『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』4話ネタバレ感想。ユキコバイトを始める!


画像引用:恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~|日本テレビ

基本情報

勝気だけど、恋には臆病な、光と色がぼんやりわかる程度の弱視の盲学校生ユキコと、喧嘩っ早いけど根は純粋なヤンキー森生は、運命の出会いをし、やがてお互いのことを理解し、惹かれ合っていくラブコメディ。

『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』4話あらすじ

ユキコ(杉咲花)がいる前で、突然ハチ子(生見愛瑠)からキスされた森生(杉野遥亮)!状況が飲み込めない森生は、ユキコに誤解されたのではないかと焦るが、キスが見えていたか確認することも出来ず、上の空で時を過ごす。

一方、レンタルビデオ店で働き始めた森生に触発されたユキコは、自分もアルバイトをしようと、イズミ(奈緒)監修のもと、面接の練習に励む。

森生と付き合うために、自分も対等な立場になりたいと思うユキコを、誠二(岸谷五朗)も温かく見守るが……。

勇気を出して受けたアルバイトの面接。ユキコは視覚障害者である自分を雇ってもらう『メリット』をアピールできずに失敗してしまう。

そんな中、盲学校の教師から、障害があるからこそ、自分の好きなこと、やりたい仕事に対する「これがやりたい」というパワーが必要だ、と言われたユキコは、自分の大好きなバーガーショップでアルバイトを募集していることを思い出す。

障害のあるユキコの扱いに戸惑う副店長・紅林(吉住)の一方、店長の茶尾(古川雄大)はユキコを見てなぜか即採用!ユキコは憧れの店でアルバイトをすることに。

ユキコは森生に甘えないためにも、しばらく会わずにアルバイトを頑張りたいことを伝える。

会えないことに落ち込みながらもユキコを応援する森生だが……。

実はユキコは、仕事に慣れたら森生に告白するつもりでいた。

そんな矢先、森生への片思いをこじらせるハチ子は、鈍感な森生にしびれを切らし、ついに森生に告白する!

妹扱いしてきたハチ子の気持ちを知り、森生の頭は大混乱!しかし、自分にとってハチ子が大切な存在であることに悩み……。

そして、アルバイト初日を迎えたユキコは、忙しい店内で他の従業員の足を引っ張り、失敗を連発。自信を失くし、大ピンチを迎えていた……!

引用:https://www.ntv.co.jp/yangaru/story/04.html

『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』4話ネタバレ

森生に告白したハチ子は逃げるようにその場を去ってしまう。

様子を見ていた緑川花男が森生に近付いてきて
「森生さぁ、ホントんとこ、ハチ子のことどう思ってんの?」と尋ねる。
「妹みてぇに、かわいいと思ってる」と森生。
「妹って言葉、キツいよな。」

獅子王に会いに行くイズミ

その日、獅子王のことが気になっているイズミは、
獅子王が店長を務めるレンタルショップに足を向ける。

獅子王を見つけたイズミは、さりげなく獅子王の隣へと移動して行き、
あくまで自然に「また借りに来ちゃいました。」と告げる。

「久々にDVDで見たら、逆に新鮮で。」と言い
「何か、お薦めの映画とかありますか?」と獅子王に尋ねるイズミ。

獅子王は、思い人への届かない思いを描いた悲恋作品を勧め「とても感動します」と告げる。

イズミは即座に借りることを決め、思い切って確かめてみる。
「あの…、もしかして獅子王さんにも、思い人がいらっしゃるとか?」

「はい」と獅子王。

イズミの恋は、秒で終わりを迎えてしまった。

ユキコを雇う意味

その日のバイト終わりの夜、ユキコは他の従業員が
自分のことを話しているのを聞いてしまう。
「まさか、時給うちらと同じじゃないよね?」
「えっ?いるだけでお金もらえるとかあり得ないんだけど」
「でも、お店は障碍者野党と、国からお金もらえるから」
「障碍者も働ける、優しいお店です ってPRにもなるでしょ」

その会話を聞いてしまったユキコは、帰り道を歩きながら
《これが私のメリットか》と心の中でつぶやく。

するとユキコの前に店長の茶尾が現れ、初日はどうだったかを聞いて来た。
「立ってるだけでなにもできませんでした」とユキコ

「あの…、店長さんは、どうして私を雇ってくれたんですか?」
「そりゃ、ユキコちゃんに期待してるからだよ。」と茶尾。
「それって、障碍者雇用的な?」
「違う違う…、何ていうのかなぁ」
「ユキコちゃんは、ウチの新しい風になってくれるんじゃないかと思ってね。」
「まぁでも、僕がユキコちゃんみたいな」
「やる気満々な人と仕事したいっていうのが、最大の理由かな」

店長の言葉を聞いたユキコは、もっと頑張ることを誓うのだ。

バイトをさらに頑張るユキコ

その翌日から、ユキコはフードを作る仕事も覚えてもらうことになった。

中々上手くできないユキコだったが、ユキコは早くからきて
厨房のレイアウトを自分で録音しながら確認したり、仕事が
終わってからもメニューを借りて帰るなど意欲を見せていた。

翌日もユキコは、拡大読書器を使ってお店のマニュアルを熱心に読んでいた。

暫くすると空が登校してきて、ユキコの仕事への熱心さに、そんなに焦らなくてもと言う。

「今はちょっと焦りたい」とユキコ。
「どうして」と空。
「あのお店で、スタッフの一員として認めてもらえたら…」
「もらえたら?」
「黒川に告白しようと思ってる。」

空は驚きつつ、それとバイトの話は別じゃないかと話すと、
ユキコは、今のままじゃ森生と対等じゃないからと言う。

「堅っ。でもまあ、ユキコらしいっちゃ、らしいか」

森生の悩み

その頃、ハチ子に対しても好きだという気持ちを持っている森生は
横断歩道の信号に手を突っ伏して、深く悩んでいた。

そこに青野陽太がやってきて、信号機の押ボタンと間違えて
森生のお尻に指を突っ込んでしまう。

森生は痛がり「何すんだよ!」と怒鳴るが、自分が押ボタン押すのを
邪魔していたことに気付くと、すぐに青野に謝る森生。

その時、青野がユキコの同級生で友達だということに気付いた森生は
自分の悩みを相談することにしたのだ。

「つまり、妹みたいに思ってる子から告白されて」
「その子のことが頭から離れないってことかな?」と青野

「ああ…、これって浮気心ってやつなのか?」と尋ねる森生。

「黒川君は、その子のこと大切に思ってるんだよね?」
「けど、俺が好きなのはユキコさんだ。そこに迷いはねえ!」
「ハハっ、そっか。でも「好き」って1つだけなのかな?」
「えっ?」

「信号の赤とポストの赤は同じ赤でも違う赤だよね?」
「同じ赤は赤でも、いろんな種類があるよね」
「それと同じで「好き」にもいろんな種類があると思うんだ」
「恋とか、愛とか、友情とか」
「黒川君の、赤座さんへの思いと、妹みたいな子への思いも」
「同じように見えて、違うんじゃない?」
「だから、あんまり、気に病むことないと思うよ。だって違うんだから」

森生は青野のそんなアドバイスに、全盲なのに色が見えるのかと驚く。

青野は色を見たことがないから覚えたという。
人はいろんなことを色で判断しているから、
知らないと話が通じないからだという。

「お前、苦労してんだな」
「見える人に合わせないと、生きづらいことが多いからね」

森生はそんな青野に感動し、師匠と呼ばせてくれと頼むが
青野は「それはちょっと嫌かな。」と断るのだった。

ハチ子に気持ちを伝える森生

自分の気持ちに納得がいった森生は、橙野茜が営業している店へ行く。

森生の顔をみた茜は、ハチ子がいないからちょっと心配だと告げる。

「俺、ちょっと探してきます。」と森生は店を飛び出していった。

その頃ハチ子は、川沿いの大きな木の下で、昔イジメられていた時に
森生に助けられて、この木の下でヘッドホンをもらった時の事を思い出していた。
《今度、つまんねえヤツに絡まれたら、聞こえないフリしろ》
《人間なんて、本気で人の事分かろうとしねえ、いいかげんなもんなんだからよ》

ハチ子がここにいるだろうと知っていた森生は、ハチ子を見つけ声をかける
「お前、落ち込むと、よくここ来てたよな。」
「よく、迎えに来てくれたよね。」とハチ子
「ずっと森生は、私の居場所だった。」
「森生だけは、本気で私のこと分かってくれるんだって。なのに…」

「ハチ子のことは大事に思ってる。兄妹みたいに。」
「だから、ユキコさんへの「好き」とは違う。」
「悪い。俺、ハチ子の気持ちには、応えらんねえ。」

「妹のまんまか…」

仕事ができるように努力を続けるユキコ

一方、ユキコは家で練習し、髪の毛をヘアピンで止め、帽子の下に
髪の毛が全部隠れるようにしてから、副店長に確認してもらった。

ゴミ捨ての時に、鉄の階段に頭をぶつけたりしながらも、少しずつ
ハンバーガーショップの仕事をユキコは覚えて行った。

家に帰ってからも、拡大したマニュアルを読み込んで勉強するユキコ。

その頃、ハンバーガーショップ厨房の清掃をしながら紺野と副店長が話をしていた。

「スタッフ1人に特別なことをする必要があるんでしょうか?」と紺野。
「私もそう思ってた。ぶつかりそうになったら、こっちがよけなきゃとか」
「物も位置で覚えてるから、決まった場所に戻さないとって気を遣うし」と副店長。

「失敗してばっかりで、そのしりぬぐいはこっちで」
「そうなんだけど…。あんなに一生懸命な姿見てたら、応援したくなっちゃって」

そんな2人の会話を、店長の茶尾は物陰で聞いていたのだ。

その頃、ユキコはマニュアルを読んでいたまま寝ていた。

ユキコの初ポテト

翌日、ユキコがバイト先に出勤すると、店長がポテトの作り方を
言えるかと聞いて来たため、ユキコはスラスラと答える。

ユキコが何かあったのかと聞くと、バイトが一人休むと連絡があったという。

店長は、ユキコんいポテトの機械の場所へ行くように告げ、ユキコが到着すると、
BBバーガーについての創立日やマスコットキャラクターのことなどマニアックな
質問をしてくるが、ユキコは全て正確に応えて行った。

茶尾店長は、ユキコに今日一日のポテト作りを指示し、
他の従業員に時間の許す限りいざと言う時以外は見守ろうと話す。

次々とポテトのオーダーが入る中、副店長の紅林はついつい手を出して、自分で作ってしまう。

外で様子を伺っていた森生は、自分が行くことができないからと、花男と草介に様子を見て来させる。

帰って来た2人に森生が話を聞くと、ユキコが何か失敗したみたいで謝っていたと告げる。

話を聞いた森生は、ついつい立ち上がって

「フレー!フレー!ユキコさ~ん!!負けるな~!負けるな~!ユキコさ~ん!!」

と大声でエールを送ってしまう。

その声を聞いたユキコからは、思わず笑みがこぼれる。

レジをしていた紺野が店長にやめさせるようにいうと、茶尾は
「あっ、そっか、止めなきゃね」と言い、
森生に他のお客様の迷惑になるからとエールを送るのをやめさせる。

茶尾がなんでここからエールを送っているのかと森生に聞くと、
ユキコの邪魔をしちゃいけないと思ってと話す。

そこに花男が近付いてきて
「いや、森生。むしろ邪魔してたかもしんねえ」
と言うと、森生は花男や草介にも一緒に謝るように命じ、3人で

「サーせんでした!」と謝る。

同時に厨房の中では、ユキコが
「すいませんでした!」と謝る。

副店長・紅林の「大丈夫?」との問いかけに、ユキコは急いでやると言いポテトを作り始める。

ポテトをカゴに出し、フライヤーに入れ、タイマースイッチを
押そうとするがタイマースイッチの位置が分からない。

その様子を見ていた紺野が、無言でタイマースイッチの下にマグネットを貼り付ける。

それを見ていた紅林が、マグネットの上にタイマースイッチがあるから
分かるか?と尋ねると、ユキコは分かりますと答える。

その後、自分1人でユキコはポテトを作り上げた。

出来上がったポテトを紺野が持って行って、お客様に提供する。

ユキコの第一号ポテトを食べた人物

ユキコは自分が作った第一号のお客様が知りたくて紺野にどんな人が注文したのかを尋ねるのだ。

ユキコが作ったポテトを食べたお客様のテーブルに、
店長の茶尾が、いつもどうも柳さんと挨拶しながら近づく。

いつもならが美味いねと話すそのお客は、ユキコが最初に面接に行ったスーパーの店長だった。

茶尾が、そのポテトはユキコが作ったというと、柳は茶尾にウチに
面接に来たけど雇ってあげられなくてと言い、続いて思い切ったねと告げる。

「彼女がウチに来てくれることで、新しい風が吹くんじゃないかって思ったんですけど」
「期待以上でした」と茶尾

「働いてるみんなが、今、ハッピーで、これで彼女にとっても得になるならウィンウィンです。」

「なるほど…、そんなメリットあったんだ。」と柳。

「メリット…、そう…まさに、それですね!」

その後もユキコはポテトを作っていくのだった。

ラストネタバレ

バイトが終わったユキコは、森生に電話を入れ
「さっきはありがとう」とお礼を言う。

「それで、バイト何時に終わる?」
「4時です。」
「じゃあ、その後、会えないかな?話したいことがあって。」
「はい!」

バイト先を出たユキコが、森生との待ち合わせ場所へ向けてあるいていると
そんなユキコの後ろを、ハチ子がずっとつけて歩いているのだった。

『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』4話感想

前回ハチ子にキスされた割には、全く慌てふためく様子がない森生が不思議だったけど、
どうやらただ単にハプニングで唇と唇が触れただけだと思っていたようですね。

いや、どれだけ鈍感なんだよって話ですよね。

そのことについても、ちゃんとハチ子に告白されて気付くという…

まあそのせいで、森生の中にある好きという感情が変な方向に向かうわけですが
恋愛の好きと友情の好きと家族に対する好きとか、それぞれの見分けがつかないなんて
どんだけ森生が愛情を受けていない人生を送って来たんだという話で。

たしか原作だと、目が弱くなってきているおばあちゃん1人に育てられてきたから
服が黄ばんでいるということにおばあちゃんに気付いてもらえず、貧乏人だからと言われ
周りの子供たちに受け入れられていなかったんだっけね。

まあ、森生のその設定を踏襲しているのであれば、
愛情というものの種類を知らなくても仕方がないのかなとも思います。

一方、最初こそバイト先でなんにも出来なかったユキコですが、
最後には持ち前の努力によってポテトを作り上げることができました。

そんなユキコの頑張りを見て、副店長の紅林はなにかが変わって来たようだけど、
茶尾が言うユキコを雇うメリットが出てくるのはこれから先なんだろうなという終わり方でした。

さて、バイトを始めたユキコのこれからや、ついに森生に告白を決意したユキコと
森生のこの先も気になりますが、ラストでユキコを尾行していたハチ子が今度は
どんな手で来るのかが気になるというか、もう諦めればいいのに。

やはり、ユキコとの直接対決がなければ決着はないんだろうか。

『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』登場人物・キャスト・ゲスト

赤座ユキコ … 杉咲 花
黒川森生 … 杉野遥亮
赤座イズミ … 奈緒
赤座誠二 … 岸谷五朗
紫村 空 … 田辺桃子
青野陽太 … 細田佳央太
橙野ハチ子 … 生見愛瑠
橙野茜 … ファーストサマーウイカ
金沢獅子王 … 鈴木伸之
緑川花男 … 戸塚純貴
桃井草介 … 堀 夏喜(FANTASTICS from EXILE TRIBE)
茶尾店長 … 古川雄大
解説コーナーの案内人 … 濱田祐太郎

4話ゲスト

紅林サクラ / 吉住

BBバーガーの副店長。ユキコの指導係を務めることになった。

紺野 / 大友花恋

BBバーガーの従業員。視覚障碍者のユキコが働くことに懐疑心を抱く。

柳 / 遠山俊也

ユキコが最初に面接に行った、スーパーの店長。

『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』の見逃し配信

『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』の見逃し配信はHuluでどうぞ。

Hulu(フールー)の評判は?長く使っているからわかる、メリット・デメリット
Huluは元々アメリカで誕生した動画配信サービスですが、現在は日テレの完全子会社が運営している日テレ系サービスということから、実際のユーザーによる評判やメリット・デメリット、海外版と違う...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

コメント