ドラマ『リコカツ』5話 感想ネタバレ。咲と紘一が離婚届に署名捺印!


画像引用:金曜ドラマ「リコカツ」|TBSテレビ

基本情報

雑誌編集者の水口咲は、自衛官の緒原紘一と運命的な出会いをし、ほぼ交際ゼロ日でスピード結婚したのだが、早くも離婚!?

運命的な出会いをきっかけに、華やかな結婚式を終え、幸せな新婚生活が始まると思われたが、同じ家で暮らし始めた二人は、互いの生活習慣の違いや、結婚生活に求める価値観の違いにより意見が食い違い、大げんかとなり新婚早々離婚を決意する。

『リコカツ』登場人物・キャスト

緒原(水口)咲 … 北川景子
緒原紘一 … 永山瑛太
青山 貴也 … 高橋光臣
水無月 連 … 白洲 迅
三本木 なつみ … 大野いと
一ノ瀬 純 … 田辺桃子
城木 里奈 … 中田クルミ
大崎 哲郎 … 松永天馬
立川 誠実 … 中山麻聖
重森 敦 … 菅原卓磨
早乙女 大 … 池田 大
狩場 学 … 吉田涼哉
谷 雅樹 … 柴田勇貴
鹿浜 梓 … 夏野琴子
鹿浜 楓 … 平岩 紙
緒原 薫 … 宮崎美子
緒原 正 … 酒向 芳
水口 美土里 … 三石琴乃
水口 武史 … 平田満

登場人物・キャストの詳細はこちらから。

TBS金曜ドラマ『リコカツ』登場人物・キャスト、相関図
画像引用:金曜ドラマ「リコカツ」|TBSテレビ 雑誌編集者の水口咲は、自衛官の緒原紘一と運命的な出会いをし、ほぼ交際ゼロ日でスピード結婚したのだが、早くも離婚!? 運命的な出会いをきっ...

『リコカツ』5話・ネタバレ

咲に「離婚はやめよう、君が…、傷つく姿をもう見たくない」と紘一がやり直す決意をしたその時、咲の元カレ貴也は、間違えて持ってきた紘一の名前が入った離婚届けを自分のバッグの中に見つけつい落としてしまう。

その離婚届を、紘一に思いを寄せる一ノ瀬純が拾い、目にしてしまうのだった。

紘一の母・薫が実家に戻る

その頃紘一と咲は、改めて2人で最初からやり直す決意を改めて口にするのだった。

その時、紘一の母・薫が自宅に戻って来たと父・正から連絡が入ったため、二人が駆け付けると、薫は旅館で働いた給与明細を正に見せ「私にできるはずないって思ってたでしょう。」と口にする。
「あなたは、私がこうやって家を出ないと、離婚のこと本気にしてくれなかったでしょ。」
「来月からは、正式採用してもらえるの。それまでに、戸籍もちゃんとしておきたくて。」
「離婚届に、サインしてください。」と頭を下げて正に離婚を迫る。

…その翌朝、咲は薫から、紘一の好きな料理の作り方を教えてもらうことに。

薫は全員分の朝食を作るが、正の分は台所に置きっぱなしで自分で取ってくるように告げ、お茶を要求する正に「もう、妻じゃありませんから。」とあくまでも他人であることを強調するのだった。

武史の元へ向かう紘一

その後咲が薫に料理を教えてもらっている時に、父・武史から「紘一君と一緒にうちでご飯でもどうだ」とメッセージが届く。

2人は咲の母・美土里から離婚宣告されて落ち込んでいた武史を心配するが、咲は薫に料理を教えてもらっているため、紘一が一人で咲の実家へと向かう。

するとそこには武史の浮気相手と思われる里奈の姿が、さらに美土里から離婚届を託された貴也もやって来て、紘一、武史、貴也、里奈の4人はすき焼きを囲むことに。

しかし貴也はすき焼きに手を付けず、武史に「美土里さんにこれを渡してきて欲しいと頼まれまして。」と美土里のサインが入った離婚届を差し出す。
「新しくつくる会社を登記する前に、戸籍をすっきりさせたいと。」
そう貴也は口にし、サインと捺印が済んだら自分の事務所へ送り返すように伝えるのだった。

文芸部で新たな道を進み始める咲

一方、咲は新たに担当となった水無月連から突然呼び出しを受ける。

義母と義父のことを心配する咲だったが、「行ってきたら」という薫の後押しを受け水無月の家へ向かうと、書きかけの小説を渡された。

その小説を読んだ咲が、誉め言葉を口にし、「何万部売れると思う?結局売れなかったら切られるのはこっちだろ」と話す水無月に「水無月先生くらいの作家になれば、書きたいものが自由にかっけるものだと思ってました。」と告げる。

すると水無月は原稿を咲に渡すのを止めてゴミ箱へ捨て、驚く咲に「新しいものが書きたくなっちゃった。」と話す。
「あんた、俺の新境地を開くような小説の担当ができたらおいしくない?」
「文芸部でも、一目置かれちゃうと思うなあ。」
「その代わり、条件がある。」 「なんでしょう?」
「俺の話相手になってよ。小説のヒントになるかも知れないから。」

平行線上の咲と紘一

その頃航空自衛隊航空救難団メディックでは、紘一に異動の話が持ち上がっていた。自宅と基地が離れていることを気にする上層部がいるというのだ。

紘一にメディックにいて欲しい隊長は、問題なく任務をこなしていると報告してくれていたが「万一なにかあった場合にはかばいきれんぞ」と隊長は伝えるのだった。

そんなある日、通勤途中の紘一は常磐自動車道で事故による渋滞に巻き込まれて遅刻してしまい、代わりに任務に就いてもらった谷士長が骨折して戻ってきた。

自分の遅刻が招いた事故に、救難隊員としての資格に欠けると思い悩む紘一。

その日の夜、水無月との電話中に寝落ちしてしまったことで、水無月に会ってもらえない咲は、不安から紘一に電話するが、電話に出ないため《いつ帰ってくるんだろう、こういう時、そばにいて欲しいのに》と思う。

すると、咲のスマホに水無月から着信があり、あわてて咲は電話に出て、そのまま朝まで話し込むのだった。

朝方紘一が家に帰りつくと、咲が水無月と小説について話していたため、咲に話したいことがあると告げ、「ごめん、あとで」と答える咲の電話を取り上げ、水無月に「今、何時だと思ってる。夜通し電話するなど非常識だ!」と電話を切ってしまう。

怒る咲に紘一は、基地に近い水戸の実家に引っ越すことを提案するが、咲は水無月の新境地の小説を作り上げる仕事に打ち込んでいて、2人の話は平行線に。

その時咲のスマホに再び水無月からの着信があったため、咲は荷物を持ち、そのまま出社していったのだ。

一ノ瀬純が咲を訪ねる

その日、文芸部で咲が仕事をしていると、紘一に思いを寄せる上官の一ノ瀬純が訪ねて来た。

一ノ瀬は、紘一の家が基地から1時間半かかることに言及し、皆30分以内の所に住んでいると告げる。
「見てられないんです。緒原1曹は、谷士長が怪我をしたのは、自分のせいだと責めていて」
「えっ?何の事でしょう…?谷さんが、ケガをされたんですか?」
「何も聞いてないんですか?」
「昨日の朝、緒原1曹が渋滞に巻き込まれて任務に間に合わず…」
「代わりに出勤した谷士長が、ケガをしたんです。」
「以前から、自宅が遠いことで、緒原1曹に異動の話が出ていたことがご存じですか?」
「えっ…?そうなんですか?」
「私たちの仕事は、自分の命だけではなく、助ける人の命も背負ってるんです。」
「家族には、それを支える義務がある。あなたに、その自覚はありますか?」
「それは…」
「別れた方がいいんじゃないですか?潔く…、離婚した方がいいんじゃないですか?」
「あなたは自分の仕事を捨てて、緒原1曹のために尽くすことができますか?」
「お互い…、住む世界が違うんです。」

その夜紘一が帰宅すると、「今日、一ノ瀬純さんが、私に会いに来た。」と咲が話し始める。
「一ノ瀬3尉が?」と紘一。
「あなたの代わりに任務に出た谷さんがケガをしたって、どうして教えてくれなかったの?」
「君に、余計な心配をかけたくなかった。」
「あなたが、実家に引っ越したいってのもそれが原因なんでしょ?」
「それに異動の話も出てたんだって?どうして相談してくれなかったの?私たち夫婦よ。」

咲と紘一の結論

「彼女言ってた、私が仕事を辞めて、あなたに尽くしたらどうかって。」
「あなたもホントはそう思ってるんでしょ?この際はっきり言って。」
「仕事を辞めて、家庭に入ってもらうわけにはいかないか?」
「じゃあ、あなたが仕事を辞めて、家庭に入ってもらうわけにはいかないの?」
「それは無理だ。自分はメディックという仕事を誇りに思ってる。」
「私も同じだよ。私も自分の仕事に誇りを持ってる、辞めたくない。」

「一緒に水戸には行けない。」
「分かった。では、別れるということだな。」

あまりにも極端すぎる紘一に、別居を提案する咲だったが、「夫婦は一緒に暮らすものだ、それは絶対だ。」と紘一は譲らない。

咲が「どうしてそんなに頭が固いの?分からずや。」というと、紘一は「君の元カレだったらこういう時も柔軟に対応してくれるんだろうな、やはり君には最初から元カレのほうが合っていた。」と口にする。
「どうしていいか、分からないんだ!」
「本当は、君についてきて欲しい。だが、それでは…、君の大切な仕事を奪ってしまう。」
「だから、別々に暮らしてみたっていいじゃない。」
「別々に暮らす時点で、夫婦ではない。」

2人の会話は延々と平行線をだどってしまい、やがて「一緒になるべきではなかったのか…」と紘一が口にしてしまう。

「これじゃ…、一緒にいないほうがいいよね。やっぱり、私たち、離婚するしかないのかな。」
「そうだね。それが、お互いにとって、一番にい選択だと思う。」

その頃、緒原家では、紘一の父・正が「自分のなにが悪かったんだ。」と尋ねると、薫は「悪い思いでばかりじゃなかったですよ。でも、どの思い出にもあなたはいませんよね。」と告げる。
そんな薫の思いに、正は結婚指輪を外す。

その頃、咲の父・武史も離婚届にサインし捺印する。

一方、咲も離婚届にサインし捺印するのだった。

『リコカツ』5話 感想

せっかくもう一度やり直すことを決意した咲と紘一だったのに、結局2人はすれ違うことに。

まあそういうドラマだというのは分かっているが、せっかくお互いに相手を思いやる気持ちが持てたのだから、離婚以外の選択肢があるんじゃないのかな。

規律に厳しい紘一のことだから、いかなる理由があろうと自分自身が遅刻してしまったこと、そしてそのことによって部下が事故で骨折してしまったことが、絶対に許せないことだったのは想像できるけど。

そしてそんなことがあったため、紘一が水戸の実家から通いたいと思う気持ちも分からなくもないけど…

離れていたら夫婦じゃないという紘一の言い分もなんとなく分からないでもないけど、週末婚とかで妥協できないんだろうか?

または、水戸から百里基地へ通うというのなら、水戸からだって20km以上はあるだろうから、お互い妥協してつくば・牛久とか我孫子・柏辺りに一緒に住むとかで頑張ってみるとかできないのかな?

***

それにしても、咲と紘一を離婚に向かわせるためとはいえ、白洲迅さん演じる水無月連は、あまりにもありえなさすぎるモラルの持ち主じゃないだろうか?

いくら自分の担当だとはいえ、奴隷じゃないのだから常識の範囲内での打ち合わせにすればいいのに、あれじゃあなんだか落ち目になりつつある作家が、自分にかまって欲しくて何度も連絡を取っているようにしか見えないし、人間性的に、とても人の心に響くような小説を書くような人間に見えないね。

おまけにあの同じ文芸部の岩田三十五が嫌味ったらしくて本当に腹立たしい…、一応文芸部では先輩なんだから、優しく面倒を見ろとは言わないが、せめて咲にチョッカイを出さなければいいのに。

それにあの一ノ瀬純が今回も咲に偉そうに説教していたけど、あんな置き去り事件を起こした口でよくあんな風に毎回咲に説教できるもんだ!

咲に仕事を辞めて紘一のサポートをしろと言うのなら、自分が紘一と結婚したら、すぐにでも自衛隊を辞めて家に入るというのだろうか?

だとしたら、彼女にとって自衛隊は結婚するまでの腰掛でしかなく、仕事に対するプライドがないと言われてもしかたないんじゃないだろうか。

まあ、ドラマ的に主人公たちの関係をクローズアップさせるために、意地悪な人を登場させるという手法は良く見られるものだけど、今回は特に意地悪というか、変な人が多く登場しすぎだよね。

***

一方咲の両親と、紘一の両親については、お互いのの妻たちがこれまでずっと我慢してきたんだから、離婚もやむを得ないと感じるけど、咲と紘一については、まだ夫婦としてなにも始まっていないんだから、やれることがまだあるんじゃないかなあ。

さて、次回は咲と紘一が暮らす新居を引き渡し、お互いの両親の離婚も迫ってきている中、水無月が2人の家でなにをやらかすのか?来週もムカつきながらもワクワクと見てしまいそうな予感…

全話ネタバレ感想はこちら。

『リコカツ』感想ネタバレ
雑誌編集者の水口咲は、自衛官の緒原紘一と運命的な出会いをし、ほぼ交際ゼロ日でスピード結婚したのだが、早くも離婚!? 運命的な出会いをきっかけに、華やかな結婚式を終え、幸せな新婚生活が始まると...

『リコカツ』6話・予告あらすじ

咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)は互いを愛しく思いながらもすれ違い、ついに離婚届に判を押す。
咲が心を込めてリノベーションした新居も、新婚夫婦に引き渡すことで話が決まり、二人での生活も残りわずか。咲と紘一は、夫婦としてではなく他人として同居生活を始めることに。

そんな中、水口家に家族全員が集まった。
美土里(三石琴乃)が武史(平田満)に離婚届を渡したことを知った咲が、夫婦で話し合う時間を設けたのだ。しかし、咲の願いも虚しく、武史は離婚届を最後のプレゼントだと差し出す…。
一方、緒原家でも薫と正に別れの時が迫っていた…。

咲と紘一がふたりで過ごす最後の夜。
咲は「最後の晩餐」だと料理を用意して紘一を待つが、勤務中にトラブルが発生した紘一とは連絡が取れない。すると咲が担当している人気小説家・水無月連(白洲迅)が現れ、勝手に部屋に上がり込んだきた。
しばらくすると紘一が帰宅し、水無月と一触即発!?離婚前夜は波乱の予感…。

引用:https://www.tbs.co.jp/rikokatsu_tbs/story/

『リコカツ』見逃し動画配信サービス

『リコカツ』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

Paravi(パラビ)の評判は?長く使っているからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。 また、...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

Paraviの詳細や無料体験はこちらからどうぞ
Paraviを試す

コメント