ドラマ『リコカツ』6話 あらすじ感想。咲と紘一、本当に離婚届けを出す。


画像引用:金曜ドラマ「リコカツ」|TBSテレビ

基本情報

雑誌編集者の水口咲は、自衛官の緒原紘一と運命的な出会いをし、ほぼ交際ゼロ日でスピード結婚したのだが、早くも離婚!?

運命的な出会いをきっかけに、華やかな結婚式を終え、幸せな新婚生活が始まると思われたのだが、同じ家で暮らし始めた二人は、互いの生活習慣の違いや、結婚生活に求める価値観の違いにより意見が食い違い、大げんかとなり新婚早々離婚を決意する。

『リコカツ』登場人物・キャスト

緒原(水口)咲 … 北川景子
緒原紘一 … 永山瑛太
青山 貴也 … 高橋光臣
水無月 連 … 白洲 迅
三本木 なつみ … 大野いと
一ノ瀬 純 … 田辺桃子
城木 里奈 … 中田クルミ
大崎 哲郎 … 松永天馬
立川 誠実 … 中山麻聖
重森 敦 … 菅原卓磨
早乙女 大 … 池田 大
狩場 学 … 吉田涼哉
谷 雅樹 … 柴田勇貴
鹿浜 梓 … 夏野琴子
鹿浜 楓 … 平岩 紙
緒原 薫 … 宮崎美子
緒原 正 … 酒向 芳
水口 美土里 … 三石琴乃
水口 武史 … 平田満

登場人物・キャストの詳細はこちら。

TBS金曜ドラマ『リコカツ』登場人物・キャスト、相関図
画像引用:金曜ドラマ「リコカツ」|TBSテレビ 雑誌編集者の水口咲は、自衛官の緒原紘一と運命的な出会いをし、ほぼ交際ゼロ日でスピード結婚したのだが、早くも離婚!? 運命的な出会いをきっ...

『リコカツ』6話・ネタバレ

咲と紘一は互いを愛しく思いながらもすれ違い、ついに離婚届に判を押す。

離婚届にサインしたその後

紘一は咲に「これからは妻と夫としてではなく、他人として同居生活を送ることにしよう。朝起きる時間も、自分のタイミングでいい。家事もそれぞれで用意する。相手に合わせる必要はない。」と告げる。

そして咲が心を込めてリノベーションした新居も、内見に現れた新婚夫婦が気に入り、2週間後の土曜日に契約が決まり、紘一は契約の前日に実家に戻るという。

咲は「紘一さんが出て行く日、最後の夜は二人で一緒にご飯、食べない?最後の晩餐。私頑張って料理作る。」と告げると紘一は「本当か?楽しみ…にしてる。」と告げ自衛隊基地へと向かって行った。

その日、咲が担当を務める水無月連の家を訪ね、紘一が水無月からの電話を勝手に切ったことを詫びると、水無月は咲に新しい小説のアイディアを求める。

ノープランで来た咲は、その時思いついた家族の話を提案すると、水無月は「そうだな…、愛を売る男 みたいな…」とアイディアがひらめく。
「愛を知らない男が、愛を求め、愛を売り、愛を知る話ですね。」と咲。
「そう、そういうこと。誰かと家族になるかどうかは、まだ分かんないけど。」
「すごくいいと思います。」

一方紘一は、会社の前で座り込んで弁護士の貴也に面会を求め、咲の相談相手になってもらえないかと頼み込む。

その夜、咲を呼び出した貴也は、家のローンやお互いの給与など財産分与の話を始める。

咲が「やめて、そんな話したくない」と告げると、紘一に頼まれたことを伝え、咲に紘一はいい人で、しっかりした人だから自分もちゃんとしなくちゃってプレッシャーになっていいたのではないかと尋ね、「咲は、ありのままでいれば、それでいいんだよ。俺はそう思うよ。」と告げるのだった。

紘一と咲の両親の離婚

そんな中、咲の提案により水口家に姉・楓と娘の梓を含む家族全員が集まった。

咲は、弁護士を挟まずに、一度ちゃんんと話し合ってもらいたくて、こうやってみんなに集まってもらったという。

武史は色々持って行っていいと美土里に告げるが、美土里は「いらないそんなの…。私が欲しいのは一つだけ。分かってるでしょ。」と武史に訴える。

すると武史は署名捺印済みの離婚届を差し出し「これが、最後のプレゼントになっちゃったな。」と話す。

すると横から梓が「ありがとう、今までもらったプレゼントの中で、一番嬉しい。」と美土里の気持ちを代弁して話すのだった。

そのまま家を出た美土里を咲は追いかけ、「ホントにいいの?」と尋ねると、美土里は「私は、離婚って悪いことじゃないと思う。だって、前に進むために離婚するわけでしょ。思いがあるから、離婚するってこともあるし。」と告げる。

するとそこに美土里の編集者・立川がやってきて、離婚届を出したら仕事上だけじゃなく、プライベートのパートナーとしても考えて欲しいと告げる。

その時、美土里の脳裏を自分の乳がん検診の結果がよぎったのだった。

一方、薫から連絡を受けた紘一が実家を訪ねると、薫は箱根へ戻るための引っ越しをしていて、紘一に正が離婚届にサインしてくれたと嬉しそうに話す。

薫が正に長い間お世話になったと挨拶し、家を出て行くと、紘一は「いいんですか?まだ母さんのこと、思ってらっしゃるんだったら…」と父・正に声を掛ける。

正は紘一に一言だけ「是非に及ばず」と声にするのだった。

家に帰り着いた咲と紘一

その後咲が土砂降りの中家へ戻ると、丁度紘一も戻ってきて紘一が上着を掛けてあげる。

咲は「離婚しちゃった。うちのパパとママ。」と話す。
「そうか。うちの両親もだ。」と紘一。
「そっか、先こされちゃったね。」 「フッ、そうだな。」
「その…、こういうとき、何といえばいいのか」
「いいの。そばにいてくれるだけで。」

やがて、雨が上がり外に大きな二重の虹が出ていた。

紘一は、突然虹が見える理由の説明を始め「内側の虹は主虹といい、外側の虹は副虹という。副虹は、主虹が強く輝かなければ、存在しない。つまり、咲さんは、自分にとって内側の光で、その、つまり、うん?」と言いかけてなんでもないと話しを終える。

すると咲が2つの虹を見て、結婚指輪だと言い紘一の手を取り、2人の指輪を虹にかざす。

咲が「なんか元気出た。紘一さんがいてくれてよかった。」というと、紘一も「自分も、君がいてくれてよかった。」と口にする。

紘一は咲の手に自分の手を重ね、虹を見ながら「キレイ、あっ、キレイだな。」と話すと、咲も「うんキレイだね。」と言う。
そして《どうしよう。私、今幸せだ。このまま時が止まればいいのに》と咲は思うのだった。

その日の夜、咲が翌日の料理の仕込みをしていると、紘一が手伝おうかと声を掛けてくれるが、咲が大丈夫だと断ったため、紘一は先に休むことに。

おやすみと紘一に声をかけた咲は心に思う。
《本当に、本当にいいのかな?このまま別れていいのかな?》

離婚届提出日の前夜

2人が離婚する前日、最後の食事のため、紘一が帰ろうとすると、緊急招集を告げるサイレンが鳴り、紘一は再び任務に就くことに。

その頃咲は心を込めて作った最後の晩餐を用意し終え、紘一の帰りを待っていたが、紘一は緊急任務に就いていたため、連絡がつかなくなっていた。

その時、玄関のチャイムが鳴ったため、咲が玄関を開けると、宅配で荷物が届く。その時宅配員の横をすり抜け、咲の担当作家・水無月連が入って来た。

水無月は、行き詰って一人じゃ原稿が書けないといい、テーブルに並んだごちそうをつまみ食いし、味はイマイチと文句をいう。

やがて遅れて紘一が帰宅すると、料理が食い散らかされており、咲と原稿を書き進めていた水無月が「どうも間男です」と紘一に挨拶する。

紘一は「夜中に電話するだけではなく、突然、家に押しかけてくるとは、相当失礼な方のようだ」と怒りをにじませる。

そんな紘一に、水無月が「あれ?そんなこと言っていいのかな?俺の小説で、あなたの奥さんは、ご飯を食べているんだよ。」と言って来たため「うっ…、失礼しました。お世話になってます。」と挨拶するのだった。

そんな固い挨拶をする紘一を見て、水無月は紘一に「武士野郎」というあだ名をつけるのだった…。

水無月は咲との打ち合わせ後、二人の馴れ初や、なぜ古い中古のマンションを買ったのかなどをズカズカと尋ね「築何年?新築買えばよかったのに。水回りとか…、うわ、ヤバそうじゃん。」と話す。

すると紘一が「ここは、自分たちが気に入って買った家です。咲さんが、リノベーションして、さらにいい家になりました。自分はここが気に入ってます。」と答える。

その後ようやく水無月が帰ることになったため、紘一は礼儀として「これからも、彼女をよろしくお願いします。」と挨拶すると、水無月は「先のことは約束できない。けど…、今の俺にとって、彼女は希望だ。彼女が近くにいる限り書き続けるよ…。なんてね~!武士野郎の真似して、熱く語ってみた。」と茶化して帰って行った。

ようやく落ち着いた頃には、もう今日が終わろうとしていた。せっかくの最後の晩餐だったが、料理はほとんど水無月が食べてしまっていた。

「自分も食べたかった、君の手料理。」と紘一が口にすると、咲は「おなかすいたでしょ?あるもので何か作るよ。」と言ってくれたため、紘一は「焼き魚が食べたい。」とリクエストする。

「いいの?最後の夜に食べるのがこんな…」と咲が言うと、紘一は「自分は、これが食べたかった」と話す。
「毎回、焼き具合が違っていて、食べる前は緊張する。」
「何それ、ディスってんの?」 「それがいいんだ。」
「君が一生懸命焼いてくれたのが伝わってくる。」
「実家の味しか知らなかったが、いつのまにか、この焼き魚がうちの味になっていた」

そんな紘一に、咲は離婚する理由がない気がするから、離婚するのやめる?と切り出すが、紘一は「100個くらい理由は余裕である」と言い、「今から上げて、メモを取っていく」と話す。
「離婚する理由、その1。私は、ホントは朝ごはんはパン派なの。」と咲。
「えっ、そうなのか?」と驚く紘一。
「ずっと我慢してたんだから。」 「…朝パン」

「離婚する理由、その2。君の料理の腕前は、最低レベルだ。」
「作れなくたって、困らないもん。」

「離婚する理由、その3。服装の趣味が合わない。いつも同じダサいシャツ。」
「自分はこれが気に入っている。」 「でもダサい。」 「…服、ダサい」

「離婚する理由、その4。インテリアにうるさすぎる。」
「こだわって何が悪いの?」 「こだわりすぎて息が詰まる」
「さっきは気に入ってるって言ってなかった?」 「あっ、だな。撤回する。」

「離婚する理由、その4。」 「行きつけのお店が大盛りすぎる。」
「大盛りの方がいいだろ。」 「そんなにたべられないもん。」  「…半ライス」

「離婚する理由、その5。」 「声が大きくていちいちうるさい。ついでに顔もうるさい。」
「顔がうすさい。どういうことだ?」「ほら、また顔がうるさくなってる。」

お互い5個までは出たが、それ以上は出てこないため、考えることになった。
「自分も考える。絶対100個はある。でないと、なんていうか…」
「だが、100個思いつくのに、一生かかりそうだ。」

それでも紘一は離婚は一度決めたことだといい「残り95個は、追加でLINEで絶対に送る。絶対にだ。」と告げ、咲は笑顔で「楽しみに待ってる。」と答える。

やがてご飯を食べ終えた紘一は、食べ終えた食器を洗いながら、荷物が届いたのかと尋ねる。

開けて見ると、咲がこだわっていたカーテンだった。紘一はそのカーテンを取り付け「今、分かった。この家には君の選んだカーテンが一番似合う。自分のようにインテリアに疎い人間にも分かる。とても落ち着く。素敵だ。素敵な家だ。」と咲を褒め称える。

そして紘一は突然「この家を売るのはやめよう。君はここに住むべきだ。ローンのことは気にするな。自分も払い続ける。ここがなくなるのはとても寂しい。自分たちは別れるが、君が住み続けてくれたら嬉しい。」と告げる。

紘一は結婚式で咲を幸せにすると誓ったが、それが出来なかったことを詫び、「自分は、思いを言語化するのに時間がかかる。すまない。」と謝る。
「最後にこのカーテンを付けることができて良かった。」
「自分がいなくなっても、せめて君のことを守れるように。」

紘一は壁に掛けてあった緒原家家訓を取り外し「今までお世話になりました」と告げ家を出て行く。

紘一が家を出る

咲は、家に残された紘一からプレゼントされたイニシャル入のLEDライト付きボールペンを見つめ、手に取ってライトを点ける。すると2人の結婚式のことや、道に迷ったとき紘一が迎えにきて《だが、まだ君の夫だ》といっていたことなど、いろんな思い出が咲の頭をよぎる。

咲は家を飛び出し、走って紘一を追いかけ始める。すると区役所の前で紘一を発見し紘一に「私ね、私…、やっぱり…、」とやり直すため声を掛ける。

その時紘一が「ちょうど連絡しようと思ってた」咲に告げる。

「今、出したところだ、離婚届…。もう、きみの夫ではない。」
「今まで…、ありがとう…。」

そう告げて、紘一は先と握手をするため左手を差し出す。その薬指にはもう結婚指輪はない。

握手する手を2人は中々離そうとしないが、やがて少しずつ指が離れていく。

「幸せになってくれ。」そう告げ紘一が去っていくと、咲は声を出して泣き出すのだった。

『リコカツ』6話 感想

まだ6話だというのに、紘一が離婚届を夜間受付に提出して二人はもう他人になっちゃったとか、ちょっと離婚するの早すぎない?

リコカツ=離婚活動というのならば、もっと活動を見せてくれなくちゃ。

まあ、もしかしたら、役所の手違いとか書類の不備とかで完全に受理されていない可能性も残るから、まだ諦めずにいよう。

にしても、ここ2回ほどは米津さんの曲に合わせて悲しい展開になるのが続いているが、やはり米津さんの曲が流れたら、まだ君(あなた)の夫(妻)だからで終わってくれないと…

***

主人公2人の離婚届提出以外にも、今回は咲の両親と紘一の両親もお互い離婚届にサインし離婚という運びとなり、次回は咲の姉・楓まで離婚に向かうようで…ってか、楓も今回のこのタイミングで離婚するのかと思っていたけど。

今回、咲と紘一が離婚したことで、この先、咲に対する貴也のアプローチや、紘一に対する一ノ瀬のアプローチがありそうで嫌過ぎる。

ところで、美土里の離婚には武史の浮気というより、何か他に理由がありそう。

予告で詐欺に遭い、2000万円を奪われたとあるけど、それ以外にあのガンの検診結果も気になる。

それにしても、今回も水無月はやってくれたなぁ!

徹夜での電話だけじゃ飽き足らず、離婚前の最後の夜に突然(一応まだ)新婚家庭を訪ねてきて、咲の手料理を文句を言いながらも食い尽くすとかどんな神経してるんだ?

まあドラマなんだから、視聴者に様々な感情をもたらすために、こういう登場人物が必要なのも分からないでもないけど、最後の夜くらいは邪魔しないで欲しかったなぁ。

それ以上に、一番納得いかないのは、どう見ても咲と紘一はまだまだ全然お互いのことを想い合っているのに、離婚してしまったことだね。

紘一は、距離が遠いというのと、別々に暮らすのは結婚してるとは言えないという持論があるのかもしれないが、自分の本当の想いを断ち切る方が余程キツいだろうに。

っていうか、自分の主義に反していても一度くらい単身赴任や週末婚を試してみればいいのに…

もしかしたら、紘一は自分の持論以上に、貴也のように自分にスマートさがないこととか、自分は咲の気持ちを即座に察して包み込んであげることができないと感じ、これじゃあ咲をこの先幸せにしてあげることができないと思い込んでるんじゃないかな?

せっかく咲は自分の気持ちにちゃんと向き合って、紘一と離婚する必要はないと答えを出したのだから、紘一もちゃんと自分の気持ちに向き合って、それでも分からなければ、今回一緒に嫌いな所を考えてメモしたように、一緒に嫌いな所でも何でも考えてメモし、ゆっくりでいいから答えを出していけばいいのに。

とりあえず、次回一ノ瀬が手料理を持って紘一の所へ行っても、紘一はあくまで上官と部下として接し、一ノ瀬を完膚なきまでに叩きのめして欲しいものだが、紘一が胃袋をつかまれるなどという予告が…

ああああ!忌々しい!

全話ネタバレ感想はこちら。

『リコカツ』感想ネタバレ
雑誌編集者の水口咲は、自衛官の緒原紘一と運命的な出会いをし、ほぼ交際ゼロ日でスピード結婚したのだが、早くも離婚!? 運命的な出会いをきっかけに、華やかな結婚式を終え、幸せな新婚生活が始まると...

『リコカツ』6話・予告あらすじ

咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)は、互いを思いながらも離婚を選択。別々に生きていくことを決める。

翌朝、咲は武史(平田満)、美土里(三石琴乃)らを自宅に呼んで、紘一と離婚したことを報告。そこに正(酒向芳)と薫(宮崎美子)が、紘一と共にやって来て、咲たちに三人で頭を下げる。正は、咲と紘一の離婚を止めようとするが、その場にいる三夫婦が離婚したことが明らかに…。
さらには、楓(平岩紙)まで離婚する予定だと告白し、両家は愕然とする。

咲から離婚したことを聞いた連(白洲迅)は、「愛なんてこの世に存在しない」と切り捨てながらも紘一には興味がある様子。別れたあとも咲を何かと惑わせる。
一方、紘一の元には純(田辺桃子)がある決意を胸に、手料理を持って訪ねてくる。

そんな中、咲と貴也(高橋光臣)は美土里から呼び出され、衝撃の事実を聞かされる。詐欺に遭い、2000万円を奪われたというのだ。
仕事に両親の離婚、さらには美土里からの告白に咲の心は飽和状態。するとそこに、紘一から携帯電話にメッセージが届き…。

引用:https://www.tbs.co.jp/rikokatsu_tbs/story/

『リコカツ』見逃し動画配信サービス

『リコカツ』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

Paravi(パラビ)の評判は?長く使っているからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。 また、...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

Paraviの詳細や無料体験はこちらからどうぞ
Paraviを試す

コメント

タイトルとURLをコピーしました