ドラマ『リコカツ』7話 あらすじ感想。離婚した咲を貴也と水無月が狙う!?


画像引用:金曜ドラマ「リコカツ」|TBSテレビ

基本情報

雑誌編集者の水口咲は、自衛官の緒原紘一と運命的な出会いをし、ほぼ交際ゼロ日でスピード結婚したのだが、早くも離婚!?

運命的な出会いをきっかけに、華やかな結婚式を終え、幸せな新婚生活が始まると思われたのだが、同じ家で暮らし始めた二人は、互いの生活習慣の違いや、結婚生活に求める価値観の違いにより意見が食い違い、大げんかとなり新婚早々離婚を決意する。

『リコカツ』登場人物・キャスト

緒原(水口)咲 … 北川景子
緒原紘一 … 永山瑛太
青山 貴也 … 高橋光臣
水無月 連 … 白洲 迅
三本木 なつみ … 大野いと
一ノ瀬 純 … 田辺桃子
城木 里奈 … 中田クルミ
大崎 哲郎 … 松永天馬
立川 誠実 … 中山麻聖
重森 敦 … 菅原卓磨
早乙女 大 … 池田 大
狩場 学 … 吉田涼哉
谷 雅樹 … 柴田勇貴
鹿浜 梓 … 夏野琴子
鹿浜 楓 … 平岩 紙
緒原 薫 … 宮崎美子
緒原 正 … 酒向 芳
水口 美土里 … 三石琴乃
水口 武史 … 平田満

登場人物・キャストの詳細はこちらから。

『リコカツ』7話・あらすじ

咲と紘一は、互いを思いながらも離婚を選択。別々に生きていくことを決め、実家に帰った紘一が、父・正に離婚したことを告げると、正は激怒し離婚は絶対に認めない、家族会議だ、母さんも呼べと怒鳴るのだ。

水口家・緒原家 集合

一方咲は、武史、美土里、楓を自宅に呼んで、紘一と離婚したことを報告すると、その時 武史のスマホに、紘一の父・正から着信が入る。

やがて正と薫が紘一と共にやって来て、水口家に親子三人で頭を下げ、咲を傷物に傷物にしてしまったことを謝る。

正は、咲と紘一の離婚を止めようとするが、薫が自分たちも離婚したから強く言えないと口にすると、美土里も離婚したことを打ち明ける。

さらには、楓まで「はいはいはい、私も離婚するの。」と突然告白したが、咲たちは楓には梓という子供がいるからと反対する。

しかし、娘の梓は自分がこの中で一番大人だからと特に気にする様子がない。

そして「離婚 離婚 離婚 離婚 離婚、全員、離婚家族じゃん。ウケる。」と梓がいうと、正は紘一に「論外!ご先祖様に顔向けできない。お前たちは、やり直せ!」としかり飛ばす。

しかし、紘一は「申し訳ありません。いくら反対されても、自分の気持ちは微動だに動きません。じぶ…自分は…、咲さんとは、別々に生きていきます。」自分のこめかみに手を当てながら話す

すると咲も「私も…、紘一さんとは、別々に生きていきます。」と答えるのだった。

その後家を出た薫は咲に「紘一は、言い出したら聞かないところがあるから。」と話し始める。
「咲さんは、ホントによかったの?」 「えっ?」
「紘一ね、自分の気持ちが整理できないとよくやるのよ。」
紘一は、気持ちが整理できてない時はこめかみに手を当てるクセがあると教えるのだ。

その後紘一は咲に「家族への報告も済んだことだし、これでもう、ホントに会うのは最後だな」と言いながらこめかみにずっと手を当てる。

そんな紘一の姿を見た咲は「あの」と話しかけようとすると、楓に呼ばれたという貴也が現れたため紘一は「では、自分はこれにて」と告げ帰って行ったが、物陰に隠れ二人の姿を覗き見るのだった。

離婚報告をする咲と紘一

その翌日、咲は小松原文芸部部長に、紘一は隊長の重森に、それぞれみんなの前で離婚したことを報告するのだった。

その後、咲から離婚したことを聞かされた水無月連は、「愛なんてこの世に存在しない。やっと分かった?」と言いながらも、紘一のようなキャラクターは作家として意欲を掻き立てられるので近くで観察したかったと話す。

そして「ああいう、野生のイノシシみたいなタイプを結婚相手に選ぶなんて、意外と見る目あると思ったんだけどな。」と咲に告げるのだった。

一ノ瀬純の告白と美土里の告白

休日のある日、突然 紘一の家に一ノ瀬純が、煮物を作りすぎてしまったためと言い、訪ねてくる。

一ノ瀬が三慰だと聞いた正は、急にかしこまり、みんなで食卓を囲み、一ノ瀬の手料理をおいしいですと言いながら食べるのだ。

そんな中、咲と貴也は美土里から呼び出され、2000万円を全て引き出されたというのだ。
咲が「どうして、すぐ言ってくれなかったの?」尋ねると、美土里は「言えなかったのよ。若い恋人ができて、浮かれて騙されたなんて言われたら、恥ずかしくて。」と答える。

美土里は、世界進出も嘘で、電話もつながらず、マンションも解約されていると告げるのだった。

その頃、緒原家では一ノ瀬と上機嫌で正が将棋を指していた。

風呂が沸いたため正が風呂に入ると、跡片付けをしていた一ノ瀬が、突然紘一に、これまで咲に働いた悪事の告白を始めたのだ。

驚く紘一をよそに、一ノ瀬は話を続ける。
「一つ、バーベキューの時、奥様が道に迷われたのは、私が原因です。」
「一つ、先日のパーティーで、緒原1曹に、もっと尽くすよう、奥様に進言しました」
「一つ、谷士長がケガをした際、奥様を訪ねて、緒原一層とは離婚した方がいいと進言しました。」
「以上、、三点、本当に申し訳ありません。私のせいで緒原1曹は、奥様と離婚を…」
「それは違います。離婚は自分と彼女が決めた事で…」
「ですから、一ノ瀬三慰が謝る必要はありません。」

貴也の優しさ

一方咲は貴也を送りながら「貴也には私の家族の恥ずかしいとこばっか見られちゃって、何かどうしようもないね。」と話す。

貴也はそんな咲にやさしい言葉をかけ、自分は大丈夫だという咲に、「つらい時ほど大丈夫って無理して笑うんだよな、咲は。無理しないで全部ぶつけていいんだよ。」
「ほら、童話にもあったろ、王様の耳はロバの耳って、穴に秘密を吐き出す話」
「俺を穴だと思って、どうぞ。」
そう告げると、咲は笑顔になり「何それ」というと、貴也は「やっと笑った。その笑顔が見たかった。」と口にするのだった。

それでも仕事に両親の離婚、さらには美土里からの告白に咲の心は混乱していた。姉の楓は、嫌な思い出も時間が解決してくれると口にする。

咲は《いい思い出も少しずつ消えていくのかな?少しずつ、消えて行って》と心でつぶやき、紘一との良い思い出が次々と頭の中をよぎる。

紘一からのメッセージ

するとそこに、紘一から携帯電話にメッセージが届き、そこには「離婚する理由、その6。皿の洗い方が甘い」とあった。

咲はその時紘一が《残り95個は、追加でLINEで絶対に送る、絶対にだ。》と言っていたことを思い出し「本当に送ってきたんだ。真面目か!」と言いながらどこか嬉しそうだった。

そして紘一に「離婚する理由その7。お皿の洗い方にこだわりすぎる。だったら、最初から自分で洗えばいいのに。」と返信する。
「離婚する理由その8。家族会議の時「紘一さんいい人じゃない」と言われたのに、肯定しなかった。」
「あそこで肯定したら、変でしょ。離婚報告の場なんだから。」
「別れた後も、自分の印象がそんなに気になるんだ。」
「あの場面でそんな事考えてたなんて、がっかり。」
「紘一さんだって、「咲さんみたいな人と一緒になってくれて」って言われた時」
「肯定するべきだったんじゃない?」

咲からあまりにも立て続けにメッセージがくるため、返信しきれない紘一は直接咲に電話する。

紘一は咲に「元気だったか?」と尋ねると、咲は少し間をおいて「うん、私は元気だよ。」と大丈夫じゃないのに大丈夫だという。

その後紘一が姉・楓の離婚について尋ねて来たので、つい弁護してとして「貴也」が入っていると咲が告げると、貴也という名前を聞いた紘一はつい嫉妬心が出て「元カレ貴也ではなく、今の彼氏 貴也に戻ったのか?」と聞いてしまう。

咲が「もういい加減にして、男の嫉妬は見苦しいよ。」というと、紘一はうろたえて「すまない」と小声で言い電話を切ったのだ。

紘一の家を訪ねる咲

そんなある日、咲がクリーニングを取りに行くと、その中に紘一のシャツが混じっていた。

咲はそのシャツを手に、紘一の実家を訪ねるが、留守だったため父の正にシャツを渡し、帰路につく。

その帰り道、かつて訪れた大盛りの定食屋の前を通りかかった咲は、思わず中に入って、唐揚げ定食を注文し紘一の姿を探す。

咲が《いるわけないか……。 文句言って、ケンカして…、かけがえのない時間だった。》と思っていると、「ああ、もう一人」と紘一の声がする。

その時咲を見つけた紘一が「どうして、君がここに?」と尋ねる。
忘れ物を届けに来たというと、紘一は「なぜ、君が、ここに」と尋ね「もしかして…、」
「君は……、」
「この店の…、唐揚げが気に入ったんだな。」と話す。
咲は「私、ホントは、ここに来たのは、紘一さんに…」と言いかけると、店に一ノ瀬純が入ってきたため、咲は店を飛び出し駅へ走って向かう。

そして咲と紘一は…

そんな咲を紘一は走って追いかけるが、踏切で遮られてしまったところ、更に一ノ瀬に腕をつかまれる。
「私、奥さんに嫉妬していました。私は、緒原1曹のことを、お慕いしております。」と告白する一ノ瀬。

しかし紘一は「すいません、失礼します。」と一ノ瀬の手を解き、再び咲を追いかけるが、見つけることができないまま、咲は電車に乗って帰っていく。

紘一が諦めて帰宅すると、水無月がタクシーで紘一に会いに来て、タクシー代4万5千円を払えと告げる。

そして、咲から取り上げたペンを見せ「水口咲にもらった。名字変わったしもういらないってさ。それから、もう一つもらいたいんだけどさ…。水口咲、あいつは俺がもらう。」と宣言する。

一方咲が帰宅すると、傘を差した貴也が待っていた。紘一に会いに行ったという咲を貴也は傘を放り投げて抱きしめ「やり直さないか、結婚を前提に。」と告白するのだ。

『リコカツ』7話 感想

まあ、咲と紘一の両親や姉が離婚するのは別に構わないんだけど、いい加減に貴也や水無月、そして筑前煮女は2人のことを放っておいてやれや o(一ヘ一#)o

咲と紘一がお互いに思い合っててすれ違っている分には、まあ仕方ないかなと思うところがあるけど、自分がしたことを紘一に謝って許してもらおうとする筑前煮女や、嘘をついて紘一にちょっかいを出してくる水無月とか、もう常識人の域を超えちゃってるから、本当に不愉快以外のなにものでもないです。
でもまあドラマだから…

まあ、貴也も結婚する気がないと別れたんだから、今さら結婚を前提にお付き合いって、自分勝手過ぎる気がするんだけどね。

貴也って、咲が人のものになったから、惜しくなったとかそういう人種?

ただ紘一も紘一で、自己申告したからといって、筑前煮女を簡単に許しすぎなんじゃないの!?

いくら上官だからと言って、自分の奥さんにそういうことをされたのなら、普通怒るんじゃないの?それとも、咲を幸せにする自信がないから、そういう話を聞かされても怒れなくなってるのかな。

っていうか、それ以上に筑前煮女のあの告白は「奥様が道に迷われたのは、私が原因です。」じゃなくて「奥様を意図的に道に迷わせたのは、私です。」が正解なんじゃないの?

まあ、とりあえず今回、はっきりと紘一が筑前煮女に対して拒否の姿勢を見せたので、そこだけはスッキリしたかな。

***

7話も色々なエピソードがあり、スピーディーに流れるように物語が進んで、スゴク面白かったんだけど、そんな色々な感想を忘れるくらいに衝撃的だったのが、ラストで咲を待つ貴也が雨も降っていないのに、ビニール傘を差していたこと🤣🤣🤣

スタッフが雨を降らせ忘れたのか、カッコ良く傘を放り投げて咲を抱きしめるためなのか…

特に傘も濡れてないし、咲や紘一、そして水無月も全く濡れていなかったことからも、雨が降っていないことは一目瞭然だろうに。

ツイッターでも、貴也の傘の話題で盛り上がり、大人気になってますね笑

さて、次回以降に貴也の傘の謎は解き明かされるのだろうかw

全話ネタバレ感想はこちら。

『リコカツ』感想ネタバレ
雑誌編集者の水口咲は、自衛官の緒原紘一と運命的な出会いをし、ほぼ交際ゼロ日でスピード結婚したのだが、早くも離婚!? 運命的な出会いをきっかけに、華やかな結婚式を終え、幸せな新婚生活が始まると...

『リコカツ』8話・予告あらすじ

咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)の離婚をきっかけに、周囲がにわかにざわつき始めた。

貴也(高橋光臣)は、結婚を前提に付き合うおうと咲に告白し、連(白洲迅)は紘一の実家を訪ね、紘一を挑発する。

ある日、咲が働く編集部に連がやって来た。連の新しい作風は、咲が編集担当になってから文芸部でも評価が高く、咲も仕事にやりがいを感じている。咲を外に誘い出した連は、自分の孤独な身の上を打ち明けながら、「咲のために小説を書きたい」と素直な気持ちを伝える。

一方、連から「水口咲は俺がもらう」と宣言された紘一は、咲にふさわしい人は誰なのかと考えていた。咲の幸せを願うあまり、紘一は貴也を知るために尾行を開始。紘一が自分なりの結論を連に伝えるため連の仕事場を訪れると、そこに咲がやって来て…。

引用:https://www.tbs.co.jp/rikokatsu_tbs/story/

『リコカツ』見逃し動画配信サービス

『リコカツ』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

Paravi(パラビ)の評判は?長く使っているからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。 また、...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

Paraviの詳細や無料体験はこちらからどうぞ
Paraviを試す

コメント

タイトルとURLをコピーしました