)は紘一(永山瑛太)が自分と結婚した理由に心を打たれ、紘一も自分を理解してくれている咲のことを愛おしく思う。紘一の実家の騒動を機に初めて気持ちが通じ合えた2人。夫婦仲良く帰宅すると、家にはなぜか咲の元カレである貴也(高橋光臣)がいた!

咲の母・美土里(三石琴乃)が、弁護士である貴也に自分の離婚を相談したのがきっかけだったが、貴也はそこが元カノ・咲の新居であり、その夫がスポーツジムで仲良くなった紘一だと知り、凍り付く。そして、この一件を機に再び咲と紘一の間に距離ができてしまう。

翌日、咲は異動になった文芸部に初めて出勤し、小説家・水無月連(白洲迅)の担当を命じられる。連は若者に絶大な人気がある“恋愛のカリスマ”だ。しかし、その言動は身勝手極まりないもので、異動して早々に仕事にも暗雲が立ち込めていた。

一方、紘一は紘一なりの思いで、咲との離婚を真剣に考え始めていた。そんな時、美土里が自分の誕生日パーティーを咲たちの新居で開くことを勝手に決め、知り合いに招待状を送っていた。そのパーティーで再び咲と紘一と貴也が顔を合わせ、そこにさらに紘一に思いを寄せる同僚の隊員・純(田辺桃子)もやって来て…。

引用:https://www.tbs.co.jp/rikokatsu_tbs/story/

『リコカツ』見逃し動画配信サービス

『リコカツ』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

Paravi(パラビ)の評判は?長く使っているからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。 また、...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

Paraviの詳細や無料体験はこちらからどうぞ
Paraviを試す

コメント