TOKYOMER

スポンサーリンク
TOKYO_MER

『TOKYO MER~走る救急救命室~』2話感想。比奈先生が大手術を任される

研修医の弦巻比奈は、自分がTOKYO MERのチームメンバーに選ばれたことに納得がいかず、チームのみんなと中々打ち解けようとしない。その時、都庁危機管理対策室から工事現場での鉄骨落下事故が発生し、通学中の中学生が鉄骨の下敷きになっていると連絡が入る。
TOKYO_MER

『TOKYO MER~走る救急救命室~』1話感想。スーパー救命救急医登場

都知事の命で新設された「TOKYO MER」。「MER」とは、モバイル・エマージェンシー・ルームの略称で、チームの使命は、最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両(ERカー)で、危険な事故・災害・事件の現場に駆け付け、いち早く救命処置を施すこと。一人も死者を出さないことが、彼らに課されたミッション。
スポンサーリンク